カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年12月12日 (水)

博多原原の新メンバーを熱烈募集します。

 忘れないうちに・・・ ●火曜深夜零時に「投資メルマガ」臨時便配信。タイトル「下落相場も続かない!ボックス相場研究」 と昨日のブログで書きました。日経平均の終値は−71円。○○までは下げ相場で必ず介入がある。何で待ちかまえるか? もち、寄与度ベスト常連に決まってるでしょ。


弱いなあ。あかんか・・・。


昨日の日経平均株価っす。








 解説が必要なメンバーはいないと思うけど、暇だったら次回メルマガで裏話をします。ソフトバンクGのことで一杯かもしれんけど。


 お急ぎ下さい! 12月25日で締め切ります。博多で中島孝志が1年間講義します。

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2019年のテーマとスケジュールです!
(博多原原は金曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)
■1月11日「2019年の日本経済はこうなる!勝てる投資をやりなさい!」
■3月1日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月10日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月5日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月13日 「インテリジェンス脳の鍛え方について語ろう」
■10月4日「成功の秘密は無意識の力にあった!について語ろう」
■11月29日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」


※本講義は午後7時〜9時。午後6時からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多い!)」は自由参加です。
□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税=12万9600円(年間)
□申込法:「博多原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:TKP博多駅前シティセンター(博多駅前)8階(ゴージャスになりました)>



※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄るなど気楽にどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年12月07日 (金)

博多で中島孝志が講義しまーーす。。。

 ダウが大きく下げたのは、投資家が現実に目覚めたから。米中覇権戦争がたった90日で片づくはずないじゃん、てね。





 日経平均が大きく下げたのは「Huawei Shock」。こんなんたいしたことありません。

 「ダウはApple株大幅下落で始まりました」つう速報。
 違います。ダウ構成率ダントツのチャンプ「Boeing株」です。これが「Huawei Shock」で連れ安。Apple株の2倍の影響力銘柄がApple株の2倍の勢いで下落中。いまのとこね(日本時間午前2時。1000ドルくらい落ちてもいいくらいっすね。どこまで戻せるかだわな)。

 本質は「Huawei Shock」ではなく、米中覇権戦争ですよ。


下落率が半分まで縮小してます(日本時間午前4時)。ああ、今日も徹夜しちゃった。麻薬だね。覚醒剤より効きそう。覚醒剤やったことないけど。

 ところで、孫さんは小会社上場を直前に困っとるでしょうな。嫌がらせじゃね? あっこは5Gでつるんでるわけでね。通信障害て偶然? いえいえ、狙われとるがな。通信障害がなけりゃもっと株価は下落してたかもしれんな。

 2兆6千億円だっけ? 巧くいくんかいな。全証券会社動員、さらにCMバンバン。あんだけ宣伝せんと集まらんわけでしょ。

 この際、近づかんとこ。

 5Gで日本は規格の点でアメリカ、ヨーロッパではなく中国とタイアップ。この分だとできなくなりそうやなあ。


「盗聴が怖いならHuawei使えば?」のひと言はいらんかったね。逆鱗に触れたわな。中国にも大人げないヤツがいるもんすな。ホントにケンカするならニコニコ笑顔でやらんと。悪口とか嫌み、皮肉なんてのはアマのケンカっすよ。だから、こうなるわけ。



 トランプつうかアメリカつうかユダヤつうか、「国際金融資本(軍産複合体含む)」の意思を推量しなくちゃ。ゴーン逮捕なんて典型でしょ(火曜深夜配信の「メルマガ臨時便」でおわかりの通り)。

 今回の「Huawei」も構図は同じです。

 そもそも、どうして米中関税戦争が始まったと思います? 習近平が契約守らんからよ。習近平はトランプ初訪中の時、どんな提案したか覚えてます?

 これ、新潟原原講義データ(100超使います)の2つですけど、ご披露しましょう。


「中韓のヤツら、契約をなんだと思ってるんだ? 未開人め」つうのがトランプの本音。ビジネスマンなんすから、彼は。ディールしたら死守しろ。ゴーンの好きな「コミットメント」つうやつ。



 さて、明日の新潟原原。実はオール原原の年内ラスト講義なんだね。翌日は「八海山ツアー」ですやん。
 てことで、このところの大きな話題=ゴーン逮捕、黒海周辺のきな臭い紛争、米中ガチンコ対立猶予、北方領土問題等々、トランプ、プーチン、習近平をマークしながら、国際政治経済の真相について詳しくお話しましょう。

