カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年12月06日 (金)

「大嘗宮(悠紀殿・主基殿)」見学は明後日12/8までです

 さあ、今日から新潟。午後には村上入り。明日の夕刻は新潟原原。ラス前です。12/8(日)は燕入り。いろいろあります。

 12/8(日)の最終日には間に合わないので、先週に引き続いてまたまた「大嘗宮」を見学してまいりました。今回(12/5)は空いてるなあ。


進み具合から考えると乾門より坂下門のほうがいいかも。ホントは大手門が最短なんだけどね。今回は出口オンリー。

宮城です。

宮内庁前はすっかり紅葉してます。


 遠いなー。ここから50分くらいかかるかなー。マイペースで歩けないからつらい。太ももふくらはぎがパンパン。


そろそろ見えてきました。

東(右手)が悠紀殿、西(左手)が主基殿です。

 悠紀殿、主基殿ともに同じ構造です。正面の廻立殿で沐浴されお着換えをされてから悠紀殿に入られ、また沐浴されお着換えされて主基殿に入られます。





 違いは千木の形のみ。悠紀殿は神宮内宮と同じで内削ぎ。主基殿は外宮と同じで外削ぎ。



 生きてる間にはもう見られないでしょうね。外国人とくに欧米の方が多かったですね。中国人観光客は相変わらずにぎやか。景気の悪さと日本ボイコットの影響なのか、ハングルはまったく聞かなかったなあ。男梅議長も来ればよかったのに。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『僕はこうして生きてきた NO GAMBLE,NO LIFE. 完結編』(蛭子能収著・1,430円・コスモの本)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年12月02日 (月)

今週末は「村上・燕」伝統文化堪能イベントのついでに「新潟原原」を開催します。

 すでにご案内している通り、早いもので今週末12/7(土)は新潟原原です。そして7日と翌日8日(日)は石田先生・長谷川先生の肝いり企画です!

■12/7(土)・・・「新潟県北・城下町村上の美酒美食のお誘い!」です。


旬のはらこ丼が11月・12月限定とわかり、急遽ご案内します。


ごはんはS村米作り名人の新米こしひかりを釜炊き。おかわりできます。

 12/8(日)が長谷川先生肝いり企画「燕三条ツアー」があるので
7日(土)は「お昼のミニ企画」です。



■食事処:「井筒屋」
■日時:12月7日(土)11:00時にJR村上駅集合
※早めにお着きの皆さまは城下町村上の素敵なスポットをご案内します。
※村上近在の限定流通日本酒の店など



■帰りのタイムテーブル
 13:19村上駅発 特急で14.05新潟駅着
 14:16村上駅発 鈍行で15:30新潟駅着
 (中島先生の講義まで各自のペースでお過ごしください)
■定員:2階座敷8席を確保しました。



 月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。
 舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、
 日々旅にして旅を栖とす。
 古人も多く旅に死せるあり。
 予も、いづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず。

 松尾芭蕉と曾良が「おくの細道」道中2泊した宿「井筒屋」安政2年のガイドブック「東講商人鑑」にも名を連ねる旅籠「井筒屋」(現在、国の有形文化財指定)。
 「はらこ丼」以外にも驚きのメニューが並びます。鮭料理7品コース〜21品コースをチョイスされてはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください」とのこと。

 私ゃ7日(金)から村上入り。

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
 向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」


岩下志麻さんと岸恵子さんの駒子。サイコーでんなー。妄想オヤジが止まりませーーん。


 明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
 もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。」

 鄙びた温泉宿で「1人雪国」しよっと・・・。

■12/8(日)
 10時過ぎ 新潟駅集合→越後線で、
 新潟駅10:22発→越後曽根10:58着→タク分乗で笹祝へ

1) 11時20分〜12時(40分)
「笹祝」 (酒蔵見学・試飲などを楽しみます)
http://www.sasaiwai.com/

2) 12時半〜14時半(2h) (笹祝→長吉 30分弱)
野鴨料理 割烹「長吉」
https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15009579/



酒造見学されない方は、
新潟駅 11:20発 → 越後曽根 11:58着
(越後曽根駅 → 長吉 タクシー利用)

