カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2007年03月29日 (木)

「ニッポン・サバイバル」 姜 尚中著 集英社 735円

 東大教授の姜さんの本ですね。
 テーマは、お金、自由、仕事、メディア、知性、反日、紛争、平和、幸せ、という10項目。これらに対して、著者がコメントするって感じでまとめられてます。
 元々、女性誌のポータルサイトに連載されてたのを構成し直したものだから、か〜るく読めると思います。

 ただし、軽く読めることが必ずしも内容が軽くて薄いとは限りません。
 まっ、そういう本が多いけどね。著者の場合はちがうと思うな。
 姜さんといえば、「朝まで生テレビ」の常連だよね。この番組に出てる人で、耳を貸すのはこの人の発言の時だけ。
 この人を見てると、ただ大きな声だけの発言てのは薄っぺらだなぁとつくづく感じますな。ご本人も言ってますけど、自分の話したことを反芻しながら進めるタイプなのね。
 ものすごく雄弁なんだけど、発言内容がコロコロ変わるようなタイプじゃないの。

 周囲とリズムもスピードもパワーもちがうから新鮮なんだよね。

 「アジア経済は成り上がり。ヨーロッパの人たちとは金銭感覚がちがう」
 「どうしてこんなにケチなのか」
 この気持ち、わかるなぁ・・・。ドイツに留学してたときなんて、シャワー浴びてたらすぐに止めろってクレームが来るわ、電気はすぐに消されちゃうわで困った。
 たくさんお金持ってるくせにケチ。どして、どしてなの? 著者は疑問に思ったらしい。

 これって、生き方のちがい、としか言いようがないよね。

 考えてみれば、ケチ(ライフスタイル)だからお金持ち(結果)になったんであって、お金持ちになったからといって、ケチが直るわけではありませんもの。
 かといって、彼らの頭の中にはお金は貯めるものという感覚はないと思うよ。お金は運用するものなのよ。殖やしてナンボなのね。たんに消費するだけというのはバカな証拠。
 ケチと呼ばれるのはかまわないけど、お金の使い方、ものの使い方がバカだと言われるのは我慢できない。なにより、自分で自分を許せない。だから、水道もムダに使われると怒るわけね。

 たとえ、節約を超えたケチ=吝嗇であっても、ライフスタイルを変えてまで他人に迎合しようなんて考えないわけなんだな。これね、なにもドイツ人だけじゃなくて、イギリス人もフランス人もそう。

 アジアは成り上がりだけど、いちばんの成り上がりはアメリカですよ。

 日本はアメリカの10年遅れなんだけど、アメリカみたいに富裕層と下流層の二極分化社会になってきましたね。
 アメリカにはいいこもいっぱいあるけど、悪いとこはそれ以上にあって、いちばん悪いのがこの二極分化社会を作っちゃったことなんだよ。
 あまりにも自由競争させ過ぎちゃった。勝ち組と負け組にはっきり分かれちゃった。で、負け組は勝ち組になろうとハングリーになった。実現できた人間はアメリカン・ドリームを叶えた人として賞賛される。賞賛されるのは、そんな人間がめったにいないからだよね。

 日本社会も、小泉・竹中というアメリカべったりコンビの政策で二極分化しつつあります。これ、法律や制度をいろいろ変えてアメリカナイズさせちゃった結果です。個人ではどうにもなりません。政策というのは、ほんの数年で社会を変えるほど大きなパワーを持ってるんです。

 これ、まだまだ続きます。
 たとえば、5月から三角合併が施行されることになってます。日本の優良企業をどんどん外資が買収しやすくなります。会計基準は、脳天気な橋本さんの時に時価会計にしちゃったから外国資本には都合がいい。

 ほんの少しの富裕層と大多数の下流層の二極分化。日本が本来目指すべき社会と、いま、真逆に進んじゃってます。
 アメリカは理想の国ではありません。反面教師にすべき国家なんです。
 あの2人のしたことは罪が大きいと思いますよ。いまにわかります。
 
 今後、富裕層と下流層の差はどんどん広がります。
 世界レベルでは、日本の比ではないほど広がってます。ジニ係数では、日本は世界一貧富の差のない国家だったんです。しかし、これも過去の話。
 これから、日本も下流層にどんどん人が流れ込んできます。なぜなら、政府は膨大な借金を税金、社会保険料、健康保険料という形でどんどん押しつけてくるからね。
 一億総中流社会から、二極分化。持てる者と持たざる者とにくっきり分かれた社会の影響は?

 まず、犯罪が増え、治安が悪化する可能性が大きいよね。つまり、住みにくくなるってことです。ふだんの生活でもストレスが増えるってことです。
 富裕層だから下流層とは住む世界がちがうってことにはなりません。犯罪、治安、風紀の悪化は富裕層もシェアしなければならないからですよ。
 その時になってつくづく感じると思うよ。中流だった時がいちばん暮らしやすかったって。

 日本はアメリカを見習ったらいけないんです。ぶっちゃけ、あれは悪い見本です。お手本はありません。日本は自分でモデルを作っていくしかないんです。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「計算尽く」と「やけくそ」。。。
[2017年10月24日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その4
[2017年10月23日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その3
[2017年10月22日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2007年3月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!