 これが解けないと投資もわからんよ。


 お急ぎ下さい! 12月25日で締め切ります。博多で中島孝志が1年間講義します。

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2019年のテーマとスケジュールです!
(博多原原は金曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)
■1月11日「2019年の日本経済はこうなる!勝てる投資をやりなさい!」
■3月1日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月10日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月5日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月13日 「インテリジェンス脳の鍛え方について語ろう」
■10月4日「成功の秘密は無意識の力にあった!について語ろう」
■11月29日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」


※本講義は午後7時〜9時。午後6時からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多い!)」は自由参加です。
□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税=12万9600円(年間)
□申込法:「博多原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:TKP博多駅前シティセンター(博多駅前)8階(ゴージャスになりました)>



※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄るなど気楽にどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年12月06日 (木)

出雲で中島孝志が講義します。。。

 忘れないうちに その1・・・4日火曜深夜配信の ●「投資メルマガ」の臨時便 この下げ相場でも3%高です。ご確認下さい。けど、短中期の仕込みなんですけどね。

 忘れないうちに その2・・・本日午前6時40分 ●「投資メルマガ」の速報 を流しています。ご確認下さい。

 実は、次回定期便配信に用意してた特集が、今朝、某新聞で抜かれてしまいました。もちろん、私のほうがずっと詳しいし、チャートも完備していますけど、ボツにしようかとも思いましたが、この渋い相場の中で「逆行高銘柄」が多いので価値ある情報か、と判断しました。
 「銘柄研究会」でも1か月早くピックアップし、特集してますんで、記者レベルに抜かれることは1度もありませんでした。あと3日あればと悔やんでも後の祭り。少しショックです。


 12月25日でいよいよ締め切ります。神の國出雲で中島孝志が1年間講義します。

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2019年のテーマとスケジュールです!
(出雲原原は土曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)

■1月12日「2019年の日本経済はこうなる! 勝てる投資をやりなさい!」
■3月2日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月11日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月6日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月7日「売上10倍増のマーケティング!最強のファン作りについて語ろう」
■11月30日「成功の秘密は『無意識のちから』にあった!」


※本講義は午後7時〜9時。6時30分からの「まくら=時事問題(経済投資に関する情報)」は自由参加です。
□募集人員:若干名。
□受講料:10万円+消費税=10万8千円(年間・出雲原原だけ安いの)
□申込法:「出雲原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:ビッグハート出雲(出雲市駅となり)2階特別会議室
※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄るなど気楽にどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年11月25日 (日)

神の國出雲で原理原則研究会やります。新メンバー熱烈募集します。

■忘れないうちに・・・深夜零時に「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」を発行しています。今回のテーマは「万博銘柄」「自社株買い銘柄」そして「内需株>ファストフード>牛丼3兄弟銘柄」です。なんとコメント付きカラーチャート14枚! メンバーは必ずお読み下さい。

■忘れないうちに・・・「第5期ぴよこちゃん倶楽部」のゲスト講師=柳橋。先生からとびっきりの「投資スキル映像」が届きました。「8年間で30万円を2800万円にした夕凪式イベント投資法」だそうです。これ見て勉強してください、とのことでした。

■「株主優待を先取りする戦略」

■「公募増資を利用した戦略」

■「株価指数のイベントを狙った戦略」


 神話の里、出雲原理原則研究会(第6期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2019年のテーマとスケジュールです!
(出雲原原は土曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)

■1月12日「2019年の日本経済はこうなる! 勝てる投資をやりなさい!」
■3月2日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月11日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月6日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月7日「売上10倍増のマーケティング!最強のファン作りについて語ろう」
■11月30日「成功の秘密は『無意識のちから』にあった!」


※本講義は午後7時〜9時。6時30分からの「まくら=時事問題(経済投資に関する情報)」は自由参加です。
□募集人員:若干名。
□受講料:10万円+消費税=10万8千円(年間・出雲原原だけ安いの)
□申込法:「出雲原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:ビッグハート出雲(出雲市駅となり)2階特別会議室
※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄るなど気楽にどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年11月22日 (木)

年内ラストの名古屋・大阪原原のテーマは「ロシアより愛をこめて」にします。

 ダウは反発からスタート。CMENK先物も大幅上昇。今朝は大幅反発が期待できるのでは・・・そうは問屋が卸してくれない!






なんじゃこりゃー!


