カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2020年01月18日 (土)

『日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和』始まりました(東京国立博物館)

 今年はわが国最古の正史『日本書紀』が編纂された養老4年(720)から1300年。



 冒頭に記された「国譲り神話」によりますと、出雲大社に鎮座するオオクニヌシは「幽=人間の能力を超えた世界=神々や祭祀の世界」を司る、とされています。
 一方、天皇は大和の地において「顕=目に見える現実世界=政治の世界」を司るとされています。

 古代、出雲と大和はそれぞれ「幽」と「顕」を象徴する場所として重要な役割を担っていたわけです。

島根県と奈良県が共同で展覧会を開催し、出雲と大和の名品を一堂に集め、古代日本の成立やその特質に迫る企画です。

 目が奪われるモノばかり・・・。







 以前、出雲の博物館で見たなー、よく持ってきたなー。天理の石上神宮の「七支刀」もありますね。レプリカだけ持ってるますんや。現物拝見するのは初めてです。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年12月15日 (日)

新潟原原番外編「村上 鮭と酒と美食ツアー」(その3)

 さて、村上のレポートです。九重園でお抹茶を頂戴したあと、お腹を減らせるために2時間ほど街中散歩。

 朝方は寒かったのですが、昼前から日が差してきてポカポカ陽気。小春日和ってヤツですか。



 ハラコ飯で有名な「千年鮭 井筒屋」さんは午前11時オープン。すでにたくさんのお客さんで行列。予約してますからイの一番に案内してもらいまして、2階の座敷でリラックス。

 幹事の石田先生は村上駅で東京、大阪あちこちからのメンバーを待機。とりあえずビールを飲んでこちらも待機。



 基本「ハラコ飯セット」なんですけど、せっかくなんで「21品セット」を予約。もち、短時間では食べられないので皆さんに手伝ってもらうというよりほとんど食べてもらいましたがな。



 まず皮を焼き、次に塩引き鮭を炭火で焼く。美味し。




ひれと皮のせんべい。


「めふん=腎臓の塩辛」。背腸の塩辛ですけど夏また夏と熟成したからこその味なのよね。


酒のツマミばっかやん! 鮭のフルコースでんがな。

 皮が美味でんなー。胃袋、心臓(どんびこ)、キモ、白子、中骨煮(どんがら煮)、飯寿司、ハラコの粕味噌漬、生ハム、昆布巻き・・・期待してたのは「鮭の鮨菹」です。
 平安時代、朝廷に献上されていた「幻の鮭鮨」を菊川先代(吉川哲?さん)が古文書を参考に再現!   
 

ハラコの醤油漬けです。





 美味い。みなさん感嘆。たかが「いくらご飯」でしょ、と思ってたらしい。

 こんなに美味いとは! 21品ぜーんぶが美味です。感服いたしました。

 けどさー、2-3時間かけて食べなくちゃ。21品もあるんだもん。せわしく食べちゃいかんわなー。早食いで知られてますけどね。酒がこれまた美味いのよ。〆張鶴の特別大吟醸ですけど、こんな美味い酒飲んだことないなー。おかしいなー、このレベルの酒はいつも飲んでますけどね。

 米作り名人のコメを土鍋で炊き上げた。おこげは奪い合い。21品注文客だけは食べ放題。でも、ハラコ飯客はどでかい丼。こちらは茶碗メシ。当然でんがな。

 でかい丼でお代わりしてたけど、大丈夫なんかな。そんなに食べて。

 あまりの美味さに、来年も参ります。ここは昼しか、しかも12月しかやんないかんね。昼にじっくり時間をとって、夜は「新多久」で宴会しまひょ。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年12月11日 (水)

新潟原原番外編「村上 鮭と酒と美食ツアー」(その2)

