カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2015年09月30日 (水)

「長岡スローライフ体験ツアー」のレポ(その2)

 最初に緊急連絡。明後日から「能登・金沢・加賀スピスピツアー」が始まります。本日、参加メンバーにメーリングリストで「1集合場所の地図、2選択コース別の地図、3タイムテーブル、4名簿」をPDFでお届けしています。アクセス先とパスワードは別々に流しています。ご確認ください。


 すでにご報告の通り、門出生紙工房で紙漉き体験を満喫しますと、次は「じょんのびの湯」です。


高柳町は広いです。

じょんのびの湯「萬歳楽」。「じょんのび」とは「ゆっくり、のんびり」つう意味だそうです。

 すっかり汗を温泉で流しました。熱々の湯です。久しぶりにマミーなんぞを呑んでしまいました。昔、銭湯とかにありましたよね。甘〜い。

 で、18:20に「門出かやぶきの里」に到着。「いいもち棟」と「おやけ棟」に分かれます。地区の母ちゃんの手作り料理が魅力とのこと。楽しみです。


いいもち棟です。

おやけ棟です。食事、宴会、講義はこちらでやりました。

 「おやけ」とは本家。で、分家が「いいもち」というそうです。1984年からみなで修復をした茅葺き家です。もち、水洗+ウォッシュレットですよ。


餅つきまでやらせて頂きました。驚きの美味さ! さすが新潟コシヒカリ。

いきなり囲炉裏火でお出迎えです。鮎が美味そうっす。。。


宴会前に記念写真です。5種類の「久保田」がそろい踏み。


母ちゃんたちの料理です。

井上先生のお話が最高のご馳走です。

 「副業で私は5代目。冬だけ紙を漉いていたんです。荒れ地を開墾して「こうぞ」を植える。夜勤と昼勤の二交代でめいっぱい働きました。そして紙いっぽんで食べていけるようになりました」

 木の皮を使うのが和紙の原料でしてね。木の芯材を使うのが洋紙。洋紙は100年単位ですが和紙は1000〜2000年はもつそうです。
 いま、和紙の定義が曖昧です。本来、和紙は靱皮繊維という木の皮を使った光沢のある、強度のある、命を持っているもの。ですから、そういう和紙を「生紙(きがみ)」と呼んでいるんですね。毎日呼吸しているから生紙。

 呼吸の幅は年数が経つとだんだん小さくなり、3年で収まってくると、「枯れた」という言い方になります。おもしろいですね。枯れる。腐るではありませんよ。原原メンバーならピンと来るでしょ(タネの野口さんの講演を思い出してください)。

 本当に枯れるには500年もの時間が必要だそうです。なじんでくると強度も出てきます。本物でもできたて1年は水の中で溶けちゃう。人間と一緒ですね。

 当初は商売上、お客さんに合わせる紙ばかり考えていたそうです。ところが本物はだんだん良くなってくるのに、化学処理した紙はできた時が最高でだんだん劣化する。お客さんよりこうぞとか紙とか、こちらに合わせよう。合わせて頂けるお客さんだけにお届けしよう、と決めたそうです。

 おやけ、いいもちにしても、最初来た時はお客さん。けど、帰る時は仲間。2回目からは「おっ母さんまた来たよ」という関係。


囲炉裏端は一升瓶さえあれば話に花が咲くものです。コシヒカリの焼きおにぎり。醤油がご馳走です。ああ、なんという美味! 贅沢。。。

 来週から弟子に乞われてイスラエル訪問。宗教も政治も関係なし。紙漉です、とのこと。グローバルというよりコスモポリタンですね。

 門出生紙の小林康生先生のお話は最高でした。私には主観と客観というお話がとても参考になりました。そうなのよ、そうなの。どんなことを連想したかは原原でお話したいと思います。

 こういう哲人と語り合うと、次から次へと連想が湧いてきます。とっても楽しい夜でした。


 さて、今日のメルマガでご紹介する本は「大放言 前編」(百田尚樹著・新潮社・821円)です。  

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「大幅に値下げしろ!」と言われました・・・。
[2020年08月14日]
[中島孝志の原理原則研究会]

お盆ですね。
[2020年08月13日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

熱中症寸前!かき氷の季節です 西村フルーツのかき氷(渋谷)
[2020年08月12日]
[中島孝志の美食倶楽部]






プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『中島孝志の実戦!社長塾 社長しかできない、だから社長をやる!』

『ウイルス拡散で孤立する中国! 習近平は「平和ボケ日本侵略」を決断する!』

『トランプは「対中軍事戦争」を決断した!』

『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!