カテゴリー:中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!

2019年05月24日 (金)

宝塚星組公演『鎌足 夢のまほろば、大和し美し』

 次期トップスター礼真琴さん率いる『アルジェの男』に、現トップスター紅ゆずるさん率いる『鎌足 夢のまほろば、大和し美し』の全国同時ツアー。星組は人材が豊富ですな。

 『アルジェ』についてはすでに書きましたので、今回は『鎌足』について少し。


「倭は国の眞秀ろば 畳なづく青垣 山隠れる倭し うるはし」(『古事記』)にありますけど、ヤマトタケルの歌でしょうが。

 鎌足は中臣ですからね、神祇官の家系なんですよ。昨日の名古屋原原、そして今日の大阪原原でのお話の通り、古代、天皇(正確には天武天皇までは大王ですけど)から「○○家」という「氏」を頂戴します。

 「名」ではありませんよ。「氏」です。氏姓制度がありますから、冠位十二階で「正一位」とか「従一位」とか「姓」の等級で右大臣、左大臣、内臣等が決まります。

 鎌足は下っ端ですから出世したかったわけでね。戦略的に考えていました。

 飛鳥時代。唐から帰朝した僧旻が開いた学塾で大陸の文化学問を貴族の子弟たちが学んでいましたが、その中に、大臣(おおおみ)蘇我蝦夷の嫡子入鹿。「乙巳の変」で入鹿を殺すことになる中臣鎌足がいたんです。

 まあ、「志」を抱いていたのは入鹿ですよ。天智天皇は庚午年籍だけで評価されるべきで、基本、抵抗勢力。大化の改新は入鹿のグランドデザインでしたよ。鎌足が踏襲したわけです。そして、それは息子不比等に受け継がれます。

 古代の政治は近親間の裏切りと殺し合いの歴史ですけど、1人の女性をめぐる鎌足と中大兄。入鹿と皇極斉明天皇の愛憎を織り交ぜて「歴史」は紡がれていきます。

 歴史とはなにか? 勝者による勝者のための「弁明書」ですよ。
 嘘八百とは言いませんけど、真実なんて残っちゃいない。『日本書紀』は公式歴史書ですけど、すべて真実であるわけがありません。まとめたのは不比等と持統天皇なんですから。

 自分たちに都合がいいようにさりげなく編集されています。だから、周辺の書(書とは元もと歴史書の意味ですから)を対比されながら「真実」をあぶり出さないといけないわけです。

 入鹿を討ち、愛する妻を奪われながら、天智天皇の元で立身出世を遂げ、しまいには天皇家から権力を奪ってしまったのが藤原家です。

 ま、今週の原原では「ま・く・ら」でたっぷり。歴史は面白いですな。

カテゴリー:中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!

2019年05月22日 (水)

宝塚歌劇月組『夢現無双-吉川英治原作「宮本武蔵」より-』『レビュー・エキゾチカ クルンテープ天使の都』

 ベストセラー小説を舞台にしちゃいました。なんでもやっちゃう宝塚ですわな。

 武蔵役は珠城りょうさん。お通に美園さくらさん。新トップコンビのお披露目公演でもあります。

 美剣士佐々木小次郎は? 美弥るりちゃん。

 しかし原作にここまで忠実になぞらえるとはねー。宍戸梅軒まで登場しちゃう。これを夏目雅子さんの姪っこ風間柚乃さんが演じてるんだよなー。凛々しくて素敵ですよ。夏目雅子さんの宝塚男役なんて見てみたかったもんねー。



 「小次郎破れたり」
 「なぜだ?」
 「どうして刀のサヤを捨てた?」

 定番のセリフもすらすら。うんうん、ありましたありました。

 「宮本武蔵」と言えば、東映映画のヒット作品。居合道の達人だった萬屋錦之介さんが演じてましたよね。小次郎役は鶴田浩二さん、高倉健さん、とかね。物干し竿と言われた刀を背負ってカッコイイわけ。

 チビの頃、30センチ定規を刀に見立てて背中にさして遊んでもんなあ。

 時代はご存じのように戦国時代から安土桃山。いよいよ関ヶ原の戦も終わり、徳川の時代かという時ですよね。作州宮本村・新免武蔵(しんめんたけぞう)が僧沢庵に導かれ、宮本武蔵(みやもとむさし)と改め剣の道を極めます。

 短時間に巌流島の戦いまで演じきるんですから大変ですわな。

カテゴリー:中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!

