カテゴリー:「鬼の般若」の経営道場

2006年12月14日 (木)

今回がラストメッセージです!

「経営者の人生とはいったいなんのためにあるんでしょうか? みなさん、考えたことがありますか? 株式を上場して大金持ちになること? 従業員を幸せにすること? いい商品、いいサービスを開発して1人でも多くのお客様に喜んでもらうこと? いったい、社長の生き甲斐、やり甲斐とはどこにあるのでしょうか?」(鬼の般若の経営道場・半谷正明) 

 あっという間に1年過ぎてしまいましたね。光陰矢のごとしとはよくいったものです。今回が最終アドバイスになります。最後は私自身の自問自答になるかもしれません。

 さて、会社経営をされている社長さん!
 企業経営のテーマ・目的の志を高く持って日々創意工夫をされていることでしょう。野望を剥き出しにして日々、知恵を絞り、悪戦苦闘をしながら仕事に励んでいることと思います。
 従業員・取引先・関連会社のことを考えながら、企業経営に取り組み、夢を描き、目標に向かって意思決定をされていることでしょう。
 熱き心を持ち、自己の信念を貫き通し、思想と哲学を基本に行動する社長さんもいらっしゃることでしょう。

 社長として、ビジョン・理念・希望・願望・野望を判断、決断し突き進む覚悟で社長人生を生き抜くためにも、シンプルでかつ重要なことをアドバイスさせてください。

 それは・・・・・・
 社長の人生は、
・何のためにあるのか? 何のために存在しているのか?
・誰のためにあるのか? 自分ため?

 社長の人生は、どのように生き抜いていくのか? それは誰が決めるのか?
 社長が想っていることや想像していることが、社長の人生で起こるのだ!

 そう、社長が考えていないことが、起こることはありえないのです。
 すべては、社長が想っていることが実現しているのです。だから、社長の人生の現実は、社長自身の中にあるのです。
『自分の人生の答えはすべて自分の中にあるのです。』と社長への激励の言葉とさせていただきます。
 これからも、プラス志向で明るく強い気持ちを、持ち野望へ向かってくださいませ。
 フレー!!フレー!! 社長〜〜〜!!
 ありがとうございます。鬼の般若、心から感謝いたします。

カテゴリー:「鬼の般若」の経営道場

2006年12月07日 (木)

いよいよラス前!「目標と結果の法則」とはなにか?

 「般若先生、いつも楽しく拝見しています。さて、だれよりも懸命にやっているのに結果が思わしくありません。軽くやって成果を出す要領のいい人も少なくありません。こんなに努力してるのに悔しいです。なにか解決策はありませんでしょうか?」(小さなお店の経営者・33歳・男性)

 長らくご愛顧いただいた「鬼の般若の経営道場」ですが、今回、次回の2回で完結することとなりました。あなた様には衷心より感謝申し上げる次第でございます。
 本来であれば、直接、ご尊顔を拝して御礼申し上げるところではございますが、ブログにてのご挨拶にて失礼させていただきます。ご寛恕くださいますよう・・・。

 では、今週もズバッといきましょう!

◇目標に対するプロセスと結果の法則関連◇
 希望・願望・野望という目標を達成するためには、日頃から創意工夫を心掛けているかと思いますが、その目標に対するプロセス(計画と実行)がどのように結果と結びついているのか?
 具体的な関連図に落とし込んでみました。

 「そんなこと、わかってるよ!!」という前に、もう一度掌握してくださいよ。

 まずは、「ホウレンソウ−−報告・連絡・相談」という基本が大事ですが、これって順番もたいへん重要なんです。
 いきなり「報告」はありえません。まずは「相談」からのはじまりになりますね。
 ホウレンソウという語路合わせがよいので、報告がはじめになりますが、実際は報告ではなく相談からです。そして、その相談からまとめて「願望?」「目標」に対して「計画を立案すること」になるわけです。
 PDCAサイクルの【P】にあたります。