3-1) 新潟駅へお帰りの方は、
越後曽根 15:15発 → 新潟駅 15:55着
16時台の新幹線は、
新潟駅 16:09発 → 東京 18:00着, 16:23発 → 東京 18:40着

3-2) 燕三条に寄られる方は、
越後曽根 15:00発 → 燕三条駅 15:40着
燕三条駅・燕三条地場産業センター
(燕三条地場産品・お土産買えます!!)
https://www.tsjiba.or.jp/
燕三条 16:22発 → 東京 18:00着
燕三条 16:01発 → 新潟 16:14着(現美新幹線)
燕三条 16:35発 → 新潟 16:47着(とき E2系)

4) 引き続き参加の方 (〜17時)
オープンファクトリー・ショップ めぐり!?
「須和田製作所 SUWADA」
https://www.suwada.co.jp
「丸直 マルナオ」
http://www.marunao.com/
(残念ながら、「玉川堂」さんは日曜休業です)

5) 17時半頃までに
燕三条駅・燕三条地場産業振興センター
(燕三条地場産品・お土産買えます!!)
燕三条 17:56発 → 東京 19:52, 18:24発 → 東京 20:12着
燕三条 17:36発 → 新潟 17:48, 18:04発 → 新潟 18:16着

6) 18時〜
燕三条 イタリアン 「Bit」 燕三条本店
(今回の新潟原原で好評だった Bit 燕三条本店)
http://bit2013.com/

燕三条 19:08発 → 東京 21:00着, 19:48発 → 東京 21:52着
燕三条 19:32発 → 新潟 19:44着, 20:00発 → 新潟 20:12着

※この週末は、JR東日本の「大人の休日&倶楽部パス」が利用できます!!
https://jre-ot9.jp/ticket/clubpass_e.html
(前後4日間 乗り放題 15,270円)

■申込:「鴨撃ち料理」あるいは「はらこ飯」あるいは「両方」のいずれかを明記して中島孝志のメアドまでよろしく。幹事からレスして頂きます。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『高橋洋一&石平のデータとファクトで読み解くざんねんな中国 後編』(高橋洋一・石平著・1,540円・ビジネス社)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年11月07日 (木)

11/7から後期展示スタート「正倉院」(東京国立博物館)

 めちゃくちゃ混み混みですね。明日も明後日もしばらくは混み混みでしょ。

 JR上野駅構内にも特設チケ売場がありますけど、ここも混み混み。40-50分待ちということなんで来週にしよっ。

 
御即位記念特別展「正倉院の世界 皇室がまもり伝えた美」
(後期展示:11月6日-11月24日)


 で、どうしたか? そりゃ上野ですよ、昼からやってる飲み屋はわんさかあります。

 定番は「大統領」でしょうね。本店でもいいし支店でもいいし。カウンターがずらり。奥の奥に4人掛けテーブル。2階もあるでよ。




500円超のツマミはないねん。

名物の煮込み。やっぱホッピーだわな。

焼鳥1本90円なりぃ。シロがええねん。20本くらい食べられたな。

 今回は支店。隣は肉屋がやってるレストラン。コロッケ、メンチ、トンカツいけまっせー。

 なかなかいけます。昼から満員。わかるなー。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『サブスクリプション 製品から顧客中心のビジネスモデルへ』(雨宮寛二著・946円・KADOKAWA)
です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年11月05日 (火)

12月の新潟原原主催イベント「鴨撃ち料理」「はらこ飯」の参加者を募集します。。。

 今週末11/9(土)は新潟原原です。翌日10日(日)は浦佐ツアーです。

 さて、すでにご案内している通り、12/7(土)も新潟原原です。そして翌日8日(日)は長谷川先生肝いり企画です。
1) 西蒲区にある野鴨料理の「長吉」さんに行く予定です。
https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15009579/
 その前後!?で、
2)「笹祝」酒造
http://www.sasaiwai.com/
3)オープンファクトリー・ショップ 「須和田製作所」
https://www.suwada.co.jp
4)燕三条地場産業振興センター
https://www.tsjiba.or.jp/
 などを計画中です!!とのこと。

