カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年03月01日 (水)

北朝鮮殲滅作戦いよいよ始まります。。。

 トランプの発言をいくつか。。。

 「北朝鮮の核ミサイル開発の脅威は?」
 「中国が望めば電話1本で解決できる」(1月3日)

 「金正恩との直接会談は?」
 「けっしてノーとは言わないが遅すぎるかも」(2月23日)
 
 一昨日述べた通り、ついてないヤツってすべてが裏目裏目に出るわけでね。バカラなら逆張りしたら大勝ちできまっせ。。。

 で、重大問題がこれ。。。

 2月24日、米国務省は一転、北朝鮮幹部のビザ発給を不許可。これでNYCで予定されてた「協議」が破談となりました。全米外交政策協議会(NCAFP)のドナルド・ザゴリアは「ビザ発給されるっしょ」と甘い見通しを発表してたのに、ひっくり返されてしまいました。

 もち、トランプだからよ。。。

 トランプ当選以来、北は何度も米側に接触、交渉、懇願してたのよ。それがミサイルと暗殺でパー。

 で、いよいよ始まります。なにが? 金正恩排除作戦。いまとなっては、金正恩が金正男暗殺を命令したかどうかなんてどうでもいいこと。北のトラブルはすべて金正恩の責任にさせちゃうことに決めてるわけ。
 「何から何まで首領様の命令でした・・・」
 これで金王朝が崩壊しても、生き残った将軍や高官は居座れるわけ。



 さて、金王朝殲滅、金政権転覆には3つの方法があります。

1内乱による政権転覆。
2暗殺によるトップ交代。
3戦争敗北による体制転換。

 「戦争を内乱に転化せよ!」とはレーニンの革命スローガンとしてあまりにも有名ですよね。ロシア革命がそうでした。
 暗殺による政権転覆は大昔からあります。韓国パクチョンヒの軍事政権転覆もチリのアジェンデ民主政権転覆もそうでした。

 戦争敗北による体制転換はわが国が典型かな。国体は護持されましたけど、武装解除されて、占領されてしまいました。以来、その影響は続いてますもんね。

 もち、アメリカ、中国そしてロシアも含めて、それぞれが、それぞれの国益を守るために、すべてのプラン&オペを同時展開してますよ。マレーシアの捜査なんてはなから期待してませんもの。

 警察よりも軍隊でしょ。相手はちんぴらではなく、核とミサイルを持った愚連隊なんだから。

 で、アメリカはどうするかだけ述べておきます。ほかについては原原で詳細にお話ししましょう。



 この3月から「米韓合同演習」が始まります。これが北は怖くて怖くてしょうがないのよ。「やめないとミサイル飛びます飛びます」つう坂上二郎(古いねどうも)みたいなギャグ飛ばしちゃうわけね。
 なんたってこの演習は1-2カ月も続きます。で、戦略爆撃機B1B、F22ステルス戦闘機、F35Bステルス戦闘機等が続々と嘉手納に集結してまんねん。空母ロナルド・レーガンとカールビンソン、それにイージス艦と原子力潜水艦まで集まってきてまんねん。

 北朝鮮5個分をかーるく殲滅できる軍事力ですよ。マティスはすでに「先制攻撃法案」を上程済みでっから、あとは「やる」だけっしょ。

 上陸演習は奇数年に大隊級、偶数年は旅団級(もっと規模が大きい)を投入してきましたけど、今回は特別に旅団級にしました。空母は連続参加です。しかも中国が大反対してるTHAADを想定した演習も展開するらしいっす。

 「約束」通り、北はミサイル発射をするでしょうけど、これが「先制攻撃」の大義名分になりかねないわけよ。相手はチキンのオバマではありません。トランプです。

 つうことは・・・「まったく読めない」。

 ミサイル発射を待ちかまえてると思うな。THAADの実験にもなりますからね。
 で、演習が本番に切り替わったら? はい、終わりっす。金王朝の終焉っす。

 それを承知で金正恩はケンカ売れますかね。今回の判断だけは命懸けっすよ。トランプに交渉するもなにも、北朝鮮外交団を入国拒否しとるわけでとりつく島があらへんのよ。

 で、「2つの中国」を引っ込めること。38度線以北には米軍を進駐させないこと。つまり、地上部隊は侵攻させないこと。この2つで習近平はトランプと折り合ったはず。その確認のために外交トップの楊国務委員(副首相級)を派遣したわけ。

 金王朝崩壊のカウントダウンはもう始まってるのよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「習近平は必ず金正恩を殺す 後編」(近藤大介著・1620円・講談社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「新潟酒の陣」もいいけど「横浜カクテルのJIN」があんじゃん!
[2017年06月29日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

「なぜユダヤ人は大金持ちになれるのか手にとるようにわかる本」
[2017年06月28日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

「安倍降ろし」に見る木っ端役人たちの奸計
[2017年06月27日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年3月  >>

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

180度方向転換するトランプ政権。弾劾危機が世界恐慌のきっかけとなる? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発するのはトランプ。日本経済はどうなるか? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかりです。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!