カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年09月11日 (月)

これから大波乱!歴史と経済に強くなろう!そして時代をしかと見据えよう!

 土日は「新潟原原特別企画・涙と感動の片貝メッセージ花火ツアー&日本一美味しい龍寿司で一献二献三献ツアー」でした。

 昨年に勝るとも劣らない素晴らしいひととき。幹事の長谷川先生・石田さんには心から感謝感謝でございます! ご参加のメンバーもお疲れ様でした。ホント、楽しかったです。いいメンバーでした。ありがとうございます。





 てことで、詳細は近々ね。

 なにより花火の最中に北から打ち上げ花火が飛んでこなかったことをホッとしております。ま、今日からも知れません。あとは10月1日と18日かしらん。。。


 むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。一つの情報がこんなにも広がりを持つ。一面だけ見ていては永遠にわからんでしょうね。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「米中「二大帝国」の戦争はもう始まっている  アメリカの敗北と中国の野望、そして日本の生きる道 後編」(ベンジャミン・フルフォード著・1,836円・かや書房)です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年09月10日 (日)

1週間で美人に変われる!

 そういうわけで、「ハマのタチヒロシ」改め「ハマのドンファン」です。

 「あなたも1週間で必ず美人に!?」と言ったら信用します? 
 実は、これ、懐かしい「セブンティーン」等々の表紙を飾った女性たちにインタしてまとめた本なんすよ。いま、彼女たちはアメリカでコンサルで活躍してます。

 そうそう、いきなり脱線しますけど、ストックオプションたくさんもらってるわけですけど、「どうして売らないの? ボスたちはみな売ってるよ」と言われてるそうです。つまり、ダウもナスも暴落すると踏んでるわけ。私も基本、そう思ってるんで、「そろそろゴールドに換えたら?」とアドバイスしてます。ま、いまの価格では高いですけどね。

 北と戦争が始まったら跳ね上がりますけど、まだ時間的余裕はありそう。つまり、北の実験がいよいよ成功した暁がピークになるわけです。その時、日本は当然、自衛隊の出動があります。100パーあります。トランプは安倍さんに確認してますから。





 さーーて、毎日がイキイキ、ワクワク、ドキドキの連続。仕事に恋愛に一所懸命。バリバリ働いて、バリバリ遊ぶ! このメリハリが、より女性を美しく、眩しくさせます。
 表紙を飾るほどのモデルつうと、いま、テレビに出演してるレベルの女性たちをイメージするかもしれませんが、ビジネススクール卒で一流企業をヘッドハンティングされ、男に依存せずに生きてる「美人」たちですからね。ま、顔とスタイルだけの中身スカスカでもいいんですけど。

 仕事力と恋愛力を磨いて「いい女」になるための28のチェックリストをまとめました。

□フェロモンはこんな時に振りまかれる!
□一流モデルがみなやっている「素肌術」
□「場違いメイク」は恥の素!
などなど、明日からできて、効果テキメンの超実践的なテクニックが満載してます。

 もう1冊は、フジテレビ系列の人気シリーズで知られる井上敬一さんの最新刊です。
 関西NO.1ホストが恋愛術を指南! 20年間のホストクラブ経営経験をベースに接客術や人間関係の築き方のコツを大公開! 圧倒的な実績と経験に裏打ちされた井上メソッドが、あなたを幸福へと誘う! さぁ、幸せへのページを開こう!





