カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2011年11月30日 (水)

ユーロ憎けりゃドイツ国債まで憎い?

 いまや「格付け」などほとんど意味をなさない段階に入ったのではないでしょうかね。

 というのも、AAAの国債まで投資家は嫌気し始めているからですよ。

 これ、当たり前ですよ。考えてみれば、バローゾ欧州委員長による「ユーロ共同債」の提案ね。こりゃあかんがな。だって、これって、「各国発行の国債はもう償還できませんからね。皆さん、こちらに乗り換えておくなはれ」というメッセージじゃないですか?

 バローゾさんというポルトガル人は、ええっと、ドイツ国債とギリシャ国債を混ぜまして、そこにイタリア国債を和えると、はい、お待ち、ユーロ債一丁!てなわけでしょ。こんだけ実力差のある国債を一緒くたにしてどうすんの?
 投資家もドイツ国債を買えばいいのか、それともユーロ共同債の発行を待てばいいのか、どっちにすればええねん、と迷いますわな。
 60億ユーロのドイツ国債も完売できんわけですよ。だから2年ぶりに英国債より下落したわけでしょ。

 無理筋じゃね? 来年1月末にはギリシャはユーロを離脱すんじゃね? そうならんように、いまのうちに「財政統合」したいわけですな。
「ドイツ国債ですら60パーセントしか売れんのよ。もうユーロ各国の国債はだれも買ってくれへん。こうなったらひと束いくらで売るしかないかんね」

 けどさ、こんなバーゲンセールすると足下見られますわな。エルメス専門店の隣でスーパーがエルメス入りの福袋を販売してるようなもん。
 お客さんの身になってみまひょ。エルメスを買うか、福袋を買うか。両方買う人はおまへん。リスクヘッジにならんからね。やっぱ福袋を買いますわな。

 するとエルメス専門店は困る。

「元々、うちの商品がお目当てでしょ。にもかかわらず、エルメス専門店の商品が売れなくなってしまったやないか。どないしてくれまんねん」
「そしたら利率を上げたらよろし」

 ドイツ国債はユーロ共同債より利率を上げる=価格が下がる。どうして、こんなリスクをわざわざブランド筆頭のドイツが負わねばならんの?
「そりゃユーロのためでっせ」
「その前にドイツがいかれたら、あんさん、どないすんねん?」 
 議論がまとまらんわけです。

 いろいろ知恵を絞ってるんでしょうけど、ユーロは来年1月末にギリシャ離脱からドミノ倒し。。。となるんじゃね?

 PIIGSの国債なんて、価格暴落=利率暴騰、すんのはわかりますよ。ありゃ国内経済の抜本的・根本的な対策が必要ですけど、いまさらねえ。そんなに急にできるものならとっくの昔にやってるよ、というわけでしょ。
 アイルランドのように元々、勤勉な国民性なのに、英米の金融機関に騙されて、一時の気の迷いから法人税率を下げ、バブルに突入した国は別にして、あとは古代から有名な放蕩国民ではありませんか。。。

 骨の髄まで怠け者。まっとうな稼業に励むよりも、だれかに寄生するかだれかから奪い取るかしたほうが楽だよ、という根っからの「植民地収奪気質」「海賊気質」がDNAに深く刻まれてる国民ですからね。

 で、勤勉ドイツだけが「緊急避難先」と見られてたんだけど、これも時間の問題となりそうですね。

 ドイツ連邦債(10年物)の利回り低下。フランス、オランダ、フィンランドの10年国債とのスプレッドが急拡大。ドイツ連邦債とフランス国債のスプレッドは155ベーシスポイント。10月末段階では106ベーシスポイント。年初は39ベーシスポイントだったのよ。

 ということは、フランス国債が危ない? ユーロ危機では、フランスはドイツに次ぐ第2の資金提供国。そこが危険?となれば、ドイツが「最後の貸し手」になる? つうか、ならざるを得ないとだれもが考えてるわけ。

「それはダメ、絶対にダメだかんね」というのがメルケルさん。「あんたしなよ」と振られてるのがマリオ・ドラギさん。ECBですな。
 
 この間にも、ドイツとフランスの株式市場はどんどん下落しています。で、「ECBが4兆ユーロくらい刷れ!」とフランス、イギリス、アメリカはやいのやいの言ってるわけです。つまり、「ユーロ版QE1&2」ですな。

 で、刷ったらどうなんの? FRBは毒を食らわば皿までで、すでに「最後の貸し手」として刷りまくってますからね。すると、国債の利回り格差が圧縮されて危機は脱する、というのが机上の理論。
 でも市場は「ユーロ≒ドイツ」と見ているわけで、超・量的緩和をしたら完全に「ユーロ=ドイツ」と判断されるでしょうな。 
 PIIGSは危機を脱するでしょうが、ドイツが危機に陥ります。だって、市場がドイツに「白紙小切手」を出せ、というに等しい行為でしょ、これって。

 怠け者で植民地収奪主義者で「パイレーツ・オブ・地中海」の連中は、飲めや歌え、支払いはドイツ野郎に払わせればいいかんね、となるだけ。

「そんなことするわけないっしょ? ドイツに恩義があるんですよ!」

 そう考えるのは、私たちが日本人だから。日本人は借金を返すためなら、平気で強盗とか身代金目的の誘拐とか自殺したりする国民性ですからね。彼らはそんなことしません。
 借金? んなもの、いくらでも踏み倒したらええねん。これが世界の常識。少なくともPIGS(アイルランドは除こうか)の常識。ドイツはそれがわかってるから(英米もわかってるはず)踏み切れないのよ。

 だってメルケルはドイツの首相であってユーロの大統領ではありませんからね。

 この問題。今後スッキリいくとは思えません。財政統合まで進み、各国がドイツの州になりまっせと宣言しても、ドイツはこんな連中の「抱きつき心中」につきあいますかね。

 で、メルケルさんの心中を察すると。。。「ユーロにとどまるべきか、それとも離脱すべきか?」というハムレット状態か、「忠たらんと欲すれば孝ならず。孝たらんと欲すれば忠ならず」という平重盛状態?

 いえいえ。

「なんとかならないのお? やっぱ中国と日本よねえ。ねえお金もってるんでしょ。出しなさいよ〜。出さないと蹴飛ばしてやるんだから。どんだけえ〜」
 ま、こんなもんでしょ。

 さて「中島孝志の 聴く!通勤快読」でご紹介する本は『大震災のとき!企業の調達・購買部門はこう動いた』(購買ネットワーク会著・日刊工業新聞社)です。あまりの力作に18分もしゃべり倒してしまいました。詳細はこちらからどうぞ。

コメント(0)  |  トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:
http://www.keymannet.co.jp/t2841

コメント:

コメントフォーム:

お名前
メール
アドレス
URL
コメント
  
中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

宝塚星組公演『鎌足 夢のまほろば、大和し美し』
[2019年05月24日]
[中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!]

今日は大阪原原です。
[2019年05月23日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

宝塚歌劇月組『夢現無双-吉川英治原作「宮本武蔵」より-』『レビュー・エキゾチカ クルンテープ天使の都』
[2019年05月22日]
[中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!]

今日の通勤快読は
らんちう 後編 (赤松利市)
です。

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!