カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年03月31日 (火)

チャイナウイルス危機ではなく「財務省危機」になりそう!突破力が政権に残っているか?

 金投資の有料サイトに連載してましてね。前半の投資にあまり関係ない部分だけ引用させて頂きます。

「チャイナウイルス」のせいで3/29開催「ぴよこちゃん倶楽部(投資研究会)」「銘柄研究会」「ほぼ毎月経済教室講演会」を延期しました。都知事の要請ですから1回は受け容れよう、と判断したからです。

 世間はガラガラ。日曜はデパートもすっからかん。街は閑散、いつも混んでる喫茶店も空席が目立つ・・・これではいけませんね。

「チャイナウイルス」の感染者数、致死者数が毎日毎日テレビ、新聞、ラジオ、ネット等々、すべてのメディアから発表されてますけど、いかに新顔でワクチンがないとはいえ、はるかに感染者数と致死者が多い「インフルエンザ」は完全スルーしてきたのに、おかしいじゃありませんか。

「1日60人に増えました!」とNHKが叫んでますが、インフル流行の注意報は感染者増加数は週4万人。1日6000人レベルです。桁が違います。

 しかもどちらも罹っても治癒する人がほとんどです。感染者=死亡者と間違えてしまうような「報道」です。
 インフル感染者はコンスタントに年1000万人、うち死亡者は3500人。「チャイナウイルス」の死亡者は80代がメイン。65歳超ならば97-98%。肺炎、交通事故、いやいや自殺者のほうが桁違いに多いのです。



 都市封鎖? 東京ロックダウン? そんなことをすれば経済が頓死します。「チャイナウイルス危機」は何度も言ってますが、「金融危機」ではありません。チャイナウイルスが蔓延し、人の動きがストップ。結果として「製造危機」「流通危機」「雇用危機」が発生しました。

 企業は非正規雇用をリストラ。パート・バイトも含めれば2000万人もいるとか。職を失い、職を失うかもしれない、という危機感から何が起きるかと言えば、「節約」です。つまり、「消費危機」です。

 消費がどれくらいGDPに占めているかを考えれば、経済成長が止まるどころか、壊死しかねないと判断すべきでしょうね。

 金融危機ではない。政府も中央銀行も「流動性」はいくらでも供給する、と宣言しています。それがホントだとしても、金券配布ならまだしも、牛肉・鮮魚の商品券配布とは(天下り狙いの役人が考えそうな弥縫策で笑えます)。

 呆れたのは「(1000万世帯程度の)低収入世帯」をターゲットに補填する、というもの。参考までに、アメリカは大人1200ドル、子供500ドルの現金給付。即金ですよ。しかも一律。超資産家もフードスタンパーも同じ。

「センセ、お金持ちにまで現金給付すると非難されますよ」

 無知な政治家を騙すのは楽ちんです。「一時所得」扱いですからお金持ちは納税しなくちゃならんのよ。

 いまだに大東亜戦争で敗北した「戦力の逐次投入」を繰り返すだけ。「失敗の教訓」をまったく活かしていない、さすが、役人発想。役人に依存するしかない政治家の限界が出ています。
おそらくブレーキは財務省でしょう。プライマリーバランス命。徴税のためなら非徴税者(法人含む)を殺してもかまわない。



「リーマンショック並みのことが起きなければ消費増税は断行します」と首相自ら何度も国民に約束していたのですから、「リーマンショック超の不況必至」なのですから、安倍政権が増やした「5%」の消費税を元に戻すべきです。



 システムを改正できない? ということは、はなから一度上げた税率は戻すつもりがない、という意味ではありませんか。財務省のためなら国民を殺してもかまわない、ということではありませんか。

 安倍政権は弱い弱い弱い。ボンクラ野党はもっと弱いからもってますが、財務省に手玉に取られてます。いま、どうしてここで「モリカケ問題」「近畿財務局職員自殺事件」がぶり返しているかわかりますか?
 
 とくに後者ですけど、これって鴻池祥撃先生の事案でしょ。籠池某が鴻池事務所に陳情に行ったことがきっかけで、安倍政権は無関係でしょ。ワイドショーの司会者とか御用コメンテーターが知らないのは理解できますけど、メディアのまともな記者ならご存じのはず。

 それが緩んでる。睨みが効かない。忖度してもらえない。つまり、安倍政権は弱い弱い。

 どうしてか? 20年度予算は修正すべきであって、成立(3/27)させて補正にすると対処できるタイミングがずっと遅れるんです。おそらく、財務省はこの間に安倍政権を潰すつもり。で、操りやすい男を総理に据えるつもりでしょうな。



 油断すると安倍さん、足元すくわれますよ。国民はあの民主党を選択した「狂気(凶器)」を手放してはいないのですから。

  『人生、死んでしまいたいときには下を見ろ、俺がいる。村西とおる魂の言葉 完結編』(村西とおる著・946円・祥伝社) です。とてもいい本です。





中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

最近夢に出てくるようになりました。。。
[2020年05月26日]
[中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!]

アマゾンから緊急発売!
[2020年05月25日]
[中島孝志の原理原則研究会]

ハラミばっかの「新地 ハラミ」(大阪・曾根崎新地)
[2020年05月24日]
[中島孝志の美食倶楽部]




プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■(有)時代開発工房代表取締役。
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、超大手金融機関等の広報誌から宗教団体機関誌などの連載を25年以上続ける。
■著訳書は500冊(電子書籍120冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■伝説の白熱教室 配信開始! いつでもどこでも何度でも好きなだけ視聴できます!「中島孝志の原理原則研究会オンラインセミナー」
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■講義資料(カラー小冊子)と講義音声配信!「2020年!経済教室ほぼ毎月講演シリーズ」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!
■売上利益を格段にアップさせる!営業教育スキルの決定版!「超かんたん!アポ取りマニュアル」

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『ウイルス拡散で孤立する中国! 習近平は「平和ボケ日本侵略」を決断する!』

『トランプは「対中軍事戦争」を決断した!』

『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!