カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年07月14日 (日)

「三国志」

 全作品撮影OKなのがいいっすね。いつものトーハク。先週火曜から『三国志』なんですよ。

 大好きなのが諸葛亮孔明。ファンの方多いと思いますけど。「赤壁の戦い」「一夜で十万本の矢を得る法」もいいですけど、やはり、「孟獲を七度解放する」「泣いて馬謖を斬る」「死せる孔明、生ける仲達を走らす」がサイコーですね。『三国志演義』ですけどね。


上野の東京国立博物館でやってまんねん。


 とくに「孟獲を七度捕縛しては七度解放する」なんてのは「心をつかむ=人望=徳」を考えるときに大切です。



 一夜で弓10万本をゲット! 天井に弓がずらり。演出がなかなかいいですよ、今回は。



 2世紀末、漢王朝の権威がかげりをみせます。各地の有力武将が歴史の表舞台へと躍り出ます。

 魏、蜀、呉。孔明は天下三分の計でバランスをとり、それぞれが生き抜く道を提案しますけどね。







 河南省の曹操高陵(墓)が発見されましたよね。等身大で鑑賞できます。出土品もいろいろ。



 曹操は将の器ですよね。遺言が見事。将たるもの、自分の亡き後のことも心配りする。いのは戦争中なのだ、という意識。



 三顧の礼で迎えられた孔明が使えた劉備玄徳は先に亡くなり、 孔明の死後30年も蜀は続きますが、曹操の魏に滅ぼされてしまいます。しかし、中国を統一したのは魏ではなく、仲達の子孫が拓いた晋でした。
 
 魏のような政治は続かない・・・孔明の予言ですよ。

 そうそう、事態が悪化するのに当事者意識ゼロ。ミスったら責任転嫁。被害者意識で凝り固まってる人物が「宰相」になどなったら国民は地獄を味わいますよ。「兵は拙速を尊ぶ」ものです。

 「将師、勇ならざれば将なきに同じ」

 やるべきときに、やるべきことを、やるべき方法で、断行する。それができるのはリーダーだけです。右顧左眄し、なにも決断できず、いたずらに事態を放任するようでは、国を滅ぼします。こんなリーダーは排除しなければいけません。

 天子は天命によってその地位を与えられて天下を治めるもので、もし天命に背くならば,天はその地位は奪われます。易姓革命の所以ですね。

 だれとはいいませんけどね。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年07月09日 (火)

木曽路はいつも山のなか。。。

 忘れないうちに・・・参院選はふつう株価にはあまり影響しませんが、今回だけは別だと思うな。同時選挙崩れですから日銀資金も総動員するのでは? ならば「裁定買い残」「空売り」は急増して当たり前なんやけど。

 どうなんでしょ。


ようやく空売りも50前後に上昇。空売りエネルギー期待ですな。



 さて、第18期東京原原は今日で修了。嬉しいことに来期の申込が殺到。あれ、不景気ちゃうの? 「年12回の講義」がやっば効いてるんかな。「ぴよこちゃん倶楽部」と同時入会(今年から半額サービス適用)もありぃの、「通勤快読」だけではガマンできなくて東京原原入会もありぃの。

 OK!アリガト!



 具体的な入会受付は明日から。

 「まくら」では経済予測に投資解析、誰も知らない裏話・・・よろしくね。

 さーて、木曽路はいつも山のなか。そうか、いつもいつも浪速節なんだな。島崎藤村も暗い中山道を馬篭まで歩いたのか。

 馬篭、妻籠、木曽福島、奈良井宿はいまでもたまに行きます。歩くの大好きな欧米人とよく会いますね。サイクリングとかね。歩くの大嫌いなあの方々はここには来ない。だから静か。







 中央本線の中津川駅前にある「わくり」は蕎麦の名店。なかなかです。この前紹介したよね。人っ子1人歩いてない町にここは満員。といってもカウンターだけだけど。





 「昼から飲めます」がうれしいね。。。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年06月26日 (水)

応神天皇陵よーやくみっけ(その2)