2019年05月15日 (水)

宝塚「アルジェの男」に見る女たち。。。

 ある若者が「夢」を抱く。けど、彼の場合は「野望」と言われた。

 スラム出身の孤児だから。

 徒手空拳の身でつかむにはそれなりの戦術があるわけさ。「頭が切れる」という才能も、「美青年」という資質もすべて使い切る。

 振り回される女が3人。

 同じスラムで育った踊子サビーヌ、スリに失敗したのが縁で「拾ってくれた」提督の令嬢エリザベート、そしてパリ社交界を牛耳るマダム唯一の身内、盲目のアナベル。

 「愛している」と囁いて女たちを利用する。ドンファンかカサノバ、それとも・・・ジュリアンの武器はこれしかないんだもん。しかたないじゃないの。

 どの女もジュリアンを深く愛します。命を賭けてね。けど、最後の最後にジュリアンが選んだ女は? だれだと思う?


星組次期トップスター!もはやトップの風格、礼真琴さん。


大好きな音羽みのりさん(ハマ出身なのよ。高校は目黒だけど)と今回ツートップ。次期トップ娘役は舞空瞳さんなんだけど。




11年上演は月組。霧矢大夢さんでしたね。その前だと、初演の鳳蘭さん(74年)とか峰さを理さん(83年)。

 74年初演の名作ですから、演出がどうなるかでぜんぜん違います。

 観客はジュリアンに瞳キラキラで酔いしれる乙女たち(超昔の乙女も含めて)ばかりだと思うけど、同時に3人の恋する女たちにも周波数ドンピシャ。1人1人のヒロインになりきりながらジュリアンに心寄せていたのではないかしらん?

 テーマは・・・「献身」ではないかなあ。「純愛」なんて弱いもんじゃないわな。見返りをまったく求めない愛。捧げてこその愛。

 遊びに遊びまくって遊び疲れた男が、いい年になってかつての美青年ぶりもすっかりはげ落ち、同時に羽振りも零落。だれからも注目されなくなった。
 ふと横を見ると1人の女。
「いつからいたの?」
「ずっと」
 こんなに近くにいたんだ! 『旅路』のポーラ(英国を代表する女優グリア・ガースンが演じたなあ)ですよ。

 「ジュリアンが選んだ女性は?」なんて書いたけど、選ぶ選ばないという次元の話じゃないでしょうね。「運命」だと思うのね。「この人しかいない!」「生まれる前から決まっていた」つうほどの強い絆。

 縁でしょうな。30年前、ある霊能者から言われたひと言が忘れられないね。その話はまたいずれ。

カテゴリー:中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!

2019年05月02日 (木)

「じゅんいちダビッドソン」さんの単独ライブがありますよ!

 私の大好きなピン芸人「じゅんいちダビッドソン」さんの単独ライブ2019『football friday』があります。

 1年半ぶりの新ネタ単独ライブだそうです。



 「どんなことをやるか?」
 「いや、どんなことやるかちゃうやろと。何をやるかではなく、どれだけ盛り上げるかが、非常に大事になってくる、そういうフェーズに入ってるんじゃないかと。」
 「1回公演。見逃すべきではないですね〜!」

 とのことです。私? 博多で講義、翌日は出雲で講義。だもんで行けないの。




松岡茉優さんのラジオ番組で共演! 茉優さんはとてもシャープな女優さんでした。

■出演:じゅんいちダビッドソン。
■日程:19年5月10日(金)19:00開場 19:30開演
■料金:前売3.500円、当日4.000円(全席指定・税込)

※チケットはローソンチケットだと(Lコード:32895)です。
※渋谷の「シブゲキ」です。いつものハコですね。
http://www.cbgk.jp/schedule/#football

 アクセスしてみてください。

カテゴリー:中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!