 いずれも女性だけではなく、いま、恋してる男性諸兄にも読んで欲しいんです。理由? 読めばわかります。。。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年09月01日 (金)

仕事に使えなければインテリジェンスじゃない。。。

 明日は「ぴよこちゃん倶楽部」ですよ。会場は「表参道ビジネスフォーラム」ですからね。メーリングリストですでに流してますけど、代理出席の場合、きちんとお伝えくださいませ。
 レジメ入ってます。これは「使えるコンテンツ」ですよー。資料・テキストは明日会場で配布しますのでお楽しみに。

 ああ、北のミサイルで相場が乱高下。けど、ある銘柄は発射ごとに反応してまんねん。


金と国債そして円高騰? いやいや、株価を上げてる銘柄もありまっせーー。

北は発射の前に仕込んでるんじゃないかなあ。。。危ないからもう書きません。

 北の核開発とミサイル発射だけが原因ではありませんよ。トランプ・リスクだけでもない。ターニングポイントなんでしょうね。なんの折り返し点か? 気づいてる人は気づいてるでしょう。

 来週スタートの東京原原では「まくら」が15分しかとれません。結論だけお話しします。博多原原の「まくら(=1時間の投資研究会)」ではチャートできっちり、その他の価値ある情報と合わせて解説します。

 こういう発見を黙ってるのはホント苦痛だわな。やっぱ「ぴよこちゃん倶楽部」の前後に投資研究会やるべきだわな。

 大阪原原は東京原原と同じく午後7時スタートなんて「まくら」は超短いわけ。けど、不思議なことにここのところ連日参加申込がありましてね。不思議に感じてます。なんかあったんかな・・・。で、大阪と名古屋の更新は来年4月なんであまりにも先の話。ちょうど折り返しの今月から例外的に途中入会させちゃいますので、大阪メンバーはウエルカムモードよろしく。


 むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。一つの情報がこんなにも広がりを持つ。一面だけ見ていては永遠にわからんでしょうね。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「天才になりたい」(山里亮太著・756円・朝日新聞社)です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年08月25日 (金)

幅広く、とことん深く、なによりおもしろくなければ、インテリジェンスじゃない。。。

 実は、明日から「大曲の花火大会」に行くはずだったんでげすよ。のっぴきならん用がありまして泣く泣くパス。原原有志は何人か行くみたいっす。ああ残念。ま、片貝の花火大会(日本一のへぎそばと寿司屋さんにも行きます。八海山の麓でおコメ美味しいすよ)があるからいっか。。。


 むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。一つの情報がこんなにも広がりを持つ。一面だけ見ていては永遠にわからんでしょうね。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。

 たとえば、「朝鮮半島は事実上、中国の一部だった」と習近平は4月フロリダでトランプに講義しました。いま注目されてましてね。月曜だか火曜だか、日経では有料記事として特集してましたよね。

 だから、この本を紹介することにしたんです。もち書評しつつ、余計なことばかりしゃべってますから、「朝鮮有事を考える時、習近平は何を言いたいの?」つう切り口でお届けしました。

 「もち、北朝鮮ではなく朝鮮半島全体を指すとのこと。韓国紙は社説で猛反発したらしいね。

 紀元前108年、衛氏朝鮮を滅ぼし、漢は出先機関として「楽浪郡」など4郡を置きました。前漢の武帝が設置した楽浪郡てのは北朝鮮の平壌付近ですよ。南部には帯方郡も置かれました。

 この2つは古代日本とも関わりが深いです。倭国大乱=卑弥呼が立つことになる原因、後漢から三国志で知られる三国時代になり、大陸が政治の乱れと戦乱でフラフラになり、半島に難民が押し寄
せ、さらに古代日本にまで押し寄せてきたからですよ。

 中東移民の問題なんて日本では1800年も前に経験してるんです。
 
 で、どうして三国志の時代が100年も続いたか? 前漢時代には5000万人もいた人口が魏・呉・蜀時代には10分の1まで激減。強国がないからだらだら続いたわけですよ。

 以前、原原で講義しましたけど、北朝鮮と南朝鮮が統一されて困るのは中共です。なぜなら、遼東半島の部分は戦前は旅順、大連。日露戦争の203高地攻略でも知られてますが、ここ、高句麗ですよ。統一朝鮮が中共に奪われた領土を返せ、と必ずなります。

