カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年05月06日 (土)

米海軍最新鋭駆逐艦が佐世保にクルゥーー!

 「長生きするから結婚して!」
 これ、年の離れたカノジョに中年お笑い芸人がプロポーズしたときの決め言葉らしいですけど、「早く死ぬから結婚して!」「遺産はぜんぶ君に遺すよう信託しとくから」の間違いじゃね? ま、カノジョも言えんわな。。。


 さて、鎌倉に行く予定があまりにも快晴なので、ついつい横須賀まで足をのばしてしまいました。あまり来る機会もないんだよね。テイストが合わなくて。かつて米兵が闊歩してたのがホンモクで、いまだに闊歩してるのがスカなわけ。

 「軍艦クルーズ」つう人気イベントを毎日やってんだよね。海上自衛隊と米海軍を船で見て回るつうんだけど。これについてはいずれ。


潜水艦はただいまドック入り。

向こうに見えるのが軍艦。


 北朝鮮つうか中国を牽制するためにカールビンソンが日本海に入りましたけど、海自も日本領海をパト中です。あまり気づかないけど潜水艦が活躍してますよ。

 「北朝鮮との衝突は?」と連日メディアがあおってますけど、何度も書いてる通り、北にとっては衝突=終焉を意味するわけですから、トランプを怒らせんよう突っ張ってみせてるのが北なんです。「田植えシーズンなんでちょっとタンマ」なんて緩いわなあ。とてもとても戦争モードなんぞではありまへん。一方、トランプは「国内情勢」を見ながらタイミングを図ってます。やるもよし、やらぬもよし。中国が疲弊すればするだけ得するしぃ。

 中国の足下を見てとったプーチンは北朝鮮を「駒」として手に入れました。ここらへん、火事場泥棒をさせたらロシアほど巧い国はありませんな。


金正恩のやっとること、めだか師匠のギャグと同じやないか。

 米海軍肝いりの「ズムウォルト級ミサイル駆逐艦」がいよいよ佐世保に就航します。ジャパネット本社に買い物行くんとちゃうで。佐世保港や。


30隻つくる予定が余りにも高価なので3隻のみ。

ステルス艦です。

 カールビンソンにしてもズムウォルトにしても敵にしたくないのが海自です。原潜も空母もアメリカの反対で持てませんが、旧海軍の技術力、三菱、川重、IHIが踏ん張ってつくったのが「そうりゅう型潜水艦」です。世界最強。


そうりゅう型潜水艦「せきりゅう」です。

 海軍力でなにが怖いかといって、やはり潜水艦。映画『レッドオクトーバー』でもおわかりの通り。潜水艦はその国の最高軍事技術の粋ですから、ひと目見ればすべてわかっちゃう。

 エネルギーはスターリング発電機、燃料電池、そしてリチウム電池。エンジン音が静かすぎてソナーシステム、レーダーでもキャッチできません。魚雷は時速130キロ。時速5400キロ(水中音速)まで可能とされています。ほぼマッハ級です。
 なんといっても凄いのは900メートルという潜水能力です。米海軍でも500-600メートルがやっと。中国の潜水艦にいたっては水深230メートルで圧壊します。参考までに北朝鮮も潜水艦がありますけど、あれ、浮きっぱなし。潜水不可なのよ。あの国、パレードではミサイルのガワだけ隣の北部戦区からレンタルするわ、見栄ばかりの「張り子の虎さん国家」なのよね。

 ここだけの話。深海では潜水艦同士のバトルは起きてるはず。中国は何隻も沈められてると思うな。海自の潜水艦にね。中国は恥だから公表できない。
 それがわかってるから海自は水面下でやりたい放題だと思うな。「そうりゅう型」に狙われたら逃げられませんよ。米海軍もこれだけは相手にしたくないんだから。

 そうそう、この「そうりゅう型潜水艦(ごうりゅう)」の購入を昨年オーストラリアは断りました。最後の最後になってフランスに乗り換えたわけ。で、当時(16年4月)、いつものことですけど、メディアは「初の大型武器輸出として日本が目指した潜水艦受注は幻に終わった」「フランスは現地事情に通じた人材を投入して勝負をひっくり返した(ロイター電)」と偉そうに報じてました。

 これ、事情をなーんも知らずに書いたんでしょう。

 止めたのはアメリカですよ。なぜか? 習近平の弟が暗躍してたからねえ。習近平の弟。笑えますよ。これでピンと来た人はさすが。「通勤快読」を聴く必要はありません。詳細は週明けの名古屋原原からお話しましょう。ま、二次会の話題かな。忘れてたら聞いてね・・・。

 そうそう、紫陽花の鎌倉もいいけど、軍艦の横須賀もいいっすよ。ツアーやりまひょか。根津神社の躑躅祭は今日で終わりですから。北朝鮮のミサイルが飛んでくる? んなことできるわけありません。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「光をくれた人」
[2017年05月29日]
[中島孝志の不良映画日記]

想像力、連想力、妄想力こそインテリジェンスの源泉です。。。
[2017年05月28日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
[2017年05月27日]
[中島孝志の不良映画日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年5月  

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

電子書籍とPODがアマゾンKindle1位となり、このたび大幅加筆して単行本となりました。さて、180度方向転換するトランプ政権。弾劾危機が世界恐慌のきっかけとなる? いいえ、ユダヤ左派最後のあがきです。戦争=金王朝崩壊の北朝鮮を挑発するのはトランプなんです。なにもできない中国はトランプにいびられ続けるでしょう。日本経済はどうなるか? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかりです。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!