カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年11月02日 (金)

南北朝鮮には「助けない、教えない、関わらない」の三無主義で臨むしかないね。

 トランプさん、「習近平と電話会談したかんね」とツイッター。
 中間選挙投票日直前の仕掛け。はなからスケジューリングされてたはず。もち、習近平も協力しまっせ。なんたって、この世で習近平の味方はトランプだけだもん。


ボーイング、キャタピラ、3M=米中摩擦銘柄がそろって反発! 3日で950ドル上昇は想定内。

NK225をこんだけ下げた3銘柄。押し目買いチャンスだわな。楽天と提携は典型的なwinwin。詳しくは日曜配信の「投資情報メルマガ」で。お楽しみに。


 さーて、中国、南北朝鮮。。。古今、地政学的に日本が抱える悪夢とは、この「反日3兄弟」が常に隣にいることです。



 有史以来、日本のロケーションは変わらないので、絶縁したくても反日3兄弟はいつもそこにいるのです。ただし、歴史的に見ますと、1700年前には半島の南部は明々白々、日本の領土でした。これについてはいずれお話します。

 ロシアと戦争などしたくないけど、国の独立よりわが身の利益を優先する政治家ばかりでロシアと内通して国を売る始末。こんな連中信用できん、しかたなく併合したわけでね。
 これが運の尽き。ご存じの通り、いまにいたるまでたかられっぱなしです。





 ここは、長年、半島史を研究してきた筑波大学大学院教授古田博司先生が主張されてる通り、「韓国には『助けない、教えない、関わらない=非韓三原則』を貫くべし。日本へのたかりを断ち切ることが肝要、というわけです。

 そうするしかないっすね。

 元徴用工の韓国大審院判決にしても、「日本との対立は臨まない」と韓国政府は発表してますけど、わざわざ裁判長を息のかかった人物に交代させたのは文在寅大統領ご自身でね。

 こういう行為をわが国では「盗人猛々しい」というんですけどね。

 そうそう、あの方、スワップも日本は喜んで結んでくれる、と思い込んでるようですけど、なにを根拠にしてるんでしょう。



 私、在日の友だちがたくさんいるんですけど、「どうして日本人は朝鮮人が嫌いなの? 不思議だよ」と言うんですよ。

 「どうして好かれてると思うの?」
 「国は国。民は民ですからね」
 「日本人は国も民も同じなんだよ」
 「それはおかしいよ」
 
 そうなの。彼らのほうが正論です。実は、私も国は国、民は民。こう考えるタイプですから、彼らの意味することはよくわかります。

 「わかっていること」と「いざ行動すること」は往々にして違います。

 「人道的見地から配慮すべし?」
 人権屋さんはすぐこう言いたがります。人道的見地ってなに? こんなバカなことを延々とやってきたから、日本人は朝鮮人が嫌いになったんでしょ。

 何度も何度も約束を破られる。日本人がいちばん嫌いなのは約束を守らないことですから。煮え湯を飲まされてきたわけです。元徴用工や慰安婦という売春婦のみなさんと同じように、日本の国民も悔しい思いをしてきたわけです。

 だから嫌いなんですよ。これってものすごく損です。

 「慰安婦」と称する売春婦のおばあさんたちに、われわれ日本人は1人1000万円ずつお金を払っています。お詫び付きでね。
 けど、結局、国と国との「最終的かつ不可逆的な解決」という約束でもいとも簡単に破られてしまいます。

 いったいこの人たちを相手にどんな「約束」が期待できるの? あてにするだけバカを見るんじゃないの? 大多数の国民はそう思うでしょうな。

 参考までに、在日朝鮮人は日本国民にはなりません。バククネさんが法律でそう決めてしまいました。安倍さんもそういう法律を作ってしまいました。この件についてもいずれ。 

 以前どこかで、「朝鮮人の脳には過去、現在、未来が同居している。だから、一事不再理という近代法の常識は通用しない。気にくわなくなったら破るだけ。100年前の法律で現代人を裁いてもなんとも思わない」と書いたことがあります。

 元徴用工の問題で、韓国の最高裁は「賠償を認める」という判決。「先進国」ではおよそ考えられない判決ですけど、私、ぜんぜん驚きませんでした。

 やっぱりな。そう来なくっちゃ。

 こういうことでもなければ、日本人は「覚醒」しません。何度騙されても忘れちゃう民族性。反省と感謝を重視するパーソナリティ。この絶望的なお人好し。よっぽどのことがないとダメだね。
 
 詐欺師にはたまらない国民でしょうな。いい時にいい人が大統領になってくれました。



 これ一発で日本人観光客は激減します。半島に投資する日本企業も激減します。
 ただでさえ、いま外資は韓国への投資を一斉に引き上げてます。トランプは在韓米軍を必ず引きあげます(在日米軍も!)。東アジアの防衛は自衛隊=日本政府が命懸けでやりなさいよ、というスタンスです。
 外資は外資でトランプを使って、中国を経済危機に陥らせ、儲かりそうな企業を軒並み底値で買い叩く予定。97年に韓国がやられたことを今度は中国でやるわけ。韓国への投資を引き上げてるのはそのためです。

 1人1000万円では済みませんよ。

 これも朝鮮人にはわかりません。
 「中島さん、どうして日本人は朝鮮に観光しないの?」
 「してますよ」
 「まだまだ少ないですよ」
 「嫌いだからでしょ」
 「国は国、民は民でしょ?」
 「国を動かしてるのは民ですからね」
 「民主主義ですから」
 「民主主義なら政府のガバメントは効くはずです。青瓦台も効かないとわかってるから外交が二の次三の次なのよ」
 「どうしたら改善できます?」
 「日本人が移り住んだら変わります」
 「ありますかね?」
 「日韓併合で日本人はこりごりしてますよ」

 助けない、教えない、関わらない。触らぬ神に祟りなし。君子危うきに近寄らず。日本政府はそういうスタンスで臨むべきでしょうな。もちろん、個人と個人は違いますけどね。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「こんなメディアや政党はもういらない 前編」(高山正之・和田政宗著・994円・WAC)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便




ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

読書はインテリジェンスの宝庫です。
[2018年11月15日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

「投資情報メルマガ」を発行しました。
[2018年11月14日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

いよいよ今週土曜日がラスト。熱烈なリクエストにお応えしてゲストはこの方! 為替の第一人者ですよ。
[2018年11月13日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年11月  

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!