 さーてさてさて、「石田先生企画」が決定しました。なんと12/7(土)講義当日の開催です。以下の通り。

「山形ツアー最初の立ち寄り地として選定していた新潟県北(けんぽく)・城下町村上の美酒美食のお誘い!です。



 旬のはらこ丼が11月・12月限定とわかり、急遽ご案内します。



 ごはんはS村米作り名人の新米こしひかりを釜炊き。おかわりできます。

 12/8(日)が長谷川先生肝いり企画「燕三条ツアー」があるので
7日(土)は「お昼のミニ企画」としました。

■食事処:「井筒屋」
■日時:12月7日(土)11:00時にJR村上駅集合
※早めにお着きの皆さまは城下町村上の素敵なスポットをご案内します。
※村上近在の限定流通日本酒の店など



■帰りのタイムテーブル
 13:19村上駅発 特急で14.05新潟駅着
 14:16村上駅発 鈍行で15:30新潟駅着
 (中島先生の講義まで各自のペースでお過ごしください)
■定員:2階座敷8席を確保しました。
■申込:「鴨撃ち料理」あるいは「はらこ飯」あるいは「両方」のいずれかを明記して中島孝志のメアドまでよろしく。幹事からレスして頂きます。



 月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。
 舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、
 日々旅にして旅を栖とす。
 古人も多く旅に死せるあり。
 予も、いづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず。

 松尾芭蕉と曾良が「おくの細道」道中2泊した宿「井筒屋」安政2年のガイドブック「東講商人鑑」にも名を連ねる旅籠「井筒屋」(現在、国の有形文化財指定)。
 「はらこ丼」以外にも驚きのメニューが並びます。鮭料理7品コース〜21品コースをチョイスされてはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください」とのこと。

 村上ゆうたら、村上牛そして鮭ですわな。





 お土産でも超有名。私ゃ7日(金)から新潟入りしよっと。

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
 向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」


岩下志麻さんと岸恵子さんの駒子。サイコーでんなー。妄想オヤジが止まりませーーん。


 明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
 もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。」

 鄙びた温泉宿で「1人雪国」しよっと・・・。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『我らが少女A』(高村薫著・1,980円・毎日新聞出版)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年10月22日 (火)

ただいま「正倉院展」開催中でーす。。。

 本日は「即位礼正殿儀」です。衷心よりお慶び申し上げます。

 さて、このタイミングのジャスト企画。トーハクでは「御即位記念特別展 正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美」を開催中です。
  
 
19年10月14日(月)-11月24日(日)まで。


 陛下の御即位を記念し、正倉院宝物を中心とした飛鳥・奈良時代の国際色豊かな造形文化に焦点を当てた特別展です。

 正倉院宝物と法隆寺献納宝物という日本を代表する文化財が一堂に会する稀有な機会で、令和元年にふさわしい、日本文化を世界に発信する展覧会です。皇室が守り伝えたかけがえのない日本の美、今後も受け継がれゆく悠久の美をご覧いただきます・・・とのことです。


正倉院の位置は右下になります。


 有名な「五弦の琵琶」。中国にもありません。



 なにが見たかったかというと、ここなんです。ここ。 





 正倉院は勅封倉ですからね。天皇が「盗んじゃダメよ」と言えばだれも盗まない。1400年の歴史で窃盗は4件。すべて僧侶による内部犯行でした。
 頑丈な錠前なんかありませんよ。「盗むな」という紙1枚のみ。ここが日本人の凄いところ。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年09月05日 (木)

あれれ、JR東日本 吉永小百合さんのポスターに古町のあおいちゃんが・・・映ってる


香港政庁「逃亡犯条例改正案」を正式撤回! 「どん底メルマガ」で「9/4がターニングポイント」と言ってたのはこのこと(反発して利下げモードが緩くなったら困るトランプは「冷水」を用意してるかも)。

 どうして今ごろ? 10/1国慶節&「建国70年記念式典」直前。なんとしても収束させたい習近平の指示。2年間も逃げ回ってた「北戴河会議」がソフトランディングしたのも「香港危機」が「天安門事件」へと延焼したら共産党は終わりだから。長老たちもトランプ対策より香港対策を優先。