 応神天皇陵から父上の仲哀天皇陵まではチャリで15分くらいでしたね。ただし、私は徒歩もめちゃ早いですが、チャリともなりますと暴走族並みです。それで15分。いやもっとかかったかも。迷子の時間が30分はありましたからね。

応神・仲哀父子の陵を参拝できた。これで十分といえば十分なんですけど、葛井寺と辛国神社が藤井寺にありますし、3年前にトーハクで葛井寺の国宝を拝見したことがありますから、ちょいと伺おうと思います。

 まずは辛国神社。



 幸国とは、かつてこの地を収めていた物部氏の一支族。役小角の弟子。呪術者の韓国広足を輩出した幸国連に由来している、とのこと。



 近世にかけて「春日社」と称し、明治になって「辛国神社」と改称されたそうです。





 参拝してたら、これぞ「ザ・オーサカ」やんけ、というスーパーウルトラど派手爺さんに遭遇。思わずカメラを向けようとして止めましたがな。

 いかんいかん。偏見や。見世物ちゃうんやから。

 いったいどうなってたかつうと、全身、金金金、まっ金金。こんな衣装(?)どこに売ってるんやろか。オーサカのおばちゃんのヒョウ柄も霞みまっせー。

 思わず注目してたら、これがちゃんと賽銭あげて参拝しまんねん。当たり前やがな。

 けど、感動。思わず話しかけてしまいましたがな。

「おっちゃん、ファッショナブルやのー」(ちょっと泉州河内のイントネーションつうインチキ関西弁使ってしまいました)
「そうか、ありがと」
「いれてまんなー。その衣装どこで売ってまんのや」
「衣装とちゃう。礼装や。どこでも売ってるんちゃうか」

 さすがですなー。恵比寿さんやな。

 葛井寺ですな。藤井寺にあんのに。 


 
 本尊千手観音坐像は奈良時代。毎月18日以外は開扉されない秘仏。胸前で合掌する2本の手を中心に1039本の大小脇手が円形に展開。現存する千手観音像としては最古。トーハクで拝見しました。創建は8世紀頃。



「お百度参り」する方が多いんでしょうな。辛国神社にもありました。



 近鉄藤井寺の線路に沿って行けば土師ノ里駅に着きますわな。なんか雲行きも怪しくなってきましたからね。はよ、チャリ返さなあかん。

 で、そろそろかいな、というときに、あれ、これ、なんなん? 
 沢田八幡神社? 境内に近鉄南大阪線が横切ってる? まさか? けど、あれ、踏切だよね。電車来そうやん。待ってみよ。

 1922年、大阪鉄道が布忍駅-道明寺駅を開通。町内を通らないよう、仲姫皇后陵の堤に沿って走らせたとか。そうそう。朝、陵の周囲をぐるりと走りましたけど、土師ノ里駅にいちばん近いとこに出てきました。

 境内に線路が横切ってる神社は坂田神明宮があるそうです。こちらは北陸本線。滋賀県米原市宇賀野に鎮座。元伊勢の伝承坂田宮(内宮)と式内社論社の岡神社(外宮)からなるそうです。



 ほら、電車来たよーん。



 線路近くで撮るとこんな感じ。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年06月25日 (火)

応神天皇陵よーやくみっけ!

 忘れないうちに・・・「ぴよこちゃん倶楽部」ゲスト講師柳橋。先生から 『9年間で平均46%利回りの投資スキルをマスターするソフト』が届きました! 無料映像動画キャンペーンは本日限りだそうです。ご確認ください。

 本日は昼から東京駅隣の東京商品取引所で講演なんすよね。♪お暇ならきーてよね。

 さーて、大阪原原の講義があるんで、古市駅にチャリを返してあわてて本町に駆けつけました。汗びっしょりでしたけど、ホテルにチェックインする暇もなし。ミネラルウォーターを3本立て続けにグビグビ。

 で、翌朝早くにホテルをチェックアウト。

 あーあ、大失敗。ラッシュアワーやんかー。そうだわな。土日ちゃうねん。金曜なんやねん。梅田駅から天王寺駅に行きたいけどラッシュラッシュラッシュ。私、満員電車が苦手なんで、サラリーマンの時は始発で通ってたのよね。いまさら乗りたくないよね。