 なんと来週なんですね。時間が光速で過ぎていきます。
 左欄の名古屋と大阪のスケジュールを確認しますと、「松下幸之助の経営道について語ろう」と「仕事と人生に活かす世界史の読み方」というテーマになってますけど、換えます。

 「ロシアより愛をこめて」

♪フロム ロシァなんたらかんたら♪

 昔、シャーリー・バッシィやアンディ・ウイリアムズが歌ってましたな。

 どうしてロシアなん? いえね。今回の「日露平和条約」締結云々でメディアがとんちんかんならまだしも、いつものようにフェイクニュースを流してますんでね。裏も表も含めて正確な情報=インテリジェンスをお届けしようと思いまして。

 「まくら」はいつものように投資情報。で、本講義は「ロシア」つうことね。
 現代政治経済だけでなく、前4世紀、東ヨーロッパからの黒海、そしてキエフ等々、ロシアの歴史についてもじっくり。

 実は、5-6年前に、CIAとNDAが仕掛けた「アラブの春」から「バラ革命」「オレンジ革命」「チューリップ革命」まで「まくら」で話してたら止まらなくなりまして、気づいたら2時間たっぷり。で、ウケましてね。
 ほかの原原メンバーは聴いたことないと思います。だって正式な講義テーマじゃありませんから。

 ま、久しぶりにやろうかな、つうわけ。

 さて、んなことより「日露平和条約締結!」って話。

 「四島一括返還て話だったんじゃね?」とメディアは安倍さんを攻撃してますけど、巧いね、安倍さんも。バカを相手にしない。野党のセンセ方はいつまでも「モリトモ」「カケー」「移民政策そのものだー」ばっかし。で、「議会を止めたのは政府だ!」って、国民はバカじゃありませんから。騙されませんよ。

 政権ゴッコしてた民主党時代に「ポンコツ移民政策」を提案したのはどこのだれたったんでしょ?



 いま、やんないとね、一島も返ってきませんよ。永遠に。

 「経済協力だけさせられて一島も戻らなかったどうすんの?」
 そん時は協力しなけりゃいいじゃん。
 考えてみてくださいよ。プーチンの立場を。
 交渉ですから、そりゃ、わが国益だけを要求すればいいんですよ。けど、それでは平行線のまま。だから1945年から、1956年から返らないわけね。

 プーチンの立場って? 考えてみてくださいよ。サイン1つ、議会で批准すれば成立する条約と、長く長く続く経済協力と、どちらが反故のリスクがあるか? 領土を返還したはいいけど、期待するような経済協力してくれなかったら?

 でも、ロシアっては日ソ中立条約を破棄して日本に戦争を仕掛けた国ですよ。こんなヤツら信用できるの?

 ロシアの言い分はこうです。わしら、英米の首脳とヤルタ会談でドイツ降伏3ヵ月後に日本と戦争しますけん、と約束してたかんね。

 つまりね、北方領土問題つうのは日露というより連合国=英米との問題なのよ。いままでも「二島返還」つう話は何回かありました。でも、「四島返ってこなくていいのか?」といつもアメリカに脅かされてパー。

 米ソ対立の冷戦時代だったから。

 いまやらないと永遠に返らない、つう意味は、ロシアの実力者プーチン。日露双方から国益を得られると判断するトランプ。なによりトランプとプーチン双方に信用がある安倍首相。カードが3枚揃ったからできることなのよ。オールセブンが揃ったようなもんでね。

 次に揃うのはいつか? 「ほぼ永遠に無理」つうこと。

 そもそもロシアつう国には「固有の領土」なんて概念ありませんもの。「なに、それ?」てなもんですな。だって、ロシアの源泉てどこか知ってる? ルーシーですよ。ロシアてのは。

 キエフがルーツなの。ドン川沿いに銅像がありますけど、ウラシセミール一世がまとめたの。キエフはいまのウクライナ共和国の首都ね。

 ウクライナってどういう意味か知ってる? 悪いからいわないけどさ。

 ロシアつうのは土地を奪って奪って奪って国造りをしてきた民族なのね。固有の領土なんてありません。かすめ取る、だまし取る、侵略する。そうやって領土を広げてきたわけ。

 自分が侵略するから他国からの侵略についても敏感。で、侵略されたら納得するわけ。領土つうのは「戦利品」ですから。負けたら取られる、これ、当たり前。

 そんなお国柄の連中に「父祖伝来の領土ですから」「過去の条約でこう決まってましたから」といくら主張してもダメ。
 「ケンカで負けたのがいけんのじゃろうが。悔しかったらケンカで勝たんかい!」つうわけ。