2019年03月27日 (水)

祝!感謝!七海ひろきさん(かいちゃん)宝塚歌劇団ご卒業。

 「初めて宝塚と出会ったとき、心が震えました。私は宝塚に恋をしたんです。そのときからずっと宝塚に夢中でした・・・」

 今月は卒業シーズン。来月は入学シーズン。終わりがあれば始まりもあるわけで、というより、終わりがあるから始められるわけです。始めるから終わるわけです。

 この宇宙のリズムのことを「新陳代謝」ともいいますし「生成発展」ともいいますよね。たしか。

 卒業にはいろんな形があります。学校を卒業する。仕事を卒業する。あなたから卒業する。結婚を卒業する・・・なんてこともあるでしょうな。

 共通するのは「変化」です。人生のターニングポイントですよね。変化しなければ人は進化できませんから。

 冒頭の言葉は、大好きな七海さんの言葉です。


男役16年とはいえ、たまに演じる女役も良かったですよね。


宝塚大劇場でのご卒業に続いて、東京宝塚劇場はホントに最後の舞台でした。はるちゃん(音波みのりさん)とのツーショットはたくさん。トップスター同士になってたかも。そういえば、はるちゃん、ハマの出身なんだよね。


最後の舞台は菊田一夫作『Once upon a time in Takarazuka 霧深きエルベのほとり』のトビアス役。そして『スーパー・レビュー ESTRELLAS(エストレージャス) 〜星たち〜』でした。

 緑の袴。凛々しいですな宝塚は。死ぬほど厳しい指導だったようですけど、いちばん悩んだのは「孤独感」だったらしいっす。昔風に言うと「疎外感」てやつかな。

 それを乗り越えられたのは「良き仲間」がいたからとか。

 いいですね。女の世界だから嫉妬とやっかみと虐めが渦巻いてるのでは、とゲスの勘ぐりをしたくなりますが、真剣勝負の世界ではそんなものしている暇はないでしょう。抜擢は重責と同じ意味ですから。押しつぶされそうな時も助けてくれるのは「良き仲間」です。

 そうなのか、私たちの一生てのは「良き仲間」と出会い、「良き仲間」をつくり、「良き仲間」と過ごす時間のことを言うんですね。

 「良き仲間」・・・ソウルメイト。わが原理原則研究会には「良き仲間」がたくさんいます。ぜひ飛び込んでみてください。1センチ手前では見えないことが1センチ中に入ればすべて見えてきますから。

カテゴリー:中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!

2019年03月23日 (土)

柳家喬太郎さん原作「ハンバーグができるまで」

 詳しいことは、ただいま上演中なんで話せないんすけどね。さすがに面白いっす。

 原作つうか原案は喬太郎さんの同名の新作落語なんすけどね、劇団ペテカンが巧いこと脚色してます。







 喬太郎さん、ペテカンのファンらしくて、去年も出演されてます。元もとは2012年だかに昇太さんが出演したことらしい。


去年は日本橋の三越劇場でした。数年後はブロードウエーかいな。

 構成がなんとも巧い。とてもとても天使には見えない「人生演出家」の狂言回しがテンポいい。超お勧め。

カテゴリー:中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!

2019年03月11日 (月)

続・三遊亭歌之介師匠、大名跡「圓歌」ご襲名!

 4代目圓歌襲名披露の続きです。

 料理もサイコーに良かったですけど、私、ワインが苦手でしてね。「シャトー・ラトゥールで乾杯は帝国ホテル130年でもはじめてのことです」と言われても、味なんぞさっぱりわからんわけで、もったいないのひと言ですよ。

 昨日は鶴瓶師匠の心配りに感心しましたけど、主役の圓歌師匠もさすがでございました。

 噺は熱演そのもの。土曜朝もNHKの「日本の話芸」に出演して龍馬について一席。懸命に笑わそうとするのが持ち味。芸になってます。

 けど、先代は143センチしかなかったらしいね。小さくて探すの大変だ、とほかの師匠連も言ってましたけど、鹿児島空港出たトコに温泉があるぞ、って先代が教えてくれたんで、歌之介さんたちが言ってみると、足湯。先代はそこで肩まで浸かってたとか。

 ウソですよ。本気にしないでくださいね。

 引き出物にびっくり。長崎と鹿児島のお菓子はスポンサーへの配慮でしょ。センスと手拭いは定番。ああ、これはいいな、と思ったのは浴衣の反物と帯一式。「圓歌」の名前入り。夏には着られます。ありがたいね。

