カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2007年03月16日 (金)

「エンロン」

 今日は午前中はインタビューと打ち合わせ。日経、プレジデント、中経出版、それから第三文明社(創価学会系の雑誌「灯台」)。これらをわずか2時間でこなしてしまう。
 すごいですなぁ。自分で驚いちゃう。創価学会だけでなく、生長の家、幸福の科学とか、我ながら、いろんな宗教団体の媒体に露出してますなぁ。

 これだけ露出してるんだけど、「うちの宗教やりませんか?」なんてだれも誘わないのね。不思議。というか、かえって迷惑? まっ、いいか。

 で、午後はフリー。2時間空いてる。となれば、書店か映画館でしょうが。

 去年、見損なった映画がまだあんだよね。私、映画館で50本以上は観てんだけど、それでも落としてる映画があんの。

 その1つが「エンロン」。

 さてさて、これ、ドキュメント映画なのね。とんでもなく腐った会社の実態を内部資料と肉声でえぐり出した傑作ですよ。
 渋谷のシネ・ラ・セットってとこで観たんだけど、なんじゃ、こりゃあ。
 おいおいおい、ちっこいぞぉ。ちっこいだけじゃなくて、ここはだれかの家かぁ? ホームシアターだろうが、これは。映写機じゃなくて、ビデオプロジェクターじゃないかぁ?
 まっ、いいけどね。
 

久しぶりにドキュメンタリー映画を観ましたよ。

 さてさて、映画の主役はエンロンという会社なのよ。
 1985年の設立。以来、エネルギー業界の規制緩和の波に乗って急成長。売上高はなんと1000億ドル(13兆円)、わずか15年で売上高全米第7位、世界第16位にまでのし上がります。
 経営者がやり手だったのね。

 ところが、財務諸表の数字が合わないことに気づいた記者が、「エンロンは過大評価されていないか?」という記事を『Foutune 500』に発表すんだよ。で、2001年、「ウォール・ストリート・ジャーナル」がこの会社のインチキをすっぱ抜く。
 で、株価は大暴落。

 株価ってのは正直で、上がっているときは問題が露呈しないけど、下がり始めると、すべてがさらけ出されちゃうわけよ。

 エンロンの役員連中がやってたことは、粉飾会計、不正経理、不正取引・・・そればかりじゃないよ。考えられる犯罪はほとんどやってるんじゃないかな。
 下手すっと、殺人まで? それはわかりません。だけど、不審な自殺事件が起きてるんだよね。まっ、次々と明るみになっちゃう。

 で、なんと、この報道から46日後には破綻しちゃうんだ。負債総額2兆円、失業者2万人。当時のアメリカ史上最大の企業破綻。

 この会社はブッシュ大統領にも多額の献金してんだよ。1000億円という桁外れの規模ですよ。民主党にも献金してんの。どちらが勝ってもいいように保険かけてるわけ。

 ブッシュなんて、エンロン破綻後に「全米の95%の会社は健全に経営してます」なんて大見得を切ったはいいけど、1年後にワールドコムが破綻しちゃって大恥かいたわけ。

 エンロンのひどさってのは、アメリカの資本主義のレベルの低さを想像させるにはおおいに役立ちます。

 財務諸表なんか適当に改ざんしちゃうのよ。二重帳簿で多額の利益を横領した社員2名を昇進させちゃうんだからね。
 カリフォルニア大停電も起こしちゃう。電気代を上げるために、電気の供給を止めちゃうわけ。お客が困ろうが、迷惑がかかろうが、関係ないわけ。罪の意識なんて感じないんだな。金のためならなんでもしちゃうのね。
 
弱肉強食、金儲けこそが善、だまされるヤツがバカを見る・・・という体質の会社だったのね。

 もちろん、この会社には弁護士事務所や会計事務所もついてますよ。ところが、この連中がグルなんだよね。有名な会計事務所だったアーサー・アンダーセンはこれ一発で崩壊。

 エンロン崩壊を受けて、投資家や従業員は巨額資産を失います。給料の換わりに株券で払ったりしてたんだから。しかも、「売っちゃいけない」という規定まで用意してね。だから、暴落する前でも売れないんだよ。
 この間、ケン・レイ、ジェフ・スキリングといった役員連中は売りさばいてるわけ。
 完璧にインサイダーだよね。もちろん、証券取引委員会の訴追を受けますよ。結局、この2人は有罪判決が言い渡されるんだけど、終身刑は免れないだろうね。

 けどさ、去年の7月にケン・レイは心臓発作で死んじゃった。エンロン事件の謎はますます深まってるわけですよ。

 しかし、まぁ、日本もアメリカの十年遅れで変化してますからね。こんな会社もあんじゃないかな。投資家をだまして、粉飾決算するような会社がね。
 株価が暴落してくれば続々と出てきますよ。ニューヨークダウだって暴落すれば、まだ出てくるんじゃないかな。エンロンは氷山の一角に過ぎない?
 まったくね。

 それにしても、ホリエモン、実刑とはねぇ。日興コーディアルの経営幹部たちとどこがどう違うんだろ? やっぱ、検察捜査? もち、控訴だろうなぁ。
 この判決の影響はボディブローのように効いてくると思うよ。あわててるベンチャー起業家もいるんじゃないかな。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

インテリジェンスの宝庫だす。。。
[2017年04月30日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

平淑恵さん一人芝居「化粧 二幕」(紀伊國屋ホール)
[2017年04月29日]
[中島孝志の演劇バンザイ!]

春の京都その7 京のユニークな書店あれこれ。
[2017年04月28日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2007年3月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2月新刊をバージョンアップ。緊急出版です。金正男暗殺の真相そして金王朝の近接未来は? トランプと習近平それぞれの戦略に日本はどう立ち向かえばいいか。メディアが絶対伝えられない政治経済投資に役立つコンテンツ満載。オンデマンド版(紙の本です)。

大統領なんぞはたんなる操り人形。「奥の院」がトランプに何をさせて儲けようとしているのか? メディアが絶対伝えられないコンテンツ満載。投資家のためのトランプ本。これは電子書籍版です。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!