 ロシアにとって領土なんてのはいつも「現住所」なの。「本籍地」なんて関係ないわけ。

 で、今回、めでたくわが国は経済戦争に勝った。原油が下落したら終わりのロシア。いまのうちに、日本に技術協力してもらってシベリアの原油や天然ガスを売りたい。生産性の高い製造国家になりたい。領土と交換にいろいろ協力してよ、つうわけ。


いま内閣府では過激なスローガンは外してますね。「北方領土を想う」とかいうニュアンスです。




 けどさ、現実を考えると、豪腕プーチンでも国民をねじ伏せるのは大変ですよ。ヘタすると失脚します。それだけのリスクを抱えてます。

 で、どうしてスリーカードが揃ったか? 中国のおかげです。アメリカの敵はロシアではありません。中国です。中国を封じ込めるため、トランプはプーチンと手を握りたい。その仲介をしてるのが安倍さん。

 中国にしてみれば、米露に組まれたら200パー勝ち目がありません。リンクピンの安倍さん失脚させるために「奴隷」を使って森友や加計問題で攻撃したれ、ロシアゲートつうえん罪でトランプを失脚させようとしてきました。

 でも、ここにいたって、トランプから米中貿易戦争を仕掛けられるとは夢にも思ってなかっただろうね。慌てて安倍さんにすり寄ってきました。

 沖縄返還のあと、北方領土返還問題にも懸命だった末次一郎先生が代表をする「海外青年協力隊を育てる会」で、私、学生時代に長らくバイトしてたことがあります。まさか30代になって、末次先生と何回か酒席をともにできる、とは思いもしませんでした。

 根室にもまいりました。北方領土がすぐそこに見えますよ。

 いつだったか、鈴木宗男さんの話もされてましたけどね。どうなんでしょう。末次先生は「四島一括返還論者」でしたけど、鈴木宗男さんも「段階的返還論者」ではなかったのかな、と思いますね。

 「いますぐ全部返せ!」では交渉のテーブルにはついてもらえないでしょ。戦争=血で奪い取った領土、領空、領海ですからね。とくに凍らない国後水道は渡さないでしょ。

 重要な点は、日米地位協定ですよ。1951年に結んだ日米安保。日本中どこにでも米軍基地を置ける。北方領土にも置ける。こんなとこに基地をつくられたら、ポーランドにNATOを置かれるのと同じ。プーチンが許すわけがない。

 けど、そこはトランプ。プーチンから切り出したのも安倍さんから提案できるわけがないから。「いま突然閃いたんだが、なんの前提もなしに・・・」と振ってくれたわけ。安倍さんは驚いた振りして、元もと自分が書いたシナリオを演じたわけ。

 まあ、そういうウラがあります。ネオコンは大反対。でも、トランプが抑え込んでるから石破さんは総裁選にダブルスコアで敗北。

 国際政治は投資と同じくらいおもしろいわな。

 BC4世紀から続くロシアの歴史、ユダヤの歴史。ソ連てのはユダヤ人がつくった国ですからね。

 来週の講義、乞うご期待です。

 「ロシア問題、興味があるんです。オブザーバーで聴かせて頂けませんか?」つうメールがありました。残念ながら、講義はメンバーだけに聴かせるもの。「データは売って頂けますか?」つう再メール。残念ながらメンバーだけに配信してますんでごめんなさい。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「新版 安売りするな!「価値」を売れ!」(藤村正宏著・1,512円・日本経済新聞出版社)です。ビジネスで超速効役立つインテリジェンスっすよ。「通勤快読」視聴しない人の気が知れんわな。もったいない。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年11月20日 (火)

博多原原の新メンバーを熱烈募集します!