 次が、その計画に沿ってプロセスを実行するのです。これが【D】になります。
 ここでいったんチェックを入れて、計画とプロセスの実行度合の確認をします。

 現在のマネジメント環境では、最初の計画がその通りに実行できるということはまれですね。何かしらアクシデントやトラブルが発生することが日常茶飯ですから。これが【C】というチェックになります。
 チェックをしたら、その分析に基づいて計画を再度練ります。追加施策や新計画を導入することですね。これが【A】という再計画の実行です。

 これらPDCAサイクルを廻しながら、目標達成に向かって実行していくことで、その瞬間(目標に対する結果)があるのです。

 ここで重要なことは、結果、即、終了ではなく、結果が出てからが大事なんです。結果の良し悪しで判断するのではなく、必ずや「分析」「反省」というプロセスをデータ化し、その理由を解明すること。こうすることで、「目標と結果の法則」が鮮明になってくるのです。
 なぜならば、『結果は目標に対するプロセス(計画と実行)の実施次第』という法則があるからです。
 結果オーライはありません。「一生懸命にやったのに結果が×」ということもありえません。トップレベルのマネジメントを遂行している社長さんが新入社員の泣き言のようなことは言わないで下さいね。

 明治・大正・昭和の哲人「中村天風」が言っております。
 『蒔いた種のように花が咲く』・・・蒔いた種=プロセス(計画と実行)であり、花が咲く=結果と考えればわかりやすいですよね。社長の希望・願望・そして野望という花を咲かせたいのであるならば、その花になる種を蒔くようにしましょう。

カテゴリー:「鬼の般若」の経営道場

2006年11月30日 (木)

失敗は成功の元!

 日経のウェブサイトBizPlusで1番人気「社長の愛した数式」が更新されています。毎日新聞Webサイト「中島孝志の おとなの仕事相談室」も更新されています。よろしくね。


 「般若先生、いつも楽しく拝読しています。『成功』『自己実現』『お金儲け』という本ばかり読んでいるのですが、どうもそれが結果に結びつかなくて困っています。どこが悪いんでしょうか?」(39歳・居酒屋経営・男性)

◇成功体験は失敗のはじまり、という法則はご存知ですか◇
 もちろん、こんな格言はありませんよ。講習や顧問先で、こういうことを言うと、皆さんキョトンとしてしまっています。(笑)
 「この人(私のこと)は何を言ってんだ?」とたいがいの方は苦虫を噛んだような顔をしています。
 
 では、なぜこんな法則があるのか、といいますと・・・。

@第一の特徴
 成功した勢いがある時に加速に乗ってしまい過ぎると足下(真の実力)を顧みずに突き進んでしまう、ということなのです。足下をすくわれる要因にもなりますから、失敗のはじまりなのです。

A第二の特徴
 成功した人はその「味」が忘れられず、ついつい「勝利の方程式」に依存してしまうのです。つまり、早い話がいつもいつも同じ方法を取ってしまうんですね。ところが、いずれ成果が出なくなってきてしまいます。
 「前はあんなに成功したのに!」「夢よ、もう1度!」という気持ちが強くなってきてしまい、ますますドロ沼にはまってしまうのです。
 人の心理として、成功体験はいつまで経っても忘れられず、年月が経てば経つほどに美化された記憶が残ってしまうものなのです。
 しかし、周囲の環境は絶えず変化しています。以前の方法が成功したからといって今回も同じ方法で成功するとはかぎりませんね。いや、むしろ失敗へと導かれることのほうが多くありませんか?

B第三の特徴
 すぐに「失敗」するわけではありません。成功という素晴らしい成果を体験し、それを継続すべく努力を怠らず実行しているわけですから、すぐに失敗はあらわれません。←ここが注意点なのです。
 成功というオーラに包まれたことで、成功した方法を続けてしまい、徐々に失敗への道筋へ進んでしまうのです。悲しいかな、この特徴が成功したことから失敗への要因となるのです。
 その逆に、失敗は成功の始まりでもあるわけで、成功へ達成ができなかった要因をしっかりとらえて施策を具体的に分析し、創意工夫をして次に繋げることが成功への道筋なのです。

C結論
 常に新たなアイデアや工夫が必要なことだ!ということです。

カテゴリー:「鬼の般若」の経営道場

2006年11月23日 (木)

