カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2015年06月02日 (火)

「熊野お燈まつり」の写真が出てまいりました。

 写真あったよなあ。たしか、昔、『人脈がいっぱい』つう本に掲載したはずだからねえ。

 ありました。みっけ。

 熊野のお燈まつりの写真ね。死に装束ですな。那智大社もそうだけど、上皇でさえも死に装束で詣るんです。

 お燈まつりは毎年2月6日。もとは旧暦正月6日(『紀伊続風土記』)。祭礼で分けられた火が届くまで、各家で灯明を挙げることは禁止されてたの。すなわち、毎年、ここで「火の更新」が行われるわけです。

 起源は敏達天皇3年正月2日とか。神倉光明放です。同4年正月6日に「神倉火祭始」とあります。神武東征神話に起源を求め、高倉下命が松明をかかげて神武を熊野の地に迎え入れたことが始まりとか。

 となると、やっぱ八咫烏が関係しとるんよ。原原では「アベノミクスの死角」についての質問はあちこちであったけど、「どうして3本足なんすか?」つう質問は出雲原原の1人だけ。さすが神話の郷だけのことはありまんなあ。。。


熊野のキーマン岩澤さん(当時新宮JC理事長)と一緒。吉田教授が映ってない。おかしいなあ。

神倉神社の山上社殿の真ん前。煙たいし熱いし大変なんすから。

熊野シンポジウムで初講演。なんと1988年。いよいよバブル真っ盛りになるつう時代。地元新聞に掲載された写真です。

 参加は男のみ。チビちゃんを抱いて参加しとる爺様もいますよ。
 「上り子(あがりこ)」と呼ばれるのね。上り子は白襦袢に白鉢巻や頭巾、手甲脚絆。腰から腹にかけては荒縄。五角形の檜板にケズリカケを詰めた松明。この松明には祈願の言葉をしたため、上り子同士で行き会うと挨拶として松明をぶつけ合うわけ。

 熊野速玉大社、阿須賀神社、妙心寺を巡拝して、神倉神社に向かいます。この間、御神酒を振る舞われるんですが、弱いヤツは神社を上がれなくてみなで押し上げます。

 小松明が社殿に迎えられますと社殿の扉を開いて神饌を供え、祝詞を奏上し、御幣の1本を社殿に収めて閉扉します。ここらへん、やっぱり天照大神のアマノイワヤトに関係してますな。

 記憶のいい人は、以前、通勤快読で「幣」についてちょっと話したことを覚えているでしょう。
 ちょいと解説しときましょうか。「サービスしすぎ!」と叱られちゃうかも。。。

 アマテラスは弟神スサノオの悪行に怒って岩屋の中に籠もりました。すると世の中は真っ暗闇。悪神が跳梁跋扈。で、神々は香木の賢木を立てて上の枝には勾玉を飾り、中の枝には鏡を飾り、そして下の枝には「幣」を飾ったわけです。
 アマノイワヤトでは灯火が焚かれ、香料の匂いが漂い、音楽が鳴り、アメノウズメが桶の上で踊り。。。するてえと、興味津々のアマテラスが少し岩戸を開けて覗きます。「いまがチャンスだ!」とばかりにアメノタヂカラオノカミが一気に岩戸を開けて引きずりだすと、イワヤトの出入口にしめ縄を張ります。

 もう入れなくしたんですね。しめ縄は結界ですわな。もう戻れません。これで世の中は闇から解放されました。

 さあて、上り子たちは大松明の火を自分の松明に争って移して山上へ向かいます。全員が境内に入ると、「介錯」が入口の木柵を閉じるわけ。これで火と煙が立ちこめますから目を開けることも゛きないほど。
 で、午後8時ごろに「介錯」が木柵を開くと、上り子たちは一斉に神倉神社の石段を駆け下りて家まで走り続けます。闇の中を上り子たちが手にする松明の日が滝のような勢いで下ってゆくあり様は「下り竜」そのもの。

 神職や介錯たちも山を下ります。整列して阿須賀神社に向かいます。阿須賀神社では神職がやっぱり1本の御幣を捧持し、左右左と幣を動かしながら後じさりしつつ拝礼します。「幣」がいかに重要か、わかりますね。

 紙幣の幣ですよ。幣は神社には必ずあります。参詣者が幣帛をささげる社殿=拝殿と本殿との中間にあるのを「幣殿」とか「幣拝殿」とかいうでしょ。

 それにしても、写真つうのは魂とられるから苦手なんだけど、撮らんとあかんなあ。


 さて、今日のメルマガでご紹介する本は「幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと」(中山祐次郎著・幻冬舎・864円)です。 

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

いよいよ今週末ですよ。。。ゲスト講義&中島孝志の銘柄研究会!
[2017年10月17日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その1
[2017年10月16日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年10月15日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2015年6月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!