 昨日に引き続き、こちら村上です。ホテル発08:30で村上駅。
 9時到着のメンバーと合流。11時に「井筒屋」でハラコ飯。それまで散策です。



 ここは茶の北限なんですよね。街中に茶畑がチラホラ。
 


 というわけで、九重園でお茶。200年以上前の建物だとか。藩主からの贔屓もあり、名字帯刀が許されたんでしょうな。



 こう見えてかなりお茶はうるさいのよ。コーヒーとワインは苦手なんだけどね。



 芭蕉ゆかりのいろいろが多いんですけど、まずは情念寺。阿弥陀如来がおわしました。



 ランチまでぶらぶら。顔をなでつける風がとても冷たい。いいねっ、こういうの。

 向こうは酒屋さん。こちらは何千本も塩引き鮭が吊るされていることで有名な菊川さん。
  




 この風景どこかで見たと思ったら、JR東日本のポスターでした。



 菊川さんと双璧の店が「うおやさん」。



 ランチはこれまた芭蕉なじみの「井筒屋」さんでハラコ飯。ま、明日ご案内しましょ。

 これが期待をはるかに超える美味さに一同びっくり。2時間かけて食べたいな、と持ち切り。来年もまたこの時季に参ります。12月しかやんないからね。

 さてさて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『老後の資金がありません』(垣谷美雨著・704円・中央公論新社)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年12月10日 (火)

新潟原原番外編「村上 鮭と酒と美食ツアー」(その1)

 先週土曜は新潟原原。それより北の村上市は塩引き鮭で超有名。日本でダントツ鮭の消費量が多い地域です。

 午前10時村上駅集合。11時には「井筒屋」集合。9席とってますからね。

 てことで、前日に村上入り。



 新潟駅。羽越本線「いなほ」乗り換えはスムーズになりましたねー。新幹線降りたら隣に入線してますよ。乗り換え時間15秒くらい。

 村上駅まで45分くらいかな。




 
 日本海に面した瀬波温泉という名湯がありましてね。今回のイベント幹事である石田先生がサイコーの温泉旅館をとってくれました。





 夕食はホテルではなく「新多久」という割烹。ここがなかなかでした。来年また「村上ツアー」やりますんで夜はここで宴会かな。


暗くてよー見えなかったけど、翌日、通ったらこんな店でした。

中凄いですよ。銀座でもこんなつくりはありません。


 地元の銘酒大洋盛、〆張鶴。濁り酒・・・。しこたま飲んだけど、和らぎ水がいいんだわ。すっきり!
 

大好きな愛西市の「義侠」差し入れ。美味いなー、やっぱ。

 佐渡ブリ、マグロ、村上牛・・・〆は土鍋のこしひかり。水が美味いからコメが最高でんがな。3杯食べちゃった。おこげサイコーっす。

 かなり飲みましたなー。ホテルで温泉浸かって少し仮眠。それから「どん底メルマガ」書かなくちゃ。これ、書くだけで3時間かかってるんですよ。データは普段からまとめてますけどね。書いてるうちに、あれも調べる、これも調べる、となっちゃうからね。

 まあ、それが面白いわけで。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『うちの子が結婚しないので 後編』(垣谷美雨著・693円・新潮社)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年12月07日 (土)

皇居の庭園は素晴らしい!

 皇居東御苑には宮内庁の紅葉から「都道府県の木」等々に至るまで美しい花々がたくさんあります。ちと季節は違いますが、梅林坂なんてのもありましてね。













 ぶらりぶらりぶらり。晴れた日にはお弁当もってゆっくりしたらいいのよ。東京のど真ん中にこんなにゆったり時間が流れる場所があるんです。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年12月06日 (金)