 翌朝、礼状が届きました。



 いつ出したんだろ? 前日? んなこたないね。文章読んでるとね。そうか、受付で名前書いた時ですね。そのまま弟子たちが宛名書いて郵便局に走ったんですな。しかもポストではなく、東京駅正面の中央郵便局ですよ。あそこなら受け付けて即配送しますから。でないと、翌朝には届きません。速達じゃないんすから。

 こういう気配り。私も営業マンの時によくやりました。面談即、その会社のオフィスで礼状書いて投函しちゃう。アポが取れた瞬間、礼状投函しちゃう。


心配りの名人でもございました。

 お客さん商売だもの。このくらいやらなくちゃ。さすが気配りの当代圓歌師匠ですな。


噺家は聴いてナンボ。聴かせてナンボです。上野鈴本を皮切りに50日間の襲名披露公演。初っぱなに駆け付けましょうよ。

カテゴリー:中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!

2019年03月10日 (日)

三遊亭歌之介師匠、大名跡「圓歌」ご襲名!

 ♪やまのあなあなあな、で大爆笑をとった3代目圓歌。「こんなのが行くから戦争に負けるんだよ」と先代三平との掛け合いはサイコーに面白かったっすよね。

 1978年(昭和53年)、この圓歌に弟子入り。滞納してるアパートの家賃を廊下で落語会をやって払った貧乏噺家がこのたび「圓歌」の大名跡を継ぐことになりました。

 襲名披露は来週から上野鈴本を皮切りに催されますけど、記者会見と関係者が集まるパーティがありまして、歌之介いや当代圓歌師匠とは数回しか会ったことがないけど、義兄が長年支援してる関係でご招待頂きました。


鹿児島弁丸出し落語。はじめて聴いたのは「B型人間」だったなあ。


まずご挨拶は落語協会会長・柳亭市馬師匠から。「♪俵星玄蕃」は季節外れなんでなし。「3年前、先代からくれぐれも歌之介を頼むとこの場(帝国ホテル)でいわれた」と打ち上げ話。ユーモアたっぷり。さすがにしゃべりのプロだわな。


続いてのご挨拶は落語芸術協会副会長兼会長代行の三遊亭小遊左師匠。笑点でお馴染みです。


40年来の友人」武蔵川親方(第67代横綱武蔵丸)が大阪から駆け付けてくれました。席は私の隣でしたけどすぐに大阪に戻られました。


縁起物の看板贈呈。実は噺家たちが制作費を積み立ててるらしい。


乾杯のご発声は最高顧問の金馬師匠。めちゃお元気。凄いね、これは。


歌之介さんも出演してんのよ。三國蓮太郎さん主演・神山征二郎監督。映画上映のプレイベントとして師匠の公演とかありましたね。



 帝国ホテル富士の間に500人。見事な襲名パーティでしたよ。よくまあ、これだけぎっしり集めましたな。予定より100人多かったとか。落語仲間、色物もたくさん。舞台で芸を披露してました。

 歌之介さんも偉いけど、先代圓歌師匠は落語協会会長もやり、昭和を代表する噺家でしたからね。

 こういう師匠を選んだのも偉い。師匠と弟子の関係というのは、師匠は弟子をとるかとらないか決定権がありますけど、実は、弟子のほうでもだれの弟子になるか、決定権があるわけですよ。弟子を取らない、自分の芸を極めたい、という人もいるでしょうが、弟子が増え、隆々と一門が栄えていく、というのは師匠冥利に尽きる、と思うわけですよ。

 70、80と齢を重ねていく時、落語ってーのはそもそも枯れた芸だね、名人だね、といわれる個人芸ですけど、「おたくの○○、最近、腕あげたね」といわれる喜びは別次元ではないか、と思うんですよ。

 ま、いたずらに弟子ばかりとってる噺家もいますけど、会社組織にして老後の生活も安泰盤石。「年金」みたいなもんなんでしょうな。

 そうそう、私のテーブルには席が1つだけ空いてましてね。舞台挨拶も乾杯も済んだ頃、縫うように入ってきた人がそこに座りました。

 鶴瓶やないか! 人気者ですな、写真写真写真。会場中から記念撮影頼む客で行列になりましたがな。


鶴瓶さんの隣がギョロ目の高田文夫さん。高田さんの隣がおお懐かしの佐々木信也さんじゃないですか。

 それにしても鶴瓶師匠の人気は凄いですな。なにが凄いかというと素人の関係者ばかりが記念撮影に押し寄せるだけじゃなくて、噺家仲間しかも大御所たちが挨拶に来るのよね。小遊左、圓楽、喜久扇、昇太、たい平とかね。

