カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2017年08月06日 (日)

宝塚星組「阿弖流為(アテルイ)」。。。

 忘れないうちに・・・本日の日経新聞ですが、知らないで書いてるのか、知ってて書いてるのかよーわからんですが、ミスリード情報が大きく報道されてましたんで、ひと言。


この数字まったく触れてません。なんでだろ?

 「征夷大将軍」つう言葉を聞いたことがあると思うけど。。。「誠意大将軍」じゃないよ。

 最近、ダンスの巧い参院議員と歯科医議員ならぬ市会議員の不倫とか、モルモン教徒とその主治医との不倫疑惑なんぞが立て続けに話題になっとりまして。
 そういえば、サオの安売り男が嫁さんと義父に「誠意大将軍!」と懸命に弁解しとったのーー。

 モルモン教徒の女優さん。同じクルマ乗ってますから、町内ですれ違うとわかります。

 噂されてる先生ですけど、大陸か台湾がわからんけど、中国人2世か3世じゃないかなあ。お父様、中国関係の学校の校長さんかなんかじゃなかった? その縁なんでしょうか、医療ビジネスのだけじゃなく、託児所とか中国語学校とか手広く経営してたんじゃなかったかなあ。

 近くにポルシェ3台の邸宅がありましてね(私でも2台っす)、だれが住んどるんやろーーと不思議だったんすよ。今どき、医師でこんだけ景気のいい人も少ないからね。
 
 よーわからんけど。。。実は、ガキんちょと幼稚園が同じでしてね。5人兄弟でしょ、あそこ。優秀ですよ。

 はっきり言って、モルモン女優のご主人のほうがはるかにカッコいいよね。イケメンつうレベルを超えてます。不倫とかなんとか考えられんな。踊りの巧い参院議員とはぜんぜんちゃうよ。


 さて、アテルイ。宝塚は宝塚でも、星組は星組でも、礼真琴さん主演です。星組2番手スターですよね。人気あるわなあ。

 780年の伊治呰麻呂(これはるのあざまろ)の乱から、桓武天皇は蝦夷と30年戦争に突入します。で、平安遷都直前の789年、桓武天皇は紀古佐美(きのこさみ)を大将軍として軍隊を派遣。

 蝦夷をまとめて立ちはだかったのが蝦夷軍総大将アテルイ。


劇団☆新感線(02年新橋演舞場公演)では主演市川染五郎さん。15年には歌舞伎『阿弖流為』上演。

 紀古佐美率いる朝廷軍1万、アテルイ軍1000。結果はアテルイの大勝利。


宝塚星組ミュージカル『阿弖流為―ATERUI―』(梅田芸術劇場シアター・ドラマシティと日本青年館)は大ヒット上演中です。

 アテルイの拠点は胆沢(奥州市)。嘗めてかかる朝廷軍相手に徹底したゲリラ戦を展開。朝廷軍の戦力を少しずつ削ぎ落とし、最終的には包囲しちゃう。

 作戦勝ちですよ。弱者の戦略ですね。敵を包囲した段階で戦力差は影響なくなります。

 紀古佐美大敗北で、桓武天皇の白羽の矢が立ったのが坂上田村麻呂です。

 彼の賢い処は大規模軍にもかかわらず、正面衝突を避け、分断作戦をとります。慎重な性格であることがわかりますね。そして蝦夷を懐柔にかかります。

 そして、胆沢を本拠とするはアテルイに対して、胆沢城を築き上げるわけ。

 外堀も内堀も埋められたアテルイは戦意喪失したと思うね。戦ったところで仲間を失うだけだもん。まさしく戦わずして勝つ「孫子の兵法」ですわな。

 802年、アテルイは坂上田村麻呂に降伏します。アテルイを連れて平安京に戻ると、貴族たちはアテルイ処刑を宣告。田村麻呂だけが反対しますが、桓武天皇も蝦夷を人間扱いしない。

 ここらへん、大東亜戦争をめぐる人種差別主義者ルーズベルトと、対独戦のために展開した日本包囲網に反対したフーバーとの違いがあります。橋本龍太郎を日本版フーバーと揶揄する勢力がいますが、これは大東亜戦争を正統化したい勢力のシナリオです。ようやくフーバーの著書がアメリカで出版されましたけど、彼ほど未来を透視していた政治家はいませんよ。

 田村麻呂は「蝦夷のことは蝦夷で統治すべし」という考えでした。これ、アレクサンドロス大王もチンギス・ハーンも同じ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「金沢・福井・永平寺ツアー」その4
[2017年10月23日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その3
[2017年10月22日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その2
[2017年10月21日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年8月  >>

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!