カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2019年03月15日 (金)

やっぱアカデミー賞だわな、「グリーンブック」

 ラストのセリフがなんとも洒落てますな。シナリオがとてもいい。

 第91回アカデミー賞受賞。うーん、『ボヘミアンラプソディ』も観たけど、やっぱ、こっちだわな。同性愛がかぶるけど、流行なんかね。

 これ、実話です。あちらも実話らしいけど。脚色がたんまり。これはまんまです。息子のニックが書いてるんだもん。2カ月の旅に出るとき、トニーは2人の子どもを抱きかかえて「ニック、フランク、ママの言うことをきくんだぞ」と話してもんね。で、タイトルクレジットにニックの名前みっけ。

 そうだったんだ。



 「あいつは天才だ。でも楽しんでない」

 天才黒人ピアニスト。ドン・シャーリーはジャマイカ移民の子だけど、音楽の天分に恵まれて英才教育を受けることができたから、1962年、そこらへんの「黒人」とはモノが違うわけ。

 火曜の東京原原(テーマは「仕事と経営に活かす日本と世界の歴史」)でお話しましたけど、アメリカって「独立宣言」からして「黒人は人間とは認めない」という主義ですからね。起草したトマス・ジャファーソンからして、毎晩、黒人奴隷を慰み者にしてたわけでね。

 奴隷は人間じゃない。だから、学校、バス、レストラン、ホテル、トイレにいたるまで、白人用と黒人用で分別処理してたわけだしね。黒人と通じた白人女はリンチ、輪姦だもんね。

 ナット・キンク・コールは故郷アラパマでステージから引きずり下ろされリンチの憂き目にあってますしね。

 もち、南部は酷い。北部は少しはマシなだけ。

 20万人のワシントン大行進が起きたのが63年でしょ。ケネディ兄弟そしてキング牧師のアジテーションもあって、公民権が認められるようになったのは64年。東京オリンピックの年ですよ。

 そんだけ根深いということ。アメリカの人種差別はね。いまでも当然ありますよ。だから意識して差別しないように努力してるわけでしょ。

 意識とか努力が必要なんだからホントに根深いわな。

 もちろん、黒人も白人も「まともな人」もいれば「まともじゃない人」もいるわけ。その比率が致命的に違うし、それに地域性なんてものが入ると日本でも同じ。

 身内がIVYリーグにいるけど、ドミトリーでは中国人はやっぱ浮いてる。エゴの塊でルールを守らない、と。なーんだ、習近平から銀座で買い物してるオバハンまでやっぱ同じなんだ、と思い込んでしまうわけよ。

 でも公徳心のある中国人だってたくさんいるでしょ。どこかにね。

 こういう「思い込み」が人の心を縛るわけ。



 ドン・シャーリーというピアニストはナット・キング・コールのケースを承知で、わざと差別意識の高い町を演奏ツアーでまわったわけね。

 イタリア系移民のトニーは元もと、コパカバーナの用心棒だから、どんなトラブルでも解決しちゃう。マネジャーにはうってつけなわけ。

 ルールにうるさいドン・シャーリーと掟破りの世界で生きてきたトニーは水と油。水と油が狭い車の中で全米を縦断するわけですから推して知るべし。

 でも、対立と爆発があるから仲が良くなっていきますわな。2人は終生、深い信頼と友情で結ばれていきます。



 『グリーンブック』つうのは、ビクター・グリーンが自らも黒人なんで、白人社会でトラブルを起こさないよう、黒人を守るために編纂した「旅のガイドブック」ですね。黒人専用ホテル、黒人専用レストラン等の案内から各地の黒人規制、たとえば、夜の外出は何時までか等々の情報をまとめている本なのね。

 「トラブルで気分を害さないように」というレベルではなく、「殺されないよう自衛する」という本です。

 凄い社会ですよ。こういう社会だから国旗とか国歌等のシンボルをみなで尊重するんでしょうな。

 人工国家ですよ、アメリカは。モザイクじゃないね。もっとバラバラ。人種差別に貧富の差、教育の差がこうじて階級社会ですもんね。超金持ちの黒人もいれば、ド貧民の白人もいます。

 「おかしい、なぜ白人のオレがこんなに貧乏なんだ?!」

 反省して生き方を変えるなんてことはしない。嫉妬し、羨み、ならば、こんな社会はぶっ壊してやる、となります。

 「神が囁いた」なんて言葉で乱射事件が起き、最後は自分の頭にズドンと一発。

 これでおしまい。

 「暴力では勝てないことがあるんだ。だからDignityで闘うんだ」と諭すドン・シャーリー。「ニガーなんて言うな」と仲間を諭すトニー。

 「黒人ぽくなく、リベラーチェのようで、もっと上手だ」

 全編60年代の曲のオンパ。時代は62年。黒人音楽が白人に盗まれる直前ですな。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

柳家喬太郎さん原作「ハンバーグができるまで」
[2019年03月23日]
[中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!]

「まく子」
[2019年03月22日]
[中島孝志の不良映画日記]

原原の二次会について。。。
[2019年03月21日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間で5日でハイリターンを狙う!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!