 なぜか? 詳しくは本日深夜配信の「経済教室」で解説します。

 事態収拾期待でハンセン指数は3.9%高!どころか、世界市場ほぼ全面高。下落は金価格とVIXくらい。
 気になるのはキャセイ航空会長の辞任発表。全面収束とはいかないと思うんだよね。


 さーて、新宿駅からハマ経由。横浜駅で乗り換えのために階段降りてたら・・・あれれ、あおいちゃんだ。

 あおいちゃんつうのは、新潟古町の芸妓さん。鍋茶屋も行形亭も屋形船でもお付き合いいただいた名妓。

 おととし一本立ちしたと新潟原原の幹事さんから聞いてましたけど、へえ、吉永小百合さんの「大人の休日倶楽部」のポスターでしょ、これ、小百合さんよりメインで映っとるやないかい。露出度高いがなーー。出世しましたやん。



 新潟古町芸妓は個人事業主でもあり、オーナーでもあり、大卒も少なくありません。金沢芸妓もそうですが、日本海の芸妓文化てのはなかなかのもんですな。

 まあ、芸妓というと舞妓さんということになるんでしょうけど、20代から京都花柳界に出入りしてますと、うーん、どうなんでしょ? 「最近舞妓HAAANツアーやってないですよね?」となんとなくリクエストを頂いてするようないないような、うーん、どうなんでしょ?

♪とらとらとーら おにいさんはお強い!
♪大阪名物 たこやき、グリコ、なんでやねん! 京都名物 八つ橋、舞妓、おいでやす!一気いっきいっきいっきーー♪

 たいがい飽きましたがな。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年09月01日 (日)

おわら風の盆はもうそこまで。。。

♪恋の八尾は おわら 雪の中♪

 越中おわら節にも謡われていますが、気づけば、もう風の盆の季節なんですね。

 3年前だか4年前だか・・・。

♪若い日の、美しい私を
 抱いてほしかった・・・♪



 『風の盆恋歌』は、高橋治さんの小説で一躍、有名になりました。

 学生時代、互いに好意を抱いていた2人の男女。どちらも告げられず、そのまま互いに家庭を持つ。50歳になる前、海外で出会います。それから大人の恋が始まります。



 年に1度の逢瀬はまるで七夕。9月1日から3日間。場所は八尾。富山です。

 男と女の道行。若柳流の舞い、三味線、太鼓、それに胡弓の音色。踊りも唄も音楽も背景もなんとも色っぽく艶っぽい。夏の終わりの富山はもうおわら風の盆。飛騨の山々が描く稜線から富山平野。途中に細く長く広がる坂の町。そこが八尾。二百十日、初秋の風が吹くころに幕開け。
 
 優美な佐渡おけさ、躍動的な阿波踊り。そのどちらにもない優雅さはどこにあるんでしょうか。止まった時の美しさでしょうな、きっと。

 涼しげな揃いの浴衣。編笠から少し覗かせる仕草。伝統と個性を映やした町流し。輪踊り。山々が赤くもえる夕暮れ過ぎ、家並みの淡いぼんぼり。幻想的でもあり優美でもあります。

 今宵逢う人みな美しき。。。



♪うたわれよ わしゃはやす
 唄の町だよ 八尾の町は
 キタサノサー ドッコイサッサ
 唄で糸つぐ オワラ桑もつむ♪

 独特の節回し。かなり高音で回すのね。八尾では11支部が競うか 2万人の町に25万が集まる、「おわら」とは大笑いのこと。豊穣を祝うので「大藁」が語源とも。風水害を鎮める祭礼。二百十日が吹く頃の3日3晩踊り続けます。

 「宿に帰るのは野暮。時計がまわってからが本番ですよ」

 金沢や高山からは午前0時をまわってからやってくるそうです。踊り手たちも観光客ではなく、これからは自分が楽しむために踊るんすよ。

 八尾は門前町として栄えました。本願寺第三世覚如上人が建立。本堂で披露してくれます。間近で見られますよ。

 たしかに八尾は坂が多いすっね。心奪われたのは町並み。格子戸と土塀。いまどき、こういう建築は見ませんものね。

 路地のあちこちから節が聞こえます。その節に誘われて人が集まってきます。

 今年もいくことになりました。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年07月14日 (日)