頭の中の整理法

 「般若先生、いつも勉強させていただいております。社長として大切な自戒の言葉はありませんか?」(経営者・45歳・メーカー)

◇物事に取組む考え方の整理・整頓とは?◇
 社長! まずは経営者としての頭の中を整理・整頓をしましょう。自分自身で、考え方の整理・整頓をする方法になります。

 次の5点が『躾の五原則』です。

【1】自立
@問題解決、意思決定を他人に任せない。答えは自分の中にある。
A謙虚さと過小評価は違います。
B覚悟を持つこと
【2】自覚
@ものごとの真理を知ること
A使命・役割・期待を知ること
B自らが積極的に「やる」ということ
【3】責任
@大きな目標を立てること 
A自分の価値基準を持つこと
B積極的な気持ちを持ち、飽くなき挑戦を続けること
【4】貢献 
@行動する理由を示す。指針を示す。最後まで継続する。
A曖昧語を使わない。旗幟鮮明。ハッキリさせる。
B約束すること。これが決意表明となります
【5】反省
@成果について「結果追究」を行なう
A謝罪と反省は違うことを知る
B簡単に諦めない、創意工夫を続ける

 『躾の五原則』を頭の整理・整頓に活用しましょう。頭脳鮮明になること間違いありません!

カテゴリー:「鬼の般若」の経営道場

2006年11月16日 (木)

社長の視点とはなにか?

 日経のBizPlus連載「社長の愛した数式」が更新されました。こちらからアクセスしてね。毎日新聞Webサイト「中島孝志の おとなの仕事相談室」も更新されてます。よろしくね。


 「般若先生、いつも楽しみに拝読しております。さて、社長独特のものの見方、考え方ってあるんでしょうか? やっぱり社長は違うな、と従業員が感心するような発想法というのがあれば御指南頂けないでしょうか?」(2代目社長・30歳・流通業)

◇ものの考え方・見方の原則とは?◇
 社長として、経営の責任を持つものとして、ものの考え方や見方の原則を知ることは重要なことです。基本、原則として身につけて下さい。

 物の考え方【心得】とは
@第一原則:「目先で見る」と「長い目で見る」との違いです。
 社長という立場上、目先で見ることと長い目で見ることの違いがあります。一方的に目先だからダメということではありません! 長期目標に対しては長い目で見る、目先で見ることは身近な目標としてとらえる、ということです。

A第二原則:「一面で見る」と「多面で見る」との違いです。
 この見方で、如実に表れてくるのが人物評価です。それぞれの見る面が違うだけでは、その人の評価が変わってきますから。社長としては多面的あるいは全面的に見ることを心得るべきであり、一面的な見方は深く見るときの参考として考えることです。
 また、多面的にものごとを見るということは「俯瞰」するというように大所高所に立って見ることでもあります。

B第三原則:「枝葉末節を見る」と「根本を見る」との違いです。
 この見方や考え方には違いが生じることが多々あります。それは、あまりにも見ているところが違いすぎていますから。食い違うことが当然なことなのです。
 ポイントは社長の役割をよく見直してください。社長自らが枝葉末節ばかりを見ていても組織は進みません。やはり、社長は根本をしっかり押さえることが大事な役割なのです。
 枝葉を見た、意見や情報を社長に集まるようにして、ひとつの大きな木を掌握する。そうすることで、社長として全体像を掌握し判断する情報を得ることができるのです。

 この三つの原則で最も重要なことは、『必ず両面を見て・考えて』議論や意見収集を行なう心得としてください。
*「活眼活学」安岡正篤著 プレジデント社

カテゴリー:「鬼の般若」の経営道場

2006年11月09日 (木)

運命に偶然はない!

