カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年12月14日 (木)

出雲原原の新入生を熱烈募集しまーーーす。

神話の里、出雲原理原則研究会(第5期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2018年のテーマとスケジュールです!
(出雲原原は土曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)

■1月20日「2018年の日本経済はこうなる! 勝てる投資をやりなさい!」
■3月24日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月12日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月28日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月15日「売上10倍増のマーケティング!最強のファン作りについて語ろう」
■12月1日「成功の秘密は『無意識のちから』にあった!」

※本講義は午後7時〜9時。6時30分からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多いです)」は自由参加です。

□募集人員:若干名
□受講料:10万円+消費税=10万8千円(年間)
□申込法:「出雲原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:ビッグハート出雲(出雲市駅となり)2階特別会議室>


※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る、ゲストの講義を堪能する。気楽な気持ちでどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年12月13日 (水)

博多原原の新入生を熱烈募集しまーーす。

 忘れないうちに・・・
本日(12/13)の「Kindle日替わりセール」に『トップ営業マンは極道だった 実録 修羅場の人間学』が選出されました。アマゾンがすべての本から1日1冊だけ選ぶものです。ただいまノンフィクション2位にランクイン!




博多原理原則研究会(第6期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2018年のテーマとスケジュールです!
(博多原原は金曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)
■1月12日「2018年の日本経済はこうなる!勝てる投資をやりなさい!」
■3月23日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月25日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月6日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月7日 「インテリジェンス脳の鍛え方について語ろう」
■10月5日「成功の秘密は無意識の力にあった!について語ろう」
■11月9日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」

※本講義は午後7時〜9時。午後6時からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多い!)」は自由参加です。

□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税=12万9600円(年間)
□申込法:「博多原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:TKP博多駅前シティセンター(博多駅前)8階(ゴージャスになりました)>



※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る、ゲスト講師の講義を堪能する。気楽な気持ちでどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年12月11日 (月)

出雲原原の2日目もB級グルメが凄かった。。。

 MSQをモノともせず株価が上がり続けてますね。どこまで上がるのか? 「ずっとだよ」「止まるよ」「このままでしょ」と判断は3通り。

 私? わかりませんなあ。

 12、13日がFOMCでしょ? 「利上げはあるもんだ」を前提として為替も株価も動いてますからね。明日明後日はどうなんでしょ。「噂で買って事実で売れ」が大原則。噂はそろそろ消えますからね。

 トレンドとしてはそうです。銘柄の読み方は別物。どんな暴落でもやっぱり株価が上がる銘柄ってありますからね。


 さて、2日目の出雲原原は出雲市駅ではなく大社駅徒歩数歩つう商工会館で開催。

 つうことで、松江駅前から循環バスで松江温泉駅へ。一畑電車の始発駅ですからね、ここは。ギリで着いたので発車をしばらく待ってくれました。ローカル線もええところ。

 それにしても子供が多い。島根は少子化とは無縁なんかいな? んなこたないわな。一畑電鉄感謝デーの威力ですな。どの車両も親子連れがわんさか。で、縁結びの街ですからカップルとか女性客がこれまたわんさか。




ノスタルジー豊かな大社駅。昔の駅はもっと味がありましたよね。やっぱり新しいもの。




やっぱ出雲大社を参拝しなくちゃ。


講義前に釜揚げ蕎麦セット。一福が好きです。

 19日(日)の講義テーマは「成功の秘密は無意識の力にあった」です。

□「まくら」は無し。120分しかないんだもん。
□本講義
・薔薇ノ木ニ薔薇ノ花サク ナニゴトノ不思議ナケレド 
・0.5秒の差で決まる
・無意識は意識の前工程
・スポーツと脳科学
・無意識とインテリジェンスは同じ
・羽生善治棋士の脳とAIの共通点
・無意識は直感だった
・フロイト、ユングそしてアドラー
・アラヤシキと無意識
・仏教と脳科学
・アラヤシキと6つの感覚
・無意識を味方にできるか
・人間は自我という監獄につながれた囚人にすぎない
・心と正しく付き合えば成功はあなたのモノ!
 などなど。

 昨日に引き続いて二次会は「B級グルメ」。「キング」は2回目じゃないかなあ。


焼き鳥なんじゃー。



このバカでかいのなんだかわかる? ハムカツなのよ。

〆にラーメン。昔懐かしい味なんすよ。すでに焼きそばも食べてるんだけど。。。とまらんのだわ。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年12月10日 (日)