 ということで、空くまで駅読書。45分くらいでラッシュアワーも終わり。そんなもんなんだー。

 天王寺駅から近鉄で今回は土師ノ里駅下車。ここのチャリは乗りやすいね。すぐ近くに允恭天皇陵古墳があるんですよ。


仁徳天皇の第4皇子。母は磐之媛命(いわのひめのみこと)で履中天皇、反正天皇の同母弟です。子息に安康天皇と雄略天皇。

 近鉄の線路と道路をまたぐと、そこはもっと大きな古墳。仲姫命陵古墳。


仲姫命は応神天皇との間に仁徳天皇をもうける。同母姉の高城入姫命と同母妹の弟姫命も応神天皇の妃です。

 さて、この南側にあるのが夫である応神天皇陵古墳ですよね。快調にチャリを漕いでますと、あれれ、ちがうなー。方向音痴なんかなー。


道明寺尼寺。

道明寺天満宮。

 埴輪を作って殉死の風習を無くした功績で、垂仁天皇から野見宿禰は土師臣の姓と土地を与えられた、とか。天穂日命を祀る土師神社(前身)を建立。菅原氏、大江氏は分家なんですね。

 それにしてもどこにあるんや。あんだけ大きいのになー。結局、土師ノ里駅と道明寺駅を2往復してしまいましたがな。

 大きな地図を広げてじっくり観察。うんうん、そうなんかー。そうだったんかー。はい、わかりました。道明寺駅から東高野街道を南下すれば応神天皇陵のどこかに触れるんやー。



 応神天皇は胎中天皇という異名の通り、生まれながらの君主。抵抗勢力の異母兄たちの叛乱は神功皇后が鎮圧。即位まで神功皇后が摂政。持統天皇と草壁皇子によく似てます。ま、大津皇子を自殺に追い込んだけどわが子草壁皇子は天皇になる前に亡くなりましたけどね。



 大きい、とてもどでかい! 森というか山そのものです。鎮守の杜ですな。厳かで美しい。圧巻!



 応神天皇のお父上はいずこ? 近鉄をまたいだところで地元の人に確認。「知りません」「わかりません」と苦笑い。まーそんなもんすよ。



 仲哀天皇は倭建命のご子息。神功皇后が神がかり渡海遠征するよう託宣したにもかかわらず、無視して熊襲と闘って敗北。翌年、崩御。



 天気も怪しくなってきましたし、藤井寺の葛井寺と辛国神社を参拝してチャリを返そうかしらん。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年06月16日 (日)

古市古墳群で迷子になりました・・・。

 忘れないうちに(その1)・・・日曜深夜零時に “どん底銘柄 特急便”定期便!を配信しています。タイトルは 『G20習近平ドタキャンで暴落必至? 7/12好決算発表!待ち伏せ投資戦略「V」「T」どん底銘柄「D」「G」チャート解析大研究!』 です。

 忘れないうちに(その2)・・・月曜深夜零時 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信します。テーマは 『あまりにもタイミングが良すぎる!「タンカー攻撃」「香港100万人デモ」の真実!』 です。ご確認ください。

