カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2010年11月23日 (火)

「鯛茶漬け」(銀座・和楽たむら)

 「B級グルメ」とは「格安の値段で超一級の味を提供する料理、すなわち、お買い得、お食べ得の料理」という意味です。
 高くて美味いのは当たり前。安くても、「こんなに美味いの? こんな値段で食べちゃっていいの?」と腰を抜かしてしまう店。それを紹介するのが本ブログの使命です(ちょっとオーバーか)。

 ここ紹介してるとばっかり思ってました。プロデュース本が近々でき上がるんで、版元の編集長から、今度は夜あそこにお連れします、な〜んて言われちゃいましてね。
 ここ美味いのよ。で、チェックしようと思って検索したらヒットしない。あれれ? なんで? なんのことはない。ケータイで写真は撮ったけどまだ紹介してませんでした(こんなのばっかりでごめんね)。

 私、刺身が苦手でしてね。にもかかわらず、海鮮ちらし丼は大好物。イクラが×で筋子は大好き。ま、ただの偏食オヤジなわけですね。
 鯛なんか大嫌いですからね。焼くかしゃぶしゃぶにしてもらわないと喉を通らない。

 けど、ここのは美味い。ゴマダレが効いてるからかなあ。まだランチしか食べたことないけど(もち編集長のおごり)。鯛がたっぷりありますから、まずはゴマダレで。続きまして、あっつい煎茶の鯛茶漬けで愉しむ。なんともいえないんだわ、これが。


意外と量があるんよ。

お代わりするなら鯛茶漬けにする前でんな。

 リーズナブルというよりもかなりお得でっせ。いまはどうか知らんけど、通常1500円のとこ先着何人かまでは1000円にしてくれてた。ま、編集長殿がよく使ってるからそうしてくれたのかもしれんけどね。


隣は「クラブ順子」でんがな

 そう、かつて一世を風靡した美人ママ田村順子さんの店ね。で、ここもそうなんよお。名前でわかるわ。
 どうでもいいんだけど、順子ママゆうたら、いつも和服で小顔でちょいとほくろがセクシーで、というイメージですわな。日活の俳優の和田浩治さんと結婚してましたな。

 私、京都に住んでた頃、和田浩治さんに会ったことありまんねん。


「嵐を呼ぶ男」のリメイク版ですな。

 和田浩治さん、知ってまっか? 音楽大学通ってた頃に、裕次郎に似てるっちゅうんでスカウトされましてん。「小僧シリーズ」で人気を博しましたな。

 1960年(昭和35年)ゆうたら、ま、「安保反対!」で大騒ぎして岸内閣が総辞職した年ですわな。それと裕次郎さんが結婚した年でもありますな。なんちゅうても映画界がいちばん元気な頃ですわな(アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」もこの年なんよ)。
 そうはいっても、ドル箱俳優の裕次郎さんが結婚したとなると、観客動員はやっぱ減る(結婚前から減ってたのよ。稼いでたのは旭の渡り鳥シリーズ。♪あかぁい夕陽よぉ、こ〜ぼれ落ぉちて〜♪)。

 で、日活はダイヤモンド・ラインちゅうのをこしらえましてな。裕次郎・旭に続く俳優の映画をピストンでがんがん制作する、という戦略に出ますんや。そして有望新人1人1人にキャッチフレーズをつけたんですわ。


ダイヤモンド・ライン(右から裕次郎、和田浩治、赤木圭一郎、小林旭の各氏)。

 石原裕次郎タフガイ、小林旭マイトガイ、赤木圭一郎クールガイ、二谷英明ダンプガイ(家庭教師のトライちゃいまっせ)、そして、和田浩治やんちゃガイ・・・ゆうてね。そら、めちゃ人気がありましたでえ。
 中島孝志? 「もんだいガイ」にきまってまっしゃろ。ま、これが言いたかったんでここまで引っ張りましたんや。

 そうそう、京都の四条大宮に住んでましてね。そっから四条通りを西に行きますと西院(さいいん)ちゅうとこがありましてな。ここに近鉄ジャスコが当時はありました(いまはどうか知りませんけど)。

 和田浩治さん、新曲のキャンペーンでここに来てましてね。たまたま買い物で行ったらちょうど歌いはじめるとこ。2階の踊り場からちゃ〜んと見られました。純白のスーツでね。年増の女性客(美人ばっかしなんよ。ママとかチイママだったんやろね)が黄色い声あげてましたな。持ち歌のほうは忘れましたけど、「マイ・ウエイ」はよかったなあ。意外と唄うまいな、と思ったんですけど、な〜んや音大出身だったんですな。

 27年前(1983年)のことですな。日活は倒産してたかどうかという頃でしょ。
 和田さん、その2年後に亡くなられましたね。ということは、私が会うたんは彼が40歳の時ということになりますな。25周忌ですか、合掌ですな。

・店名:和楽たむら。
・値段:1000〜1500円(ランチ)。夜は1万円(お酒は別)。
・場所:泰明小学校のそば。

 小さくてとってもきれいなお店ですから女性にお勧めですな。もし見かけたら声かけてくださいね。「もんだいガイ」ですけど。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「なぜユダヤ人は大金持ちになれるのか手にとるようにわかる本」
[2017年06月28日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

「安倍降ろし」に見る木っ端役人たちの奸計
[2017年06月27日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

いよいよ今週末スタートです! 世紀の投資家オンパレードです。
[2017年06月26日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2010年11月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

180度方向転換するトランプ政権。弾劾危機が世界恐慌のきっかけとなる? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発するのはトランプ。日本経済はどうなるか? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかりです。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!