カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2016年10月13日 (木)

プーチンを徹底活用すべきだろうね。

 忘れないうちに、「通勤快読」ですが、iPhoneバージョンアップで一時、音声ダウンロードができなかったケースがありましたが、修正しましのでご確認ください。

 今日は大阪原原。明日は博多原原。ゲストは奥村眞吾先生です。お楽しみに。

 さて、昨日、トランプとヒラリーの一騎打ちについてお話しました。
 トランプの味方はだれか? プーチンでしょ。似てるモノ。つうことは、安倍さんとも合うよ。トランプは。

 昔、バカな政治家が、これから日本は中国とアメリカと二等辺三角形の付き合いをする、と公言したり、日本は日本人だけの国ではない、とわけのわからん演説を繰り返していましたが、アメリカとロシアの三角形はありえますよ。

 ロシアつうと、北方領土問題が立ちふさがりますけど、いまあの国が領土なんて欲しがりますかね。ロシアが困る唯一の問題は「日米地位協定」で日本の領土内ならどこにも米軍基地をつくれること。北方領土に米軍基地なんてつくられたらたまんない、つうことですね。

 けど、そんなバカなことは安倍さんもせんでしょう。ロシアと対立したくない。対立するのは中国だけでいいわけ。



 そもそも北方領土をソ連(ロシア)にやって日本と永遠に対立するよう、わざわざ「災いの種」を残したのはアメリカでしょうが。
 「四島一括返還にしろ。二島返還でいいなら沖縄は永遠に返ってこなくてもいいだろう?」
 ニクソンとキッシンジャーの嫌がらせですよ。日本がソ連と親密になることは虎の尾なわけ。

 今回は安倍さんが虎の尾を踏まずに日本の国益を主張したんだけど、アメリカへの「見返り」はありますわな。

 北方領土(歯舞、色丹、択捉島、国後島)の中でもとくに注視すべきは国後海峡ですわな。陸軍国ロシアが建国以来、一貫した悲願は不凍港を手に入れることでしたからね。日ソ不可侵条約を破って執拗に北海道を侵略しようとしたのも、不凍港が欲しいからです。

 国後島と択捉島の間にある国後海峡は冬期でも凍りません。流氷に邪魔されず、潜水艦や原子力空母、タンカーがすんなり通れるくらい深いんです。エリツィンも価値はわかっていたから、最後まで応じなかったわけでね。四島云々つうより国後海峡だけは渡したくないのよ。

 北方領土返還はロシアよりもアメリカの好意的中立という前提がなければ不可能ですよ。

 アメリカは戦後、日本、韓国、台湾に同盟関係を結ばせることもできたんですが、あえてさせませんでした。03年から始まった「北朝鮮問題に関する6カ国協議」にしたって、世界一の軍事力を背景に圧力をかければ北朝鮮を屈服させることは簡単にできますよ。でも、しない。
 なぜか? 中国にトラブルを背負わせたいからですよ。東アジアをつねに対立状態にしておくことがアメリカの国益だからです。

 領土問題から拉致問題まで、キーはアメリカなの。そのアメリカを動かす「梃子」がプーチンなのよ。これがキモ。

 プーチンにしてみれば、約束通りにしろよ、つうこと。これ、わかります? エリツィン以前のゴルビー並にしろよ、つうこと。
 元もと、「ワルシャワ条約機構を解散してくれたらNATOも同じようにするかんね」と、レーガン(当時の大統領)はゴルビーに約束してたの。けど、91年にゴルビー失脚。
 で、「ソ連時代の約束なんて覚えとらんがな」と新生ロシアのエリツィンに宣ったわけ。

