カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2018年01月08日 (月)

「通勤快読」てこんな感じです。

 「通勤快読」をオープンします。今年初の本=『北朝鮮 核の資金源「国連捜査」秘録 上編』(古川勝久著・1,836円・新潮社)」です。

 下記のようなお話なのよ。460頁もあるんで3回連続でお届けした1回目の分です。

 「北朝鮮はどこかの国が制裁を強化すれば、必ずそれを出し抜いてきました。

 「日本は北朝鮮関係者の巣窟だ!」

 2013年7月、パナマ運河通過中の北朝鮮貨物船「チョンチョンガン(清川江)号」を捜索。
 容疑は違法薬物の密輸でした。

 ところが見つかったのは、ソ連製のミグ21戦闘機や地対空ミサイルシステムなど大量の兵器。31ものトレーラーとコンテナに隠されていたんです。大量の砂糖袋で隠されていました。

 ブツはキューバの軍港マリエル港で積まれ、北朝鮮に向かう途中。ギリギリで回避できたからいいようなものの、こんなのは例外。ほとんどはまんまと北朝鮮に運び込まれています。

 だから、核実験もミサイルも完成したんですよ。

 著者の任務は国連の制裁違反事件の捜査です。

 主犯は北朝鮮の海運会社OMMと断定しました。この会社は世界中に北朝鮮のエージェントを配しています。外交官として北朝鮮大使館に赴任しながら、実際にはOMMの現地代表者をしていたり、地元企業の従業員になりすましていたり、西洋風のニックネームを使って偽装したり、なんでもありです。

 新橋の駅前ビルにもエージェントがいました。内偵していて(完璧な証拠を揃えてから絶対ここに戻る!)と決意して1カ月後。1007号室はもぬけの殻。

 こんなことの繰り返し。

 国連安保理のもとで様々な制裁違反事件の捜査に携わってきました。

 なぜ北朝鮮は『最強の制裁』を何度も受けながら、強力な核兵器やアメリカにまで届く長距離弾道ミサイルを開発することができたのでしょうか?

 最初の制裁が決議されたのは2006年10月14日。あれから12年。この間、6度も核実験を繰り返し、ミサイルの性能を向上させ続けることができたんでしょう?
 なぜ中国とロシアをはじめ、多くの国々が制裁に違反したり、北朝鮮をかばったりするのでしょうか?
 国連加盟国は、どのように制裁を実行してきたのでしょうか? そして北朝鮮はいかにしてそれを逃れてきたのでしょう? なぜ北朝鮮の非合法活動に積極的に加担する国がたくさんいるのでしょう?

 事前に少し説明しておきますと、国連の制裁委員会は、すべての安保理メンバー国の同意がないと何も決定できません。中国と露西亜もメンバーです。彼らが反対するとなにもできません。

 オバマ政権時代、イラン核開発問題やアルカイダ等のテロ対策が優先課題とされました。欧米の関心はイラン。北朝鮮にはありませんでした。

 かといって、安保理が機能停止してしまうと中ロにとっても問題です。ですから、北朝鮮が核・ミサイル事件を行った時だけ、中ロは最低限の制裁に協力してくれました。

 いつもは制裁妨害する「サボタージュ要員」ばかりが送られてきます。中国人曰く、「優秀なロシア人が来ると捜査妨害されかねない。だからアイツでいいんだ」。

 せっかく入手した違反容疑の証拠にしてもコピーできない。筆記で書き写すしかない。しかしそれが判決文に採用されることはありません。情報公開制度がここまで異質なんです。

 国連では「弾道ミサイル技術を使用した発射」は明確に禁止しています。ロケットもその対象です。
 しかし正当化する擁護者がいました。
 北朝鮮の軍事パレードにお目見えした新型ミサイル(火星13型)を「あれは模型だ。本物じゃない」「張り子の虎だ」と擁護する。

 軍事パレードで実物のミサイルが登場すると思うほうが世間知らずです。こんなものは共産国家の伝統的手法じゃないですか。

 北朝鮮は中国から輸出された特殊車両を改造して「新型移動式発射台計6台」を作り上げています。

 そういう違反容疑をまとめた報告書は中ロに邪魔され、「幻の報告書」にしかならない。オンライン上にリークされても法執行上の根拠にはならないんです。

 中国人の委員は強く反発します。ロシア委員も加勢します。「似ている」というだけで報告書に書くのは早計にすぎる、というわけです。国連安保理で議論が延々と続いていました。

 多くの中国企業が制裁違反に加担しています。中国企業の関与を記述すると中国の委員がすべて消去します。
 著者とは敵対関係にすらなっていました。安保理で拒否権を持つ中国が反対すれば決議は通らないからです。
 相手は人民解放軍大佐。若手エリート。制裁違反事件を捜査する任務を負いながら、中国企業の違反については指摘してはならない、という役目です。

 あれだけ調べ尽くした制裁違反の実態が「なかったこと」になるわけです。それどころか、中国政府は著者を「過激分子」として専門家パネルから追い出そうとしていました。

 外交ゲームと引き換えに幕が引かれました。どの政府からも支援を得られないなか、公開情報だけを頼りに中国側と渡り合っていたことを知ります。

 日・米・韓の政府は著者たちが探していた証拠を持っていました。持っていながら追及をさっさとあきらめていたんです。

 容疑のある中国航天という会社には反省の色はみじんもないどころか、ミサイルや移動式発射台の宣伝をさらにエスカレートする始末。

 発射台はどんな悪路でもミサイルを水平に保てるようコンピュータで姿勢制御されています。悪路を走り続けますからタイヤやサスペンションは消耗しているはずです。交換部品がなければ話になりません。
 いったいそれらの部品をどこから調達しているのでしょうか? スペアは、安保理の対北朝鮮禁輸リストには明記されていません。

 17年11月29日、北朝鮮はアメリカ本土を射程に収める新型ICBM「火星15型」を発射しました。ミサイルを搭載した新型の移動式発射台は9軸18輪の車両でした。

 いままで見たこともない代物です。

 欧米のメディアは、核兵器を持っていないイランには強い関心を持ってるのに、北朝鮮にはなんの関心も示しません。

 明日も続きます。」

 てな感じなんすよ。政治、経済、社会、投資、歴史、文学、宗教、漫画など、雑学の塊です。ぜひ一度ご視聴ください。。。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

打ち上げで変更が2つあります。1「蛍狩り」をやります。2送迎バスは午後5時30分となりました。
[2018年06月25日]
[中島孝志の原理原則研究会]

宝塚宙組・星組立て続けで超満喫。
[2018年06月24日]
[中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!]

天理教・石上神宮・興福寺。。。
[2018年06月23日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年1月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!