カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2016年12月14日 (水)

プーチンは必ずのってくる。。。

 朝からプーチンのニュース一色ですな。で、あちこち流してましたら、テレ朝の朝番組「グッド!モーニング」でたまたまこんな発言が。

 「軍事力でクリミア共和国を併合・・・」
 「んんん?」
 
 こんなこと言ったら、テレ朝だけ記者会見場から閉め出されるんとちゃうか(プーチンはメディア排斥はしませんけど)。まあ局アナの解説なんでどうでもいいけど。正確には「住民投票」によってクリミア自治共和国はロシアに「編入」されたわけでね(ウクライナ、アメリカ、日本そしてEUは認めないけど)。
 さすが朝日。いままで確信犯の誤報が目立ったけど、こういうさりげない言い方で国民を誤った方向に導くわけか。。。ご本人も気づいてないようなんで、視聴者は気をつけなあかんな。

 ついでに思ったんやけど、北朝鮮問題が解決したら、いちばん困るのは朝日新聞でないかい? 理由? 来月の原原で詳しくお話しましょう。


 さあ、いよいよオバマの許しを得てプーチンと差しの交渉ということになります。

 北方領土問題ですな。。。日本にとっては。

 いま、チャンスですよ。相手は独裁者プーチンです。プーチンが決めたらだれも文句は言いません。こちらは安倍さん。5月6日、ソチで安倍さんがプーチンに提案した「8つの経済プロジェクト」が効いてます。プーチンは必ずのってきます。この延長線で領土問題も必然的に解決することになります。

 しかもアメリカの大統領はトランプ。神の采配では? 期待しすぎですか? ま、慌てず、成果ゼロを前提に交渉すればいいです。足下を見られるほど安倍さんは甘くないでしょう。

 プーチンの売り物は3つ。
 1つは北朝鮮への圧力。拉致問題進展・解決の鍵は中国ではなく、ロシアとアメリカが握ってます。
 2つめは、対中国包囲網。中国がいちばん信用していない国。それもアメリカとロシアです。毛沢東は核兵器を持つまでスターリンが怖くて怖くてしょうがなかったんです。いまでも怖いはず。なぜなら「戦争」する国だからです。「戦争しません」なんて国、バカにされるだけ。
 3つめは、資源・エネルギー。で、プーチンはこれをなんとかしたい。ルーブル安で実は輸出好調・内需拡大してるとはいえ、日本相手に儲けたいわなあ。

 今回の交渉が決裂して困るのはプーチンであって日本ではない。いつものようにワイドショーレベルのキャスター、コメンテーターは「経済だけ食い逃げされるんでないの?」と懸念してますが、プーチンの身になれば逆でしょ。「領土だけとられて終わりかいな?」では、さすがの独裁者もバッシングされるでしょ。

 双方、定期的に確認できるように「8つの経済プロジェクト」について進展を話し合う定期会合を提案したわけでね。いわば、お互いに「担保」をとる、つうこと。



 北方領土はロシアに戦後「実効支配」されてるわけでね。で、日本は領有権を主張してきました。
 学生時代、北方領土が見える納沙布岬に行きましたよ。歯舞諸島、色丹島、国後島、択捉島ね。EEZ(排他的経済水域)は北方領土と同じくロシア管理なのよ。



 この領土問題も竹島、尖閣同様、トラブルの芽をまき散らしたのはアメリカです。 

 さて、今回、いよいよ交渉というステップが踏めたのは、当のアメリカにとっては優先順位にしたがってのこと。あまりにも中国の野望が大きすぎましたな。で、その牙を完全に抜くにはロシアと組む。利害が一致したんで、日本がロシアと交渉できるつうこと。

 03年から、ロシアを激怒されることをアメリカはやりまくりましたからね。まずはグルジアのバラ革命、04年にウクライナのオレンジ革命、05年はキリギスのチューリップ革命。10年からはジャスミン革命でチュニジアを、その後、リビア、エジプト・・・いわゆる「アラブの春」つう名の氷河時代を北アフリカの住人にもたらしてしまいました。

 つまり、米ロのオセロゲームにアメリカが全面勝利つうこと。

 シリアも親米政権に転覆寸前でした。

 どこまで原油が欲しいんだろうね。ロックフェラーとロスチャイルドは? イラクのバース党の残党がおもに集まったIS(リーダーのアル・バグダディはユダヤ人)に武器を供与し、イスラエルで訓練したのもアメリカ。



 ドイツをはじめとしてEUと日本はアメリカに振り回されたけど、中国封じ込めを国策の最優先に転換したオバマは対ロ制裁をゆるめていきます。トランプは解除すんだろね。大きな敵を前にしたら小さな敵は味方にせんとね。


