カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年04月04日 (火)

さあ、どっち? トランプが残したいのはソウルか東京か?

 
 ようやくベスト50にランクイン! 大好評発売中です。

 北朝鮮がいよいよ核実験するんだとか。で、米中はトップ会談の準備。とはいっても、トランプの腹はすでに決まっとるわけですよ。

「中国は北を説得する気がさらさらない。中国からワイロをたっぷりもらってたクリントンはしかたないとしても、あのチキン・オバマはバカだった」

 習近平の腹の中は・・・。
「ソウルが火の海になればTHAAD配備は中止。いまさら配備しても遅いかんね。ソウル爆撃はアメリカの責任だ。米韓相互防衛条約を破棄するよう、新大統領を脅かしてやろう」

 米中は戦争しない。これはお互いの国益。しかし、トランプはロシアを引っ張り込んで中国を孤立化させて経済的に追い込みたい。それがままならないのは中国ロビーの賜でしょうね。
 




 さて、日本です。ワイドショーだけが悦ぶ籠池問題。野党はずっとこれで安倍政権を攻撃したい。国民はすでに欠伸が出てるのにね。

 もし安倍さんが政権を放り出したらどうすんだろ? 北朝鮮の核実験、ミサイル攻撃、やらずぶったくりの韓国に対して、どんなアイデアがあるんでしょうか? 小沢ルートで習近平に懇願する? 上納金をたっぷりふんだくられるでしょうね。

 トランプと調整できるんでしょうか。自衛隊を動かせるんでしょうか。なによりも核基地、ミサイル基地に米軍が先制攻撃したらなんと言うんでしょうか? 米軍が悪い? 「だから最低でも県外」とまたまた言うんでしょうか? 「なら、おまえらだけで対処しろよ」とトランプに言われたらどうすんでしょう?

 何一つとってもワイドショーレベルの政治音痴集団。だから国民は信用してない。かつての社会党ですよ。政権放り出されていちばん困るのは民進党のレンポーさんでしょ。



 ところで、北というより金正恩は核開発を続けなければ王朝に未来はない、と確信しています。フセインにもカダフィにもなりたくないわけです。だからといって、のさばらせたらどこまでつけあがるかわかりません。
 トランプは交渉にはのらないでしょう。オバマの二の舞ですからね。トランプは北を攻撃するはずです。
 問題はかつての朝鮮戦争のように中国がしゃしゃり出てくる懸念だけは避けたい。けど、当時はスターリンの命令でいやいや毛沢東は朝鮮戦争に介入したわけでね。その証拠に、スターリンが死んだと同時にさっさと止めました。

 毛沢東はスターリンが本当に怖かったんです。

 以前述べたように、米軍が38度線を超えたり、北朝鮮に基地を置くようなことさえしなければ習近平は金王朝殲滅はウエルカムのはずです。北から牙さえ抜いてしまえば、トランプは韓国から米軍を引き揚げます。

 そして台湾に在韓米軍を移動させるのではないか、と思うのです。もち、中国は反対するでしょうけどね。
 
 北は、中国が半島をアメリカサイドで統一されては困るから、最後の最後は守ってくれるはずだ、と考えています。これが北の「政略」です。そして最低レベルの「武器」の開発にすべての精力を傾けてきました。

 こんなものは大国の都合でいくらでも吹っ飛んでしまうのです。

「米軍が攻撃するならソウルを火の海にしてやるぞ!」
「東京にミサイルと生物化学兵器を落としてやるぞ!」

 北がこのようにトランプを脅迫したとしても、「やってみなはれ。北朝鮮は猫の子一匹生きてまへんで」とトランプに言われるだけでしょうね。

 トランプにとっての問題は「ソウルか東京か」という究極の選択を問われることです。100%ソウルが捨てられるのでは? なぜなら、だれが大統領になっても反米政権になりそうですもんね。経済もガタガタ。国際間の約束は守らない。骨の髄まで恨み節・・・ちょうど良かった、とすら思っているかもしれませんよ。

 トランプにしても習近平にしても、人命は地球より重たい、などと考えるアマちゃんではありません。「国益極大化」が常に優先順位の筆頭なんですから。

 トランプの政略はなにか? 中国の政略はなにか? そして、日本の政略はなにか? 日本人は森友問題など飽き飽きしてるんですよ。首相の政略はなんなのか、に重大な関心があるんです。平和ボケしてる野党のセンセ方には呆れている、と思いますけどね。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「総理 後編」(山口敬之著・1,728円・幻冬舎)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「金沢・福井・永平寺ツアー」その4
[2017年10月23日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その3
[2017年10月22日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その2
[2017年10月21日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年4月  >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!