カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年03月06日 (月)

捨て駒という韓国の宿命・・・。

 マレーシアが北朝鮮カン・チョル大使追放の挙に出ました。まあ、こんだけコケにされたら当然ですわな。

 ホントはあの大使も亡命したいだろうね。けど、家族残して亡命できんわな。せいぜい処刑されんよう懸命に金正恩を褒め称えること。「北朝鮮中傷のために外部勢力と結託している」とでも言わんと母国到着日が命日になっちゃうかんね。

 どういうわけか、北に限らず、朝鮮民族には「謝罪」という言葉がないのかね。「謝ったら負け」つう文化なんだろね。
 で、だれもがわかるような子供じみた言い訳を繰り返します。これが個人だけでなく国家レベルでも同じだと、今回、改めて「なるほどなあ」と思い知りました。

 「儒教」の害毒ですな。上下関係でしかモノを見られない。常に縦関係なので、自分より目上の人とか国が言うことはなんでも正しくて、目下の人や国が言うことは正しくない、と考えます。早い話が、マレーシアは目下に見られた、つうこと。

 では、経済力で圧倒的に格差を見せつけてる日本はどうか?

 残念ながら、これも目下なのよ。「日本は弟。私たちはお兄さんです」とどっかで聞かされたことあるでしょ。大昔の一時期を切り取って、さらに信憑性ゼロの「歴史をつくること」は北も南もお上手。

 ただし、わが国を「目上」と見る瞬間もあることはあります。お気づきと思いますが、「おカネ」を受け取る時だけ。で、受け取った瞬間、「もらってやった」と変わります。この豹変ぶりは中国相手に2000年間朝貢してきた歴史のなせるわざで堂に入っています。


米サイバー攻撃はダントツ世界一です。北ミサイルの「誤爆」を仕掛けると思うね。

 いよいよ米軍が本格的に動きそうですな。もちろん、難民が鴨緑江を渡ってきたら困るから、中国は「待った」をかけてます。すでに北朝鮮難民保護の「ゲットー」を準備してるんだけどね。衛星で監視されてるから銃撃するわけにもいかんしのー。

 鴨緑江に瀋陽軍区を出動させたいけど、北とは民族が一緒で親戚も多い。ヘタすると瀋陽軍区+難民が暴動を起こしたり、独立しかねない。北の核とミサイルを瀋陽軍区に押さえられたら習近平は失脚必至。

 最強を誇る瀋陽軍区ではなく、ほかの軍を充てるしかない。

 いままで内密にしてたけど、THAADの準備は来月中に完了。「年末までに」つう説明ははるかに前倒しになりそうですね。野党が政権をとりそうなんでアメリカも急いでるんでしょう。

 もち、THAADのXバンドレーダーは中国のミサイルも迎撃できます。



 北のミサイルも中国のミサイルも日本の領土領海領空を飛ぶことはありません。考えればわかるっしょ。ワシントン、ロス、ニューヨークへの最短距離は北極海、シベリアそしてカナダ上空ルートですからね。

 先週お話したように、中国はもっともコストがかからない方法で金正恩排除に臨みます。金正恩暗殺もしくはクーデターで、今年も立て続けに行動してます。ただし失敗の連続。秘密警察(国家安全保衛部)のトップ金元弘(キンウォンホン)が解任され、金正男暗殺がそれです。

 クーデター失敗の理由は中国側からのリークです。アンチ習近平勢力の裏切りです。トランプはきりきりしてると思いますよ。

 「いつまで待たせるんや。わいはオバマちゃうで」
 「もう少し待っておくなはれ」
 「ワヤになったらどないなるかわかっとるやろな」
 「わかっとりま」

 38度線を超えて難民が韓国になだれ込んだら、日本の備蓄米と備蓄原油を供出するしかありません。韓国には70日分しかありませんからね。

 そういうことも含めて、安倍政権と打ち合わせなあかんわけ。で、国務長官は来日、中韓訪問となります。たぶん演習視察つう名目でマティスもこっそり来ると思うな。



 ついでだから言うけど、韓国が北朝鮮からミサイル攻撃されてもTHAADは機能しないと思うよ。役に立たないわけではなくて、迎撃できてもしないのよ。なぜか? だって迎撃するより、「最初に攻撃したのは北朝鮮のほうだ! わが方は防衛のために反撃したにすぎない」と世界中に証拠を見せつけられるでしょ。だから。。。

 しかたない? しかたないね。「政略」って、そういうことだもん。金正恩はFDR、ヒトラー、スターリン、毛沢東以上の大悪党だ、つう宣伝工作はすでに始まってます。そういうわけで、平昌オリンピックは中止となります。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「死んでたまるか 自伝エッセイ」(団鬼六著・1,620円・講談社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「金沢・福井・永平寺ツアー」その3
[2017年10月22日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その2
[2017年10月21日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年10月20日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年3月  >>

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!