出雲原原の二次会はB級グルメ三昧だった。。。

 昨日は「第3期ぴよこちゃん倶楽部」オーラス。「中島孝志の銘柄研究会」のコンテンツがあまりにもいいので単行本にします。原原では1月度の講義でたっぷりサービスしましょう。また、1月からは「ぴよこちゃん倶楽部」でも「銘柄研」は本格的に講義することになりますからお楽しみに。。。



 さて、出雲原原の講義は2連チャン。初日18日(土)は出雲市駅そばのビッグハート出雲で開催しました。講義テーマは「松下幸之助さんの経営道について語ろう」。2時間半ありますからね。「まくら」に30分。本講義は120分たっぷり。

□まくら
・株価16連騰はどこまで続くか
・10月の日本株が世界でもっとも上昇した理由
・日本株45%、ダウ32%の上昇率
・エコノミストの予測は天下泰平
・パウエルショックが始まる
・輸出企業の経営者は円安が続くとは思っちゃいない
・株価、金価格、債券投資はこうなる
・下落相場でも上がる銘柄を見つける方法
・ボックス相場で資産を増やしなさい
 などなど。

□本講義
・松下幸之助 経営の極意
・大原則は3つ
・自主責任経営、素直な自己観照、衆知を集める
・パナソニックの経営危機「熱海会談」
・電光石火の突破力
・「経営の神様」と呼ばれた理由
・リーダーの心理学
・リーダーの表現力
・仏作って魂入れず
・期待以上の仕事をしてもらうにはどうするか
・理想としたリーダー像
・思いを憑依させることができるか
・不可能が可能に変わる瞬間
・大欲は無欲に似たり
・泰時の問いに対する明恵の教え
・徳将とはなにか
・松下幸之助 無欲の極意
 などなど。

 「日銀総裁人事にアメリカが介入することなんてあるんですか?!」つう質問にこちらがビックリ。ああ、そうか。こんなバカな話だれもしないもんね。テレビや新聞はもち、書店に並んでるような雑誌にも載らんわな。

 けど、世界の有料優良サイトでは当たり前の話ですわな。

 世の中は表の論理だけで動いているわけではありません。裏の論理を理解できなくても、あることだけは知っておいたほうがいいと思うのね。ま、知らなくても仕事で困ることはないけど、「投資」では困るんだわ。なぜか? 投資は「裏の論理」で動いているから。

 知らんでも困らないからスルーするか、困らないけど好奇心があるんで勉強するか。。。結局、右脳も左脳もそこで決まると思うのね。もしかすっと人生もこういう些細なとこで決まるのかもしれませんな。
 ホント、1センチ前ではなーんもわからんのよ。1センチ入ると、ああ、そうだったのかー、と氷解するだけどね。

 ま、どうでもええけどさ。

 さて、18日の二次会は「B級グルメ」でした。実は翌19日の「B級グルメ」のほうが凄かったけど。


好きなのばっかり。奥にポテサラ。

マカロニまで出てきました。ポテサラ+マカロニ=最強コンビ。

きゃっほーーー。大好物のハムカツ。薄いのも厚いのもいいよね。ハムカツ定食よく食べたなあ。。。

タコっす、フライもいいよね。マグロ嫌いなのよ。寿司屋ではタコばっか注文するから嫌な顔されてるの。好きだからしょうがないじゃん。

エビマヨ。ビールが美味くなるんだわ。

肝臓のために宍道湖名物を呑まなくちゃ。シジミ汁っす。

 やっぱB級グルメはいいなあ。胃腸が喜んでますな。

 なんと今日はお開きになってから徒歩数分のホテルに戻ればいいわけじゃないんすよ。これから山陰線に乗ってトコトコ松江駅まで帰らなくちゃならんのよ。しかも最終電車。なんかわびしいなあ。このまま夢千代の待ってる湯村温泉まで行こうかしらん。ダメかー。米子駅停まりだって。。。

♪北へーー帰ーーろぉぉ 想い出ーー連ぅぅぅれーーてぇぇ♪
 
 よーやるわなあ。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年12月08日 (金)