「大嘗宮(悠紀殿・主基殿)」見学は明後日12/8までです

 さあ、今日から新潟。午後には村上入り。明日の夕刻は新潟原原。ラス前です。12/8(日)は燕入り。いろいろあります。

 12/8(日)の最終日には間に合わないので、先週に引き続いてまたまた「大嘗宮」を見学してまいりました。今回(12/5)は空いてるなあ。


進み具合から考えると乾門より坂下門のほうがいいかも。ホントは大手門が最短なんだけどね。今回は出口オンリー。

宮城です。

宮内庁前はすっかり紅葉してます。


 遠いなー。ここから50分くらいかかるかなー。マイペースで歩けないからつらい。太ももふくらはぎがパンパン。


そろそろ見えてきました。

東(右手)が悠紀殿、西(左手)が主基殿です。

 悠紀殿、主基殿ともに同じ構造です。正面の廻立殿で沐浴されお着換えをされてから悠紀殿に入られ、また沐浴されお着換えされて主基殿に入られます。





 違いは千木の形のみ。悠紀殿は神宮内宮と同じで内削ぎ。主基殿は外宮と同じで外削ぎ。



 生きてる間にはもう見られないでしょうね。外国人とくに欧米の方が多かったですね。中国人観光客は相変わらずにぎやか。景気の悪さと日本ボイコットの影響なのか、ハングルはまったく聞かなかったなあ。男梅議長も来ればよかったのに。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『僕はこうして生きてきた NO GAMBLE,NO LIFE. 完結編』(蛭子能収著・1,430円・コスモの本)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年12月02日 (月)

今週末は「村上・燕」伝統文化堪能イベントのついでに「新潟原原」を開催します。

 すでにご案内している通り、早いもので今週末12/7(土)は新潟原原です。そして7日と翌日8日(日)は石田先生・長谷川先生の肝いり企画です!

■12/7(土)・・・「新潟県北・城下町村上の美酒美食のお誘い!」です。


旬のはらこ丼が11月・12月限定とわかり、急遽ご案内します。


ごはんはS村米作り名人の新米こしひかりを釜炊き。おかわりできます。

 12/8(日)が長谷川先生肝いり企画「燕三条ツアー」があるので
7日(土)は「お昼のミニ企画」です。



■食事処:「井筒屋」
■日時:12月7日(土)11:00時にJR村上駅集合
※早めにお着きの皆さまは城下町村上の素敵なスポットをご案内します。
※村上近在の限定流通日本酒の店など



■帰りのタイムテーブル
 13:19村上駅発 特急で14.05新潟駅着
 14:16村上駅発 鈍行で15:30新潟駅着
 (中島先生の講義まで各自のペースでお過ごしください)
■定員:2階座敷8席を確保しました。



 月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。
 舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、
 日々旅にして旅を栖とす。
 古人も多く旅に死せるあり。
 予も、いづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず。

 松尾芭蕉と曾良が「おくの細道」道中2泊した宿「井筒屋」安政2年のガイドブック「東講商人鑑」にも名を連ねる旅籠「井筒屋」(現在、国の有形文化財指定)。
 「はらこ丼」以外にも驚きのメニューが並びます。鮭料理7品コース〜21品コースをチョイスされてはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください」とのこと。

 私ゃ7日(金)から村上入り。

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
 向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」


岩下志麻さんと岸恵子さんの駒子。サイコーでんなー。妄想オヤジが止まりませーーん。


 明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
 もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。」

 鄙びた温泉宿で「1人雪国」しよっと・・・。

■12/8(日)
 10時過ぎ 新潟駅集合→越後線で、
 新潟駅10:22発→越後曽根10:58着→タク分乗で笹祝へ

1) 11時20分〜12時(40分)
「笹祝」 (酒蔵見学・試飲などを楽しみます)
http://www.sasaiwai.com/

2) 12時半〜14時半(2h) (笹祝→長吉 30分弱)
野鴨料理 割烹「長吉」
https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15009579/



酒造見学されない方は、
新潟駅 11:20発 → 越後曽根 11:58着
(越後曽根駅 → 長吉 タクシー利用)

3-1) 新潟駅へお帰りの方は、
越後曽根 15:15発 → 新潟駅 15:55着
16時台の新幹線は、
新潟駅 16:09発 → 東京 18:00着, 16:23発 → 東京 18:40着