「三国志」

 全作品撮影OKなのがいいっすね。いつものトーハク。先週火曜から『三国志』なんですよ。

 大好きなのが諸葛亮孔明。ファンの方多いと思いますけど。「赤壁の戦い」「一夜で十万本の矢を得る法」もいいですけど、やはり、「孟獲を七度解放する」「泣いて馬謖を斬る」「死せる孔明、生ける仲達を走らす」がサイコーですね。『三国志演義』ですけどね。


上野の東京国立博物館でやってまんねん。


 とくに「孟獲を七度捕縛しては七度解放する」なんてのは「心をつかむ=人望=徳」を考えるときに大切です。



 一夜で弓10万本をゲット! 天井に弓がずらり。演出がなかなかいいですよ、今回は。



 2世紀末、漢王朝の権威がかげりをみせます。各地の有力武将が歴史の表舞台へと躍り出ます。

 魏、蜀、呉。孔明は天下三分の計でバランスをとり、それぞれが生き抜く道を提案しますけどね。







 河南省の曹操高陵(墓)が発見されましたよね。等身大で鑑賞できます。出土品もいろいろ。



 曹操は将の器ですよね。遺言が見事。将たるもの、自分の亡き後のことも心配りする。いのは戦争中なのだ、という意識。



 三顧の礼で迎えられた孔明が使えた劉備玄徳は先に亡くなり、 孔明の死後30年も蜀は続きますが、曹操の魏に滅ぼされてしまいます。しかし、中国を統一したのは魏ではなく、仲達の子孫が拓いた晋でした。
 
 魏のような政治は続かない・・・孔明の予言ですよ。

 そうそう、事態が悪化するのに当事者意識ゼロ。ミスったら責任転嫁。被害者意識で凝り固まってる人物が「宰相」になどなったら国民は地獄を味わいますよ。「兵は拙速を尊ぶ」ものです。

 「将師、勇ならざれば将なきに同じ」

 やるべきときに、やるべきことを、やるべき方法で、断行する。それができるのはリーダーだけです。右顧左眄し、なにも決断できず、いたずらに事態を放任するようでは、国を滅ぼします。こんなリーダーは排除しなければいけません。

 天子は天命によってその地位を与えられて天下を治めるもので、もし天命に背くならば,天はその地位は奪われます。易姓革命の所以ですね。

 だれとはいいませんけどね。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年07月09日 (火)

木曽路はいつも山のなか。。。

 忘れないうちに・・・参院選はふつう株価にはあまり影響しませんが、今回だけは別だと思うな。同時選挙崩れですから日銀資金も総動員するのでは? ならば「裁定買い残」「空売り」は急増して当たり前なんやけど。

 どうなんでしょ。


ようやく空売りも50前後に上昇。空売りエネルギー期待ですな。



 さて、第18期東京原原は今日で修了。嬉しいことに来期の申込が殺到。あれ、不景気ちゃうの? 「年12回の講義」がやっば効いてるんかな。「ぴよこちゃん倶楽部」と同時入会(今年から半額サービス適用)もありぃの、「通勤快読」だけではガマンできなくて東京原原入会もありぃの。

 OK!アリガト!



 具体的な入会受付は明日から。

 「まくら」では経済予測に投資解析、誰も知らない裏話・・・よろしくね。

 さーて、木曽路はいつも山のなか。そうか、いつもいつも浪速節なんだな。島崎藤村も暗い中山道を馬篭まで歩いたのか。

 馬篭、妻籠、木曽福島、奈良井宿はいまでもたまに行きます。歩くの大好きな欧米人とよく会いますね。サイクリングとかね。歩くの大嫌いなあの方々はここには来ない。だから静か。







 中央本線の中津川駅前にある「わくり」は蕎麦の名店。なかなかです。この前紹介したよね。人っ子1人歩いてない町にここは満員。といってもカウンターだけだけど。





 「昼から飲めます」がうれしいね。。。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年06月26日 (水)

