カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2015年06月05日 (金)

とことん闘わなあかんやんか。。。

 久しぶりに電子書籍のご報告をしましょう。『考えることリスト』が、アマゾンKindleで2015年度上半期17位だそうです。楽天KOBOとかソニーリーダースではベスト10にランクインどころか、ベスト100にたいてい30冊前後入ってるんだけど、なにか?



 さてと。。。昨年9月、韓国の仁川アジア大会でカメラ窃盗罪で有罪判決にされた競泳の冨田尚弥選手。「これ以上やっても意味はない」と控訴断念とか。

 あかんなあ。なに考えとるんやろ。とことん闘わなあかんなあ。。。ゆっくり考える? んな時間あるかいな。即、控訴やで。

 なぜか? 10年、20年経ってから必ず後悔するからです。有罪になるかどうかが問題じゃないの。やってないならとことん闘う。これが結局、本人のためになるんよ。

 意味がない? そりゃ、検察側が用意した映像は編集済み。モニター映像は別カメラの撮り直し、ときた。いまどき、あんな不鮮明な映像しか撮影できんかったら、韓国メーカーはよけい売れんようになりまっせ。。。
 それに加えて、疑わしきは罰する検察。なによりも、この21世紀に、いまだに「事後法」とはね。で、世論ばかり気にして法律は二の次三の次の裁判官。ま、法律なんてそんなもんなんでしょうな。

 韓国って、本質は北朝鮮と同じですからね。新聞社の支局長を拘束して外に出さない拉致国家。富田選手も、「認めないと日本に帰さんぞ!」と脅されて自白を強要されたんでしょう。

 まさに「後進国ぶり」を世界にさらけ出してしまいましたなあ。

 絶望感しかないでしょ。けど、まだ結審までいってないのに、自分から降りちゃうのはいかがなものか、ですよ。「狗に噛まれたと思って忘れよう」と弁護士からアドバイスされたんでしょうか。そうは思わないな。傍観するところ、この人、マインドがあまり強くないように見受けられます。つまり刺されるべくして刺された、と思うのね。

 韓国って国はね、スポーツでもなんでも、勝つためにはなんでもするお国柄なの。しかも一丸となってね。かつて、ボクシングの世界タイトルマッチ。チャンピオンは♪あったかいんだから〜つう国の出身。会場に入ると、真冬なのに暖房は切っとるわ、ドアつうドアはすべて開放されて吹きっさらし。寒さに震えながら対戦してたわけ。

 けど、こんなことは当たり前。「アウェイで闘う」ってのはそういうことだから。

 高句麗なんて国にしても、隋の煬帝に白旗を掲げて、和平交渉してる時に、交渉団の中の1人が煬帝に斬りかかるわけ。怪我はたいしたことなかったんだけど、こういうことをします。で、そいつは英雄扱いされとるんよ。まさに伊藤博文を暗殺した「テロリスト」を顕彰するお国柄ですなあ。もしかして、「テロリスト支援国家」なんすかねえ。やっぱ北朝鮮と同じか〜〜。ま、同じ民族ですからね。やるこた、同じっしょ。

 冨田選手、自分から投げたら終わりじゃね? 選手生命つうよりもっと重要な部分で復活できなくなるんちゃうかなあ。結審まで闘わず安易に妥協した自分を許せなくなるんちゃうか。今後、この人のマインドが強くなればなおさらね。

 とどのつまりは自己嫌悪。そうならんことを祈りたいね。

 「嵌められた」と思う。それを主張するにはとことん闘わんと。「控訴しない=窃盗を認めます」つうことやから、あとからなにを言ってもあかん。いま、言わんと。
 厳しいようやけど、だれも同情せん。闘える権利をさっさと放棄したんやからね。控訴してれば応援団ができた。国民が応援した。世論を味方につけられた。これが大きい。とても大きい。

 控訴せんかったら応援しようにもできん。国民=世論をもっと信用してもええんちゃうかなあ。

 わからんかなあ。周囲はなにしとるんやろ?

 結果はどうでもええねん。とことん闘う、つうマインドがエネルギーをチャージしてくれるんや。なぜなら、それがプライドやからやんか〜。
 
 意味がないか、それともあるか。んなこた、おのれの「プライド」が決めるこっちゃ。裁判官や弁護士が決めるこっちゃない。降りたら終わりや。それだけの男や。

 最後まで生き残るヤツは、頭のいいヤツとか身体の頑健なヤツとちゃうねん。マインドの強いヤツやねん。マインドがすべてを決めるんや。自分のマインドを信じられないヤツを「チキン」というんや。

 この一件、韓国の不戦勝やな。


 来週は、久しぶりに「半島の歴史」と「半島に住んできた人々」について「通勤快読」でしかとお話ししましょう。朝鮮人はもちろん、日本人でも知らんことばっかしやで〜〜。私たちにすり込まれてきた「常識」がいかにインチキか、よ〜わかりまっさ。


 さて、今日のメルマガでご紹介する本は「死を笑う うさぎとまさると生と死と 」(中村うさぎ・佐藤優著・毎日新聞社・1512円)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

いよいよ今週末ですよ。。。ゲスト講義&中島孝志の銘柄研究会!
[2017年10月17日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その1
[2017年10月16日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年10月15日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2015年6月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!