「1人ビジネスを起業して10年。取り立てていいこともなかったけれども、そんなに悪いこともありませんでした。万事恙なく生きてきたと思います。しかし、もし起業せずi一商社マンとして勤務していたら、起業で味わうよりも波瀾万丈でダイナミックな人生を楽しめたのではないかと最近感じています。
 かつての同僚は定年を迎える時代です。60歳を前にこれではたして良かったのかどうか、少し後悔しているのです。般若先生の顧問先の社長さんたちは起業して後悔してる人はいませんか?」(迷える起業家もどき・58歳・男性)

◇137億年前の宇宙誕生「ビツクバン」も偶然ではなかった!◇
 「地球上で起こることには偶然がない」と哲学者の話にあります。
 科学的に証明できないので「偶然」と命名しているだけで、起こった出来事にも必ず原因と結果があります。原因がないのに結果があるわけは無いのです。
 宇宙誕生にも要因があり、偶然にできたわけではないのです。
 そこでこの格言と結びつけて考えたいと思います。

「蒔いた種のように花が咲く」by中村天風
 この真理を基本にして、会社のマネジメントを推進していくと、わかりやすいと思います。
 業績が向上するにも何かしらの原因(要因)という種を蒔いたのであって、種を蒔かずに花が咲くわけがありませんもの。そうです、偶然には業績なんて向上しませんから。なにも種を蒔かずに花が咲いたらこんなに楽なことはありません。そして種を蒔くにも、その種を蒔く以前の・・・。

『社長へ!心構えの提言』としまして、「人生に起こることで、偶然はないのです」ということを知っておいてください。社長の人生も会社の人生も、とくに強く思ったこと、考えたことが起こるのです。
 したがって、愚痴などこぼしている暇などなく、あなた自身の人生観をプラス志向に仕向けていかなければなりません。なぜならば、リスク管理と称してマイナス志向で考えると、必ずやそのマイナス志向の結果が起こってしまうからです。
 注意しましょう!!

 そうなんです、まずは、プラス志向にて思ったり考えたりする習慣を身につけましょう。そこから、種を蒔いて、花を咲かせるように、思い考えることからになります。
 この10年間納税額日本一の“斎藤一人”さんが格言を言っておりました。
『人生に困ったことなんてありません』
 このプラス志向をもう一度確認しておきましょう!

カテゴリー:「鬼の般若」の経営道場

2006年11月02日 (木)

創造性を開発するコツ

 「仕事で大切なことに創造性があります。創造力です。般若先生、これは先天的な才能でしょうか? それとも、勉強によって磨かれるものなのでしょうか?」(大手メーカー管理職・45歳・男性)

◇創造性を発揮するコツとは!◇
「創造性を発揮しよう!」とあなたは部下に言ってますか?
「がんばれ!」と同じように、どのように“ガンバル“のか、その方法を説明しなければなりません。
 どのように”創造性を発揮“させるのかと、教えなければわからないのです。

 そこで、創造性を発揮するコツ、実践行動方法のKeyファクターを教えます。ぜひトライしてみてください。必ずや創造性が発揮できると確信いたします。

【六つのKeyファクター】
○疑問を持つ!
◇行動パターンを変える
○視点を変える!
◇仕事の手順を変える
○思考を止める!
◇ボーっとする

 そうなんです、少し考えを止めてみる、少し方法を変化させてみる、というように思考と行動のやり方を思い切って変化させて見ることなんですね。

 簡単にいいますと、気分転換の方法と似ています。いや、気分転換そのものです。
 従来のやり方、従来の考え方では、想像力も思考力も活発にならず「創造性」を発揮させるべく行動の活性化には繋がらないのです。

 その他には、こんな方法も有効です!
「リラクゼーション」と「コンセントレーション」の交換作用です。わかりやすく言えば、「休息」と「集中」をコンビよく繰返す実践行動のことです。

 6つのKeyファクターも、休息と集中の繰返しと同様の実践行動方法です。仕事や行動パターンを変えることは、以前までの考え方を変えるべき、ひとつの観念的なことに集中しなければなりませんから。

 思考を止めることやボーっとするということは休息そのものであり、その休息を積極的に取入れることを「積極的休息」という実践行動になるのです。

 次に、創造力の活性化、フル回転させるためにエネルギーを貯える時間と考えたほうがよいかもしれません。

 社長! 「創造性を発揮しよう!」ということを言うのならば、具体的な方法まで説明しなければ、従業員は創造性を発揮させることはできませんぞ!

カテゴリー:「鬼の般若」の経営道場

2006年10月26日 (木)

創意工夫こそゴールへの近道!

