カテゴリー:中島孝志のテレビっ子バンザイ!

2017年04月06日 (木)

テレ朝のジジババドラマ「やすらぎの郷」

 新刊がアマゾンキンドルPOD部門で1位となりました。と版元からの報告がありました。パチパチパチ、いえ、そうでもないっすよ。。。

  
大好評です。トランポノミクスの影響から、金正男暗殺の真相、金正恩の運命、そして北朝鮮と韓国、中国の近接未来までカバーしております。





 朝刊のベタ記事「トランプ米大統領 米国家安全保障会議を再編。側近バノンをメンバーから外す。軍人出身マクマスター大統領補佐官が取り仕切る」。
 どうしてベタ記事なの? すべての政略は人事でわかるのよ。このメッセージは北と中国にはよっく伝わっとるはず。米中会談直前。タイミング図ってましたなー。やはりトランプは食えませんな。バカのフリ、野蛮人のフリしてるだけ。


 やすらぎの郷なんて、どっかの霊園かと思いましたよ。
 倉本聰さんの脚本で春の新ドラマだとか。舞台はってえと、昔、テレビや映画で活躍した俳優とか脚本家とかが集まる老人ホームなんだと。

 う〜ん。倉本さんにしてからが82歳。で、主演は石坂浩二さん72歳。浅丘ルリ子さん76歳、脇を加賀まりこさん73歳、冨士眞奈美さん79歳・・・等々ががっしり支えてます。


『岸辺のアルバム』」の八千草薫さんはいい女でしたよねーー。女性はやっぱ40歳過ぎてからかなあ。あまり過ぎてもなんだけどさーー。。。

 こんだけ芸達者が揃ったら鬼に金棒やろね。以前、義兄が『北辰斜めにさすところ』つう、旧制高校の球児たちを描いた映画をプロデュースしたときも、「映画界のジジババを総動員するんかいな」と思いましたけど、今回もそんな感じ。

 4月3日から始まってます。録画して見てるんだけどね、これがいいのよ。

 いまどき、帯ドラマなんて金はかかるし、視聴者はいないしってんで、スポンサーが嫌がるわけ。火サスや土サスが消えたのもそういうこと。けど、ワイドショーなら安いタレントに御用文化人使えば5分の1でできちゃう。視聴率だって変わんない。

 やめたくもなるわなあ。

 スポンサー集めやすいと思うねえ。。。ターゲティングが鮮明だもん。サプリとか健康食品とか、まあ、そうだわなあつうスポンサーばっかし。そのうち特養ホームとか葬祭業に大人用おむつとかシニアの見合いビジネスとか、ありとあらゆるシルバー産業が集まってくるんちゃう。

 結果、昼帯はどこもかしこもジジババドラマのオンパ。で、韓流ドラマが吹っ飛んじゃったりして。

 それにしても、「巧いなあ」と感心することしきり。絵面がついつい地味になっちゃうでしょ。くすんでるんだもの。だから若い頃の写真を必ずインサートしてんの。これがまた美しいんですよ。いかしてるわけ。当時、日本を代表する銀幕スタア。美男美女たちですからね。

 私ゃ浅丘ルリ子さんの大ファンでいまでも鞄には浅丘ルリ子さんと芦川いずみさん(引退してるから夫の藤竜也さんが出演してんの)のブロマイド入れてます。
 山本圭さんも雰囲気あるなあ。思い出すなあ、『戦争と人間』の標耕平(しめぎ・こうへい)役。『若者たち』でっせーーー。♪きみのゆくみちはーーー♪でっせ。。。

 「近藤〜です!」の正臣さんもご登場。やっぱ若い頃の写真がインサート。『柔道一直線』では足の指でピアノ弾いてたなあ。真似して小学校のビアの壊して怒られたなあ。
 そうそう、板前姿で島田陽子さんといちゃいちゃしてたなあ。プンプン。和服姿の島田陽子さんはお美しい。まあ女優の中身は男ですからね。地はちがうんでしょうが。

 気づきました。ジジババを見てんだけど、若い頃の彼ら彼女たちも、そしていまの自分と昔の自分を同期してるわけ。脳はよくできてまんな。錯覚と誤解の中で、「年取ったなあ。ジジババになったなあ」と自分のことは棚に上げてしゃべってる自分にビックリ。

 おまえもやないかい! 現在を見ながら過去を振り返り、同時に近接未来を透視してるわけね。

 いままでドラマつうと、F1(20歳から34歳までの女性)M1(同じく男性)だけが対象だったでしょ。月9なんて典型だよね。で、CXは大コケ。

 製作者、出演者と同世代の視聴者がどれだけ見るかわかりません。病院で病院ドラマをだれも見ないのと同じように、まわりがシニアばかりなのにあえて見る人はいないかも。けど、逆に還暦以上、団塊の世代以前つう半端なシニアが見るかも。

 いずれにしても、テレビなんてスポンサーさえついてりゃいいわけ。こんだけ商売対象が明確だと効果はあると思う。ジジババ向けの通販はやっぱテッパンだもの。

 意外と成功すると思う。これ、F6M6の世界でしょ。もしかすっと、テレビドラマ界に「ジジババ革命」を巻き起こすかもしんないよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「新版 本屋の窓からのぞいた京都 恵文社一乗寺店の京都案内」(恵文社一乗寺店編著・1,620円・マイナビ)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

バノン辞任(失脚)でトランプ政権は強くなる!
[2017年08月21日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

来週末は「ぴよこちゃん倶楽部」ですよーー!
[2017年08月20日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

じゅんいちダビッドソンさんのイベントです。。。
[2017年08月19日]
[中島孝志の演劇バンザイ!]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年4月  >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!