 「中国3000年」だとか「5000年」だとか、中国人は威張りますが、これ、歴史を知らない証拠。中国の歴史は1949年からしかありません。孫文の辛亥革命から数えても1912年から。こんなもんです。

 大陸で続いていたのは王朝です。隋とか唐とかね。漢民族は後漢が滅びた時に絶え果てました。漢字は表意文字ですから、言葉がバラバラの大陸で統一するには便利だったんです。中国文明が素晴らしくて周囲の低級な民族が吸い寄せられた、というわけではありません。

 秦の始皇帝は元もとはバクトリアです。さらに遡ればマケドニアです。アレクサンドロス3世がインド手前まで東征し、残党が建てた国がバクトリアです。彼らが東征し、中国漢字をつくり、万里の長城を築き、歴史を改ざんし、それ以前の文書をすべて焼いて消したわけです。以降の歴史は創作です。

 隋、唐にしても鮮卑族です。漢民族なんてのは後漢滅亡の220年に消えてます。

 北の管理を任せてもらいたいから、歴史のない国の成り上がりに、3000年、5000年の歴史と大風呂敷を広げて見せただけのこと。どちらも正統性も歴史もない国なんです・・・(冒頭の一部のみ紹介しました)。

 こんなこと本書には書いてません。知ってることはどんどん紹介しちゃう。原原と同じです。インテリジェンスってのは脱線から生まれるものでね。読めばわかることだけ聴いたってダメでしょ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「どの教科書にも書かれていない 日本人のための世界史 後編」(宮脇淳子著・1,512円・KADOKAWA)です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年08月15日 (火)

「聴く!読む!通勤快読」を今日だけ特別オープン! 『保守も知らない靖国神社』(小林よしのり著・ベストセラーズ)

 むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。一つの情報がこんなにも広がりを持つ。一面だけ見ていては永遠にわからんでしょうね。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 終戦記念日の今日は・・・・少しだけ「通勤快読」の中身をオープンにしたいと思います。

 靖国神社の御祭神は246万6千余です。祀られた英霊の名前には必ず「命(みこと)」という文字がつけられています。つまり、神に対する尊称なんですね。



 神社には御祭神の姓名を記した「霊爾簿」が納められてます。うち2万1千余柱は朝鮮人。台湾人も2万8千余柱が祀られてます。

 「靖国神社に親族が祀られていることは許せない」と文句をいう朝鮮人がいますが、これ、靖国信仰を前提にしなければ成立しない発想であることに、ご本人が気づいてませんね。

 当時、朝鮮人には徴兵制度は施行されていませんでした。日本人に対してのみ徴兵制が適用されたんです。朝鮮に陸軍特別志願制を設置すると倍率は7.7倍。1941年(昭和16)年には倍率45倍ですよ。台湾では倍率600倍にもなりました。

 1942(昭和17)年5月、日本政府は徴兵制を朝鮮人にも実施します。海軍特別志願兵、学徒兵徴募では、朝鮮人の志願者は48倍以上でした。

 さて、BC級でも1061人が死刑にされてます。「法がなければ罪なく、法なければ罰なし」というのが近代法ですが、連合国は完全に無視。国際法違反ですよ。

「戦時国際法」で「交戦法規」とされているのは・・。
1一般住民、非戦闘員に危害を与えてはならない
2軍事目標以外を攻撃してはならない
3不必要な苦痛を与える残虐な兵器を使ってはならない
4捕虜を虐待してはならない

 戦勝国の戦争犯罪人は誰1人として裁かれていません。敗戦国の「戦争犯罪」だけを裁く、という極めて政治的な行動でした。





 軍事法廷は国内外49ヵ所。軍事法廷は市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂。裁判長はオーストラリア代表ウェッブ。判事はカナダ、中華民国、フランス、オランダ、ニュージーランド、ソ連、イギリス、アメリカ、インド、フィリピン。すべて戦勝国とその植民地ばかり。

