カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2007年02月28日 (水)

「アメリカ経済終わりの始まり」 松藤民輔著 講談社 1680円

 NYダウが540ドルも暴落しましたね。
 驚きました! 驚いたという意味は、まさかこんなにぴったり当たるとは、という意味で驚いてるんです。

 昨年、11月末にこんな本を紹介しました。「アメリカ経済終わりの始まり」という本です。発売1週間で紀伊国屋、丸善、ブッファスト等々で1位を独占しましたね。あの江原さんが2位でしたけど、ダブルスコアの差をつけて1位だったんですよ。

 この著者、外資系証券会社(メリルリンチ、ソロモンブラザーズ)で13年前、年俸2億円を得ていた伝説の人物。
 「日本のバブル経済は崩壊する」と確信し、さっさとペーパーマネーから卒業しちゃった。「0金利時代になる」「日経平均株価は8000円に下落する」「600の銀行が消える」・・・予測はピタリ的中!
 『ロンドン・エコノミスト』が「rich&rude」と早速、世界に紹介したことでも知られる金融界のキーマン。ジム・ロジャーズ、イアン・フレミング等々、金融界で名をはせた知人友人は数知れず。

 本人は現物経済、それも「金の時代」になるとばかりに金鉱山会社を実際に立ち上げてしまいました(株式会社ジパング)。去年、ネバダ州に年間2.2トンの金生産・埋蔵鉱量90トンの金鉱山を手に入れてしまう。

 世界の金融人脈との議論、ユニークな経済分析から得た結論が面白い。
「NYダウ大暴落・円安ドル高・東京市場1人勝ち」。
 
 ジョージ・ソロスとクォンタム・ファンドの基盤を作った盟友ジム・ロジャースは10年間で4200%というリターンを達成した投資家だが、「1日26時間勉強する人間だけが勝てる。投資で勝てる人は100万人に1人しかいない」と話してます。
 自分の金で人生を賭けている投資家は1年中、投資のことばかり考える。こんなプロ相手に簡単に勝たせてくれるはずがない。しかし、投資の勉強をしなければならない。それがいまの日本人の課題でもあり、ジレンマですな。

 この本を紹介した昨年11月末段階では、NYダウも日経平均株価もめちゃくちゃ好調でした。とくに03年4月28日に7607円という底値から考えれば、日経平均株価は倍以上だもの。
 NYダウにしたって、日本のあり余る円の間おかげでいたって好調。ガンガン上がってました。

 こんなNYダウがいったいいつ暴落するの?
 
 FRBが金利を下げた瞬間、暴落は本決まりになる。テクニカルなデータではいつ暴落してもおかしくない。なにかが引き金を引く。それが金利を下げた時だろう、という予測です。今回の暴落は、中国のバブル崩壊、上海の不動産マーケット暴落が引き金を引いたのかもしれません。
 NYダウはなにかが引き金を引くほどパンパンに膨らんでいたんです。
 
 ただ、これはまだ序章に過ぎないと思います。本当の暴落は、松藤さんが指摘するように、バーナンキが金利を下げざるを得なくなった瞬間でしょう。
 日経はじめ、大手新聞の記事は、「バーナンキは金利を上げたがっているが上げられない」「NYダウはソフトランディングする」と一貫して書いてきました。
 果たして、この論調がどう変わるか? しばし注目です!

 この本は、後付け理論が得意なエコノミストや経済評論家、金融ジャーナリストでは書けない情報(理論、情報分析)が満載されてます。日米はもとより、英国、南アフリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド等々に出かけては地下2キロの金鉱山にもぐり、自分の金で世界に投資してきた人間でなければ書けませんな。

 投資のプロ中のプロはどういう視点で経済を分析しているのか。どんな指標で売り、買いを判断するのか。本書は「GSR」「ブリッシュコンセンサス」「ビッグピクチャー」等々、プロの予測法を指南する「ダヴィンチ・コード」かもしれません。久々の実力派の1冊だと思います。350円高。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

インテリジェンスの宝庫だす。。。
[2017年04月30日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

平淑恵さん一人芝居「化粧 二幕」(紀伊國屋ホール)
[2017年04月29日]
[中島孝志の演劇バンザイ!]

春の京都その7 京のユニークな書店あれこれ。
[2017年04月28日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2007年2月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2月新刊をバージョンアップ。緊急出版です。金正男暗殺の真相そして金王朝の近接未来は? トランプと習近平それぞれの戦略に日本はどう立ち向かえばいいか。メディアが絶対伝えられない政治経済投資に役立つコンテンツ満載。オンデマンド版(紙の本です)。

大統領なんぞはたんなる操り人形。「奥の院」がトランプに何をさせて儲けようとしているのか? メディアが絶対伝えられないコンテンツ満載。投資家のためのトランプ本。これは電子書籍版です。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!