カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2015年03月03日 (火)

イスラム・リテラシーがぜんぜんない!

 メディアの連中はしょうがないっすねえ。ま、地頭がそれほど良くない上に不勉強だから、いっつも欧米マスコミの後追い。

 これはしょうがありません。けど、首相、大臣、そして補佐官あたりの不勉強は命取りになります。もちろん、この命は「国民の命」という意味っすね。

 ここ数ヶ月の安倍首相の発言を聞いてると、今後、邦人が拘束されても無事に解放されることは期待できんな。それどころか、日本がテロの標的になってしまった、と過去完了で表現すべき事態になっています。

 国会とか記者会見での発言ですから致命的ですわな。

 ピンと来た人はたくさんいると思いますが、あえての蛇足を。。。

 「イスラム国対策として人道的支援として2億ドル」つうことのコメントは以前書きました。
 最近は「テロリストには罪を償わせる」つう発言です。

 これ、ようやく逮捕された川崎の中1殺人事件にすら発言してないレベルです。

 なぜイスラム国相手には、いつも強気の発言をしてしまうのか? できるのか? 「イスラム国対策」「テロリスト」。。。おかしいと感じませんか?
 これ、あのブッシュ(愚息のほう)が「我々は十字軍だ」「本土が攻撃されたのはパールハーバー以来だ」に匹敵する不用意発言です。

 一瞬にして世界中に配信される怖さを認識してませんね。

 なにが言いたいか? 少しまどろっこしくなりますが少しガマンしてね。いつもわかりやすく書いてるつもりですが、さらにさらにわかりやすく書きます。

 「欧米のスタンダード」では、シリアはもちろん、サウジ、イラク、UAEなど、ありとあらゆるイスラム国家には正統性などありません。
 国民によって選ばれた元首など1人もいませんもの。領土にしたって決めたのはイギリスです(北アフリカはイタリア)。でなければ砂漠に直線の国境なんてありえませんよ。

 国境ができたのは1915、16、17年の協定(原原ではいずれお話しましょう)によってです。当事者無視。イギリス、フランス、イタリア、そしてロシアだけで決められたものです。

 もち、ねらいは原油と資源。埋蔵されてることはわかってましたからね。ヨルダンはフランス、レバノンはイギリス。ヨルダンつうよりジョルダンと発音した方がわかりやすいかも。

 イスラムの世界には主権も国民も領土も存在しません。なぜなら、主権は神アラーがもっています。で、元首は利権争いの結果、宗主国に代理人として認められただけのこと。神はもちろん、国民に負託されているわけでもありません。

 国民はたまたまそこにいた人間たち。砂漠を広く横断していたクルド人など、いまのトルコ、シリア、イラク、イラン等々をまたがってましたから、英仏に国家をつくってもらえなかったほどです。

 シリアのアサド政権にしても過激派の1グループに過ぎません。政府軍もイスラム国(元々は「イラク・シリアのイスラム国」というネーミングでした)もアルカイダも「同じ穴の過激派」です。
 欧米に都合のいい政権が「政府軍」と表現され、不都合なグループはひっくるめて「過激派」と表現されているにすぎません。

 日本のメディアはNYTがそう書いとるんじゃからええんじゃろう、つう判断でしょう。

 中東は戦国時代です。どちらが正しいかどうかなんてものさしはそもそもありません。中東の情勢は複雑怪奇、なんですね。「勝てば官軍、負ければ賊軍」なんです。

 「われこそは報道ジャーナリスト」「事実をこの目で見てきて世界に伝える」
 その意気は認めますが、しょせん戦国時代、その「ジャーナリスト」を現地でアテンドする連中(過激派)にしたって、イスラム国やアルカイダつう過激派と同じ。彼らから見れば敵の過激派。

 こんな構造の中で、「イスラム国対策」「テロリストには罪を」という発言は完全に欧米寄りであることは言うまでもありません。

 では、どうなるか? はい、日本はアメリカ、イギリス、フランスと同じ仲間。つまり、今後、この連中と同じように狙われてもおかしくない、ということです。

 イスラムに関してあまりにも情報のない日本政府は、この1月20日、人質事件が映像に流れてから、ようやくヨルダンに対策本部を設けました。

 イスラム国は最後の最後まで、後藤さんを死刑囚と交換して解放しようとしてました。でなければ、トルコとの国境地帯まで彼を連行するはずがありませんもの。いつ死刑囚が解放されるか、何人もの斥候兵が双眼鏡でチェックしていたほどです。

 ヨルダン政府はとっくにパイロットが焼き殺されてた情報を握っていながら、死刑囚交換と後藤さん解放の条件にしていました。なぜか? 国民に評判の悪い「国王」の支持率対策のためです。

 パイロットと後藤さん、湯川さんは同じ人質ではありません。パイロットは空爆で殺しまくった「軍人」です。後藤さん湯川さんは「民間人」です。イスラム国はなんの被害も受けていないはずです。

 結果は。。。皆殺しでした。

 「やっぱ自衛隊の出動しかないか」・・・自衛隊が出動してもなんの効果もありません。逆効果です。
 戦国時代に法律なんて通用しませんからね。そもそも相手は過激派でイスラムの法律(「シャリーア」といいます)なんてまったく守っちゃいません。

 ムスリム同士の戦い。自爆テロ。国益という利権のためのみの戦い。。こんなものは「クルアーン」でも「ハディス」でも認められちゃいません。

 つまり、いま、彼らかやってることは、相も変わらず「利権争い」なんです。宗主国イギリスやアメリカ、フランスが大好きな利権争いを過激派たちも金欲しさにやってるに過ぎないんです。

 イスラエルVSアラブ&イランVSアメリカVSユーロVSロシアの利権争いです。

 戦後、どこの国とも戦争をしてこなかった「実績」こそ「平和」の象徴です。日本が培ってきた信用を利権争いに夢中になってるバカな連中に唆されてパーにしてはいけません。

 利権の構図についてはあまりにもヤバイ内容なのでとてもとてもブログではムリっす。。。いずれ原原でしかと講義します。お楽しみに。


 今日のメルマガでご紹介する本は「円崩壊 1ドル=200円に!」(浅井隆著・第二海援隊・1,728円)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

バノン辞任(失脚)でトランプ政権は強くなる!
[2017年08月21日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

来週末は「ぴよこちゃん倶楽部」ですよーー!
[2017年08月20日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

じゅんいちダビッドソンさんのイベントです。。。
[2017年08月19日]
[中島孝志の演劇バンザイ!]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2015年3月  >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!