 敗戦国はおろか中立国からも1人の裁判官も出ていません。

 そもそも「極東国際軍事裁判所条例(チャーター)=マッカーサーの命令」によるもので、マッカーサーが勝手に「戦争犯罪」を定義したものです。事実、11人の裁判官のうち7人がマッカーサーの傀儡でした。

 被告26人全員有罪。うち7人が絞首刑とされました。

 この間、メディアに対する検閲は徹底され、「裁判批判」は禁じられました。習近平と同じです。

 国際法の知識があったのはインドのラダビノート・パールただ1人でした。ですから、このインチキを彼は英文で1275ページにもなる判決書を独自に書いて、「全員無罪」を言い渡し、さらに東京裁判は文明の裁きではなく「文明の抹殺」である、と徹底批判しています。

 靖国神社境内にはパール判事の顕彰碑がありますよ。



 1941(昭和16)年、米国はついに日本への石油禁輸。近衛文麿首相があっさり内閣を投げ出し、東條英機が「戦争回避」のために首相になります。

 あの人は戦争をするために首相になったのではありません。というより、そもそも、日本は対米戦争など露とも考えたことがありません。だから太平洋に一つも基地を作っていなかったんです。

 1958(昭和33)年5月30日をもって「戦犯」として囚われていた全員が釈放されます。名誉回復は遺族のためにも絶対に必要です。つまり「恩給」「靖国合祀」ですよ。
 8月に遺族援護法が修正され、戦争裁判受刑者は国内法では犯罪者と見なさない。つまり、日本国内に「戦犯」とありえないのです。

 「父母兄弟に告ぐ 白木の箱が届いたら 泣かずにほめて下さい」

 遺書に「こんなうれしい日はありません」と書いているからといって、本当に心から喜び勇んで、嬉々として戦場に向かったなんて思う人はいないでしょう。まだ20代ですよ。これからの未来ある人生には大きな希望が広がっていたはずです。

 小野田寛郎さんが小泉純一郎元首相の靖国参拝に怒っていました。
 「若者たちは心ならずも戦争に行かされて戦死した」
 「とんでもない。既婚者は家族を遺して死ぬことに心残りもあったかもしれないが、若い者たちは自分が先頭に立って戦わねば、とみなが思っていました」

 安倍首相の靖国参拝については、当時のオバマ政権は外交ルートを通じて控えるよう再三求めてきました。「ふざけるな! 自分の支持層へのサービスで国際関係を悪化させるな!」というわけです。

 「1度や2度の参拝で中国が反発しても、毎年繰り返せば、そのうち何も言わなくなる」と考えてはいけないんです。日本が強気に出たら中国はさらに強気に出るしかありません。日中とも内部には「強硬派」と「穏健派」がせめぎ合っています。

 遺骨を収めている千鳥ヶ淵にはだれも寄りつきません。「遺骨に魂が宿る」という感覚が日本人にはありませんから。
 「たんなる骨の集積場である千鳥ヶ淵墓苑なら参拝してもOKだ」と『千の風になって』の原詩を産んだ国の国務長官(当時はケリー)と国防長官(当時はヘーゲル)が訪れて献花しましたが、日本の首相は魂のいない場所に参拝すればいいだろう、と言われても困るんです。

 「靖国とアーリントンは同じ」と考える安倍首相の理屈は間違いです。
 日本が起こした「悪魔の侵略戦争」をアメリカという「正義の連合国軍」が叩き潰した、といまでも思っています。
 アメリカ政府は、アーリントン墓地に相当する場所は千鳥ヶ淵墓苑だ、と認識してます。2.5平方キロのアーリントン墓地には27万人が埋葬されてます。

 靖国神社に祀られているのは戦死者や戦傷病死者のみで、退役した後に死んだ者は祀られません。しかしアーリントンでは戦死者のみならず、一定の資格を満たした軍務経験者ならだれでも埋葬されます。

