カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年02月17日 (土)

伊東秀広先生のメール。。。

 去年の「ぴよこちゃん倶楽部」ゲスト講師であり、「ハマの蕎麦屋で蕎麦焼酎を飲む会(会員2人)」のお仲間である伊東秀広先生からメールが届きました。

 原原とぴよこちゃんメンバーに知らせて、つうことしでしたが、まあ、知っといたほうがいいと思うんでブログにしました。

「バーナンキプットという言葉があります。
 ベン・バーナンキFRB元議長は恐慌研究の第一人者であり、暗黒の木曜日を迎えないにはどうすればよいが熟知していたとされます。相場が下落すれば、バーナンキ議長の発動する金融緩和策で市場を支えてくれるだろうという期待や安心感が下落リスクを軽減するプット・オプションと同じような役割を果たすことを意味しています。

米国の長期金利上昇が今回の相場下落の主因と言われますが、下落の本質はゴルディロック相場において、広義のプットを空売りしてきた人々の損失回避の行動が下げを増幅させているのです。

NYダウはリーマンショック後の安値6469$からは途中、月足二段下げ18351〜15370$で起きて軽微の調整以外、下げらしい下げなく9年間上がり続け、26616$まで記録しました。

これとは対照的に、恐怖指数と呼ばれるVIX(1552)は358万円からただの9100まで下げ続けました。

VIXはディープアウトのプットオプションと同じで、空売りしておけば常に取れると思っていましたし、VIX指数を空売りするETFであるVIXベア(2049)は2105年に開発され、4485〜40150へと上がり続けましたが、今回の下落で一気に1144まで下げ、96%の元本が消失し、償還されました。

リーマンショックの下げを増幅させた商品は企業倒産保険といえるCDSをAIGが大半を引き受けていたことにあり、AIGの株価は295$から一気に1$となりました。CDSが下げを増幅させる原因だったのです。

今回のNYダウの下げの本質はNYダウのプットワラントや24000$のプットを空売りしたファンドがあまりにも多すぎたことにありました。

アウトのプットやコールを売る売り方は別名『保険屋』ともいわれます。いかなる保険もそうですが、何も事故が起きない平時は保険屋が常に儲かりますが、非常時にはその分の支払いをせねばなりません。プットやワラントの空売り損失は青天井であり、損失回避のために先物を売りつなぐ行為である再保険が連鎖的に起きることになります。

(実践チャート指南)
日経平均は今週21632以下で引けると高値から5陰連・その前からは6陰連となります。しかも2/2〜2/5は23092〜22967に週足で窓を開けていますから、今週陰線で終わると並び黒がでることになります。

週足の並び黒の出た記録をさかのぼると、96年22750を記録した時以来であり、この時は22750〜19920まで11週下げ、7週小戻しした後に17019まで下落しました。

今回の下落初波動は24129〜20950までありましたが、さらなる下落は19239〜24129の上げ過程で残した週足の窓19933〜20122を意識する近辺までと考えています。

日経平均の月足28〜30ケ月急落サイクルは今回も生きていました。リーマンショックの安値6994と東日本大震災の下値8135は30ケ月、東日本大震災の下値と2013年の12415の急落安値との間は28ケ月、そこから28ケ月後は、20952からのカタールの投げ売りによる安値16901です。

ここからとった28ケ月後は2017年12月、30ケ月後は2018年2月ですので、ここに向かって急落が起きるとした通りです。

NYの月足は5陽連の陰線引っ掛けの天井足、週足で今週24191以上で引けても、週足で二段下げに至る足と読みます。ナスダックも4陽連からの陰線引っ掛け足で、底値で出る陰々引っ掛けの買い線と正反対の売り足です。こちらも6875以上で今週引けても週足で二段下げに至る足と読みます。

為替ドル円の年足は2年連続の陰線で陰の陰孕みでしたが、今年は昨年の安値107.33を割ってきましたので、年足で二段下げする形であり、さらに99円所にトライする足となりましょう。それはアメリカが株安によって利上げを躊躇う未来を暗示しているように思えます。
 
アメリカではVIX指数が操作されていたという内部告発がありましたが、保険商品がいい加減ではヘッジ手段が限定されます。この操作に絡むポジションの損失カバーが、もう一度入る展開を予測します。」

 つうことだそうです。勉強してちょ。。。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

原理原則研究会の本家本元。いよいよ第18期が始まります。新メンバーを熱烈募集します。
[2018年07月17日]
[中島孝志の原理原則研究会]

「銘柄研」のデータも送りました。
[2018年07月16日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

横浜のLA「ムーン・カフェ」
[2018年07月15日]
[中島孝志の美食倶楽部]

今日の通勤快読は
無印良品の文房具 (MUJI著 GB )
です。

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年2月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!