「創意工夫の大切さはわかりましたが、近道というものはあるんでしょうか?」(ビジネスパーソン・30歳・男性)
 
◇本当の近道はどれだ ◇
 目標達成への近道ってあるんですかね? 心情としてはわかりますよ。
 すぐに近道を求めてしまいたくなりますよね!
 なにか効率良くやれば、それが近道のように感じてしまいますが、本当の近道?
 なんですか?
 それが・・・近道=楽道というように、近道を知ることは楽できる、楽に達成できると妄想していますよね。
 早くその妄想から眼を覚まして下さい。

 目標達成までに、何も問題や課題が出てこないということは、絶対にありえません。
 そのこと事態が問題なんですが・・・。

 では、目標達成までの近道についてですが、そんなテクニック的なことやら、なにか抜け道的なことなんかはありませんのでそのことをしっかりと把握し理解してください。
 その近道に近いものとしては、願望・希望(その中に野望も含みます)を持った信念であり、その信念に基づいた行動や思考を日々訓練する事が大前提となります。
 まずは信念を行動に日々繰返し訓練することが第一の道なのであります。

 イチロー選手にしても、プロ野球選手になるという信念を日々練習という行動の繰返し訓練を行なったことが、今の成績に到達することになったわけでもあります。

 次に、ただたんに繰返しの訓練をしていても目標への道は遠いばかりです。そこに創意工夫(地道な努力)を加えることが第二の道であり、この二つを合わせた道が目標到達への近道? といえる道筋なんですよ。
 訓練を繰返すだけではなく、そこに創意工夫という力を注ぎこむことが目標到達への近道であり、(創意工夫)を続けることが大切なのです。
 未来の社長、がんばれ!

カテゴリー:「鬼の般若」の経営道場

2006年10月19日 (木)

努力とは創意工夫のこと!

 11月1日(水)にこんなセミナーをします。ご関心の向きはアクセスしてね。">「日経トレンディセミナー ガツン!と起業塾」(11/1開催、無料だよ!) 講師は穐田誉輝さん(カカクコム取締役相談役)、経沢香保子さん(トレンダーズ代表取締役)、それに中島孝志です。

日経のBizPlus連載「社長の愛した数式」が更新されました。こちらからアクセスしてね。毎日新聞Webサイト「中島孝志の おとなの仕事相談室」も更新されてます。よろしくね。


「創業して3年。小さな編集プロダクションをやりくりしています。アイデア会議でも真剣に考えていない。時間中に企画書をまとめるなど、熱意が感じられません。般若先生、どうしたらいいでしょうか?」(編プロ経営・40歳・男性)

◇地道な努力とは?◇
 社長! 従業員やスタッフに「努力しろ!努力しろ!」口癖のように話してませんか?
 この「努力」という言葉が厄介なんですね。

 なぜかというと・・・努力って、なにを・どのように・どうすればよいのか皆目検討つかないことが正直なところだ、と思います。どうですか?
 従業員やスタッフも本当の意味はわかっていないのですが、社長に「努力しろ!努力しろ!」と言われるので質問もできず、まずは同じ動作や行動を繰返し行なっていれば努力していますと言えるので、あまり深く考えずに行動しているというパターンを見受けられますがどうですか?

 努力していれば必ずや成果が出てくるという、暗黙的・迷信的な考え方をもってただ単に行動しているだけ、ということも見受けられますね。
 それに努力しなければ目標達成には覚束ない、ということも精神的な激励として言われることが多々ありますかね。そんな曖昧な表現で本当に部下やスタッフの人たちが納得し、理解し、仕事に励むのでしょうか?
 社長だって、曖昧な事で真剣に集中して仕事に取組むことができないことは百も承知ですよね。

 そこで『創意工夫』ということに置き換えてみます。

 これまでにない新しい思い考えに、具体的な方法をプラスすることを『創意工夫』であるというなら、この意味こそが、【地道な努力】であるといえるでしょう。
 その理由は、仕事は絶えず「新たな思いや考えを具体的な方法へ」ということが基本にあるからです。あのトーマス・エジソンも言っていました。『1%のヒラメキと99%の努力』このヒラメキを得るには、創意工夫(地道な努力)がなければならないと言われているように思います。

