カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2011年07月21日 (木)

菅さん、延命にはこれが最後の手段です!

 菅さん踏ん張ってますなあ。でも、これ以上、踏ん張れますかね。
 そこで菅政権の延命策を考えてみました。どれが確率が高いでしょうねぇ?

 1つは、まず仙谷副官房長官を切ること。返す刀で、もし延命に反対なら(8月上旬で辞めてね、と言ってる)岡田幹事長も首。そして子飼いの政治家を幹事長に据えること。
 なぜならば、いま、民主党内で菅降ろしの急先鋒は仙谷さんだからですよ。

 で、次にどうするか? 鳩山・小沢の代表経験者を取り込むこと。
「ペテン師呼ばわりしたのに無理だ」「小沢と菅は水と油」だからできるわけがない。。。いや、できますよ。できてこその政治家でしょ。菅さんは節操がないし恥知らずなんですから、この「長所」をいまこそ活かすことです。

 でも、あの2人は受け容れないでしょ? いや、受け容れますよ。なぜならこの3人にとって「当面の敵」は仙谷さんなんだから。まず目先の敵を潰す。そのためには「敵の敵は味方」というマキャベリ、孫子の鉄則を思い出すべきです。幸い小沢さんはマキャベリストですからね。乗ってくると思います。

 あくまでも水面下で結束すればいいんです。錦の御旗は・・・「脱原発」「反・東電&経産省」、そして「脱アメリカ」です。
「辞める」といった総理には党内でだれもついてこない? いやついてきます。ついてくるしかないんです。

 さて、もう1つ。いままで(中島孝志の 聴く通勤快読)何回も述べてきたように、「脱原発」で総選挙することです。
 海江田さんは署名しないそうですから首にして、菅さん自身が経産大臣を兼務して解散詔書にサインすればいい。

 で、8月6日(広島に原爆が落とされた日)、8月9日(長崎に落とされた日)、8月15日(終戦記念日)という大イベントに総理大臣として「原爆=原発」の悲惨さを縷々述べればいいんです。ここが役者としての見得の見せ所ですよ。

 そして脱原発を争点にして解散・総選挙に打って出る。「東電が悪い」「経産省が悪い」「いまの原発行政は自民党政権がつくった!」「オレは悪くない」と言い張ればいい。どうせ支持率は最悪なんですからね。「脱原発」だけは国民ウケします。国民注視のなかでこれだけを繰り返せばいい。

 菅さんでなければもっとウケますけどね、ホントは。でもしょうがない。
 解散・総選挙となると幹事長がポイントなんです。だから、岡田さんを交代させろと言ったわけ。あの方、しょせんは「秘書」ですから。

 原発についてはあの中曽根大勲位ですら脱原発を表明してますからね(さすが元祖風見鶏)。

 もち、性急な「脱原発」は日本経済にとって百害あって一利もありません。

 そりゃそうですよ。しかも政党&政治家それぞれでも温度差=時間差があります。すべての原発を即停止・即廃炉すべしという人もいれば、ドイツ並みに20年かけて「縮原発」という人もいるでしょう(これが現実的)。自民党内でもバラバラです。原発チェック(ストレスチェック)で停止か廃炉か修正して推進かを決めればいいという人たちばかりではありません。

 民主党代表選が8月にある? 代表になれるかどうかわからないじゃないか?

 あのね、党の代表選をけっ飛ばすために総選挙に打って出るわけ。だからこのタイミングしかチャンスはありません。もちろん議席数が現状維持できるわけはありません。けど、どうせ後がない男なんですから、ここは「エゴイスト」の本領発揮ですよ。サラリーマン根性がどっぷり身に染みた民主党の政治家には党を出る根性なんてありません。

 私は前段の策を水面下で交渉し、後段の策を電光石火で展開することをお勧めです。

 あの交渉下手な菅さんのスタッフにできる?
 そりゃ子飼いの寺田さんには無理でしょう。だから亀井静香さんに丸投げすればいい。

 チャンスはこの20日間しかありません。しかし20日間もあります。
 小沢・鳩山さんと仲良くすることです。そしてアメリカべったりの仙谷・前原・岡田を干し上げることです。小沢・鳩山グループ、さらには自民党からも閣僚を入れればいい。東電=経産省を血祭りに上げて、本格的に公務員改革へとスイングすればいい。
 人事で旗幟を鮮明にすれば、菅さんは長期政権も夢ではありません。この脱原発選挙で勝てば、菅政権は信任されるわけですから、延命どころか延々と4年間は総理を続けてもいい。

 けどねえ、こんなことが端からできる男なら、こんな体たらくにはなってませんわな。延命したところで地が出てパーになるんかいな。

「御輿が1人で歩けるもんなら歩いてみいや!」(『仁義なき戦い』)となるのが落ちでしょうな、うん。

 さて「中島孝志の 聴く!通勤快読」でご紹介する本は『福島原発の真実』(佐藤栄佐久著・平凡社)です。詳細はこちらからどうぞ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

快晴の山下公園でベルギービール。。。
[2017年05月24日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

東京原原。6月は特別ゲスト講義です。。。
[2017年05月23日]
[中島孝志の原理原則研究会]

19日開催の博多原原レポです。。。
[2017年05月22日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2011年7月  >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

電子書籍とPODがアマゾンKindle1位となり、このたび大幅加筆して単行本となりました。さて、180度方向転換するトランプ政権。弾劾危機が世界恐慌のきっかけとなる? いいえ、ユダヤ左派最後のあがきです。戦争=金王朝崩壊の北朝鮮を挑発するのはトランプなんです。なにもできない中国はトランプにいびられ続けるでしょう。日本経済はどうなるか? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかりです。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!