 私が大好きな噺家たちは奥のテーブルなんで姿も形も見えませんでした。

 こういう商売は売れてナンボですな。売れなくちゃあかんなー。つくづく思うわ。

 鶴瓶師匠で感心したのは心配り。相撲取りでもないしタレントでもないし。でもテーブルを和ませようと話を振ってくれるわけ。残念ながら話そうとすると「写真お願いします」で遮断。それがずっと続きました。

 料理のうち、魚介を特別担当したの日本のフランス料理を牽引したシェフの一人、上柿元勝さん。帝国ホテル総料理長の田中さんと一緒に挨拶されました。鹿児島の鯛を料理。美味でしたよー。

 引き出物も凄かった。洒落て粋でした。お客さん、贔屓あっての芸人? いえいえ、すべてがお客さん、贔屓あって成立してるんですよ。お客さん、贔屓を大切にしなくちゃ。「道行く人もお客様」と幸之助さんはよく言ってましたけど、釣瓶さん見てて、ああ、たしかになあと再認識させて頂きました。

 お客さん、贔屓のために尽くすことが自分を育ててくれるんです。感謝合掌でんな。

 明日も続きます。

カテゴリー:中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!

2019年03月09日 (土)

日経が星組トップ紅ゆずるさん大絶賛してますぅ!

 この舞台、サイコーなんだわあ。乙女の目から涙涙涙。宝塚では珍しいんじゃないかな、「悲恋」なのよねえ。アンハッピーエンドなんすけど、そこは宝塚。

 さわやかな悲恋。お互いに相手をいたわるいい人ばかりだもん。

 天性のコメディエンヌですけど、こういう芝居もできるんだ、と改めて紅ゆずるさんのファンになること請け合い。


日経新聞が大絶賛!菊田一夫先生のオリジナル。上演は57年ぶりちゃうか。。



 10月に娘役トップ綺咲愛里さん(あーちゃん)も同時引退。正統派美人だよね。ポスト綾瀬はるかさん。
 七海ひろきさんは本作でご卒業。娘役も男役もカッコイイっすよね。

 それにしても歌も芝居も踊りも巧いよね、礼真琴さん。



 全国の東宝系映画館で千秋楽を観劇できるんすよ。乙女も昔の乙女も大昔の乙女も涙涙涙。「女湯が空になった」という『君の名は』の原作者だけのことはありまんな。参考までに、『君の名は』はNHKラジオドラマが大ヒットしたので松竹が映画化。主演は岸恵子さんが真知子巻きなるストゥールで一斉を風靡しますけど、これ、地元ハマの馬車道で買ったモノなんよ。

カテゴリー:中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!

2019年02月08日 (金)

七海ひろきさんご卒業!

 ショックです。しばし呆然です。しかも3人ご卒業なんて・・・。

 紅ゆずるさん。星組トップ。大阪市内の酒屋の娘。02年「プラハの春」で初舞台。
 娘役トップの綺咲愛里さんも同時卒業。2010年「スカーレット ピンパーネル」で初舞台。星組配属。16年11月、紅さんとコンビ。


天性のコメディエンヌ。宝塚を代表する傑作になりますよ。「エリザベート」「ベルばら」とは違ったテイストでね。

 私、何回か握手したことあります。たぶん宝塚随一の美形。女優さんとしても成功すると思う。

 10月13日、東京宝塚劇場「GOD OF STARS 食聖・エクレールブリアン」で最後の雄姿ですか・・・。



 哀しいことに、星組男役スター七海ひろきさんは少し早くご卒業。

 宙組育ちで4年前に星組に。娘役もたまにしてますけど、ラインが女性っぽくて娘役としても魅力的でしたよね。。「霧深きエルベのほとり・エストレージャス〜星たち〜」ですよね。東京宝塚3月24日(千秋楽)か・・・。

 彼女は完全引退しちゃうだろうなあ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

応神天皇陵よーやくみっけ!
[2019年06月25日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

いよいよ第7期「ぴよこちゃん倶楽部」「中島孝志の銘柄研究会」をスタートします!
[2019年06月24日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

25日(火)東京駅そばで講演します。
[2019年06月23日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!