応神天皇陵よーやくみっけ(その2)

 応神天皇陵から父上の仲哀天皇陵まではチャリで15分くらいでしたね。ただし、私は徒歩もめちゃ早いですが、チャリともなりますと暴走族並みです。それで15分。いやもっとかかったかも。迷子の時間が30分はありましたからね。

応神・仲哀父子の陵を参拝できた。これで十分といえば十分なんですけど、葛井寺と辛国神社が藤井寺にありますし、3年前にトーハクで葛井寺の国宝を拝見したことがありますから、ちょいと伺おうと思います。

 まずは辛国神社。



 幸国とは、かつてこの地を収めていた物部氏の一支族。役小角の弟子。呪術者の韓国広足を輩出した幸国連に由来している、とのこと。



 近世にかけて「春日社」と称し、明治になって「辛国神社」と改称されたそうです。





 参拝してたら、これぞ「ザ・オーサカ」やんけ、というスーパーウルトラど派手爺さんに遭遇。思わずカメラを向けようとして止めましたがな。

 いかんいかん。偏見や。見世物ちゃうんやから。

 いったいどうなってたかつうと、全身、金金金、まっ金金。こんな衣装(?)どこに売ってるんやろか。オーサカのおばちゃんのヒョウ柄も霞みまっせー。

 思わず注目してたら、これがちゃんと賽銭あげて参拝しまんねん。当たり前やがな。

 けど、感動。思わず話しかけてしまいましたがな。

「おっちゃん、ファッショナブルやのー」(ちょっと泉州河内のイントネーションつうインチキ関西弁使ってしまいました)
「そうか、ありがと」
「いれてまんなー。その衣装どこで売ってまんのや」
「衣装とちゃう。礼装や。どこでも売ってるんちゃうか」

 さすがですなー。恵比寿さんやな。

 葛井寺ですな。藤井寺にあんのに。 


 
 本尊千手観音坐像は奈良時代。毎月18日以外は開扉されない秘仏。胸前で合掌する2本の手を中心に1039本の大小脇手が円形に展開。現存する千手観音像としては最古。トーハクで拝見しました。創建は8世紀頃。



「お百度参り」する方が多いんでしょうな。辛国神社にもありました。



 近鉄藤井寺の線路に沿って行けば土師ノ里駅に着きますわな。なんか雲行きも怪しくなってきましたからね。はよ、チャリ返さなあかん。

 で、そろそろかいな、というときに、あれ、これ、なんなん? 
 沢田八幡神社? 境内に近鉄南大阪線が横切ってる? まさか? けど、あれ、踏切だよね。電車来そうやん。待ってみよ。

 1922年、大阪鉄道が布忍駅-道明寺駅を開通。町内を通らないよう、仲姫皇后陵の堤に沿って走らせたとか。そうそう。朝、陵の周囲をぐるりと走りましたけど、土師ノ里駅にいちばん近いとこに出てきました。

 境内に線路が横切ってる神社は坂田神明宮があるそうです。こちらは北陸本線。滋賀県米原市宇賀野に鎮座。元伊勢の伝承坂田宮(内宮)と式内社論社の岡神社(外宮)からなるそうです。



 ほら、電車来たよーん。



 線路近くで撮るとこんな感じ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

本日10PM開催です。即効の投資情報オンパです。
[2020年12月02日]
[中島孝志の「ワンハンドレッド倶楽部」]

とんかつ王子参上!「とんかつ ひげ虎」(新丸子)
[2020年12月01日]
[中島孝志の美食倶楽部]

寒くなると食べたくなる・・・。
[2020年11月30日]
[中島孝志の美食倶楽部]






プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、超大手金融機関等の広報誌から宗教団体機関誌などの連載を30年続ける。
■著訳書は500冊(電子書籍120冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『中島孝志の実戦!社長塾 社長しかできない、だから社長をやる!』

『ウイルス拡散で孤立する中国! 習近平は「平和ボケ日本侵略」を決断する!』

『トランプは「対中軍事戦争」を決断した!』

『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!