カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年10月02日 (月)

「解散は買いだ!」は今回も成立するの?

 「自民党をぶっこわす!」と叫んだのは小泉さんでしたが、「民進党をぶっこわす!」と言ってないのに、あっという間に自然解党。小池さんの功績は大きいっすね。

 民進の前原さんは「厚化粧の大年増」にひれ伏しても当選したい!つうわけでしょ。小池さんは、「難民政治家」たちに踏み絵させて(「改憲賛成」「消費税凍結」「反原発」)の分別処理。これで民進左派は全滅。辻元某など風前の灯火。

 これ正解。

 あの党って内ゲバ体質だもんね。当選してから、やいのやいの言われても困りますわな。いまのうちに去勢しとかなあかん。



 カンチョクトや上島竜平さんのような首相や大臣、党の要職経験者は「希望の党」の公認はムリ。松原さんみたいに除名されても寄らば大樹、つう目ざといセンセもいるけどさ。こんなもん入れたら評判悪くなるんちゃう。

 あれ、この人、民進じゃね? この人も? ウリは「フレッシュさ」と「パフォーマンス」だけなんだから、手垢のついたセコハン入れたら風は吹かんわな。

 「民進候補者は全員入れろ!」
 「地方議員は使い捨てするつもりか!」

 当然でしょ。使い捨てです。つうか、そもそも使いたくない。その価値ないもん。あのね、「希望の党」つうのは都市優先・地方切り捨てなの。小池さんが都知事だからではなく、そもそも都市型政党なの。もち、予算配分比率も大幅に都市へと振り向けます。で、地方は捨てます。

 そこが自民と大違い。いままで地方は優遇されすぎました。自民は低コスパだけど得票のためにやむなく「生活保護装置」を取り付けてたんです。

 さて、「希望の党」って政策は自民の別働隊。資金と組織は民進を利用したい。つまり、ええとこ取りのパッチワーク政党なんだよね。で、民進色だけは薄めたい。有権者はあの3年半、どんだけ政治、経済、外交、安保をめちゃくちゃにされたか、まだ覚えてますからね。

 小池さんに勝たせてもいいけど、あの連中が大臣になるのだけはやめておくなはれ。それじゃ「絶望の党」でっせ。

 さてと、御用メディアしか知らん人は、小池さんと民進の合流は突然で驚きかもしれんけど、綿密な打ち合わせの結果ですよ。この2人、日本新党の同期。政権交代したら、前原さんだけは「副総理格」で協力してもらいたいんで、あえて「無所属」で出馬してもらうわけ。



 安倍解散はアメリカの要請です。プーチン提案をトランプが拒否し、いざ戦争となった時、日本政府は集団的自衛権を発動するかどうか。今回の総選挙で国民の判断を問うつうこと。トランプ来日から逆算して総選挙を決めた。

 それ以外の理由は二の次三の次。自民党の村上誠一郎センセ(元行政改革担当相)はTBSの誘導に引っかかって、「トップとして判断を大きく読み違えた。相手の準備ができてないと考えたのは王道ではない。そこをうまく切り返された」と応えてましたけど、このセンセが言うような些末な動機じゃありませんよ。

 政権を棒に振るにはもったいない。けど、やるっきゃないのよ。

 でもさ、御用メディアに洗脳されてる有権者ってどんだけいるんだろ。田舎の人はしたたかだから、自分の生活が良くなるかどうかきっちり秤にかけるよね。

 いつも騙されるのは都会の有権者ばっか。ブームに乗っては「騙された!」「こんなはずじゃなかった!」と後悔するばかり。いつになったら自分の頭で考えるんだか。

 さすがに小池ブームは賞味期限切れだと思うけどね、私ゃ。まだ切れてない? そうかなあ。

 そうそう、都議会初の定例会、いつ始まったかご存じ? 9月20日です。まだ10日しか経ってないの。なのに、もう国政に鞍替え? 都民はとんとこバカにされてんだけど、気づいてないみたい。小池さんとしちゃ、どうせブームなんだからいまのうちに高く売らなきゃ損だわな。



 さてさて、肝心の「選挙と株価の関係」ですけどね。メディアは過去のデータから「11勝1敗」。つまり、「解散は買い!」と吹聴してます。
 けど先日、お話したように、株価ってのは上がるには上がる理屈、下がるには下がる理屈があんのよね。パターンで決めつけちゃあかんわけ。