ウクライナの貿易の3割は対ロ向け。エネルギーはロシアに依存。「アメリカの代理戦争なんてまっぴらゴメン」とチョコレート屋のオヤジもようやく気づいたわけ。


対ロ戦闘態勢より対中包囲網をつくらんとあかんでしょ。



 わたし的には、いまさら北方領土かあ、という印象なんだよね。遅かったわなあ、やっぱり。

 「でも、領土でしょ?」
 「住んでるのは?」
 「ロシア人・・・」
 「いま、中国人が激増してます」

 ロシアは北方に住んでくれたら大判振る舞いするつう宣伝までしたけど応募者ゼロ。こんなとこ行くの、山間部の中国人しかいませんわな。
 返還されたら、ここに住んでる人たちの年金とか生活保護費をどう工面すんの? 全員ロシアに強制移民させるの? 少子高齢化で、100年後には中国人しか残っていないかも。。。

 「カニとかたくさんとれそうじゃん?」
 「んなもんロシア漁民から買えばいいじゃん」

 日本は少子高齢化です。農業も漁業もそうです。漁業の担い手がいればいいけど? いるの?

 「領土問題は経済問題を超越してます」
 「たしかにねえ」
 
 日本の経済水域は国土面積の10倍以上ですからね。日本の領土面積は38万平方キロ。世界第61位。EEZと領海を合わせると世界第6位の面積ですからね。
 中国領土の3倍です。道理で中国が沖縄を欲しがるはずです。

 日ソ共同宣言では「平和条約締結後に日本に引き渡す」と明記されたのは色丹島と歯舞群島だけです。しかも注意しなけければならないのは、「主権」ですよ。ロシアに主権があるまま引き渡す、つうこともありえますからね。

 なぜか? 日米安保条約・地位協定に問題点があるからね。



 主権は日本とロシア以外の第三国とか国連統治でもいいわけ。あるいは施政権を20年後まで担保する沖縄方式もあります。
 理由は2つ。
 1つは、日本の施政権が及ばなければ北方領土に米軍基地が出張ってくるリスクがない。ロシアはOKでしょ。
 もう1つは、日本のリスク回避です。奪われたモノは「武力」で奪い返す。それがロシアのお国柄です。返還はかえって「トラブルのタネ」を残しかねないのよ。

 「宝の持ち腐れ」つうことはロシアもわかってるわけ。どんなに宣伝したって中国人しか移民してくんないわけ。中東の難民たちも贅沢だから嫌がるだろうね。

 いっつも相場にふらふらしてるロシアの天然ガスと原油を日本は買い続けてやる。もち、アメリカのシェールオイルも買ってやる。原発は段階的に廃炉する。メタンハイドレート技術も確立しても活用しない。日本はリスク分散して常に「上得意先」になりきる。

 「日米安保条約を破棄すべし。でなきゃ返還しないよ」とまず言ってきますよ。ま、これはムリ。アメリカのスタンスは「実効支配されてたらなにもせんよ」つうもの。「尖閣諸島は安保の枠組の中」つうヒラリー国務長官(当時)の発言も実効支配されてないからでね。実効支配されたら終わり。それまでは自力で防衛せなあかんねん。当たり前っす。防衛は他人にお願いするもんじゃありません。

 それに、アメリカ政府は「尖閣諸島は日本の領土じゃー」とは一切言明してないの。二国間で話し合ってください、つうスタンスだもんね。

 けど、アメリカの戦後教育のおかげで「フリーライダー」が当然だと考えてる無知もいるし、「9条があるおかげで戦争に巻き込まれない」つう宗派のバカもいますからね。
 日本語読めないヤツにどうしてわかんのよ。米軍とアメリカの核があるからスターリンも毛沢東も手を出さなかっただけのこと。自衛隊の出動を許さないアメリカ政府と日本の国会議員たちもいましたしね。

 幸い、トランプは自分のことは自分でやれよ。カネがないから面倒みてらんないしぃ、つうスタンス。ならば、シビリアンも本気にならんとあかんわな。あくまでも専守防衛。その範囲をどうするか、なんてことはとっくにできてるわけでね。
 「平和平和」と唱えてれば平和が続くわけではないしね。「戦争しても勝てへんわ〜」つう武力に担保された国だけが平和を維持できるわけでね。

 野党の揚げ足取り党首より日本国民のほうが正しい判断をしてるんちゃう? 

 平和がいちばんコストがかかるわけ。資源国ほどアメリカに狙われてきた歴史をみれば一目瞭然ですよね。

 
 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「スタイルを持ち、身軽に暮らす いさぎよく、住む・着る・生きる」(石原左知子著・1,404円・SBクリエイティブ)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

博多原原の新入生を熱烈募集しまーーす。
[2017年12月13日]
[中島孝志の原理原則研究会]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年12月12日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

出雲原原の2日目もB級グルメが凄かった。。。
[2017年12月11日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年12月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!