出雲に電車で行きました。。。

 忘れないうちに・・・私の本より先にプロデュース本が出ます。『図解 なぜかミスをしない人の思考法』つう本なんすよ。
 著者は中尾政之さん(東大大学院教授・工学博士)。「失敗学」の権威ね。早稲田のめちゃ高価なスペシャルBSで鉢合わせ。隣にえらく元気のいい講師がいらっしゃいましてね。それが縁で、私を東大の教壇に引っ張り込んだ張本人。ネクタイを鉢巻きに本格的に呑むぞモードに切り替わる痛快なセンセなんすが、先端研のトップで学術面ではものすごーい人なんすよ。






 さてさて、物好きといいましょうか。好奇心旺盛といいましょうか。バカだねえ、といいましょうか。

 名古屋原原のあと、京都に寄って京博「国宝展」を拝見。その後、あちらこちらの神社仏閣を参拝した後、大阪原原でいい加減な講義をすると、とって返して、湖南三山&湖東三山そして多賀大社を参拝・・・したところまでご報告してたか、と思います。

 でだ。メインは出雲原原2連チャンなわけでね。「梅田駅前からバスで5時間」つう提案もありましたし、「伊丹から飛行機は?」つうアイデアもありました。

 けど、京都駅界隈を絡めるとなりますと、バスで伊丹空港まで50分でしょ。で、飛行機は大嫌いときた。かといって、右へ左へめちゃ揺れに揺れる「特急やくも」も避けてきました。

 う〜ん。しかたない。「やくも」で行くべー。怖い物見たさなんかね。

 早めに岡山駅到着。博多原原のUさん、大阪原原のFさんはここから来てるのね。新幹線から在来線に抜ける処に土産物売場がたっくさん。やっぱ岡山だな。シャインマスカットとか巨峰とかメロンとか果実がたっぷり。しかも車中で食べられるようにカップに入ってるのね。

 お弁当も美味しそうなんだけど、どんだけ揺れるかわからんもんなあ。揺れて隣の乗客に飛んだら怒られそうだしぃ。松江に着いてから蕎麦でも食べるべー。
 
 岡山駅ゆうたら、「讃岐うどんツアー」の時、博多から岡山駅経由で高松駅に入ったんじゃないかなあ。瀬戸内海の景色はサイコーだったなあ。

 そういえば、新幹線の中、希望の党っつうの、あそこの代表と一緒でしたよ。ひとり旅でしたね。お付きの人は皆無。気楽やのー。支持率1%だもんね。そういえば、第一秘書してたYさんに電話しようとしたけど朝早いんでやめました。

 予想通り、岡山で降りましたね。選挙区に戻るんやろな。私と同じブランドのコート着てました。

 1本早い特急に乗れるぞ、と思ったら満車。みな出雲に行くんかなあ。ホテルがとれないわけだね。しかたなくホテルの茶店で仕事。


電車が入ってきました。

乗るのはこっち。

 いやあ、まいりました。揺れがひどい? この程度の揺れはノープロ。海外ならもっと揺れます。暑いのよ、暑い。熱いくらい。車内はむんむんむん。微調整が効かんようやな。しかたないから1枚ずつ脱いでいきました。1時間過ぎてようやく暖房が切れたみたい。

 揺れで酔う乗客のためにエチケ袋も用意されてんだけど、その前に熱中症と酸欠でぶっ倒れるわい。停車するたびに外で深呼吸。ああ、生き返る。

 実は、中国山脈を縦断するんで車窓から見える景色を楽しみにしてたんよー。けど講義データをチェックしてたらいろいろアイデアが出てきてしまって、結局、コンテンツをがらり変更。連チャンですからね。「中島孝志の銘柄研究会」のコンテンツもサービスしちゃおう。

 気づいたら米子駅。米子? 日本海やんか。まいったなあ。「八つ墓村(現、蒜山市)」も「寅さんの妹=さくらの亭主=ひろしの実家(備中高梁)」も通り過ぎてしもた。

 停車駅は岡山駅-倉敷駅-総社駅-備中高梁駅-新見駅-生山駅-根雨駅-伯耆大山駅-米子駅-安来駅-松江駅-玉造温泉駅-宍道駅-出雲市駅。。。「砂の器」の亀嵩はどこやねん、と思いきや路線が違うとのこと。どうもJR西日本の木次線らしいっす。



 まずはホテルに行かねば。松江駅下車。チェックインまで時間があるんで循環バスで松江市内をぶーらぶら。

 松江に来るたびに思い出すのは友人のTさんのオヤジさんだなあ。
 Tさんは地元の有名家具屋さんの長男でね。松江高校から一橋。で、三和銀行。スタンフォードに留学してから外資系金融機関を経て独立。家業は継がなかったんだね。