 国防省は行方不明の戦死者も最後の1人まで遺族に還そう、という意気込みです。というのも、「次の戦争」をいつも前提としているからです。

 靖国神社は日本を戦争できる国にするための神社です。安倍首相が言うような「不戦の誓い」をする場所ではありません。いざという時にはいつでも戦うぞ、と誓うための場所なんです。

 殉職自衛官も靖国神社に合祀されるべきだと思いますが、いま、「自衛隊殉職者慰霊碑」が建立されています。隊員や互助会の寄付で建立されたもので国からの支出はありません。

 自衛隊は創設以来、殉職者は出していますが「戦死者」は1人も出ていないことになっています。日報問題でごちゃごちゃいうバカ政治家は、自衛隊に戦死者が出たら、その慰霊をどうするか考えるべきです。

 靖国神社にはいつも参拝者がいます。その数もハンパないですよ。なぜなら、氏神氏子の感覚があるからです。墓を守る家族が絶えてしまえば慰霊する人はいなくなります。靖国神社に祀られる。国があるかぎり子々孫々まで参拝してもらえる。若くて子供もいない。親が死んだら家が絶える。いまはそういう時代です。

 靖国神社には遺骨も位牌もありません。「霊が祀られている」という観念だけです。

 「中曽根某など弓削道鏡にも等しいもので、参拝にSPを4人も引き連れました。聖域に、御身大切後生大事と、天皇陛下でもなさらない警備つきとは何事でしょうか」

 人気とりの参拝ならしない方がマシ。靖国神社は国民が守ればいいんです。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「保守も知らない靖国神社」(小林よしのり著・820円・ベストセラーズ)です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年08月05日 (土)

自分の頭で考えるってこういうこと。。。

 むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。一つの情報がこんなにも広がりを持つ。一面だけ見ていては永遠にわからんでしょうね。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

 「音声で聴いてる時間がない」「カード決済が嫌。コンビニ振込ならいいんだけど」「安いほうがいい」「感想も届けたい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年07月15日 (土)

仕事に役立つインテリジェンス。。。

 むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。一つの情報がこんなにも広がりを持つ。一面だけ見ていては永遠にわからんでしょうね。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

 「音声で聴いてる時間がない」「カード決済が嫌。コンビニ振込ならいいんだけど」「安いほうがいい」「感想も届けたい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年07月09日 (日)

「パナソニックV字回復」をズバリ的中!

 この本、相変わらず売れてるようですよ。われらが原原メンバー平川紀義さんの本です。「倍になりますよ」と予言通りです。ああ。これ、インサイダーとかではなく、この経営者なら本気でやるでしょ、つうこと。つまり、人に投資したわけですね。


会社はダメになるべくしてダメになり、V字回復すべくしてV字回復した!



 「経営の神様」松下幸之助が作りあげた名門パナソニックが2年連続7000億円以上の赤字に転落。そこから「原点回帰」でV字復活を成し遂げるまでを“現場”で見続けた著者が語る「真実」とは!?


私も倍になると確信してましたよ。会社は経営トップでがらり変わりますもん。

 世渡りだけで生きてきた不勉強な経営者もいます。5期連続赤字でも解任されないのよね。オーナーに取り入る、つう技術も大切なんやろけど、年収が増えない従業員がかわいそうやな。アベノミクスのピーク時でも赤字なんて信じられんわーー。

 明後日の東京原原はオーラスです。参加自由なんよー。テーマは「松下幸之助の経営道について語ろう」としてますが、アマゾン、ZOZOTOWN、コンビニ戦争、AIまで、尖ってる企業の最新マネジメントとマーケ戦略についてもご紹介したいと思います。

 出雲原原は3時間たっぷり。東京は2時間しかないんだよなー。「10月に暴落か暴騰か、いったいどっちやねん?」つう話を「まくら」で紹介できるか微妙やのー。第17期のスタートは9月頭だかんね。2ヵ月の空白はもったいないわな。・・・そっか、18時からやりまひょか。。。
 はい、決定‼ 7月11日(火)は午後6時スタートとします。もち、イレギュラーだから遅れてもいいっすよ。7時から本講義であることに変わりないっす。