 先月、名古屋原原の翌朝から大阪入り。で、百舌鳥古墳群をブラタカシしてきました。

 今月は名古屋原原が来週なんで、「よし、古墳行こう。」となりまして、朝も早よから新大阪駅-天王寺駅-近鉄阿部野橋駅-古市駅。

 近鉄古市駅でレンタサイクル。電動チャリは便利でんなー。

 ただし今日の持ち時間は4-5時間。大阪原原で講義がありますからね(結局、ホテルにチェックインできずそのまま会場入りとなります)。

 さーてと、まずは「応神天皇陵」なんでしょうけど、古市駅にいちばん近いのは南に位置する「安閑天皇陵」なのよね。


安閑天皇陵です。


 第26代継体天皇の皇子ですね。聖徳太子とか推古天皇よりずっと古代ですよ。母は尾張目子媛(おわりのめのこひめ)。

 出ましたね。母系の一族は尾張氏ですよ。名古屋、大阪、新潟、博多、出雲でも講義したでしょ。古代史の影に「尾張氏」ありですよ。

 倭建命(やまとたけるのみこと)の妃もそうです。熱田神宮はこのファミリーが祭祀をしてた場所を倭建命亡き後、神社にしたんですからね。

 壬申の乱(672年)だって、大海人皇子(=天武天皇)が天智天皇の皇子に勝てたのも、東海随一の軍事力を誇る尾張氏がバックにいたからです。

 そうか、安閑天皇もそうだったんだー。

 北陸出身の継体天皇の後を受けて66歳にして即位。わずか4年で崩御。
 和風諡号は『古事記』では「広国押建金日命(ひろくにおしたけかなひのみこと)。『日本書紀』は「広国押武金日天皇」。漢風諡号「安閑天皇」はいつものように奈良時代、藤原朝臣恵美押勝仲麻呂が淡海三船(『懐風藻』の著者)に名付けさせたものです。

 古市市の古墳も百舌鳥と一緒に来月、世界歴史遺産に承認されるらしいけどね。ぜんぜん観光客なんていません。つうか、受け入れ態勢がなーんもできてないと思うな。
 幟みたいのはいくつか見かけたけど、どこになにがあるか、天皇陵、前方後円墳、球丘等々、外部から来る人はさっぱり。簡単なマップはあんだけど、駅と鉄道、道路しか描かれてないから、古墳といまいる場所の位置関係がわからん。

 そうか、iPadをチャリに載せればいいのか。Googleマップだと少し走らないとどっちに進んでるかわからん。

 あの応神天皇陵ですらどこにあるかわからん。つうか、いま、自分がどこにいるかわからん。私の名前と年齢はわかるけど。

 けど、怪我の功名ってのがあんだねー。とにかく古墳は丘だ。高いとこだ。緑があるとこだ、ってんで出鱈目走ってたのよ。ケータイでGoogleマップつかえばいいと気づいたのが翌日でしたからね。

 そしたら、立派な陵みっけ!

 白鳥陵古墳? 白鳥といえば、もしかして・・・倭建命じゃね?
 ビンゴ! 不敬罪で捕まるね。そうなんすよ。亡くなった命(尊)が白鳥となって表れたという伝説がありましてね。名古屋にも白鳥古墳があります。


天皇に即位することはありませんでした。


 乱暴者で双子の兄をバラバラ殺人したことで父の景行天皇から厭われたと思う。熊襲や出雲、蝦夷の征伐を命じられるばかり。

 以前、横須賀の走水神社をご紹介したと思うけど、あの走水にしても、その名の通り、とんでもなく流れが危ないとこで難破がたくさんあった。
 命が東征した時も同様で、命の妻である弟橘媛(おとたちばなひめ)は人身御供になって海に消えた、とか。走水神社には命ともども祭神ですが、この神社には日露戦争に出征する東郷平八郎元帥以下、連合艦隊幹部が勝利を祈って参拝してますね。

 かなり南に来てしまった。清寧天皇陵が近くにあるはず。あのこんもりした丘かなう・・・大阪府立大学羽曳野キャンパスでした。まいったな、どうしてGoogleマップに気づかなかったんだろ?

 いろんな古墳は発見すんだけど、天皇陵はさっぱり。歩道橋を渡った時に気づきました・・・清寧天皇陵と仁賢天皇陵をかすってた。
 
 ま、次回の課題にしましょ。

 こんだけ迷子になるんですから、応神天皇陵を探さないと。ランドマークはここしかない。地元の人に聞いたらわかるよね。わかりませんでした。

 これも神の御導きでしょうか。平素の行いのたまものでしょうか。

 誉田八幡宮がありました。





 あのね、応神天皇という名前は漢風諡号。『日本書紀』の和風諡号は「譽田天皇(ほむたのすめらみこと)」です。そしてこの地域は誉田(こんだ)というんです。
 参拝し、社務所の神官さんにご挨拶。ついでに応神天皇陵の在処を聞くと「南です」の一言。隣なんですよ。大き過ぎてわかりませんでした。どこが拝所なのかわからん。とにかくでかい。


