カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2010年11月02日 (火)

民・自大連立が始まる?

 すべての人間行動には「メッセージ」があります。少なくとも、私はそう考えています。

 たとえば、昨日のニュース。ロシア大統領が北方領土に初訪問。「オラの縄張りだ!」と戦後ずっと言い張ってきた熊五郎(メドなんとかという名前、熊って意味なのヨン)にしては、ずいぶん押っ取り刀でやってきたものです。
 これも日本へのメッセージなんですね。サンクトペテルブルク−ナホトカ間に高速鉄道引いてくれ。代金は北方4島で相殺できんかな・・・これ、たぶん、今月のAPEC(日ロ首脳会談)で極秘に話し合われると思う。
 にもかかわらず、「2012年の大統領選を前に権力誇示か」なんてメディアは報道してるの。お門違いです。 
 
 たとえば、耳かき店員殺人事件被告への無期懲役判決。「従来の相場」では死刑です。だから、メディアもやいのやいの騒いだわけでね。
 ところが蓋を開けたら無期懲役。で、メディアはてんやわんや。「裁判員の皆さんも苦渋の判断だったでしょう。控訴するにしても、裁判員制度の意味を踏まえた判断を高裁はせざるをえないでしょう」と、どれもこれもコメントは判子でしたね。

 これもお門違い。この裁判、裁判員制度の下で判決が下される、と聞いた瞬間、「あっ、死刑が消えた!」と思いました。これがメッセージでした。
 なぜなら、彼ら裁判員に死刑判決など出せるわけがないからです。

 ご存じの通り、彼らは記者会見で一様に「悩みに悩んでの決断です」「改悛の情が見られたので」「更正に期待したいです」・・・と話していました。はなから死刑なんて選択はなかったんです。
 なぜなら目の前で死刑のボタンを押す執行人になるほどの精神的タフさなど微塵も持っちゃいないからです。

 にもかからず裁判員を引き受けた。判決は偏ってはいけない。被告だけでなく、原告にも、ひいては殺された被害者にも公正に対処しなければいけない。この覚悟もなく裁判員など引き受けてしまった。

 卑怯ですね。無責任ですね。裁判員に選ばれたとき、「私には無理です」と辞退した人がいましたね。「人を裁く」という「意味」を誠実に承知していたんでしょう。

 アメリカから押しつけられた「裁判員制度」。そりゃ、アメリカは私刑の国ですもん。陪審員制度など、なんのことはない、私刑のバリエーションに過ぎません。

 彼ら裁判員が守ったことはなんだったのか? 実は被告も原告も関係ありません。彼らが必死に守ったこと、それは将来、自分に降りかかってくる「ストレス」への回避です。
 私は彼らを非難しません。哀しいかな、これが庶民ですよ。平々凡々な人生に一点の曇りもあってはいけない。小市民ですね。けど、これが普通の人々なんです。

 そもそもこんな小市民に扱わせるケースではなかったんですよ。
 かつて、執行義務を負う法務大臣のくせに死刑執行の命令書に絶対サインしない政治家がいました。ならば、法務大臣など拝命しなければよかったんです。好きこのんで死刑を命令する人がどこにいますか? 確定した死刑囚に対してすら躊躇するのが人情です。当たり前の姿です。

 裁判員制度とはいったいなにか? プロ裁判官の職務怠慢。責任転嫁、責任放棄に過ぎません。

 繰り返します。すべての人間行動は「メッセージ」です。

 さて、尖閣諸島トラブルを撮影したビデオをめぐって、公開しろ、いや、ここまでだ、と与野党がごちゃごちゃやっておりますね。韓国でも同じことをしてますから、世界はすでにご存じのこと。反中キャンペーンにはもってこいの材料となっています。

 ところで、いよいよ今日から補正予算の審議入りとなりますが、野党は小沢一郎さんの国会招致を前提にしてますね。

 つまり予算案を人質にしてるわけです。

 このことが何を意味するのか? 参考人あるいは証人喚問のいずれも拒否するならば、審議をストップ。小沢さんは極悪人と、メディアは大騒ぎするでしょう。

 審議拒否は、自民党も大義名分が立ちます。菅内閣としては「困る振り」さえしていればいい。小沢さん1人を悪者にすれば菅内閣は急場を凌げます。
 もし受けたら、なんとか「偽証罪」で引っかける。そもそも、最高の弁護団によって、うさん臭い検察審査会の中身を追及されたらヤバイですからね。
 アメリカ、そしてアメリカの傀儡政権である菅内閣としては、小沢さんの政治生命を絶ち切ることができさえすれば、「容疑」はなんだっていいんでしょう。

 念願の小沢問題が片付いたら、そのときこそ、増税のための民主党・自民党大連立という動きになるんでしょうな。出来レーズです。

 民主党・自民党が連立するかどうか・・・ここがポイントです。

 菅さんはアメリカのためなら、思いやり予算だってすんなり通します。もちろん国益のためではありません。アメリカのためでもありません。自らの権力保持のためですね。温家宝さんとの約束だって平気で反故にするでしょうな。

 ご覧なさい。ビデオも結局、公開すると思いますよ。いつか? 11月20日頃かなあ。沖縄県知事選の直前ですよ。この反中キャンペーンはもちろん、県内移設反対候補を引きづり下ろすために使われることでしょう。

 絵を描いてるのは? 仙石さんでしょうか。彼をして「赤い野中広務さん」とは、メディアもネーミングが巧い。こういう知恵だけはまわります。
 この官房長官経験者に共通することは抱負経綸も百年の大計もなく、目先どうすれば政権を維持できるか、という謀略に長けていること、強烈な権力欲の権化であることでしょうか。

 日本に国運があれば、この予測は変わるかもしれません。なければ、この通り進むことでしょう。そして日本経済はしばらく視界不良になることでしょう。

 さて今回、「中島孝志の 聴く!通勤快読」でご紹介する本は、『2011年長谷川慶太郎の大局を読む』(長谷川慶太郎著・李白社)です。詳細はこちらからどうぞ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

じゅんいちダビッドソンさんのイベントです。。。
[2017年08月19日]
[中島孝志の演劇バンザイ!]

いよいよ東京原原が始まりまーーす。。。
[2017年08月18日]
[中島孝志の原理原則研究会]

『ウルトラセブン放送開始50年記念〜モロボシ・ダンの名をかりて〜』(横浜高島屋)
[2017年08月17日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2010年11月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!