カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2013年04月12日 (金)

北朝鮮だけでなく中国もある

 昨日の名古屋原原は盛り上がりました。深夜2時にようやく戻りました。おもしろい! 名古屋原原だけど名古屋市内のメンバーが少ない。不思議ですなあ。。。

 さていよいよ今日は大阪原原(第2期)です。オーバルルームが狭くなり隣室に変更です。この時間、私たちしか使ってませんのですぐわかります。よろしく。


 北朝鮮のミサイル発射強行で日米韓の緊張度はピークにあると思います。
 忘れてもらったら困るのは尖閣諸島など日本領海・領空を徘徊する中国軍のこと。

 中国海軍とわが国の海保・自衛隊の一触即発を憂慮しているのは、ランキングをつけるならば、1位北京政府、2位日本政府、ずっと下がって3位アメリカではないでしょうか。

 もし一触即発があれば、北京政府は折れることができません。とことんいきます。あの人民ですから。弱腰を見せたら最後、習近平は政権から引きずり降ろされます。だから命がけで奪いにかかります。

 いま中国は日米の連携を慎重に推し量ってます。揺さぶりに北を使ってるんでしょう。中国人は現実主義ですから、こりゃかなわんと思ったら尖閣から離れます。ここまできてそんな命令を軍が受け容れるなら、習近平はかなり掌握しつつある証拠。できなければやっぱ形だけの軍委員長。

 さて、ここまで中国軍を増強させた張本人はもちろん日本の外務省です。

 ODAですね。「お金・だけ・あげる」の頭文字です。

 ODAで思い出しましたが、なんともせこい国家がありましてね。フィリピン領海のスカボロー礁をなかなか奪えないからといって嫌がらせをしてる「大国」があるんです。
 2012年5月、北方高速鉄道建設のODA5億ドルを、フィリピン政府に、利子を付けて全額即時返還要求をしてるんですよ。工事はまだ始まってないのにね。
 フィリピンのアキノ政権はこれに応じました。「このプロジェクトは前大統領アリョヨが結んだ欠陥契約だから破棄する」という態度です。

 いやはや驚きの大国です。

 北京空港300億円、上海空港400億円、天生橋水力発電1180億円。そのほかにも道路、港湾、鉄道、利水といったインフラから製鉄(宝山製鉄など)、肥料、医療、学校、福祉にいたるまで、日本が中国に供与してきたODAの総額は民間経由も合わせると6兆円です。法人税収入より多い。

 中国へのODA開始は1979年。大平正芳首相のときです。「より豊かな中国の出現がよりよき世界につながる」なんて理想論を展開しました。中国は猫かむってました。

 ODAを与えて喜ぶのは外務省だけ。自分の金でもないのにその国でいばれますから。金をやれば情報が入ると思い込んでます。
 無償融資と有償融資とあるけど、どちらにしても返ってきません。約束を守るような国じゃないもの。だから焦げ付いてるわけ。

 江沢民なんてODAだけは削らないでくれ、と居丈高なくせに懇願する有様。
 で、中国は日本の金で核兵器を開発して軍備を増強してきました。外務省のおかげで日本のみならず、東アジアの安全保障まで危うくしてるわけです。

 中国人民にさぞかし感謝されてると思いきや、ならず者船長の体当たり事件以来の様子を見ればおわかりの通り。人民は日本のODAなんて知りません。北京空港のフロア片隅に「この空港は日本の援助でできた」と小さな小さなプレートがあるだけ。

 中国にとって外国からの援助の66.9%が日本です。けど人民は「日本は謝罪しない」「戦後の賠償金を払ってない」と怒ってます。
 放棄したのは蒋介石の深謀遠慮。その後、中華民国から国連の椅子を奪い取ったのが共産中国。大東亜戦争のとき共産中国なんてありませんから。

 日中共同声明(1972年)に曰く、「中華人民共和国政府は、中日両国国民の友好のために、日本国に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言する」とあります。

 いつまでたかれば気が済むんだろ。


 さて「中島孝志の 聴く!通勤快読」でご紹介する本は『日経新聞の真実 なぜ御用メディアと言われるのか』(田近秀男著・光文社)です。詳細はこちらからどうぞ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「野田聖子スキャンダル」はどちらに転んでもOK。
[2017年09月23日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

なかなか入れないからいいのよね。「牛の四文屋」(中野)
[2017年09月22日]
[中島孝志のB級グルメ探検隊]

宝塚月組『All for One〜ダルタニアンと太陽王〜』
[2017年09月21日]
[中島孝志の演劇バンザイ!]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2013年4月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!