あまりに大きくてテニスコートにも書かれてましたがな。

 タイムアップ。そろそろ本町に戻らんと講義に間に合わん。よし明日は早く来よう・・・これがとんでもないことになりますんや。

 明日に続く・・・。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年06月09日 (日)

「水木しげる魂の漫画展」

 楽しみに待ってたんすよ。明日はメルマガ会員向けの「経済教室無料講演会」。データとかチェックせんといかんのやけど、やっぱ初日に行きたいわな。





 大好きな水木しげる先生の漫画展が横浜そごうで開催されるわけ。水木ワールドにどっぷり浸かれるわな。しかも所々に映像で「水木しげる人生のエポックメイキング映像」をなんと人気弁士坂本頼光さんが紙芝居、活動写真の名調子で解説してくれる、という趣向。



 本もグッズもどっさり購入。『方丈記』描いてるのね。読みたいなあ。



 「好きなことをしなさい」という言葉が水木さんらしくていい。本でもいつも触れてるし、カタログにも書かれてたなあ。持論なんだろうね。

 優秀な兄たちとちがって勉強ダメ。絵の才能はすごくて、小学校の教頭先生が惚れ込んだ。この人が二科展の審査員もしてまして、個展をしなさい、と激励してくれたらしい。

 本格的な絵も抜群に巧いのよね。

 21歳で兵隊にとられて、ラバウルで被爆。片腕が消えました。商戦直後、食べられなくて食べられなくて、上京してもぜんぜんダメだけど、紙芝居と貸本に必死に描いた。

 けど、食べられない。悪魔になって死ぬほど働いても食べられないのか・・・と怒りのままに描いたのが当たります。

 それが『悪魔くん』。『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』と代表作ですよね。


クリアファイル買いました。

 本名は水木じゃないのよ。たまたま住んでた水木荘を訪ねてくる紙芝居屋さんがいつもいつも「水木さん」と呼んで本名(武良茂)を覚えてくれなかった。なら水木でいいやってなわけ。

 ここらあたりがいい加減でいいね。お化けは子供の頃から近所の「のんのんばあ」に訓育されたみたい。その後、ラバウルで戦友が続々と死んでいく中、たくさんの霊と出会ったようですな。

 おもしろいでな。

 水木さんの言葉はすばらしいのがたくさんありますけど、「私が幸福だと言われるのは、長生きして、勲章をもらって、偉くなったからではありません。好きな道で60年以上も奮闘して、ついに食いきったからです」つうのが素敵でんな。

 人生は基本、暇つぶしですけど、嫌なこと辛いことを続けるのは難儀やなー。それじゃ「難行苦行」でんなー。人生の基本は「易行楽行」だと思うね。

 水木さんという人は40歳でようやく食べられるようになります。「幸福の7箇条」は先週、新潟原原ではじめて紹介しましたけど、なかなかいいわな。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年06月03日 (月)

熱中症必至の大仙古墳。

 さーーて、先週少し報告しただけでそれっきりになっておりましたが、名古屋原原の翌日は大阪原原でして、名古屋で熱田神宮と断夫山古墳を参拝したからには、大仙古墳と古市・百舌鳥古墳群に行かなくちゃ、とひらめきまして、そういえば、7月に世界文化遺産に登録されるとか。

 5年前にぐるり回ったことがありますが、まあ、登録直前にもう一度見ておこう、というわけです。

 名古屋から新大阪。そしてなんばで南海電車に乗り換えて目指すは「堺東駅」です。堺市役所21Fが展望フロアになってるわけ。

 駅からすぐですね。大型バスが横付けされてましたがな。やはり展望ルームから古墳群を見学するんでしょうな。


見渡す中でどれくらい古墳があると思います?

日本にどれくらい古墳があると思います? 前方後円墳はどれくらいあります?