 たまたまのたまたま、20年前に松江から出雲に向かってる時、電話が入ったのよ。要件はなーんも覚えてないからたいしたことじゃなかったんだろね。
 「いま、松江から出雲に向かってるとこ。一畑電車と並行して走ってるよ」
 「えっ、松江? いつまでいます?」
 「これから出雲。夜には松江に戻ります」
 「ボクの実家、松江なんですよ。オヤジに会ってやってくれませんか?」
 てことで、翌日、訪問すると歓待してくれましてね。喫茶店から美味しいコーヒーとってくれたりして。オヤジさん博学でね、いろいろ松江の歴史を教えてくれましたよ。元もと殿様の大工さんの家系らしいね。

 「弟が夜戻るんでご一緒に食事はどうでしょう?」とお誘いを頂いたけど、あいにくの先約。返す返すもザンネン。あれから数年後に亡くなられました。松江に来るたび思い出すのよ。

 松江城から散歩がてら駅前のホテルに行く途中、昔、食べた美味しい蕎麦屋がありました。そうか、ここにあったんだ。





 2日目の出雲原原は一畑電鉄大社駅そばの商工会館で開催とのこと。つうことは、またまた一畑電車でぶーらぶらか。この電車は中井貴一さん主演「ALLWAYS」つう映画にもなったんよね。






 
 車内に親子連れがめちゃくちゃ多い理由がわかりました。一畑電鉄の感謝デーで停車駅のあちこちでイベントやってるわ、電車はどんだけ乗ろうと無料だわ。しかも沿線で蕎麦屋さんとかレストランの割引サービスまであるわ、で混むわけさ。そうとう宣伝もしただろうしね。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「漫画 君たちはどう生きるか」(吉野源三郎著・1,404円・マガジンハウス)です。 

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年11月24日 (金)

博多原原の新入生を募集します。。。

 博多原理原則研究会(第6期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2018年のテーマとスケジュールです!
(博多原原は金曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)
■1月12日「2018年の日本経済はこうなる!勝てる投資をやりなさい!」
■3月23日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月25日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月6日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月7日 「インテリジェンス脳の鍛え方について語ろう」
■10月5日「成功の秘密は無意識の力にあった!について語ろう」
■11月9日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」
※本講義は午後7時〜9時。午後6時からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多い!)」は自由参加です。

□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税=12万9600円(年間)
□申込法:「博多原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:TKP博多駅前シティセンター(博多駅前)8階(ゴージャスになりました)>


※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る、ゲスト講師の講義を堪能する。気楽な気持ちでどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「金融恐慌とユダヤ・キリスト教」(島田裕巳著・830円・文藝春秋)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年11月19日 (日)

メンバー熱烈募集しまーす!神の國出雲の原原です。

 神話の里、出雲原理原則研究会(第5期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2018年のテーマとスケジュールです!
(出雲原原は土曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)
■1月20日「2018年の日本経済はこうなる! 勝てる投資をやりなさい!」
■3月24日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月12日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月28日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月15日「売上10倍増のマーケティング!最強のファン作りについて語ろう」
■12月1日「成功の秘密は『無意識のちから』にあった!」
※本講義は午後7時〜9時。6時30分からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多いです)」は自由参加です。

□募集人員:若干名
□受講料:10万円+消費税=10万8千円(年間)
□申込法:「出雲原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:ビッグハート出雲(出雲市駅となり)2階特別会議室>

※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る、ゲストの講義を堪能する。気楽な気持ちでどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年11月18日 (土)

博多原原の新入生を熱烈募集しまーーす!

 博多原理原則研究会(第6期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2018年のテーマとスケジュールです!
(博多原原は金曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)
■1月12日「2018年の日本経済はこうなる!勝てる投資をやりなさい!」
■3月23日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月25日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月6日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月7日 「インテリジェンス脳の鍛え方について語ろう」
■10月5日「成功の秘密は無意識の力にあった!について語ろう」
■11月9日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」
※本講義は午後7時〜9時。午後6時からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多い!)」は自由参加です。

□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税=12万9600円(年間)
□申込法:「博多原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:TKP博多駅前シティセンター(博多駅前)8階(ゴージャスになりました)>


※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る、ゲスト講師の講義を堪能する。気楽な気持ちでどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年11月11日 (土)

博多原原メンバーを熱烈募集しまーす!