■忘れないうちに・・・昨晩午後11時08分に「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」の臨時便を発行しています。メンバーはご確認下さい。

 1日3回くらい配信したいとこ。本業があるからなかなかね。もっと時間をつくらなきゃいけませんな。
 といいながら、昨日、緊急出版(12月出版ですよ!)を引き受けちゃったもんな。『ミスよけ大全』に続いて紙本です。年末進行は週刊誌並のせわしさですよ。ま、売れる企画だかんね。たぶん20万部はいくと思います。
 私の本て出版不況と関係ないのよ。経営者とビジネスパースン必読だから。

■忘れないうちに・・・本日午前4時に先週土曜開催「ぴよこちゃん倶楽部」の講義データを配信しました。メンバーはご確認ください。


 博多原理原則研究会(第7期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2019年のテーマとスケジュールです!
(金曜開催です。映像をたっぷり駆使した講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)

■1月11日「2019年の日本経済はこうなる!勝てる投資をやりなさい!」
■3月1日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月10日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月5日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月13日 「インテリジェンス脳の鍛え方について語ろう」
■10月4日「成功の秘密は無意識の力にあった!について語ろう」
■11月29日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」


※本講義は午後7時〜9時。午後6時からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多い!)」は自由参加です。
□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税=12万9600円(年間)
□申込法:「博多原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:TKP博多駅前シティセンター(博多駅前)8階(ゴージャスになりました)>



※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る等、気楽な気持ちでどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年11月12日 (月)

神の國出雲原原の新メンバーを熱烈募集します。

 神話の里、出雲原理原則研究会(第6期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2019年のテーマとスケジュールです!
(出雲原原は土曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)
■1月12日「2019年の日本経済はこうなる! 勝てる投資をやりなさい!」
■3月2日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月11日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月6日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月7日「売上10倍増のマーケティング!最強のファン作りについて語ろう」
■11月30日「成功の秘密は『無意識のちから』にあった!」


※本講義は午後7時〜9時。6時30分からの「まくら=時事問題(経済投資に関する情報)」は自由参加です。
□募集人員:若干名
□受講料:10万円+消費税=10万8千円(年間・出雲だけ安いんです)
□申込法:「出雲原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:ビッグハート出雲(出雲市駅となり)2階特別会議室>
※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄るなど気楽にどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年11月10日 (土)

博多原原の新メンバーを熱烈募集します!

 博多原理原則研究会(第7期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2019年のテーマとスケジュールです!
(博多原原は金曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)
■1月11日「2019年の日本経済はこうなる!勝てる投資をやりなさい!」
■3月1日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月10日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月5日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月13日 「インテリジェンス脳の鍛え方について語ろう」
■10月4日「成功の秘密は無意識の力にあった!について語ろう」
■11月29日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」


※本講義は午後7時〜9時。午後6時からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多い!)」は自由参加です。
□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税=12万9600円(年間)
□申込法:「博多原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:TKP博多駅前シティセンター(博多駅前)8階(ゴージャスになりました)>



※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄るなど気楽にどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年11月08日 (木)

博多と出雲の原原はラスト講義です。

 博多と出雲の原理原則研究会はいよいよ今週の講義でオーラスです。
 1年てのは短いっすね。あっという間にクリスマス、あっという間に除夜の鐘、あっという間に初詣、あっという間に桜の季節を迎えます。


受講申込はメンバーまで。知り合いのメンバーがいなければ中島孝志まで。博多と出雲で開催します。

 オーラス講義はいつもは「松下幸之助さんの経営道に学ぼう」というテーマですけど、今回は変えます。もち、幸之助さんの事例もご紹介しますけど、もっとディープなコンテンツにしました。ま、聴けばわかりますよ。


「原理原則研究会ってなに?」と訊かれたら、「人間を勉強するところです」「たまにビジネスやマネジメントも勉強してます」とお答えください。

 毎度ですが新メンバーへの宣伝告知の「オープン講義」。トライアル講義、お試し講義、早い話が「無料」でおま。


メインテーマは「成功の秘密は無意識の力にあった」です。

3時間まったく飽きない、と思うよ。


 ご縁のある方はこんなことしなくても参加しますし、ご縁のない方は100回やっても参加することはないでしょ。勉強も投資もいちばん大切なのは「ご縁=タイミング」です。「もっと早く知っていれば・・・」がいちばん怖い。

 西郷どんが遠島流罪を命じられた時、唯一持参された本にこんな一節があります。

 少にして学べば、則ち、壮にして為すこと有り。
 壮にして学べば、則ち、老いて衰えず。
 老いて学べば、則ち、死して朽ちず。

 ご存じ、佐藤一齋の『言志四録』です。1133条もの語録ですから読むのもしんどいな、と感じるかも知りませんが、その魅力は読まないではいられないものです。勉強というのもしないではいられない。どんなに止められてもやる、というものです。

 西郷どんは101条を抜き出して噛みしめたようです。『西郷南洲遺訓』に収録されてます。

 原原には20代から70代後半の方までたくさんのメンバーが参加されてます。
 私がいちばん不思議に思うのは「どうしてこんなものに参加すんだろ?」つうこと。なんの役に立ってます? わからんなあ。
 勘違いでスタートし、誤解と錯覚でいまだに続け、結果、あちこちで開催してますけどね。

