カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2009年01月03日 (土)

「日経新聞の黒い霧」 大塚将司著 講談社 1890円

 箱根駅伝、往路は東洋大学初優勝。山の神もビックリの驚異的な走りでしたね。
 復路は早大と抜きつ抜かれつ、いまの段階ではどちらが優勝するか、それとも他校がごぼう抜きするか予断を許しませんけどね。

 「たすき」をリレーするのはつくづく難しいですなあ。ベストコンディションで臨める選手のほうが少ないんですから無理もないことです。

 「ゴーイングコンサーン」と言われる企業も「たすき」をどうつなぐか、難しいところですな。

 本書はイトマン、コスモ信組、そして日経子会社のTWC事件という経済事件の現場にいた、日経の一幹部記者による告発の書。あるいは懺悔の書といってもいいだろうね。

 どんな企業でも多かれ少なかれあることだとは思うけど、サラリーマン経営者がここまで会社を私物化できるというのはその体質に大きな問題あり、としか言いようがないよね。
 新聞、テレビといった、一見、正論を振り回して「社会の木鐸」を気取る連中でも、一皮むけばこんなもんでしょ。

 私ゃ、昔から、マスメディアは情報ビジネス。それ以下でもそれ以上でもない。「社会の木鐸」なんぞと勘違いしてる記者がいるとはいまだに思いません。「社会的正義」が通じるのは読者が求めているときだけ。
 それに、記者を見たらとてもとても正義云々なんて言えるレベルじゃないっしょ。なにしろ、ほとんどの記者は大人じゃないし、社会常識的に考えても世間知らずなんだから。

 そう勘違いさせてしまう環境がマスメディアには少なくありません。
 たとえば、典型的なケースでいえば、商社、銀行、メーカーでも普通の会社ならペエペエが、総理や大臣クラス、経団連の会長や大企業の経営者にも簡単に会えるわけですよ。もち、これは「名刺」がモノを言ってるわけだけど、それがいつの間にか、「自分」だと錯覚してしまう。これが怖いね。
 
 イトマン事件にしても、著者が地道な取材活動と調査でスクープをつかんだ。けど、事なかれ主義の上司2人と組織という巨大でデリケートな壁の前に、思うような活動ができなかった。スクープはモノにできたけれども、金融界、不動産業界、そしてなによりも日経新聞という新聞社の体質転換を促す結果は得られなかった。

 社会の木鐸たる新聞社の中に、経済犯罪を構成する疑惑の主がいた。知りたくないことを知り、見たくないモノを見てしまった著者は、新聞記者の原点に帰り、疑惑の主、そして日経新聞をここまで堕落させた張本人として、社長の鶴田某を告発するのである。

 方法は株主としての立場から「解任」を要求するわけ。孤軍奮闘を覚悟しつつ、良心ある日経OBたちのサポートを得て、疑惑の主は社長、会長を辞任し、相談役をも追われた。

 にもかかわらず、相変わらず、会社のハイヤーを差し回させ、疑惑の舞台となった赤坂の高級クラブに足しげく通い、幹部をも通い詰めさせた。つまり、病根は1人を「削除」しただけでは解決せず、広く組織の体質としての治療が必要だったのである。

 しょせん、企業というものはそんなものかもしれない。オーナー不在のサラリーマン企業ほど実は「空気」で動く。長いものには巻かれろ、で動く。
 書く場を失った記者ほど淋しいモノはない。

 新聞記者といったところで、役員になれなければ、せいぜい「問題大学」がマスコミ対策用に用意した「教授ポスト」に滑り込めればめっけもの。あとはカルチャースクールの講師程度が関の山なのだ。
 筆で食べられる記者が何人いるというのか。

 「入社するまではジャーナリストとしての希望に燃えている。しかし4〜5年すると、自分の能力が見えるようになってくる。多くの者は自分が毒にも薬にもならない平々凡々な記者であると気づき始める。そうすると、どういうことが起きるか?
 新聞記者になろうとする人間には政治的な人間が多い。多数派を占める平々凡々の記者は何をするか。まず、要領の悪い記者の排除に乗り出す。次にだれもが認める名文家とか特ダネ記者の追い落としを目指す。それに理念や思想なりをしっかり持っている記者も狙われる」

 こうして、平々凡々の要領のいい記者たちが牛耳る社会が完成する・・・と著者は説く。

 この構図は実は新聞社だけの話ではない。大企業と呼ばれる会社には多かれ少なかれ共通して見られる要素である。中小企業のくせに大企業病にかかっている会社もそうだ。
 こういうダメな組織は100%、売上・利益などに問題が発生する。下からの革命は困難を極める。株主がしっかりチェック機能を果たさなければいけない。

 新聞社の体質は記者の体質にほかならないが、どことなく記者=教師の体質に似通うものを感じられてならない。300円高。 

コメント(0)  |  トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:
http://www.keymannet.co.jp/t1775

コメント:

コメントフォーム:

お名前
メール
アドレス
URL
コメント
  
中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

春の京都その7 京のユニークな書店あれこれ。
[2017年04月28日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

春の京都その6 京のグルメその2 「木屋町むつの家」
[2017年04月27日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

春の京都その5 京のグルメその1 「北山権兵衛」のそば。。。
[2017年04月26日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2009年1月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2月新刊をバージョンアップ。緊急出版です。金正男暗殺の真相そして金王朝の近接未来は? トランプと習近平それぞれの戦略に日本はどう立ち向かえばいいか。メディアが絶対伝えられない政治経済投資に役立つコンテンツ満載。オンデマンド版(紙の本です)。

大統領なんぞはたんなる操り人形。「奥の院」がトランプに何をさせて儲けようとしているのか? メディアが絶対伝えられないコンテンツ満載。投資家のためのトランプ本。これは電子書籍版です。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!