 博多原理原則研究会(第6期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2018年のテーマとスケジュールです!
(博多原原は金曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)
■1月12日「2018年の日本経済はこうなる!勝てる投資をやりなさい!」
■3月23日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月25日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月6日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月7日 「インテリジェンス脳の鍛え方について語ろう」
■10月5日「成功の秘密は無意識の力にあった!について語ろう」
■11月9日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」
※本講義は午後7時〜9時。午後6時からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多い!)」は自由参加です。

□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税=12万9600円(年間)
□申込法:「博多原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:TKP博多駅前シティセンター(博多駅前)8階(ゴージャスになりました)>


※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る、ゲスト講師の講義を堪能する。気楽な気持ちでどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年11月06日 (月)

「博多原原」「出雲原原」はオーラスでーす。土曜日は「ぴよこちゃん倶楽部」です。

今週末は「びよこちゃん倶楽部」です。ゲスト講義は今回だけ午後1時スタート。テーマは「500円で売ってる1000円札を探せ!やっぱりバフェット流がいちばん儲かる!」です。「中島孝志の銘柄研究会」はその後にやります。今回ももったいないトンデモ情報のオンパ。前日は博多原原オーラス講義。直接駆け付けます。

 博多原原(11月10日・金曜)と出雲原原(11月18ー19日・土日)はオーラスです。いずれもオープン講義ですから、どなたでも無料で参加できます。

 年1回の募集ですからメンバーもよろしく。つうか、原原が続くかどうかは私が決めることではありません。メンバーが決めることです。私はそれを「忖度」するだけ。潮時と思えばすぱっとやめます。
 一度、出雲原原は中止になりそうでしたが、若手の奮闘で倍増。凄いですなー。出雲で私の本読んでる人なんてレアですよ。けど、なにごとも0と1では天地の差があるわけでね。

 幸之助さんは、かつて、(だれが聞いてくれなくても)壁に向かってでも話をする、と言ってました。根を張る覚悟というか決意が見て取れます。「一所懸命」ですな。 

 「貧乏な村が凶作で祭で酒を用意できない。よし、1人1杯ずつ持ち寄ろう。それくらいならできそうだ。やろうやろうと盛り上がった。で、祭の当日、酒盛りで薦被りを破り、みなで飲み干した。水だった」

 俺1人くらい水にしたってわかるまい。みながそう考えた結果です。日本を変えるのは1人1人の意識と行動です。原原もそうです。いつまでもあると思うな、原理原則・・・です。

博多原原(第5期)は11月で修了です。今回はオープン講義です。無料です。どなたでも参加できます。
■日 時:11月10日(金)午後6時〜7時:「まくら(直近の景気予測)」・午後7時〜9時:本講義(以下の通り)
■テーマ:「松下幸之助さんの経営の原理原則について語ろう」

□会 場:福岡朝日ビル特別会議室(博多駅博多口徒歩3分)
□申込法:参加ご希望の方は「博多トライアル参加希望」と記し、お名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp


出雲原原(第4期)も11月で修了。今回はオープン講義。無料です。どなたでも参加できます。

■日 時:11月18日(土)オープン講演会(無料!)
■テーマ:「松下幸之助さんの経営の原理原則について語ろう」

※講義は午後6時30分〜9時。「まくら」は経済予測、開場は午後6時から。二次会はありません。
□会 場:(11月18日はこちらです) ビッグハート出雲 茶のスタジオ(出雲市駅となり)
□申込法:参加ご希望の方は「出雲トライアル参加希望」と記し、お名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp


■日 時:11月19日(日) 本当のオーラスです!
■テーマ:「あなたの経営力を決めるのは「無意識」の力だった」

※講義は午後4時〜6時。二次会はキング。
□会 場:(11月19日はこちらです) 「出雲商工会(出雲市大社町杵築南1344。一畑電鉄大社駅から徒歩1分です)」
※一畑電車の最終は午後10時頃まであります。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「洋子さんの本棚」(小川洋子・平松洋子著・626円・集英社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

出雲原原の新入生を熱烈募集しまーーーす。
[2017年12月14日]
[中島孝志の原理原則研究会]

博多原原の新入生を熱烈募集しまーーす。
[2017年12月13日]
[中島孝志の原理原則研究会]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年12月12日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年12月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!