カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年01月13日 (土)

文在寅さんの行動は想定内です。

 忘れないうちに・・・今日は「第4期ぴよこちゃん倶楽部」「銘柄研究会」です。博多から飛んでいきます。雪雪雪。最悪、始発の新幹線で駆け付けます。


 さて、北朝鮮の核実験は06年10月から始まりました。そして1950年6月25日は朝鮮戦争が始まった日。この日、北朝鮮の金日成は休日を狙い、しかも午前4時に38度線から一気に攻め込んできました。

 「不意打ち」を食らった能天気な韓国はパニック。たちまちソウルを占領されてしまいます。そして李承晩は南部の釜山まで追い込まれるわけです。

 この構図、今回の「南北五輪融和ムード」によー似てまっせ。

 北朝鮮つう国は88年のソウル五輪直前に大韓航空機をテロで爆破させた張本人でっせ。立派な犯罪国家ですわな。しかも偽造パスポートを使って日本人に成り済ました事件です。あの死刑判決を受けた金賢姫ですよ。男は服毒自殺しましたけどね。

 北朝鮮では英雄。世界の常識では犯罪者。伊藤博文暗殺者を祖国の英雄と讃えて像まで建てる発想は北も南も同じ。

 まあ、いまの文在寅さんは両親が北の出身ですから、南北融和は親孝行にはなるでしょうけど、付き合わされる国民は大変ですな。

 「五輪の期間中は核実験やミサイル攻撃をしない」つうことですが、金正恩は米韓軍事演習が怖くて怖くてしょうがないんですよ。



 せっかく追いつめたのに手をゆるめろ。甘いっすねー。とても一国の責任者とは思えません。

 なぜでしょう?

 中国にいい顔したいからですね。せっかく訪中したのに習近平にはシカトされ、貿易の30%は対中ですから冷えた関係をなんとかせなあかん。でも、北との融和は中国に命令されたつうより、追い込まれた金正恩がプーチンに泣きついた結果、「対話してもええで、と南にアナウンスしろ」というアドバイスに、「習近平様に喜んでもらえるかも!」と文在寅さんが飛びついたんでしょう。

 習近平もウエルカム。戦争になって北から難民が押し寄せてきたらたまりまへん。衛星でウォッチされてるから銃殺するわけにもいかんしね。
 金正恩はICBM完成に少しでも時間稼ぎをしたい。

 つまり、ロシア、中国そして北朝鮮の戦略に、能天気な男が引きずり込まれたつうこと。もとより反日米の文在寅さんにしてみれば本望でしょ。



 いざ戦争というとき、戦力の質を見れば圧倒的に在韓米軍のいる韓国サイドが優位です。だからこそ相手が油断しとるタイミングを狙うしかないわけ。

 いつやるか? いまでしょ。五輪直前がいちばん油断してますから。「500人の応援団」を送り込む? 工作員とテロリストをたくさん紛れ込ませるでしょうね。「現代版トロイの木馬」なんじゃないの?

 それにしても、朝鮮のリーダーつうのは、古今、かけ声は勇ましいけど、みな、だれよりも早く逃げ出す習性があります。李承晩がまさにそうでした。この男、大東亜戦争の時はアメリカにずっといたんです。アメリカにすれば、「傀儡」にするために軽い男を選んだわけです。
 ところが、朝鮮戦争ですっかり油断して、北朝鮮に攻め込まれ、南の果てまで逃げていきます。呆れた側近が「少しは戻ってはどうですか?」と窘める始末。で、先日、お話したように 「山口県に亡命させてくれ」と日本に泣きついてきたわけ。反日のくせにね。

 コロコロ変わるのよ。

 半島に米軍が乗り込んできて、鴨緑江まで北を押し戻し、「核兵器を使うぞ」とマッカーサーが脅かすと、「どんどんやれ!」と尻馬に乗るおっちょこちょい。虎の威を借りる狐そのもの。

 文在寅さん。ここに来て反日米の正体をあらわにしました。慰安婦問題まで持ち出して反日を明確に示しました。でないと、ロシアと中国が信用しないからね。で、実はトランプもウェルカムなのよ。だって、文さんが大統領してる間に在韓米軍全面撤退できんじゃん。在日米軍も撤退させるつもりでしょ。この点については私の本に詳しく書きました。トランプは韓国を捨てるつもりでしょ。軍備増強せず、いつまでも米軍に依存する日本も切りたい。だから、安倍さんに憲法改正させるわけ。

 けど、文さんは視野狭窄で支持率しか目に入らない。やはり、コロコロコミック。「10億円は韓国政府が充当する」つうだけで「日本に返す」とは言えない。慰安婦問題を白紙にする度胸もない。つまり、ブレにブレてるわけ。民進党と希望の党みたい。
 
 中国から脅かされてるから仕方ないけど、トランプが黙ってるわけないっしょ。「味方なのか敵なのかはっきりせえ!」と言われますよ。「ならば在韓米軍引き上るから勝手にしろ!」となります。まさにトランプの思う壺。

 ま、これがDNAなんすよ。かの有名な「事大主義」つうヤツ。「味方でも敵でもないんや。強い方の味方でんねん」つうこと。

 日本は、いつまでも日米安保に依存することはできません。孤立してはあかんけど、独立国として防衛力を高めないと。国民のほうがとっくに自覚してます。
 イメージしてください。東京にミサイル飛んでくるイメージ。いちばん狙われるのはスカでしょ。小泉さんの地盤。わかっとるのかなあ。

 戦争には必ず「利権」がついてまわります。トランプもプーチン、習近平も欲しいのは北朝鮮の資源です。文在寅も金正恩も邪魔。この3国にとって北朝鮮有事は終わってます。体制崩壊後どうするか、プーチンとトランプはすでに談合済み。習近平は蚊帳の外。

 日本はどうするか? 極めて紳士的にボーンヘッドをしなければいい。

 「南北協議? ええことでんな。世界の期待に応える内容であることを祈っとります」
 「慰安婦問題見直し? それは最終的かつ不可逆的に解決したことを確認したんとちゃいまんの?」

 以前なにかの本に書きましたけど、朝鮮人の時間軸は世界と違います。つまり、「過去、現在、未来」という時間軸が直線=歴史ではなく、同時に存在してるんです。国の歴史にしても12世紀になってはじめて文字で書き始められたんです。遺伝子と古墳等を考えてもせいぜい2800年しか遡れません。1910年になってようやく古代から近代になったんです。

 拉致問題に慰安婦問題。怒りまくってる日本人はたくさんいます。こんなことばかり続くと中国人以上に朝鮮人を嫌う日本人が増えるでしょうね。けど怒って損するのはわれわれ日本人です。彼らの思考法=OS=パーソナリティがわかればもっと長い目でつきあえるのではないか、と思います。

 どうせ変わります。いつも変わります。必ず変わります。
 変わるまで傍観してればいいんです。「大陸・半島にはわれ関せず」が正解。なにがあろうとね。半島問題は南北ではなく、実は日本と日本人の問題なんですよ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

米朝首脳会談は衆院解散のあとにやるんちゃう。。。
[2018年05月27日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

いま日本と世界は大変化、大混乱、大波乱、大混迷のまっただ中にあります。だからこそ「聴く!通勤快読」にトライしてください。
[2018年05月26日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

人はその人に似合いの死に方をする。。。
[2018年05月25日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年1月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!