カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2016年07月15日 (金)

英国はEU離脱で大正解!

 忘れないうちに・・・「ぴよこちゃん倶楽部」メンバーご一統様。「おまけの講義」が決まりました! 下記の通りです。
 メルヘンしてないメンバーがいます。即、メルヘンよろしくです。今月中にメルヘンなければ「欠席」と判断させて頂きます。突然来られても資料ありませんからあしからず。
           記   
■開催日:8月7日(日)午後1時〜5時。2部入れ替え制です。
■特別講師:前回バカウケだったあのO先生です。世界のユダヤ人資産家の資金運用指導をされてる先生です。レジメをもう一度よく勉強してください。
■会 場:東京駅・神田駅近く。懇親会は日本橋。地方の方はまず足と宿をとってください。
■注 意:今回は超具体的、実戦的アドバイスですので2グループに分けて講義します。どちらに参加するかメールください。両方参加はできません。
・1億円超の資産運用グループ。
・1億円未満の資産運用グループ。
 それぞれ開始時間と終了時間が異なります。詳細はメーリングリストで流してます。どちらの勉強会に参加するか、懇親会(割り勘。5000円くらいちゃう)にも参加するかどうか、メルヘンよろしくね。
■代理出席可能です。必見必聴です。「おまけ」がいちばんお得になりそうです。「資産運用命!」という方にふさわしい時間となるはずです。

※とにかく前回の講義で「こんな人いるんだ」「ぶっとんだ」とめちゃ高い評価でしたので再登板をお願いしました。
※「ぴよこちゃん倶楽部」の留年を熱望される方がめちゃ多いんです。わたし自身もワクワクします。けど、スピ研同様、今回限りなのよね。ま、移り気ですから「第2期ぴよこちゃん倶楽部」復活するかもしれません。レジメだけでなく、速記録とか音声等々もきちんとフィードバックしたいっすね。前回トライしたらやっぱ効果あるもんなあ。秘密勉強会だからゲスト講師名も内容もクローズ。収録禁止だったもんね。これはこれでいいわけでね。秘密だから講義してくれたゲストもいたわけでね。


 さ〜て。。。安倍首相のあの発言。意外と正鵠を射てたんでないかい?
 あの発言。そうすよ。先の伊勢志摩サミットで「リーマンショック前に似ている」つうヤツ。みなせせら笑ったでしょ? 私、笑いませんでしたよ。だって、その通りなんだもん。

 英国のEU離脱問題? んなもんどうでもいいわけで。ま、今日のブログはちょいと独り言っす。

 いま、英国でベストセラーになっている本があります。なんだと思います?
 『EUの基本がわかる本』『猫でもわかるEU』『EUとはなにか?』・・・もち、ブラックジョーク。東京原原のラスト講義でもバカウケ。まだ本気にしてるメンバーがいるかもなあ。けど、あわてて勉強しとる英国民は少なくないと思うな。


離脱騒ぎで1400円の暴落も元通り。喜んでいられるのもいまだけよ。

 やられたねえ。わかっててやられた。EU離脱が現実になっちゃった。「リーマンショックの再来?」「それとも大恐慌?」と大騒ぎ。一瞬で3.3兆ドルも吹っ飛んだけど、日米の株価も、震源地英国の株価も元に戻っちゃった。

 投票日に近づくほど、「残留派が過半数を占めた!」という噂が世界中を駆けめぐりました。歴史を少々知っている人なら、「200年前の茶番劇の再演か」と気づいたはず。

 1815年、ナポレオン率いるフランス軍とウェリントン将軍が率いる英国・オランダ・プロイセン連合軍が覇権を賭けた戦い、いわゆる「ワーテルローの戦い」ね。
 戦争には国債が付き物。日本がロシアと戦争できたのもユダヤ人金融家が日本国債を購入してくれたからだよね。金がなきゃ戦争なんてできないの。

 英国はコンソル公債を発行して戦費調達。負けたら公債は大暴落。勝てばコンソル公債は暴騰。
 で、情報通のネイサン・ロスチャイルドは真っ青な顔して公債を売り始めた。ヨーロッパ中に情報網を持ってることはだれもが知ってますから、「こりゃ負けたんだな。ナポレオンが勝った!」と投資家たちは一斉にコンソル債を売るわけ。もちろん大暴落。

