カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2018年03月08日 (木)

「宣戦布告」

 「自衛隊は出てくるか?」
 「出てきません。首相は弱腰ですから」
 「ならば、長引かせた方がいいな」
 
 問題を長引かせて社会不安にする。政治を揺さぶる。野党をけしかける。戦争するぞ、と脅迫する。

 北朝鮮ですな。ああいう、なにも失うものがない「ならず者国家」は強いっすよ。日本はもちろん、アメリカですら及び腰。
 なぜなら「被害」が出るからね。同じ人間だけど「命の値段」が違います。現実的にはね。裕福な国(国民)は金持ちケンカせずでカネで済むならさっさと片付けたい。

 そこを狙われる。

 狙われるヤツより狙うヤツのほうが圧倒的に強い。戦力は関係ない。ベトナムでゲリラ戦で負けた米軍を見ればよくわかります。枯れ葉剤を撒き散らすしかなかったのも米軍が追いつめられていたからでしょ。

 民主主義てのは面倒くさいのよ。この映画でよくわかるのは、日本てのは防衛省も自衛隊もいりますけど、いざ、戦争となったら、法律的に許されることはなにもなかった、ということ。敵を殺したら刑法の殺人罪に問われます。タマが誤って民間人にあたったらり、これまた刑法で裁かれます。

 軍法がないもん。自衛隊法、あれは軍法ではありません。それが証拠に、軍法会議がありません。普通の裁判所で裁かれるから、自衛隊員は戦えませんよ。

 バカな国です。そんな自嘲的な発言、つぶやきがあちこちに出てきます。

 このバカさ加減を解消したのが安倍さん。中国と朝鮮そしてアメリカから命令されて、「戦争できない国」にわが国を留めておこう、と暗躍してるのが一部の野党ですね。

 国を守り、国民を守るより、憲法を守りたい連中です。何度も言うけど、ミサイル何発か見舞われないとわからんだろうな。

 いちばん重要なのは、「守ろう」という強い意思なのよね。能力でも法律でもなく「意思」が重要なのよ。

 その点、アメリカはいままで裏で戦争ばかりしてきてるし、国家に代わる「戦争代行組織」もつくってきましたから、いつでも、どこでも、だれとでも戦争できるんすよ、あのISにしてもそうですし、戦争の犬たち=傭兵会社、軍事会社もたくさん用意してありますしね(ウクライナ東部で戦争してるのはそういう連中同士ですから。商売だから戦争終わんないのよ)。

 どうしてこんな代行組織をつくったかというと、中ロが拒否権発動するから、アメリカは好き勝手に動けないからですよね。

 原油決済通貨をドルからユーロに替えようとしたサダム・フセインに言いがかりをつけて潰した時だって、だれも賛成してくれず、世界で真っ先に賛成したのは小泉純一郎というアメリカ利権の代理人だけでした。



 警察のSAT隊員が殺され、市民が殺され、それでも自衛隊の出動ができない。自縄自縛の憲法は敗戦でアメリカが日本を縛るためにつくったもの。PJ憲法が有事に際しても日本国民の生命と財産を守れない。

 ほかの国では当たり前のことがこの国ではなにもできない。

 すべてはアメリカの戦略であり、アメリカのボチ政治家たちの怠慢のせいであり、メディアと愚かなメディアを信じる国民のせいでありんす。

 中国、北朝鮮、そして韓国という仮想敵国は、国防上、当たり前のことを当たり前にやってるだけで、上から下までわが国の平和ボケが続いたことがいちばんの問題なわけでしてね。

 ま、北朝鮮から何発かミサイル落とされるまで目覚めんでしょうな。平和ボケはそれほど酷いもんだと思う。

 映画制作では防衛庁(当時)と自衛隊は徹底的に協力を拒否したそうっすね。
 北朝鮮特殊部隊が原発攻撃を企てて上陸する、という内容ですからね。こんな映画に協力したら、野党や朝日新聞からどんな批判を受けるかわからんもんなあ。迷彩服メーカーまで一切、協力しないように通達が出てたようです。

 だけど、これ、原作は麻生幾さんなんだけど、元もとは自衛隊と警察との勉強会で講義してた池田整治先生の話がベースだな。

 この時期、見るにはサイコーっすよ。DVD買うなりレンタルするなりで勉強してちょ。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「パリのすてきなおじさん」(金井真紀・広岡裕児著・1,728円・柏書房)です。 

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

原理原則研究会の本家本元。いよいよ第18期が始まります。新メンバーを熱烈募集します。
[2018年07月17日]
[中島孝志の原理原則研究会]

「銘柄研」のデータも送りました。
[2018年07月16日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

横浜のLA「ムーン・カフェ」
[2018年07月15日]
[中島孝志の美食倶楽部]

今日の通勤快読は
無印良品の文房具 (MUJI著 GB )
です。

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年3月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!