カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2007年03月23日 (金)

「久世塾」 久世光彦著 平凡社 1680円

 先ごろ、亡くなられたドラマ・プロデューサーの久世光彦さん。
 彼は脚本家志望者を300人ほど集めてセミナーというか、教室みたいなことを1回だけやってたんですねぇ・・・。
 で、本書はその内容をアンソロジーでまとめたものです。
 
 基本的には講義をそのまま収録というか、文字起こしされてるんで、読みやすいですし、なんといっても臨場感がありますね。

 久世さんというのは、私の世代だとたぶん「時間ですよ!」とか「寺内貫太郎一家」とかそういうのね。このほかにも、向田邦子さんを数多く演出されてましたねぇ。

 「テレビっ子バンザイ!」では、以前、「虹子の冒険」というDVDをご紹介しました。これ、夏目雅子さんの主役第1号ドラマであり、久世さんにとっても独立第1号作品なのよ。原作はつのだじろうさんなんだよ。
 向田ドラマについてはほとんどDVDで見てますけど、なんというか、視点がすばらしいんだよね。よくこんなとこ見てるな、という観察眼ね。これはあの人の独壇場でちょっと追随を許さないとこがあります。
 久世さんと向田さんの対談も文庫で出てますけど面白い。

 さて、基本的に脚本家志望者相手の講義ですけど、ビジネスパーソンにも意外と勉強になります。

 「七人の孫」というドラマがありました。これ、本邦初の1時間ドラマなのね。1時間なんていまじゃ当たり前だけど、昔は特番でないかぎりありえないボリュームなのよ。内容は、主役の森繁久弥さんには孫が七人いる、というドラマ。そのまんまなんだけど。
 で、ある日、突然、夜中の撮影中に森繁さんが「ラーメンの屋台でやろうよ」なんて言い出しちゃった。

 以前、「通勤快読」で潮健児さんの「星を喰った男」という本を紹介しました。この中で森繁さんは天才だと言ってる下りを載せました。
 次の文章がそれね。

 天下のモリシゲがまだ自分の楽屋も持ってない頃の話。この頃、日劇小劇場で森繁久弥さんと2人でコントやってたんだよ。
 で、潮さんはモリシゲ先生の頭の回転の速さにビックリしちゃいます。その場の即興でパッとコントを作っちゃうわけ。

「そうだ、俺が強盗になるから、潮ちゃん、紳士になってよ。まず、潮ちゃんが舞台の中央に出てよ。で、俺がピストル突きつけるから、手を挙げて。そして、脱げっていうから、服脱いで俺に渡す。逆に、潮ちゃんは俺の服を着るんだよ。
 で、服着る時にはピストルが邪魔だから服に入れちゃうだろ。すると、潮ちゃんはピストルの入った俺の服を着ちゃうわけ。で、こんなのが入ってましたって、俺にピストルを突きつけるわけさ。で、俺がビックリして手を挙げて暗転。こんな段取りでどう?」
 こんなのが次から次へと出てくるわけ。栴檀は双葉より芳しだよね、やっぱ。

 やはり、ドラマ制作の現場でも同じでね。森繁さんが言うとそりゃ面白そうだなとみなが思っちゃう。
 で、チャルメラの音を頼りに赤坂から六本木まで走り回って見つけてきた。そのままスタジオに入れちゃう。で、芝居がはじまる。やっぱ、そんだけの苦労をしただけのものがあがるわけよ。

 屋台でいっぱいやりながら、親父に向かってぶつぶつと愚痴を言う。
 「若い嫁が薄情で・・・」なんてね。
 で、今度はそこにお手伝いさんを登場させたい、と言い出す。
 「その肩にすがって田舎出のお手伝いさんとよろけながら家に帰るというシーンをロケで撮りたいんだ」
 当時、久世さんは助監督。で、文学座から3人の女の子を呼んだわけ。オーティションよ。
 中に1人、おてもやんみたいなつんつるてんの着物に下駄履いてるのがいるわけ。で、この子と森繁さんとの掛け合いが絶妙に巧いんだ。森繁さんがめちゃ気に入って、このお手伝いさんがレギュラーになっちゃった。
 それ、いまの樹木希林さんなのね。彼女は、このドラマで出てきた。一発でチャンスをものにしたのよ。