 召集から解散そして選挙活動、投票、開票、結果発表・・・という段取りですよね。それぞれのタイミングで株価の上昇率、下落率は変わります。で、「ここ何回かの解散総選挙ではこうでした」つうデータを各社がまとめてるわけね。

 へえ、なんだかんだ言いながら、投票までは上昇? で、開票後は下落に転じてるわけ? ざっくり見るとそうなってますけど、「理屈」があるわけよ。

 選挙があろうとなかろうと、日本の株価を左右するのはだれ? 外国人ですね。動かしてるボリュームで60%。金額で30%くらいでしょ。外国人が買えば上がるし、売れば下がる。

 では、彼らはいつ買うか? いつ売るか? 儲かる時に買い、儲かる時に売る。そりゃそうだわな。
 では、いつ儲かるの? 上がり始める前に買い、上がりきった時に売る。下がり始める時に売り、下がりきった時に買う。

 ですよね?

 政権与党ってのは「打ち出の小槌」を持ってますね。選挙に勝つためには「株価操縦」も当たり前でしょ。



 09年9月。自民党から民主党へと政権交代しました。選挙中に株価は上昇。でも政権交代翌日から下落。当たり前です。民主党政権なんだから。
 12年末の選挙は上島竜平政権で行われましたけど、解散前から円高から円安へと転換。選挙になれば安倍自民党の勝ち。量的緩和に踏み切る、と市場が読んでましたからね。外国人は一斉にシフトしました。
 通貨をばらまく→円の価値毀損→相対的円安(=ドル高)。結果として日本株上昇。



 どうして自民党だと株価は上昇し、民主党では下落するの?

 釈迦に説法なんすけど・・・株価を左右する要素って、1為替、2ダウ、3上海市場です。でも、いちばん重要なのは「企業収益」ですよね。株価って「未来の通信簿」だもん。これから業績が上がるかどうかがキモでしょ。
 で、自民党って企業を儲けさせるための政党なのよ。先日書いたように、法人税を下げ、所得税を下げ、その代わり消費税と相続税、贈与税ばかり上げてきました。企業数字をよくする政党だから、企業収益が上がるのは当然。結果、株価が上がるのも当然。

 つうことは、今回、「安倍政権継続!」と出れば、売られた株価は投票日翌日に暴騰するかも。トランプ当選時、1日で1000円乱高下したのと同じ。谷深ければ山高しだもん。

 ただし安倍さん、233議席以下だと責任問題が出てきます。つまり、辞任つう話。この瞬間ミサイルが飛んでくるかも。で、国民は思い知るわけ。

 「希望の党」が第一党になりそうなら暴落。リスクマネーは一斉に引き上げます。だってあの民進残党だもん。法人税も所得税も高くなり、かといって消費税は下げんでしょ。企業利益が悪化するから株価は下がる。しごく当然です。

 小池さんに代わっても年収は増えませんよ。かえって減ります。この人、経済音痴ですから。

 都知事になって最初にしたこと。「築地は守る、豊洲は生かす」と中央卸売市場を豊洲に移して、築地は5年後に再開発して「食のテーマパーク」をつくるらしい。跡地は売却せず民間に貸し出すわけでしょ。
 けどさ、豊洲の建設費6000億円って跡地の売却益(4000億円)でやりくりする話だったのね。でも売却しないんだからこの分すべて都民が被るしかない。テーマパークの建設費用も増えちゃう。

 気づいたら都政は大赤字。で、都民税ばかりがガーンと上がります。小池さんのおかげで空前の大赤字。

 こんなこと、都民は知らんだろうなあ。祭りが終わればいつもゴミが残る。あとで困るの自分たちなんだけど。この繰り返し。

 政治家はプロを選ぶべきなのよ。悪の限りをつくすようなヤツでもね。
 「知らない仏=パフォーマンス命の小池さん」と「知ってる鬼=アベノミクス息切れの安倍さん」のどちらを選択するか。これが今回の選挙ですな。

 つうことで、東京原原は明日から毎回18時半スタートにします。「まくら」を話すことにします。ブログでは危なくて話せないことばっかだもん。忙しい人は19時スタートの本講義からどうぞ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「高倉健 七つの顔を隠し続けた男 前編」(森功著・1,728円・講談社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

いよいよ今週末ですよ。。。ゲスト講義&中島孝志の銘柄研究会!
[2017年10月17日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その1
[2017年10月16日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年10月15日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年10月  

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!