3-2) 燕三条に寄られる方は、
越後曽根 15:00発 → 燕三条駅 15:40着
燕三条駅・燕三条地場産業センター
(燕三条地場産品・お土産買えます!!)
https://www.tsjiba.or.jp/
燕三条 16:22発 → 東京 18:00着
燕三条 16:01発 → 新潟 16:14着(現美新幹線)
燕三条 16:35発 → 新潟 16:47着(とき E2系)

4) 引き続き参加の方 (〜17時)
オープンファクトリー・ショップ めぐり!?
「須和田製作所 SUWADA」
https://www.suwada.co.jp
「丸直 マルナオ」
http://www.marunao.com/
(残念ながら、「玉川堂」さんは日曜休業です)

5) 17時半頃までに
燕三条駅・燕三条地場産業振興センター
(燕三条地場産品・お土産買えます!!)
燕三条 17:56発 → 東京 19:52, 18:24発 → 東京 20:12着
燕三条 17:36発 → 新潟 17:48, 18:04発 → 新潟 18:16着

6) 18時〜
燕三条 イタリアン 「Bit」 燕三条本店
(今回の新潟原原で好評だった Bit 燕三条本店)
http://bit2013.com/

燕三条 19:08発 → 東京 21:00着, 19:48発 → 東京 21:52着
燕三条 19:32発 → 新潟 19:44着, 20:00発 → 新潟 20:12着

※この週末は、JR東日本の「大人の休日&倶楽部パス」が利用できます!!
https://jre-ot9.jp/ticket/clubpass_e.html
(前後4日間 乗り放題 15,270円)

■申込:「鴨撃ち料理」あるいは「はらこ飯」あるいは「両方」のいずれかを明記して中島孝志のメアドまでよろしく。幹事からレスして頂きます。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『高橋洋一&石平のデータとファクトで読み解くざんねんな中国 後編』(高橋洋一・石平著・1,540円・ビジネス社)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年11月07日 (木)

11/7から後期展示スタート「正倉院」(東京国立博物館)

 めちゃくちゃ混み混みですね。明日も明後日もしばらくは混み混みでしょ。

 JR上野駅構内にも特設チケ売場がありますけど、ここも混み混み。40-50分待ちということなんで来週にしよっ。

 
御即位記念特別展「正倉院の世界 皇室がまもり伝えた美」
(後期展示:11月6日-11月24日)


 で、どうしたか? そりゃ上野ですよ、昼からやってる飲み屋はわんさかあります。

 定番は「大統領」でしょうね。本店でもいいし支店でもいいし。カウンターがずらり。奥の奥に4人掛けテーブル。2階もあるでよ。




500円超のツマミはないねん。

名物の煮込み。やっぱホッピーだわな。

焼鳥1本90円なりぃ。シロがええねん。20本くらい食べられたな。

 今回は支店。隣は肉屋がやってるレストラン。コロッケ、メンチ、トンカツいけまっせー。

 なかなかいけます。昼から満員。わかるなー。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『サブスクリプション 製品から顧客中心のビジネスモデルへ』(雨宮寛二著・946円・KADOKAWA)
です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年11月05日 (火)

12月の新潟原原主催イベント「鴨撃ち料理」「はらこ飯」の参加者を募集します。。。

 今週末11/9(土)は新潟原原です。翌日10日(日)は浦佐ツアーです。

 さて、すでにご案内している通り、12/7(土)も新潟原原です。そして翌日8日(日)は長谷川先生肝いり企画です。
1) 西蒲区にある野鴨料理の「長吉」さんに行く予定です。
https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15009579/
 その前後!?で、
2)「笹祝」酒造
http://www.sasaiwai.com/
3)オープンファクトリー・ショップ 「須和田製作所」
https://www.suwada.co.jp
4)燕三条地場産業振興センター
https://www.tsjiba.or.jp/
 などを計画中です!!とのこと。