 ここらへんが狡猾なアメリカの面目躍如。とことん狡いのよ。
 
 プーチンは狡猾だから、「約束を果たしたらどやねん!」と当たり前のことを言うてるだけ。

 で、先週、カリーニングラード(バルト海の飛び地)に「イスカンデルM」配備を決定したわけ。このミサイルは射程700キロ。ベルリンが射程内です。しかも固体燃料ですからね。あっという間に装填完了。北朝鮮のミサイルとは比べモノにならんよ。北は固定燃料技術が欲しいんだけど、ロシアはやらない。
 それだけでなく、ロシア緊急事態省が「核攻撃等の非常事態に備えて、全モスクワ市民を保護できる核シェルターを完備した」と発表しています。

 この2つのことから、プーチンは好戦派ヒラリーが大統領選に勝利する、と読んでるんでしょうな。

 ISに武器を供与していたことはヒラリーのメールで明らかになってます。アメリカの外交官が殺された「ベンガジ事件」はそのために発生した戦闘ですからね。これはオバマとヒラリーの大ポカであり、全米市民に対する背信行為ですよ。
 シリアのアサド政権打倒のためにアメリカはISを育てた。アサド政権を守るためにプーチンはISと反アサド勢力を殲滅しようとしています。
 ここで米ロは対立。次期大統領がヒラリーならロシアとはガチンコ対立します。もし攻撃するなら受けて立つよ、というプーチンの宣言ですよ。これは。

 さて、北方領土はロシアが実効支配してますから、日本の施政下にはありません。よって、日米安保条約は適用されません。千島・樺太交換条約のずっと後に結ばれたサンフランシスコ平和条約で、「日本は千島列島に対するすべての権利および請求権を放棄する」という文書に調印しています。時の総理、外務省条約局長、衆議院委員長がいずれも択捉島、国後島は放棄した千島列島に入っている、と述べている。ということは、戦争で奪い取るしかないの?

 いえいえ、経済力で実質的に支配してしまえばいいのよ。ハワイなんて日本の植民地じゃない。日本語は通じるし、日本料理はあるし、上院議員も議長も議員も日系人ばかりだし。







 いま、北方領土問題が解決しないと困るのは、日本ではなくロシアのほうですよ。シベリア開発にしても、日本の技術とマネーがなければなにもできんのだからね。

 ようやくOPECの原油減産にロシアも歩調を合わせたかのように報道されてますけど、元もと、年初にサウジとロシアは生産量を1月度の数字をベースに決めてたのよ。で、それがなんと日量1000万バレル超。つまり、「減産」なんていってもほとんどパワー全開。

 どこが減産なの?

 そもそも油しか売るモノない国が、値段を釣り上げるために減産で共同歩調なんてとれるんかいな。デフレ基調で設備投資が停滞してるのにさ。それに、いままでだって産油国の抜け駆けに自ら生産量を加減して価格を調整してきたのがサウジだったわけでね。
 本音は、虎の子のサウジアラムコ上場を直前にして、なんとかその時までは原油価格を少しでも高めておきたい。それまではシェールオイル潰しは開店休業つうことではないでしょうか。

 ま、そう思えば買いか売りかは自然とわかるわけで。原油高が続くはずがないよね。

 日本としては、死に体オバマ、別の意味で死に体ヒラリー、世界のメディアから抹殺されつつあるトランプよりは、プーチンなんだろね。北朝鮮は目ざといから習近平からプーチンにとっくにシフト。つうことは、拉致問題も含めてプーチンカードが大きくモノを言うということですな。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論」(エマニュエル・トッド著・文藝春秋・896円)です。 

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「安倍降ろし」で利害が一致する売国奴たち。。。
[2017年07月26日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

名古屋原原レポ・・・。
[2017年07月25日]
[中島孝志の原理原則研究会]

どうしても安倍政権を潰したい勢力。。。
[2017年07月24日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

今日の通勤快読は
狼侠 (笠岡和雄著 れんが書房新社)
です。

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年10月  >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

180度方向転換するトランプ政権。弾劾危機が世界恐慌のきっかけとなる? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発するのはトランプ。日本経済はどうなるか? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかりです。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!