 なんとボランティアの解説者が数人。私のトコにもツーッと寄ってきて解説してくれまんねん。いらんけど、聞かなくちゃ悪いかなと、うんうんう、へーそうなんですか、と適当に相づちを打ってまんねん。ここらへん、ほら、外面だけはいいから。

 「これから大仙古墳行かはるんですか?」
 「歩いていってきますわ」

 私、早歩きで時速10キロくらいなんすよ。市役所から拝所まであっという間。汗びっしょり。太陽を遮るものがありません。自販機もなし。古墳の周囲はつうと古墳古墳古墳。それに住宅と学校。



 大仙古墳は第16代仁徳天皇陵として治定されとりましてね。確たることは宮内庁が調査を禁止してますんでわかんないの。

 かつて昭和天皇はポツダム宣言受諾に先だって、各皇族を123代すべての陵に派遣されまして、「降伏やむなし」と奉告された上で受諾の御聖断を下されたらしいですね。

 陵は遺跡ではありません。皇祖の墳墓なんです。



 堀が三重ですから真夏は蒸しまっせー。7月登録でメディアはやいのやいの大騒ぎすると思いますけど熱中症必至ですな。





 帰りはJR百舌鳥駅から三国ヶ丘駅。南海電車に乗り換えてなんば駅。

 あれ、コロッケそばがある!

 南海電車の立ち食いそばかー。これは食べなくちゃ。思わず大盛りコロッケそばを注文。

 ・・・。いままで食べことがないコシのなさ。茹で過ぎやん。ぐにゃぐにゃ。いくら立ち食いでもいい加減な仕事したらあかんな。一口だけ食べて返しました。もったいないから食べなくちゃ、とは考えないの。短い人生で一食分損したと考えるから。

 やっぱちゃんとした蕎麦屋さんに行こ。といっても、四天王寺までガラガラ牽いてくのは嫌や。そうだ、ホテルのそばに「守破離」があったような。堂島店ね。4時までやってんのかー。間に合いそう。名古屋駅を8時に出てきた甲斐がありまんねん。

 喉からから。ビール呑まなくちゃ。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年05月27日 (月)

大仙古墳はきつかった。。。

 何と言いましょうか。堺の大仙古墳を拝察してまいりました。ま、これは後で。

 名古屋原原がありますので、早めにホテルに荷物だけ置いて「熱田神宮」に参拝。令和お初の参拝。

 幸い、熱田神宮では三種の神器などの由緒書など懇切丁寧な解説がありましたんで、講義の「ま・く・ら」にとても参考になりました。





 伊勢神宮内宮から熱田神宮までの距離はほぼ同じ(誤差10メートルもありません)。また外宮と断夫山古墳の距離はぴったり同じです。
 たまたまそうなったわけではなく、しかと測量して建設したからそうなってるわけです

 神宮と熱田神宮の関係は深いどころの話ではありません。

 東征に成功するヤマトタケルノミコトですが、父親景行天皇の妹倭姫命(神宮の巫女)から霊剣を授かります。これが「草薙剣」です。三種の神器ですよね。



 霊剣で百戦百勝。しかし伊吹山を制する時、この霊剣を妃に預けてしまい、結果、神の毒にやられ、いまの亀山辺りで亡くなります。その時、ヤマトを想って詠った歌が先日ご紹介したものです。


ご神体はもちろん「霊剣」です。

 熱田神宮は霊剣を納めるためにつくられたものです。妃の一族である尾張氏の霊場がこの神宮なんですよね。

 てことで、古墳繋がりで「そうだ、大仙古墳行こう。」と翌朝早くとことこ出かけた、というわけです。まさかNHK「ブラタモリ」が「大仙古墳」どはチートモ知りませんでした。



 翌朝、ホテルを7時にチェックアウト。「名古屋駅」から「新大阪駅」。地下鉄で「なんば駅」。南海電車に乗り換えて「堺東駅」で下車。



 どこに行くかというと堺市役所。21F展望フロア。ここから大仙古墳(仁徳天皇陵と治定されてますけどね)ほか、あちこちの古墳が一望できるのよ。2回目なんすけど、もう来てますな、団体のジジババたちが。大型バスでね。

