カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2016年12月24日 (土)

入浴剤って美味しいのかな。。。

 イルクーツクつうと、シベリア。シベリアつうとバイカル湖(タタール語で「豊かな海」)。

 美しい湖でね。長さは東京--青森。ユーラシヤ大陸最大。深さ1742メートル、透明度40.5メートル。琵琶湖の47倍の大きさ。海ですな、海。

 ここは、ちゃっぷいちゃっぷい。ドントぽっちぃつうてね。

 シベリア・樺太からロシアの都市サンクトペテルブルクに行くには必ずここを通ります。

 江戸時代。

 1705年。大阪谷町出身の伝兵衛は漂流後、ピョートル大帝に拝謁。オランダで船大工見習いまで経験した好奇心旺盛な人物。伝兵衛にロシア語習得と日本語教授を命じられ、サンクトペテルブルクには日本語学校が設立されます。今日のサンクトペテルブルク大学日本語学科の原点ですね。

 1710年。紀州の材木船が漂着。生存者サニア(三右衛門)はサンクトペテルブルクで伝兵衛とともに日本語学校教師となります。

 1729年。薩摩の若潮丸がカムチャツカ漂着。乗員のソーザとゴンザが生き延び、1734年に女帝アンナ・ヨアノヴナと謁見。ゴンザは世界初の露日辞典『新スラブ・日本語辞典』を編纂します。1754年にイルクーツクに移転するまで日本語学校を支えます。

 1783年。伊勢の千石船神昌丸は江戸へ向かう途上、駿河灘で暴風雨に遭遇、太平洋を漂流してアリューシャン列島アムチトカ島に漂着。
 船頭は緒方拳主演で映画『おろしあ国酔夢譚』(井上靖原作)にもなった大黒屋光太夫。
 カムチャツカからシベリア総督のいるイルクーツクに入ります。そしてサンクトペテルブルクでエカテリーナ2世と面会。再三の帰国嘆願を受け入れられ、1792年、使節ラックスマンと根室に帰国。
 時の老中は松平定信。10年ぶりに帰国。金30枚を拝領したそうです。

 1793年。石巻から江戸に向かう途中で遭難したのが若宮丸。アリューシャン列島に漂着。やっぱりイルクーツクを経てサンクトペテルブルクで皇帝アレクサンドル1世に謁見。帰国を希望した津太夫らは、レザノフとともにデンマーク、英国ファルマス、カナリア諸島、ブラジルを経てホーン岬を廻航、サンドイッチ諸島、カムチャツカから長崎に帰着。日本人初の世界一周です。
 取り調べは遠山景晋(かげくに)が担当します。金さんのオヤジですな。
 帰国後、仙台藩は大槻玄沢に指示して事情を聴取させます。ロシア正教会に改宗した乗組員は帰国できなかったわけで、彼らもキリシタンという疑いをもたれる中、絵が得意な男が世界中の動物の絵を描いてます。
 
 無学の漂流民にもかかわらず、時の皇帝が謁見してるんですから、凄いモノです。狙いは日本との貿易です。つまり、ロシアという国は執念を持って交易を実現しようとしてたわけです。

 いまのプーチンも同じですよ。

 あまりにも寒いんで、ロシア人の寿命は短い。アル中で亡くなる人も多い。外出するときはウォッカ飲まんと凍死しますからね。ホントに。体内でガソリン燃やさんとあかんわけ。

 それにしても、このイルクーツクで入浴剤飲んで50人超が死亡とはね。ロシア人て凄いでんなあ。入浴剤まで飲んでたとはねえ。驚きですな。

 安くて酔える。酔えればなんでもいい。ラリれるんならシンナーでもトルエンでもいい、つうジャンキーと同じでしょうな。

 入浴剤ねえ。風呂ん中で少し飲んでみたけど酔わんなあ(良い子はしちゃあかんよ)。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年12月12日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

出雲原原の2日目もB級グルメが凄かった。。。
[2017年12月11日]
[中島孝志の原理原則研究会]

出雲原原の二次会はB級グルメ三昧だった。。。
[2017年12月10日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年12月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!