 ところが、この抜け目ないユダヤ人は裏で公債を買い集めてたんだよね。真相が判明するのは翌朝。英国大勝利!
 コンソル公債は大暴騰。あわてて買い戻そうとしたけど時すでに遅し。すべてロスチャイルドに買い占められた後。1日で2500倍に資産を膨らませたわけ。これをきっかけにしてイングランド銀行を支配。ポンドのみならず植民地の米ドルの発行利権まで手にしちゃうわけさ。

 「ワーテルローの戦い」の真の勝利者はロスチャイルドただ1人だったつうこと。

 で、まったく同じことが200年後に起きたのよ。「歴史は繰り返す」「悪夢の再来」としか言いようがないけど。今回も「ロスチャイルド」がいたはず。投票日直前、ダウも日経平均もすべてが上昇。為替は円安ポンド高、ドル安ポンド高。これがすべて裏目に出たんだからね。

 国民投票はなんら法的拘束力を持たないからね。ばっくれたらわからんわけ。エイプリルフールにしちゃえばいいわけ。ま、残留を決めたところで落ち目は変わらないけど。

 不思議なことに、ガリガリ亡者のくせにこの一攫千金の相場に動かなかった男がいます。ジョージ・ソロスです。「イングランド銀行を破綻させた男」として投資(投機)の世界ではあまりにも勇名を馳せている人物ですが、しばらくマーケットから遠ざかっていたので勘が鈍ったのでしょうか。

 「いま、ソロスが的にかけているのは中国人民元」と噂されてますけど、コインの裏と表。彼が的にかけてるのはポンドではなくユーロだね。それもドイツとイタリア。金融危機の発信地はイタリアとドイツですよ。英国EU離脱ショックよりはるかに大きいです。


イタリア金融機関の不良債権てこんなにあるんよ。

♪もうど〜〜にも止まらない〜株価下落!

メルケルがどこに行くか? ワシントン? 東京? 北京?

世界中に波及します。つうことは・・・金融恐慌?

最重要金融機関なんだよなあ。

 バーナンキ前FRB議長が来日したけど、目的は「ドイツとイタリアの金融危機=ユーロ発金融恐慌」に対する協調行動の打ち合わせでしょうな。「ヘリコプター・ベン」の異名をとってたからと言って、メディアが伝えてるような、さらなる量的緩和策云々ではありませんわな。通貨の元番人として事態はかなり深刻だと思うよ。

 詳細は火曜日に「まくら」で講義した通り。英国は離脱して正解。キャメロンは辞任しなくてよかった。賞賛されるんでないの?
 いずれにしても、明日の出雲原原では最新情報をお届けします。ちょいと状況が変わってきたのよ。

 それにしても、ろくなタマのいない都知事選なんぞ報道してていいのかね。私ゃハマっ子だけど、都知事は増田さん。電波芸者は舛添某で懲りたよ。政策のプロに任せましょうや。股裂き選挙の自公相手に4党共闘で負けたら笑いもんやで。

 それにしても、生前退位とはねえ・・・。さすがです。こういう手があったとは。元首から安倍政権への「マグナカルタ」ですな。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ぼくらの頭脳の鍛え方」(立花隆・佐藤優著・文藝春秋・1015円)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

春の京都その7 京のユニークな書店あれこれ。
[2017年04月28日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

春の京都その6 京のグルメその2 「木屋町むつの家」
[2017年04月27日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

春の京都その5 京のグルメその1 「北山権兵衛」のそば。。。
[2017年04月26日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年7月  >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2月新刊をバージョンアップ。緊急出版です。金正男暗殺の真相そして金王朝の近接未来は? トランプと習近平それぞれの戦略に日本はどう立ち向かえばいいか。メディアが絶対伝えられない政治経済投資に役立つコンテンツ満載。オンデマンド版(紙の本です)。

大統領なんぞはたんなる操り人形。「奥の院」がトランプに何をさせて儲けようとしているのか? メディアが絶対伝えられないコンテンツ満載。投資家のためのトランプ本。これは電子書籍版です。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!