カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2020年09月02日 (水)

「ボンジュール、アン!」

■忘れないうちに(その1)・・・本日深夜 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信しています。







 タイトルは 『政治評論家百家争鳴!けど、誰も知らない!実は練りに練られた「選挙対策辞任劇」だった!』 です。メディアが知らない、書けない、伝えられない「真相」です。ご確認ください。

■忘れないうちに(その2)・・・9/4(金)は博多原原ですが、今回から会場を変更しています。ゴージャスで周囲は二次会銀座です。地図は左欄「博多原原」をクリックしてご確認ください。ま、有名ですからわかると思いますけどね。日航ホテルのチョイ先です。

■忘れないうちに(その3)・・・9/12(土)は出雲原原ですが、こちらも会場を変更しています。大社駅隣の出雲商工会会館2Fです。お間違いなく・・・。



 今夜10時は・・・ 「Zoomオンラインサロン!中島孝志の100(ワンハンドレッド)倶楽部」 です。今週のコンテンツは以下の通りです。



 9/26オプション企画として「オン・オフサイトミーティング」を開催します。


特別オプション企画です。会員の皆様も新たにお申込ください。

■参加資格:「ワンハンドレッド倶楽部」「どん底メルマガ」現役会員のみ。
■会員参加費:特別価格11000円(税込)=会場参加もZoom参加も同一料金です。
■非会員参加費:55000円(税込)=同上。

■申込先:参加希望者は「9/26ミーティング参加希望」と記し、お名前をご記入の上、次のメアドにご返信ください。
nakajima@keymannet.co.jp
■申込後のご連絡:お申込頂いた皆様方には「会場名と住所」「(Zoomアクセスの)URL」「事前振込先」をメールでお知らせします。
■Zoom初体験・苦手な方でも大丈夫。メールでご相談ください。わかりやすく誘導申し上げます。
■募集期間:9/1(火)-9/18(金)Zoom配信先登録のため〆切厳守とさせて頂きます。

 楽しい講義、役立つ講義、実戦的な講義です! ご期待くださいませ。


 ホントは、この夏、イタリアとフランスに旅する予定だったんですよ。去年のうちから計画してましてね。ま、2月末にキャンセル。しかたありません。

 行ってたら帰ってこられなかったかも・・・。わびしく見た映画がこれなんすけど、なかなかいいね。とってもいい。

 監督(シナリオ)はエレノア・コッポラ。フランシス・フォード・コッポラの奥様。ソフィア・コッポラの母上。自らの体験らしいっすよ。
 
 けど、凄いよね。80歳で長編映画監督デビューですよ。スーパーばばあです。



「Paris can wait.」が「ボンジュール、アン!」かいな。これ、セリフの1つでして。川のほとりでランチする2人。

「パリはどうするの?」
「待たせておくよ」 



 ダイアン・レイン好きなんすよ。ミラノ-パリを旅するアメリカ人役だから、大好きなカトリーヌ・フロではねー。

 アンは、仕事以外はすべて妻任せという有名映画プロデューサーの夫。仕事に子育てに邁進して自分のことは後回し。カンヌで朝食をとったあと、夫に同行するはずが、耳の激痛で飛行機をやめ、夫の仕事仲間(フランス人)とオールドカー(プジョー504カブリオレからルノー・カングー)でパリへ。

 7時間で着くはずが「寄り道寄り道寄り道」の嵐。これがいいんだわー。

 人生って「寄り道」の芳醇さで決まるとこがありますね。無駄が資産なんすよね。どれだけ無駄を残高に積み上げるか・・・やってみないとわからん。やらない人は無駄をしなくて済む。けど「つまらん人生」かも。

 せっかく生まれてきたのに・・・。

 アンは人生初の踊り場で愕然。自分の人生、どこにあったのかしら?

 フランス男のジャックは、哀しい経験など封印し、なにより人生を謳歌するタイプ。

 彼のエスコートで魅力的なレストラン、コート・ダジュールの名所遺跡、美味しい食事にワイン、美しい光景、セザンヌやモネ名画をまんまなぞる、ユーモアと機知に富んだ会話・・・新たな発見の旅。それは自分の掘り下げ。

 もっと早く経験したかった。だから、いつも後の祭りゆうねん。気づいた時は遅いのよ。でも早くてもスルーしてたはず。いつもタイミングは必然でベストなんです。

 気づいた時にゲットしなくちゃ。

 私が行く予定だった教会が1つ。セリフにもあったけど、違うんだなー。正解は「サンサクシマン教会」のほうなんだけど・・・。

 アメリカ映画がこんなにコケティッシュに作られるとはね。少々驚き。

 いちばん驚いたのは・・・食事シーンがたっぷりあること。日本テレビは「メシ食いドラマ」と悪口を言われることが多いけど、食事シーンて難しいのよ。これが演じられれば役者として一流です。
 外国映画ってほとんどありません。靴を煮て食べる『チャップリンの黄金狂時代」とか『コックと泥棒、その妻と愛人』『大統領の料理人』とかは例外ですね。

 自我の目覚めを未経験の熟女の皆様に超お勧めの作品。大人の男女にはサイコーの時間になると思うけど。

 さて、今回の「通勤快読」でご紹介する本は 『中国 人口減少の真実 後編』(村山宏著・1,012円・日本経済新聞出版社) です。とてもいい本です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「博多原理原則研究会(2021年度=第10期)」の新入生を熱烈募集します。
[2020年12月05日]
[中島孝志の原理原則研究会]

さー今日から「GoToNiigata」イベントです。
[2020年12月04日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

出たー! クラスター!
[2020年12月03日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]






プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、超大手金融機関等の広報誌から宗教団体機関誌などの連載を30年続ける。
■著訳書は500冊(電子書籍120冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『中島孝志の実戦!社長塾 社長しかできない、だから社長をやる!』

『ウイルス拡散で孤立する中国! 習近平は「平和ボケ日本侵略」を決断する!』

『トランプは「対中軍事戦争」を決断した!』

『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!