カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年03月20日 (火)

安倍降ろしでようやくまとまる烏合の衆=野党。。。

 安倍さん、絶体絶命! ですな。まあ、野党が体たらくなんで切り抜けられるかと思えば、おそらく、与党にも反対勢力がいて、今回は極めて危ないですな。

 与党の反対勢力といっても、唆しているのは「ジャバン・ハンドラー」であってトランプの勢力とは違います。つうか、トランプとは敵対する連中ですね。

 トランプ登場で利権が奪われてピーピーしてる連中ですから、なんとしてもトランプと仲のいい安倍&プーチンを引きずり降ろしたい。
 この連中と「利益」が合致したのが中国。機を見るに敏な中国は与党の代理人に「倒閣」を指示。で、盛んに与野党を飛び回ってるわけですな。


 いがみ合ってる野党にしても「マト」がはっきりすればまとまるわけ。全共闘の連中てのは昔から個人攻撃が得意ですからね。で、メディアもここに来て「支持率30%切ったーー」と得意満面。こんな数字、聞き方でいくらでも操作できます。

 けどさ、野党ってのはどうしてこうも人材がいないのね。民進党つうの? あれが最大勢力なんでしょ? 「だから野党をまとめろ」つう雰囲気になってますけど、ムリですよ。あの代表では。しょせん日銀出身。迫力ゼロ。説得力ゼロ。きわめて頼りない存在。

 しかも、まとめる必要なんてあるんかな? 阪神と阪急、三越と伊勢丹。三井と住友。

 なにがいいたいかつうと、「ホールディング・カンパニー方式」にすればいいのよ。「まとめよう」とムリするからまとまんないの。むかし小沢一郎さんがやろうとしてた「オリーブの木」だっけ? あれよりも強いけど、そんなに強制力をもたせない組織を目指せばいいわけ。「目指す」つうのがキモなんだけどね。

 元もと、いまの自民党は55年体制で自由党と民主党が保守合同してできたわけね。保守だけど水と油。しょせん、政界てのは権力争い。嫉妬の伏魔殿。混ざるわけがない。けど、それでは大きくならない。大きくならなければ政権はとれない。

 政権とるにはどうするか? 勢力を大きくするために大同小異につく。で、保守合同。結果としていまの自由民主党ができたわけ。

 田中派、福田派、大平派、中曽根派・・・むかし、「何でも反対、社会党」という政党があったけど、これより代議員数の多い派閥はいくつもありました。つまり、派閥は政党だったのよ。でも、どんなに反対する政策でも議論とカネとポストをエサに最終的には折り合った。だから、野党につけ込まれることはなかった。あのバカな三木武夫という首相が仕掛けたアメリカ以上にロッキード事件を 広げるまではね。

 三木なんて、敵の敵は味方のはずのキッシンジャーからも唾棄すべき人物として軽蔑されてましたからね。

 「ええ話ありまっせーー」とウソとでまかせ、掌返しが得意な韓国が手がけた米朝会談。ホントはトランプとプーチンが仕掛けて、中国は大慌てで一杯食わされたわけで、「使いっ走りの文在寅大統領」はなにも知らずに指示通りに動いただけ。いまとなっては習近平から睨まれて真っ青のはず。

 商売の巧いトランプは金正恩と折り合うかも。会談中は朝鮮半島の上空には爆撃機、日本海には空母。38度戦に米軍を張り付けておけばいいのよ。
 キューバ危機=ケネディとフルシチョフの時はそんな雰囲気だったんじゃね?

 安倍さん辞任で心配なのは「株価」でしょ? 1日で1000円下げたらバーナンキ・ショック並。株価が下がったら野党は選挙を戦えません。ますます与党が強くなります。問題は、暴落するほどの影響力を安倍さんがもっているかどうか。日本売りしたくても売り物がない外国人は困ってるんとちゃうかなあ。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ギャグ・マンガのヒミツなのだ!」(赤塚不二夫著・842円・河出書房新社)です。  

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便




ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

サウジのカショギ謀殺問題で相場はこう動く!・・・かも。
[2018年10月23日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

ラスト講義の特別ゲストはリクエストに応えて為替の第一人者です。
[2018年10月22日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

久しぶりの由比ヶ浜。。。
[2018年10月21日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年3月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!