カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2010年11月14日 (日)

「日本列島(宇野重吉・芦川いづみ主演・熊井啓監督)」

 私、本とかDVDとかアマゾンにたくさん出品してるんですけど、「日本列島」というDVDが売れましてね。売っといて言うのも何なんですが、へえ、こんな映画観る人いるんだあ・・・と正直、感心してしまいました。

 だって、これ、くら〜〜いのよ。もうジャケット見たらわかるでしょ? 暗い暗い暗い、crycrycryでやんすよ。

 で、プチプチ封筒に入れておくろうとしたんですけど、そうか、いま、オバマ来てるな。なら、もう1回観てみるか。

 観ました。傑作ですな。さすが妥協を知らない社会派監督、熊井啓さんの作品だけあるわ。
 熊井監督といえば、日活映画「帝銀事件・死刑囚」でデビュー。「海と毒薬」(ベルリン国際映画祭審査員特別賞・銀熊賞)、「日本の黒い夏−冤罪」、「黒部の太陽」「忍ぶ川」「サンダカン八番娼館・望郷」等の作品で知られてます。



 この映画、実話なんです。時代は「三丁目の夕日」の頃。戦後、ようやく経済が落ち着き、「もはや戦後ではない」と経済白書に書かれたとはいえ、日本がまだまだアメリカに従属していた頃ですよ。

 昭和34年、通訳主任(宇野重吉)がキャンプCID(犯罪調査課)のポラック中尉にリミット曹長事件についての調査を命令されます。
 この男、北海道で教師をしてた時に、新妻が米兵に強姦され殺されてるんですね。もちろん事件はお蔵入り(米兵による強姦殺人なんて日本国中あちこちで発生してました)。で、自ら犯人糾明しようと米軍内部に潜り込んだわけ。
 米軍は日本の警察を無視して、リミットの死体を本国に送還。で、事故死と発表します。当時のメディアはまだアメリカから膨大な宣伝費なんてもらってませんから、純粋に怒ります。なんてたって日本は独立してたんですから。

 秋山はこの事件を新聞記者と一緒に追いかけます・・・。するとリミットが殺された理由がわかってきた。リミットは贋ドルや麻薬などを追ってたんですね。

 昭和29年、贋ドル事件に検事として立ち会った弁護士日高(内藤武敏)はサン・ピエール教会が隠れ蓑にされて行われたことを突き止めます(贋ドルは日本工作の資金に使われたようですな)。
 突然、秋山に調査中止命令が出ますが、秋山はキャンプをやめて調査を続行。すると今度は外国航空に勤務する日本人スチュワーデスが水死体となってあがります。英会話もできないスチュワーデス(CIAが裏から手配したんでしょうな。で、香港経由で入る麻薬を運ばせた)。
 容疑者である、サンピエール教会サミエル神父は、取り調べ中に突然帰国します。警視総監も手が出ない。神父は取り調べ中も弁護士をつけ、お茶一杯飲まずに踏ん張ります。唾液から体液を調べられたら動かぬ証拠が出ちゃうからね(サミエル神父事件は、松本清張も小説にし、そしてドラマ化してますね。「TBS・大映傑作編DVDセット」もアマゾンで売っちゃった。その後リメイク版もあったと思う)。

 その後、重要な参考人が沖縄にいると知るや、飛んでくんですが、すでに殺されていました。
「真相は永久にわからないだろう」と当局は発表することしかできない・・・。

 日本のどこに主権などあったんでしょうね。いまにいたるまで日本は独立国家ではありませんよ。独立国家を邪魔する勢力は政治家、官僚、財界、そしてメディアですね。
 日本の独立を計る政治家はみながみなスキャンダルで失脚しています(ただ1人残っているのが小沢一郎さんでしょう)。

 アメリカほど「世界のために」「人類のために」という大義名分を振りかざす国はありませんね。なぜか? ろくなことしてないからです。
 日本に憲法9条を押しつけたかと思えば、朝鮮戦争が起こると在日米軍75000人を出撃させ、手薄となった日本防衛のために同数の警察予備隊をつくらせます。もちろんこれが自衛隊に発展するわけですね。

 日米安保条約はアメリカのための軍事同盟であり、日本のそれではありません。
 日本の工作はCIAが展開してきました。この映画の原作者である吉原公一郎さんは「内閣総理大臣官房調査室」がCIAの関連任務を負ってきた、と実証しています。
 日本が中ロと近づくと邪魔をする。普天間移設問題で県外移設が叫ばれると中国をダシに使う。やっぱ米軍にいてもらわないと日本は防衛できない、というムード作りを仕掛ける。

 民主党潰し2段階。まずは小沢さんを潰す。それが完了したら次々に総理を潰す。菅さんも小泉さんみたいなイエスマンになって政権を維持したいんでしょうけど、あまりの愚かさにオバマがレッドカードを出したというところでしょうか。

 いよいよAPEC首脳会議が閉幕となります。TPPが話題の中心になり、菅さんは日米の関係修復に懸命らしいですが、なんのことはない、日本の国益を損ね、アメリカのご機嫌取りをしているにすぎません。
 一方で、中国とも巧くやりたい、ロシアとも巧くやりたい。ようやく胡錦涛さんと話ができた(会談ではないんですね)と喜んでるようですが、この人、オバマ大統領との初会見でもオバマの目を見て話せなかった。胡錦涛主席の時も挨拶の時からメモを見てばかり。

 性格の弱さ、自信のなさ、内弁慶が見て取れますね。押せば押すほど引く日本。強く出れば弱くなる日本。菅総理という存在そのものが国益を損ねています。
 いま、多くの日本人、多くの民主党議員も気づきつつあると思う。
 菅さん、政権投げ出しますよ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

アメリカ経済の落とし穴。。。
[2017年03月31日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

いよいよ来週がオーラスですよーーー。
[2017年03月30日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

「天地真理ちゃんスクリーンコンサート」に行ってみました。。。
[2017年03月29日]
[中島孝志の「行ってみたらこうだった!」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2010年11月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2月新刊をバージョンアップ。緊急出版です。金正男暗殺の真相そして金王朝の近接未来は? トランプと習近平それぞれの戦略に日本はどう立ち向かえばいいか。メディアが絶対伝えられない政治経済投資に役立つコンテンツ満載。オンデマンド版(紙の本です)。

大統領なんぞはたんなる操り人形。「奥の院」がトランプに何をさせて儲けようとしているのか? メディアが絶対伝えられないコンテンツ満載。投資家のためのトランプ本。これは電子書籍版です。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!