カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2015年03月26日 (木)

暑さ寒さも彼岸まで。。。

 まあ、そういうもんでんなあ。。。たしかにねえ。
 今日からポッカポカ。札幌もいきなり二桁でしょ。櫻もいきなり開花しとりますな。

 彼岸つうのは、中国にはありますけど、インドにはありません。お盆は中国にもありません。

 どちらも先祖を敬う日本人ならではですね。「霊魂がある」という前提の元に潜在意識がそうさせてるわけでね。春彼岸も秋彼岸もどちらもご先祖様への挨拶でしょ。
 ♪そこに私はいません♪つうても、いや、おりまんねん、私らが念じればそこにおりますんや、と日本人は思ってるわけでね。

 釈迦も孔子も霊魂についてはノーコメント。「無記」と書いてます。無記=思考を止めろ、というわけっすね。時間の始まりと終わりはいつか。地の始まりと終わりはどこか。霊魂はあるんかないんか。。。んなもんは、考えるな。考えるだけアホやで、つうことでんな。

 正解だと思います。というのは、だれも見たことないっしょ。しょせん哲学の問題。つうことは主観。そこで是非を問うことはナンセンスでね。

 最近、最澄さんの本、読んでるんですけどね。。。あの人は変わり者だけど、えらい人ですなあ。
 空海も最澄がいたから輝けたわけでね。輝けたというのは、能力を100パー以上発揮するチャンスに恵まれたわけっす。
 だって、31歳にして留学僧として入唐した空海がいかに2年間で帰日できるように許諾をえたとしても、九州で4年間待機させられてたわけでしょ。
 
 大目録を用意して嵯峨天皇に提出してあげたのは「謹慎中の空海」では不可能。最澄がしてあげたわけです。で、ようやく上洛できたわけっすよ。

 最澄がどれだけ苦労したか。権利と伝統にあぐらをかいてた奈良仏教に呆れて、さっさと修験者が集まってた比叡山にこもっちゃう。21歳くらいっすよ。

 これも釈迦の求めていた世界を探究してたわけでね。形骸化した「法華十講」等々の法会を始めたのも最澄です。

 いまもそうっすよ。正月になるとテレビで「大般若会」つうイベントがありますわな。これ600巻ものお経の転読ですよ。お坊さんが何人も集まって一斉にパラパラパラっとめくって読んだことにする、つうやつ。
 これ、元々は何日もかけて本気で読むものなんすけど、だんだん簡略化されて、いまやパラパラっす。ざけんなよ、本気で読み通すぞなもし、としたのが最澄なんです。

 ま、厳しい。けど、本物。

 本物だから、6歳も若い空海に密教について教えを乞うわけです。真理の探究のためには地位とか年齢とか関係ない。一途なんですな。
 最澄の目的は大戒壇の設立でした。そのために懸命ですから、密教なんて空海の100分の1も修められなかったでしょ。生きてる間はすべて却下されましてね。結局、戒壇院が設立できたのは最澄の初七日の日でした。

 後継者の円珍、円仁がえらかった。清和天皇から大師号を賜れたのも彼らのおかげ。その後、天台宗からはきら星のごとく革命的な僧侶が輩出しますね。こればかりは巨人空海でも成し遂げられませんでした。

 彼が臨終にあたって述べた言葉がなんとも最澄らしいです。

「仏道に励むのは、国家を利せんがため、群生を度せんがため。国家の利益になれば、民の利益にもなる。仏教の教えによって群生を導けば、自ずから国の利益にもつながる。そのために修行者は仏道に励むのであり、それが本分であることを忘れてはならない」

「輪廻転生して、この世に人身を具えた人間として生まれることは類、希なことである。たいていは、前世の行いによって畜生界、阿修羅界、さらには地獄に生まれることになる。しかも、人身を得たものだけが発心を得て、仏道に励むことができる。
 してみれば、人間として生まれたこの生涯は、まさに千載一遇のチャンスである。その好機にすでに亡くなった者の弔いに時間を費やすのは愚の骨頂である、一刹那たりとも疎かにすることなく、つとめよ、つとめよ」

 いやあ、たいしたもんすねえ。京都に住んでたときはしょっちゅう行きましたがねえ。来月、比叡山延暦寺。これも行かねばならんわなあ。。。


 今日のメルマガでご紹介する本は「古寺歩きのツボ 仏像・建築・庭園を味わう」(井沢元彦著・角川書店・782円)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

博多原原の新入生を募集します。。。
[2017年11月24日]
[中島孝志の原理原則研究会]

第4期ぴよこちゃん倶楽部のゲスト講師でーーす。
[2017年11月23日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

11月前半の株価低迷はいつものこと。。。
[2017年11月22日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2015年3月  >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!