 幹事のマサさん、メーリングリストで流してね。よろしく。。。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年07月08日 (土)

仕事に役立つインテリジェンス・・・。

 10月、暴落か暴騰か。どっちやねん。このままだと暴落やなあ。FRBとガチンコのトランプ、財務省に足をすくわれてる安倍政権。公約がなにひとつ実現せん。大波乱必至。ヒンデンブルグの呪い? いえいえ「悪材料」が重なりすぎてまんねん。詳しくは今日の出雲原原でお話します。

 むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。一つの情報がこんなにも広がりを持つ。一面だけ見ていては永遠にわからんでしょうね。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

 「音声で聴いてる時間がない」「カード決済が嫌。コンビニ振込ならいいんだけど」「安いほうがいい」「感想も届けたい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年06月28日 (水)

「なぜユダヤ人は大金持ちになれるのか手にとるようにわかる本」

 忘れないうちに・・・「AmazonKindle」に続いて今度は電子書店BOOK☆WALKERの「セレクトフェア」に中島孝志の著書とプロデュース本が選出されました。キャンペーン特別価格で販売するそうです。


 先週ちらっとお話してましたプロデュース本が出版されます。
 「ぴよこちゃん倶楽部」(第1期)のゲスト講師をして頂いた大井幸子さんとの共著です。めんどうなんで紙と電子と同時出版しました。



 ウォール街でばりばり活躍されてた投資の指南役。とくにユダヤの資産家や基金をクライアントに、ヘッジファンドをあれこれ組み合わせてベストの仕組みをつくるなど、超人気の投資コンシェルジェです。
 個別メニューにも気易く相談に乗ってくれる「美魔女コンサル」です。

内容・・・。
◆はじめに
 ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!
 なぜシンジケートに近いアナリストといわれるのか?

◆第1部 マネーを動かす仕組みを知っているか?
 2017-18年は大激動の年になる!
 アメリカ経済終わりの始まり?
 ニューヨークで見ていた崩壊風景
 すでに金融戦争のまっただ中にある!
 最強の破壊力は金融危機!
 「シェール革命」で地政学が変わる!
 FRBの真の正体とは?
 AIIBが開店休業?
 日本株が上がるカラクリ、下がるカラクリ
 デフレ経済から抜け出せない本当の理由
 「まさかの金(ゴールド)」に注視
 ヘッジファンドの動きにご注意!
 中国VS英米露+日本という構造

◆第2部 あなたもヘッジファンドを活用できる!
 ユダヤ並みにマネー武装する
 2017-18年は「まさかまさか」の連続になる!
 10年で資産が倍増する「複利効果」
 リスクが高い投資、リスクが低い投資
 リスクを下げるポートフォリオ
 リスク分散でリターンを得る
 シャープレシオを高める!
 ハーバード大学基金が資産を4兆円に膨らませた方法
 世界最強のユダヤシンジケート
 利子が利子を生む複利効果カーブ
 ローリスク・ハイリターンも可能!
 日経平均IDだけでは何年経ってもマイナス!
 プロが薦めるポートフォリオ」
 安定的なリターン設計
 ETFに注目!
 オルタナティブ資産を利用する
 お金が勝手に殖えていく!
 ヘッジファンドとつきあう方法
 信頼できるヘッジファンドは?
 信用できるマネジャーは?
 

紙の本です。


電子書籍です。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ひみつ堂のヒミツ 1000円のかき氷を1日500杯売り続けられる理由」(森西浩二著・1,728円・DU BOOKS)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年11月21日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その10
[2017年11月20日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

メンバー熱烈募集しまーす!神の國出雲の原原です。
[2017年11月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年11月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!