カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2010年11月30日 (火)

「国家の命運」 藪中三十二著 新潮社 714円

 今回は25分間たっぷり話してしまいました。覚悟して聴いてください。忙しい方は、テキストで読んだほうがいいでしょうな。

 戦後、日本から消えたモノは「軍事力」、そして「外交力」ですな。
 戦前はこうではありませんでした。世界を相手に「孤立」を恐れなかった。国連脱退すら厭わなかったわけでしてね。

 この2つが消えてなくなり、代わりにチャージされたのは「経済力」ですね。
 しばらくは、この経済力が軍事力・外交力を凌駕するほどの活躍をしてくれたわけですね。いま、経済力が必ずしもパワフルとはいえないことを見ると、総合的国力の底上げをはからないといけないかもしれませんな。

 そして、かつて失ったこの2つの力のうち、明確に落ちている「外交力」を早急に回復させる必要があるでしょうな(軍事力はあるんです。法的整備と政治家の覚悟、国民の理解。それが求められているんです)。

 NOと言える日本、NOと言えない日本。たいしてちがいはありません。なぜなら、相手の要求を待ってこたえる姿勢は同じこと。オフェンスとロジックで提案する力がなければ話にならんわけですわ。
 
 さてさて、本書を読んで少し安心しました。

 著者は元外務事務次官ですな。こういうポジションの人が、しかも、この方、退官されたばかりでしょ。
 普通はつまんない本になるんよ。「次」がありますからね。で、「骨の髄から官僚」という人は、死ぬまで本音を言わず、深謀遠慮するわけでね。「つまんない」の10乗くらいの本になるわけです。

 けど、この人。かなり本音で書いてるなあと思いますよ。しかも誠実に書かれてることがわかります。希有ですな、このこと自体にまず感心しましたね。

 しかもそこそこ洗いざらい書いてるようですけど、この本、外務省にとってもよかった、と思いますね。というのは、私、戦後、外務省の「官僚力」は鹿鳴館時代に戻っちゃったと思ってましたから、ああ、仕事してる人もいるんだ、と認識を新たにしましたよ。

 さて、ひょんなことから外務省に入ったんですな。友人から誘われて試しに受験。よくあります。それも上級職でなく専門職。期せずして合格。入省すると、上司から、上級職を受けろ、とアドバイス。遠慮したら、定時に帰って勉強しなさい、だと。

 これまた、どういうわけか、合格。ま、優秀なんでしょうな。それから、いろんな交渉(ホントに交渉)を担当することになります。

 たとえば・・・続きはこちらからどうぞ。

コメント(0)  |  トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:
http://www.keymannet.co.jp/t2470

コメント:

コメントフォーム:

お名前
メール
アドレス
URL
コメント
  
中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

来年の博多と出雲は「まくら」で投資知識のイロハを織り交ぜて勉強してもらいます。
[2017年12月17日]
[中島孝志の原理原則研究会]

風間杜夫さんは落語が巧いね。。。
[2017年12月16日]
[中島孝志の演劇バンザイ!]

御礼詣りと厄除け祈願。。。
[2017年12月15日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2010年11月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!