 さーてさてさて、「石田先生企画」が決定しました。なんと12/7(土)講義当日の開催です。以下の通り。

「山形ツアー最初の立ち寄り地として選定していた新潟県北(けんぽく)・城下町村上の美酒美食のお誘い!です。



 旬のはらこ丼が11月・12月限定とわかり、急遽ご案内します。



 ごはんはS村米作り名人の新米こしひかりを釜炊き。おかわりできます。

 12/8(日)が長谷川先生肝いり企画「燕三条ツアー」があるので
7日(土)は「お昼のミニ企画」としました。

■食事処:「井筒屋」
■日時:12月7日(土)11:00時にJR村上駅集合
※早めにお着きの皆さまは城下町村上の素敵なスポットをご案内します。
※村上近在の限定流通日本酒の店など



■帰りのタイムテーブル
 13:19村上駅発 特急で14.05新潟駅着
 14:16村上駅発 鈍行で15:30新潟駅着
 (中島先生の講義まで各自のペースでお過ごしください)
■定員:2階座敷8席を確保しました。
■申込:「鴨撃ち料理」あるいは「はらこ飯」あるいは「両方」のいずれかを明記して中島孝志のメアドまでよろしく。幹事からレスして頂きます。



 月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。
 舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、
 日々旅にして旅を栖とす。
 古人も多く旅に死せるあり。
 予も、いづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず。

 松尾芭蕉と曾良が「おくの細道」道中2泊した宿「井筒屋」安政2年のガイドブック「東講商人鑑」にも名を連ねる旅籠「井筒屋」(現在、国の有形文化財指定)。
 「はらこ丼」以外にも驚きのメニューが並びます。鮭料理7品コース〜21品コースをチョイスされてはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください」とのこと。

 村上ゆうたら、村上牛そして鮭ですわな。





 お土産でも超有名。私ゃ7日(金)から新潟入りしよっと。

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
 向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」


岩下志麻さんと岸恵子さんの駒子。サイコーでんなー。妄想オヤジが止まりませーーん。


 明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
 もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。」

 鄙びた温泉宿で「1人雪国」しよっと・・・。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『我らが少女A』(高村薫著・1,980円・毎日新聞出版)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年10月22日 (火)

ただいま「正倉院展」開催中でーす。。。

 本日は「即位礼正殿儀」です。衷心よりお慶び申し上げます。

 さて、このタイミングのジャスト企画。トーハクでは「御即位記念特別展 正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美」を開催中です。
  
 
19年10月14日(月)-11月24日(日)まで。


 陛下の御即位を記念し、正倉院宝物を中心とした飛鳥・奈良時代の国際色豊かな造形文化に焦点を当てた特別展です。

 正倉院宝物と法隆寺献納宝物という日本を代表する文化財が一堂に会する稀有な機会で、令和元年にふさわしい、日本文化を世界に発信する展覧会です。皇室が守り伝えたかけがえのない日本の美、今後も受け継がれゆく悠久の美をご覧いただきます・・・とのことです。


正倉院の位置は右下になります。


 有名な「五弦の琵琶」。中国にもありません。



 なにが見たかったかというと、ここなんです。ここ。 





 正倉院は勅封倉ですからね。天皇が「盗んじゃダメよ」と言えばだれも盗まない。1400年の歴史で窃盗は4件。すべて僧侶による内部犯行でした。
 頑丈な錠前なんかありませんよ。「盗むな」という紙1枚のみ。ここが日本人の凄いところ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

中国に忖度する与党と野党のセンセ方。。。
[2020年02月27日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

「経済教室」のバックナンバーがすべて読めるようになりました。
[2020年02月26日]
[中島孝志の経済教室]

パンデミック直前?!一億総ストレス時代に突入か! 
[2020年02月25日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

今日の通勤快読は
ひとりメシ超入門 (東海林さだお)
です。




プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■伝説の白熱教室 配信開始! いつでもどこでも何度でも好きなだけ視聴できます!「中島孝志の原理原則研究会オンラインセミナー」
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■講義資料(カラー小冊子)と講義音声配信!「2020年!経済教室ほぼ毎月講演シリーズ」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!
■売上利益を格段にアップさせる!営業教育スキルの決定版!「超かんたん!アポ取りマニュアル」

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!