カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2016年10月14日 (金)

SDR採用が命取りになる人民元

 今日は博多原原です。奥村先生の講義です。お楽しみに。二次会もいいっすよ。こちらもご期待ください。

 いよいよSDRに人民元が選ばれることになります。いままでアメリカの横やりで割り込めなかったようですが、IMFのラガルドなど、ユーロ勢に英国などの働きかけで押し切った模様ですね。

 中国は鼻高々ですが、内実はつうとちと情けないつうか、実力だからしょうがない、つうか、ま、トホホの状態なんでやんすよ。





 SDRつうのは「特別引出権」のことでして、準備資産を補完する手段なのね(IMFが1969年に創設)。 ただいま(16年3月現在)、2041億SDR(=2850億ドル)が発行されて加盟国に配分されてまして、これは自由利用可能通貨と交換できるわけ。

 がたがたのヨーロッパ通貨の比率を下げてもいいわけで、事実、そうなってます。



 「飴と鞭」だわなあ。これで中国は世界の金融ルールにしたがわざるをえなくなるわけで、「人為的な操作」ができなくなります。そこがねらい目なんだろうねえ。

 「バスケットに入りたければどうぞ。けど、それなりに対応させてもらいますから」

 国際化つうことはドルペグ制から離れて、「市場」に任せる、つうこと。で、あの悪名高いBISの規制下に置かれる、つうことでしょ。

 人民元て国際通貨なの? いま、国際化できるの? 通貨の自由化=為替の自由化=資本の自由化でもあるわけでね。なるほど、多国籍企業、国際金融資本の草刈り場になるつうことなのね。




中国のためのATMじゃね?

 人民元なんて欲しくないの。ドルなのよ、ドル。落ち目でもドルなわけ。基軸通貨の魔力ですな。


保有しとる米国債、日本に買い取ってもらいたいやろなあ。

いまや頭金が30%必要です。

 ころころ政策が変わるのが中国らしい。機動的つうかその場しのぎつうか。ま、しかたない。だって、中国人=漢民族つうのは、問題が起きる前には対処しないもの。問題が起きてからはじめて考える性格なのよ。

 なにしろ、あの国は「社会主義的資本主義市場経済」つう面妖なもをんを編み出したわけでね。矛盾なんてそもそも考えない民族性。「ソ連よりアメリカや日本のほうが景気良さそうだから真似すべえ」つうパクり民族の地が出たにすぎません。

 それがかの有名な、「白いネコでも黒いネコでもネズミを捕るネコはいいネコだ」つうセリフになるわけね。とにかく豊かになる。金持ちになれるヤツから金持ちになる。これが優先順位の筆頭じゃ、つうてね。
 もともと強欲な連中だからハマりますわな。13億人がマネーに向かって猪突猛進したわけですからGDPだけは伸びるわけ。もち、1人あたりですと相変わらず貧困國ですけど。

 とにかく儲かってから考えるべえ。で、いま、考えてるんとちゃう。

 泥縄なのよ。ボタンの掛け違いに気づいても無視して突っ走る。よそ見してる暇なんかないんだから。競争してるんだからね。
 で、いよいよボタン穴がないと気づいた。無理やり穴あけるしかないわなぁ、と習近平は嘆いてるわけ。

 すべてにそうすから。連中の視野にあるのは目の前の「現実」のみ。これしか見ないし見えない。未来も過去もなくて現在のみ。これが時間軸。「いま」が良ければそれでいい。来世も前世もなくて現世利益のみ。そういう宇宙観。

 「けど、日本にはお詫びとか謝罪とか、すぐ歴史を持ち出すよね?」

 はいな。そうすればお金くれるから。ODAでどのくらいむしられたと思う? 儲からんとわかれば止めますよ。そういう癖をつけたのは政治家と朝日新聞でしょうな。

 拝火教、キリスト教、イスラム教、インド仏教、ヒンズー、バラモン教、ジャイナ教、中国道教、儒学、ユダヤ教・・・そして日本の仏教、神道、アニミズム。それぞれの地域、風土、環境が民族を育て、宗教を育んだわけでね。ここらへんのことはいずれ原原で掘り下げたいと思います。



 景気が良かった頃は、党高官になって出世すれば良かったんだけど、いまや、いつでも逃げられるよう、海外に移住させとるわけですな。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

博多原原の新入生を熱烈募集しまーーす。
[2017年12月13日]
[中島孝志の原理原則研究会]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年12月12日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

出雲原原の2日目もB級グルメが凄かった。。。
[2017年12月11日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年10月  >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!