 7月に登録でしょ。ブラタモリで紹介するくらいですから、そこそこブームになんじゃね? けど、7月でしょ。熱中症シーズンですからね。

 かなりかなり厳しいと思うよ。というのは、私、堺市役所から電車とかタクではなく「徒歩」で向かったんすよ。甘かったっす。全身汗びっしょり。

 まあ、このへんの話はいずれ。。。日本伝統文化研究会で視察イベントしようかと思いましたが、やめます。ちょっと危険。各自勝手にどうぞ。私? 来月は古市古墳群のほうに行きますけど。。。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年04月11日 (木)

いつものトーハク平成館特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」

 さーーーて、混んでるかと思いきや、上野公園の花見客で混雑もピーク。もう桜も終わりですね。

 雑踏を抜けると閑静とまではいきませんが、ま、それほどではなかったかなあ。やはり花見混雑を避けよう、という人が多いんでしょうね。

 平日はゆっくり拝見できますもん。

 今週はあちこち出かけてまして、ヘタすると見損なう懸念もあるんで思いたったら吉日。さっさとまいりました。



 曼陀羅を立体化したのが東寺の講堂。21の彫像が「羯磨曼荼羅(立体曼荼羅)」を構成してまして、その世界がまんま展示されてます。

 21体のうち史上最多の国宝11体、重文4体、計15体が出品されています。ほかに彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰がずらり。

 ミモノですね。

 嬉しいことに写真OKの像もあります。最近、こういうサービスあちこちで見ますね。


「帝釈天騎象像」を撮影。

ケータイやタブレットでもいいけど、カメラ持っていくべきかも。

ケータイのわりにはよく撮れてるな。

 ここ数年でベストの展示かもよ。展示物入れ替えがありますからまた行こっと。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年03月01日 (金)

火の国熊本は人吉で「美味い酒と魚と蛍狩りとゴルフもありまっせイベント」のご案内っす。。。

 忘れないうちに・・・ 今日は博多原原。明日は出雲原原です。 メンバーはご参集のこと。


 東京原原メンバー照井さんより・・・熊本は人吉を人一倍愛する彼が、「人吉の蛍と山女を愛でるツアー」をまたまたまた企画してくれました。

 「いまのとこ行こうかな」つう方はメルヘンよろしく。去年12月に募集してすでにかなり参加者がいますけど、博多、出雲、名古屋、大阪、新潟の新メンバーがたくさん入学されてますし、開催3カ月切りましたので再度ご案内します。



 5/24(金)-26(日)の好きな時に来て好きな時に帰る。とっても自由気ままなイベントです。
 そうはいっても、24日(金)に熊本市内でグルメ三昧もありぃの、25日(土)に人吉に移って朝からゴルフ、夕方から蛍狩りもありぃの。


「六角精治 呑み鉄本線日本旅」(NHKBS・23日放送)で肥薩線が特集されました。



阿蘇青木神社でんな。国宝です。

 熊本市内の「勝烈亭」に「鶴屋のかき氷」に「馬刺」・・・いろいろありまんなあ。そうそう、ラーメンもいけまっせ。


熊本市内上通りで吉本芸人と遭遇しましたんや。


鶴屋デパの美味しいかき氷。


人吉のやまめ庵の山女。美味いっす。もち店主が釣ったヤツです。

 季節柄、宿はそこそこ混んできてますんでね。万が一の時は照井さんにヨロシクです。


ご当地は球磨焼酎の本家本元。


温泉三昧。市内の温泉ぶらり旅でやんす。



 蛍。まぶしいくらいですよ。美味い酒、美味い肴、なんたって美味い水。ご期待下さい。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

残暑厳しき折ですが・・・確実に秋に向かってますね。
[2019年08月20日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

9/10開講! 第19期東京原原は毎月講義します。
[2019年08月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

パン屋さんのかき氷「」
[2019年08月18日]
[中島孝志の美食倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!