カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年08月22日 (火)

最悪の危機こそ政権浮上のチャンス!

 ただでさえトランポノミクスの先行き不安だっつうのに、ここに来て北朝鮮危機ざんしょ。おかげで株価も金価格も上がったり下がったり・・・。

 企業業績は今後も上向き。株価割安なのに個人投資家は食い付かない。相も変わらずデフレ基調。財界を脅かして賃金だけは上げるポーズ。

 景気を左右する消費にはなにより「スピード」が大事なわけで、安倍政権下で憲法改正が間に合うかどうかが喫緊の問題のようですね。







 仮想敵は「小池新党」と考える人が多いでしょ。年内解散総選挙なら影響は軽微。けど、フェイクメディアの言いがかりで260台の当選しか見込めない。御用評論家たちの御託通りなら来年秋。日本ファーストの会も準備万端。

 さで、どう読みますか?

 「都民ファーストの会」の都議会選挙での勝ちっぷり、そして都議会自民党の負けっぷりはお見事。「この勢いよ、もう一度」とばかりに国政進出も考えとるんでしょうが、当人がオリンピック前の都知事ですから、どんなに勝とうと国政に転向はできません。

 「それでも勝たせたい!」と考える有権者がどれだけいるか?
 
 「やっぱ安倍さんだ!」と有権者に雪崩を打たせるには・・・景気回復=具体的には株価を上げに上げること。もう1つは北朝鮮問題にケリをつけることです。

 日本にとっての「ケリ」とは拉致被害者救出であって核開発とかミサイル開発の停止ではありません。そこまで手を広げるほどの大国ではありません。

 株価対策は消費拡大と賃金上昇が必要です。そのためには「消費税廃止」という政策を公約に掲げるかもしれません。いまは財務省に邪魔されないようにとぼけてますけどね。税収増にいちばん重要なのは景気回復なんですから。

 株価上昇は企業収益をベースに、為替、アメリカの長期金利、中国経済の趨勢などが影響しますけど、もし北朝鮮とアメリカとの間に「米朝平和条約」が締結されたり、「日露安保条約」が成立したりしたら、株価に反映されないはずがありません。

 金価格は暴落するでしょうが、株価は暴騰するでしょうね。 


党勢を回復したいならこの2人が消えたらいいんじゃね? 党信用失墜のA級戦犯でしょ。

 すでに泥船から逃げ出すネズミがチラホラ。「日本ファーストの会」に移りたいんでしょうな。けど門前払いだろうね。票を持たない「依存症」の政治家なんぞいらんのよ。駆け込み寺じゃないんだから。



 てなこと言ってたら・・・中野駅前で民進党の人たちとばったり。私?スタジオで原原の教材編集してたのよ。『ダ・ヴィンチ』とか『モナリザの秘密』とかね。ええと地蔵耳の人。厚労大臣やってた人、TBSのアナやってた人。ほかにもいろいろいたんだろうけど顔知らん。へーこの人たちが仲間なの? ふーん。どうせ割るんだろうなーー。
 

政治家って握手好きだよねえ。えっ、私と? ご冗談を。。。

 北はアメリカを的にかけるフリをして、急転直下、中国にミサイルを向けるかもしれません。一連の北朝鮮の行動は、日本の憲法改正のための米朝共同の演出としか思えないのです。

 北が欲しいのは南朝鮮などではなく日本でしょう。アメリカは本土に届かないミサイルと核兵器の保有と金王朝存続を認めるかもしれませんよ。トランプは北との問題ほ片付けてさっさとイランを封じ込めたいのですから。

 日米安保を更新しないのなら、大東亜戦争時の原状回復をしてもらわねば。だから、憲法改正なわけでね。核を持つかどうかも含めて独立国家として日本が復活するかどうかが問われる時機なのかもしれません。

 アマチュアには任せられない状況こそチャンスなわけ。グランドデザインの前には「小池新党」などいかに小さなテーマか、日本の有権者も飽きずに小池さんを待つかどうかわかりませんよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「日本の敵」(田母神俊雄著・1,512円・ベストセラーズ)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便




ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

サウジのカショギ謀殺問題で相場はこう動く!・・・かも。
[2018年10月23日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

ラスト講義の特別ゲストはリクエストに応えて為替の第一人者です。
[2018年10月22日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

久しぶりの由比ヶ浜。。。
[2018年10月21日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年8月  >>

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!