カテゴリー:中島孝志の「映画の中のグルメ」

2019年09月02日 (月)

『聯合艦隊司令長官山本五十六 太平洋戦争70年目の真実』

 ちょいと新しいコラムシリーズを思いつきましたので、ブログを午前3時半に差し替えました。つうことはアップしてたブログを明日。割り込みということです。

 さて、このコラムは映画に登場するグルメをご紹介しよう、というわけですが、美味しそう食べ物とかシーンね。よくあるんすよ。『仁義なき戦い』でムショの懲罰房に放り込まれた北王子欣也さんが菅原文太が差し入れた「物相飯」早い話がムショで残った飯ですよ。飯は焦げ焦げ。ちびたタクワンがのっかってるだけ。けど、腹ペコで腹ペコで腹ペコで貪り食うわけ。

 私、年に1回は『仁義なき戦い』を全作一斉に見てますからね。『広島死闘編』を見るたびに「美味そうだなー。ハングリー・イズ・ザ・ベスト・ソースやなー」と感心しとりまんねん。

 ですから、グルメといっても高価なご馳走ではなく、ホントにホントに美味い「食いもん」と感じたものをご紹介したいのです。

 さて・・・初回は連合艦隊司令長官として名高い山本五十六大将にスポットを当てたい、と思います。主演は役所広司さん。玉木宏・阿部寛・香川照之などの各氏。豪華キャスト勢ぞろいの力作です。



 山本はドイツを信用してませんでした。アメリカ留学経験もあり、どちらかというと、アメリカびいきなんですよね。で、日独伊三国同盟、日米開戦に反対していた軍人の1人でしたよね。

 当時、開戦派が多数を占めてた軍事政権では極めて冷静沈着に世界情勢をとらえていた、と思いますよ。物資とくに石油に致命的欠乏を余儀なくされていた日本は短期決戦しかできない。早く有利な形で講和に持ち込むしかない。

 「1年やそこらは暴れて見せます」という言葉の意味は、国の賞味期限は365日という時間しかない、ということですよね。



 無責任なメディアがいつものように、愛国論を書き散らしては、日清・日露戦争と、開国以来多くの戦を勝ち抜き、それに浮足だし、「大日本帝国は無敵である。神国日本である」などと、新しい戦争を過去の延長線でとらえたことに必然的敗北を確定させた、と私は感じています。

 山本五十六は「空母」「戦闘機」にスポットライトを浴びせていたことは正解でした。

 いまのメディアにも致命的に決定的に足りないのは「科学的アプローチ」でしょうな。韓国を笑えない「情緒論」。経済記者以上に政治記者はバカ揃い。

 いま市長をしている人物が、当時、NHKの政治部記者でしてね。昔、勤務先の東洋経済に訪ねてきたことがあります。そして政治改革を熱く語るんですけど、「そんなもの、市長レベルの選挙にはいりませんよ。争点にはならんよ。経済経済経済、生活生活生活。地方選挙はこれだけ。もっと経済と生活を探求したほうがいいよ」とアドバイスさせて頂いたことがあります。

 わかったかどうかわからんし、いまさら、遅かったかもしれんけど、どういうわけか、日本人は文系と理系とか分類したがるのよね。文系も理系も関係ないんじゃないの。どちらも必須でしょ。政治か経済か、どちらも勉強しなくちゃ。軍事も文化も同等レベルでね。

 こういうインテリジェンスがないと投資でも勝てませんよ。

 さてさて、比較的大衆よりも情報を持っていたメディアが国民をミスリードした責任は大きいですよね。いまはいいです。チョージツ新聞レベルなら国民の方が情報も判断も正確ですから。

 けど、感情を煽り立てて開戦を煽って日本を破滅の道に導いた「大本営発表」のお先棒を担いではねー。国民が戦争したかったから戦争になったわけですけど、メディアの責任を忘れてはいけないですよ。

 いざ戦争に敗れると米国べったり。GHQにおもねったのが「NHK」と「チョージツ新聞」でした。でないと潰されてしまいましたから。けど独立後もいまだに「忖度」してるんですから呆れてしまいます。

 映画では、無責任なメディアの狡猾さ、変わり身の早さを皮肉的に描いています。まあ、だれもがお気づきでしょうけどね。



 肝心の食事シーンですけど、映画では山本五十六が甘味を食するシーンがいくつかあります。というのも、実際に甘党だったらしいね。

 中でも記憶に残るシーンは・・・戦艦大和の中で「水まんじゅう」を食べるとこ。氷水の上にのった饅頭に砂糖をたっぷりかける。自然と溶け出す。スプーンですくって一気に頬張る。


このシーン、たまたまユーチューブにありましたのでご覧あれ。

 「美味そう!」
 「食べてみたい!」

 以来、デパ地下で「水まんじゅう」を見ると条件反射。パブロフのワンちゃん状態です。

 画を見た直後、コンビニに行ったらたまたま水まんじゅうが売ってましてね。これは「神の采配だ」と確信。思わず買って砂糖ぶっかけ。山本五十六を真似て一気に食べてしまいました。

 美味い! もう1個!

 それと・・・汁粉屋でお汁粉を喫食する。お代わりを店の手伝いをしてる幼子に頼む。その子は五十六の欠損した指を見て驚いてお椀を落としちゃうのね。
 「驚かせてしまったね」と詫びるんですが、その時、その子の髪飾りに目がいくわけ。その髪飾りは布を赤く塗って蝶結びしただけのもの。
 後日、五十六は店を訪れて「驚かせた詫び」として新品のリボンをプレゼントするんですよね。人柄が透けて見えるシーンで大好きですね。

 やってみせ、やらせてみせて、ほめてやらねば、人は動かじ・・・有名な言葉ですけど、これは下士官向けの教育法ですな。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

見放題、聴き放題、勉強のし放題!伝説の原原講義をネット配信開始しました!
[2019年10月16日]
[中島孝志の原理原則研究会]

やっぱり「カツカレー」はキッチン南海だ!(神田神保町)
[2019年10月15日]
[中島孝志の美食倶楽部]

「中島孝志の経済教室・無料講演会」は10/26(土)に開催します。
[2019年10月14日]
[中島孝志の経済教室]




プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■伝説の白熱教室 配信開始! いつでもどこでも何度でも好きなだけ視聴できます!「中島孝志の原理原則研究会オンラインセミナー」
■売上利益を格段にアップさせる!営業教育スキルの決定版!「超かんたん!アポ取りマニュアル」
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!