カテゴリー:中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!

2018年03月04日 (日)

「ドクトル・ジバゴ」

 ロシアの作家ボリス・パステルナークの原作。

 ロシア革命がいかに人間的な側面を無視し、革命のための革命であったか、革命党のための革命であったかが鮮明に伝わってくる作品でして、
 ですから、こんなもの、ソ連国内では発表も出版もできませんわな。で、イタリアで刊行されて世界的に売れたわけ。なんと18カ国に出版されました。

 しかも翌年、ノーベル文学賞授与の快挙!

 けど、ソ連共産党は彼をソ連作家同盟から除名追放すると脅迫。で、彼は受賞辞退。なにしろ受賞したら亡命必至ですからね。

 「母国を去ることは死に等しい」

 政治的理由でノーベル賞受賞を辞退する初のケースになりました。

 でも、そこはやはりノーベル委員会が政治勢力ですからね。辞退を認めず一方的に賞を贈っちゃう。ですから、パステルナークは辞退扱いにはなっていないのよ。公式に受賞者として扱われているんです。


映画化は1965年。アメリカとイタリアの合作。巨匠デヴィッド・リーン監督。主演はオマー・シャリフにジュリー・クリスティ、そしてジェラルディン・チャップリン。アカデミー賞5部門受賞。とくにモーリス・ジャールの挿入曲「ラーラのテーマ」が有名かしらん。


大好きなキーラ・ナイトレイ。これはテレビドラマ。


ロシア本国ではじめて映像化された「ドクトル・ジバゴ」。ラーラ役が気品あるチュルパン・ハマートヴァ。どんぴしゃでおます。


ユーリには宝塚歌劇団理事にして専科から轟悠さん。ラーラには有沙瞳さん。

 20世紀初頭、革命前後の動乱期のロシアで、純真な心を持つ詩人でもある医師ユーリ(ユーリイ・アンドレーヴィチ・ジバゴ)と、彼が愛し続けた運命の女性ラーラが辿る波瀾の生涯を描く。
 悠久のロシアの大地で、時代のうねりに翻弄されながらも懸命に生きた人々の軌跡、そして愛の形を鮮烈に描き上げる大河ロマンです。

・1885年 ユーリ・ジバゴ出生。
・1905年 血の日曜日事件。ジバゴ、医学生。詩を作る。ラーラ(17歳)、コマロフスキーと強制的関係。
・1913年 ジバゴ、トーニャと婚約。ラーラ、パーシャと婚約。関係を清算するためにコマロフスキーを撃つ。
・1914年 第1次大戦勃発。軍医ジバゴ、看護婦ラーラと再会。
・1917年 終戦。ロシア皇帝銃殺。内戦始まる。ジバゴ、ラーラと別れてモスクワへ。ユリアティンに住むラーラと再会。軍医として赤軍に強制拘束される。
・1921年 ジバゴ脱走。ラーラの元へ。コマロフスキーにラーラ親子を預けて別れる。
・1922年 ソ連建国。
・1929年 ジバゴ死亡(享年44歳)

 なぜか本妻よりも愛人がクローズアップされとるんよ。「赤い糸」ってあちこち結ばれてるんかなあ。この件についてはある霊能者から聞いた話がいちばん説得力がありますな。原原の3次会あたりでお話しまひょ。。。
   

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

原理原則研究会の本家本元。いよいよ第18期が始まります。新メンバーを熱烈募集します。
[2018年07月23日]
[中島孝志の原理原則研究会]

この猛暑の中でも高校野球ってやるべきものなんでしょうか。。。
[2018年07月22日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

「通勤快読」を聴いてみませんか?
[2018年07月21日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年3月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!