カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2015年01月29日 (木)

五感の先にあるもの。。。

 困ったなあ。。。昨日ご紹介した講演会のレジメですけど、もう始まっちゃったんでないの? ダメよ〜ダメダメ。5月まで待ってくんなきゃダメダメ。ま、来月の講演会までにもいろんな「サプライズ・イベント」がありそうですし。。。お楽しみに。

 昨日の朝イチ、友人のMさんから電話。いまから金沢だって。金と金沢。これは縁がありますわな。アイデアの塊のような人だから楽しみでんな。。。いよいよMさんの時代だわな。

 ダウは300ドル近く下げ、MSが9パー下げ、またドンと上げて、ガクンと下がる。微妙なショックで雪崩となりそうなタイミングですね。
 新潟、博多、出雲、そして東京原原のメンバーは、予想通りに動いてることがわかるっしょ?


 さて、五感つうと、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚のことですよね。で、直感、勘、直観は第六感と言われてるわけでね。

 勘の鋭い人と簡単に言っちゃいますけど、ホントは五感が研ぎ澄まされていないと働かないものなんすよ。

 とことん五感を機能させる。そっからはじめて第六感という潜在能力が引き出されてくるわけで、最初から第六感だけ鋭いなんてことはないわけっす。。。

 最近多いのは、視覚と指だけこまめに動かしてピコピコピコピコ。ゲームに夢中。これ、いくらやっても視覚と触覚が鋭くなんてなりませんわな。

 さて、イスラム国の問題です。イスラム国家の中でいちばん重視されているヨルダンが動いてくれてるようです。

「イスラムの中心? 原油大国のサウジじゃないの?」
 
 あのね、イスラムのなかでは、サウジは徳川幕府、ヨルダンは天皇家=朝廷。ま、こんな立場なんすよ。この手の問題でサウジが出てくる場はな〜んもありません。権力はあっても権威がないわけね。

 で、現在の事実関係を五感を動員して考えてみましょう。。

1イスラム国によって日本人2人が拉致された(事実)。
2うち1人が殺された(未確定)。
3身代金の要求から死刑囚の解放へと要求変更(事実)。
4反イスラム行為をするな、と要求(事実)。
5安倍政権は欧米支持、イスラム国不支持(事実)。

 結果、安倍政権は揺さぶられてますよね。

 日本人2人が拉致され、そして殺された、とされていますが。。。

1なぜもっと早い段階で日本政府を脅迫しなかったんすか?
2なぜパリのテロ事件とタイミングを合わせたんすか?
3なぜわざわざ女性ジハーディストの解放を要求したんすか?
4しかも、なぜわざわざチャドルを脱がせて世界中に爆弾を見せつけるようなことをさせたんすか?

 ここからは第六感の世界。この問題が発信されたときから、おかしい、くさい、奇妙、裏があるんじゃね?・・・とシグナルが頭の中でピカピカピカ。

 ああ、そうなのか。。。イスラム世界とキリスト世界をどうしても対立構造にもっていきたいわけね。

 イスラム国のおかげでいちばん困ってるのは、キリスト教圏に住んでるムスリムたちでしょ。偏見と差別がますます激しくなりますから。あちこちでヘイトスピーチ、排他デモ、対立、衝突。。。と事態はエスカレートするばかり。

 ムスリムはまったく得してませんよ。しかもアラブ中東よりも東南アジアのほうがはるかにムスリムは多いんすよ。


「イスラムは怖い」「テロリストの巣窟だ」「イスラム諸国を経済封鎖せよ」・・・という流れをつくって、いったいだれが得するんでしょ?

 イスラム国は「国益」を最優先した行為でしょうが、「この提案に必ずのってくる」と仕掛けられたのかもしれませんよ。

 どこのだれが世界中から非難される行為をこんな大げさにしたがるんすか? 極端な原理主義者の大金持ちが献金してくれる? んなこたないっしょ。

 パリのテロリスト・ブラザーズは、フランスの植民地アルジェリア出身でしょ。幼いときに両親と死別。三流移民として虐げられてきた人生。「天国に召される鍵」を頂戴できると、幼い頃から洗脳されて育ってきた。テロリストの英才教育を受けた「虎の穴」の伊達直人なわけ。

「虎の穴」のスポンサーはいったいだれなのよ?

 イスラム国そのものがこのスポンサーたちに丸抱えされてたりしてね。いえ、あくまでも妄想ですけど。いやいやホント。妄想ということにしておきましょう。

 詳しくは来月の講演会でお話します。。。 


 今日のメルマガでご紹介する本は「日本銀行」(翁邦雄著・筑摩書房・950円)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「なぜユダヤ人は大金持ちになれるのか手にとるようにわかる本」
[2017年06月28日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

「安倍降ろし」に見る木っ端役人たちの奸計
[2017年06月27日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

いよいよ今週末スタートです! 世紀の投資家オンパレードです。
[2017年06月26日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2015年1月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

180度方向転換するトランプ政権。弾劾危機が世界恐慌のきっかけとなる? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発するのはトランプ。日本経済はどうなるか? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかりです。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!