カテゴリー:「鬼の般若」の経営道場

2006年10月12日 (木)

社長の意思決定法

 「般若先生、社長の意思決定法について教えてください」(若手起業家・28歳・男性)

◇意思決定の方法では◇
 社長業は決断業です。毎日、毎日、意思決定の連続です。
 問題はそのレベルですね。脂汗を流し、寝られず逡巡する。どうしよう、こうしようか、とことん迷う・・・というような意思決定は日常茶飯事ではありませんよね。
 毎日、この連続だとストレスで死んでしまいますもの。
 けど、年に数回、数年に1回という頻度で、「もう死にそうだ」「どうしていいかわからない」というほど、意思決定ができずに迷いに迷うことがあると思います。

 というわけで、あなたの質問は「命運をかける意思決定」「究極の意思決定」をどう考えるかというテーマに置き換えて考えてみたいと思います。

 意思決定のポイントは、第1に「答えはどっち!」かを鮮明にすることです。これ、料理番組ではありませんのであしからず。
 AもBもどちらを選んでも正解のように思える。でも、絶対にどちらかを選ばなければならない。これが厄介なんですね。役員や従業員の間でも意見が真っ二つにわかれたり。すると、どちらを選んでも禍根を残しかねない選択になりますね。

 ということは、反論意見が出てくることを前もって想定しておいて、なぜ「B」を選んだのか(あるいはなぜAなのか)をハッキリしておくことが大切です。理論武装、説明責任をきちんと果たすことが社長として重要な仕事になるのです。
 「あぁ、なるほど。そういう理由で意思決定したのか」と納得はしなくとも、理解してもらっておかなければなりません。これをしておかないと、異論反論、疑問がくすぶって、ひょんな時にうねりのように増幅されて組織が木っ端微塵になりかねませんから要注意です。

 第2は、正解Aと正解Bの選択時に1人で決断すること。
 たとえ役員でも、社内の人間の言うとおりにはできませんよね。社長は最終責任者。だれにも責任転嫁はできません。それだけに最後の決断はいつも孤独です。けど、それができなければ社長などさっさとやめてしまいましょう。1人で考えて考えて考えぬいて意思決定をするのがあなたの仕事なんです。
 もちろん、その決断について第三者に意見を聴き取ることはいくらしてもかまいません。

 3年前、顧問先で人事の大変革を実施したいが・・・という相談を社長車の中で受けたことがあります。もちろん、私なりに組織案を持っていましたから社長の腹案にいろいろとアドバイスしました。社長自身も意見を聴きたかったのでしょう。
 私のアドバイスに共感したのか、元々、彼自身がそう考えていたのかはわかりませんが、私の組織案通りの組織でマネジメントしています。幸い、業績も向上しています。

 第3は「意思決定の基準をなにするのか?」ということです。
 これは「野望」を第1に優先してはなりませんぞ。野望は密かに基準とすべきものです。基本は「ビジョン」「使命」「理念」「志」を基準にすることです。すると不思議なことに、社内も外部の人々にもわかりやすい説明ができるのです。社長の意思決定をより強力にバックアップすることになって安心して取り組むことができます。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

インテリジェンスの宝庫だす。。。
[2017年04月30日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

平淑恵さん一人芝居「化粧 二幕」(紀伊國屋ホール)
[2017年04月29日]
[中島孝志の演劇バンザイ!]

春の京都その7 京のユニークな書店あれこれ。
[2017年04月28日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年4月  

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2月新刊をバージョンアップ。緊急出版です。金正男暗殺の真相そして金王朝の近接未来は? トランプと習近平それぞれの戦略に日本はどう立ち向かえばいいか。メディアが絶対伝えられない政治経済投資に役立つコンテンツ満載。オンデマンド版(紙の本です)。

大統領なんぞはたんなる操り人形。「奥の院」がトランプに何をさせて儲けようとしているのか? メディアが絶対伝えられないコンテンツ満載。投資家のためのトランプ本。これは電子書籍版です。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!