1つ気づいたことは、ああ、そうか、中島孝志は黒子なんだ。脇役どころか舞台にもいない。後方でやいのやいの言ってる演出家に近い役割なのかもしれません。

 原理原則研究会の主役は参加メンバーおひとりおひとりです。ですから、「オレひとりくらいなにもしなくても影響ないよ」とみなが思ったら消えます。サッカー今治FCの岡田監督のエピソードそのものです。

いつやるの? いまじゃん! ホントに消えますよ。 


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「 この間。」(東野コージ著・1,512円・ワニブックス)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年11月01日 (木)

今月の博多と出雲の原理原則研究会は「オープン講義(無料参加できます)」です。

 いきなり高値から始まりましたね。ダウもようやく大幅上昇。


ソロスと中国に振り回されてたNYですが、共和党の圧倒的な資金力で高値更新といきたいですな。

日曜深夜に配信した「投資情報メルマガ」臨時サービス便 ドンピシャでしょ。NK225は3日ぶり反落。けど、あちらは今日も上昇。3日で10%超ならまぁいいっしょ。


 いよいよこの11月でオーラスとなりました。1年てのは短いっすね。あっという間にクリスマス、あっという間に除夜の鐘、あっという間に初詣、あっという間に桜の季節を迎えます。


受講申込はメンバーまで。知り合いのメンバーがいなければ中島孝志まで。博多と出雲で開催します。

 オーラス講義はいつもは「松下幸之助さんの経営道に学ぼう」というテーマですけど、今回は変えます。もち、幸之助さんの事例もご紹介しますけど、もっとディープなコンテンツにしました。ま、聴けばわかりますよ。


「原理原則研究会ってなに?」と訊かれたら、「人間を勉強するところです」「たまにビジネスやマネジメントも勉強してます」とお答えください。

 いよいよ博多と出雲の原理原則研究会はオーラスとなります。毎度ですが新メンバーへの宣伝告知の「オープン講義」。トライアル講義、お試し講義、早い話が「無料」でおま。


メインテーマは「成功の秘密は無意識の力にあった」です。

3時間まったく飽きない、と思うよ。


 ご縁のある方はこんなことしなくても参加しますし、ご縁のない方は100回オープン講義をやっても参加することはないでしょね。

 勉強も投資もいちばん大切なのは「タイミング」。「もっと早く知っていれば・・・」がいちばん怖い。

 西郷どんが遠島流罪を命じられた時、唯一持参された本にこんな一節があります。

 少にして学べば、則ち、壮にして為すこと有り。
 壮にして学べば、則ち、老いて衰えず。
 老いて学べば、則ち、死して朽ちず。

 ご存じ、佐藤一齋の『言志四録』です。1133条もの語録ですから読むのもしんどいな、と感じるかも知りませんが、その魅力は読まないではいられないものです。勉強というのもしないではいられない。どんなに止められてもやる、というものです。

 西郷どんは101条を抜き出して噛みしめたようです。『西郷南洲遺訓』に収録されてます。

 原原には20代から70代後半の方までたくさんのメンバーが参加されてます。いちばん不思議なのは「どうしてこんなものに参加すんだろ?」ということ。わからんなあ。なんの役に立つんだろ? 勘違いでスタートし、誤解と錯覚でいまだに続けてます。結果、あちこちで開催することになりました。

1つ気づいたことは、ああ、そうか、中島孝志は黒子なんだ。脇役どころか舞台にはいないで、後方でやいのやいの言ってる演出家に近い役割なのかもしれません。

 原理原則研究会の主役は参加メンバーおひとりおひとりです。ですから、「オレひとりくらいなにもしなくても影響ないな」とみなが思ったら消え失せます。サッカー今治FCの岡田監督のエピソードそのものです。

いつやるの? いまじゃん! 


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「松竹と東宝 興行をビジネスにした男たち 後編」(中川右介著・972円・光文社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便




ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

必見!「昭和元禄落語心中」は今夜が最終回です。
[2018年12月14日]
[中島孝志のテレビっ子バンザイ!]

中島、ソフトバンク、上場するってよ。
[2018年12月13日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

博多原原の新メンバーを熱烈募集します。
[2018年12月12日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間で5日でハイリターンを狙う!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!