 久世さんが師匠だと思ってるのは、この森繁さんなのね。そうか、これほどの人がそこまで惚れ込んでいるのか、そういえば、「大遺言」も連載してたな。けど、森繁さんの大遺言だったはずなのに、本人が先に亡くなったな、とか考えたりしてね。
 で、いま、森繁さんの本とDVDをかき集めてます。また、ここでご紹介しますよ。読書というのは、こうやって「縁」をつないでいくもんなんだな。

 さて、久世さんだけじゃなくて、この塾では現役の脚本家にも講義してもらってます。たとえば、内舘牧子さん、大石静さん、青柳祐子さん、それに竹山洋さんとかね。

 竹山洋さんてNHK大河ドラマの「秀吉」、映画だと「ラストサムライ」の人ね。
 「メロディ」(TBS・キョンキョン、小林薫、玉置浩二等出演)という脚本書いたとき、久世さんから指摘されちゃう。
 「おまえね、これ、一晩で書いてねえだろ」
 「3日か4日」
 「一晩で書けよ、シナリオなんて1時間ものに2日も3日もかけんじゃねぇ」
 ところが、奥山光伸さんには、
 「奥ちゃん、ドラマは一晩で書くな!」

 奥ちゃんというのはバラエティ作家。バラエティは一気に書くから。つまり、人を見て法を説いてるわけさ。
 竹山さんは、鉛筆を10本並べて、よ〜いどんで書き出すタイプ。1本で10枚書く。すると、100枚書けるわけ。これで1時間もののドラマができるって寸法よ。
 「言葉のミューズというか、神様が乗り移ったら書いて書いて書き尽くせ」と言ってるね。

 「正直に書く。いいシナリオを書こうと思うから楽にならない。いいシナリオなんてだれにでも書ける。律儀や正直がいちばん大切」だってさ。
 いいものを書くぞ、と気合いが入りすぎるといいものか書けない。自分の力を見せつけてやろうと思うと、「おまえ、芝居が硬いんだよ。もっと柔らかく書けよ」と指摘されちゃうのね。

 いま、テレビ局じゃ、やらせとかインチキとかいろいろ騒がれてるよね。けど、どうせテレビじゃん。演出は必ずあるし、「あるある」なんてあんな番組を真剣に見てる人間がいるってのが、私には信じられないんだよな。

 プロデューサーが視聴率ばかり優先してるって非難されてるけど、数字は命なのよ。だって、ドラマにしたら、失敗が3回も続くと異動だし、「あいつは視聴率とれないよ」と俳優なんて主役を降ろされちゃう。主役からすべり落ちたら、復活は至難の業だからね。すると、CMも来なくなっちゃう。となると、プロダクションも困るわけ。
 つまり、視聴率1つにこんだけの人の人生がかかってるわけさ。こりゃ、懸命になるわけだよ。数字が悪けりゃ終わりなの。

 ほかにも、小林亜星さん、糸居重里さん等々も出演というか、収録されてます。300円高。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

御年73歳! 舟木一夫ワンマンショー。。。
[2017年06月25日]
[中島孝志の「行ってみたらこうだった!」]

「花戦さ」
[2017年06月24日]
[中島孝志の不良映画日記]

京都は六角堂に法金剛院にまたまた妙心寺 その3 桓武天皇陵と明治天皇陵に参拝してまいりました。。。
[2017年06月23日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2007年3月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

180度方向転換するトランプ政権。弾劾危機が世界恐慌のきっかけとなる? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発するのはトランプ。日本経済はどうなるか? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかりです。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!