カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2021年01月28日 (木)

2/9東京原原はめちゃ面白くて儲かる「ゲストの講義」にします。

■忘れないうちに・・・来ましたね。予想通り。講義でお話した通り。





 テレ東の「モーサテ」ではコメンテーターの皆さんが「パウエルさん、もっと厳しく見たほうがいい」と宣ってましたけど、慌てる必要はありません。
 「10%下がってもおかしくない」とお話した通り。この調整がなければ上がらない。それが市場です。「まだ下げ足りない」というのが本音。
 「絶好の買い場」では? 大切なことは市場とリズムを合わせられるかどうか。「乱高下」とは一方的にだだ下がりはないと思います。大きく下落。少し上昇。大きく下落。少し上昇。当局が手を打つ。大きく反発。市場は関係なく大きく下げる。

 あとは「時間」が解決します。

 バブル崩壊? バブルと判明した段階でバブル終了。スピード違反で高く上げ過ぎた。だから大きく下げた。それだけのことです。

 さーて、2月の東京原原はゲストによる特別講義とします。

 坂本さんは3年ぶりの登場ですね。この間、商品、サービスとも拡大しバージョンアップ。チャイナウイルスでビジネス風景も様変わりしました。「副業解禁」「リモートワーク」「EC全盛」・・・ドンピシャ。

 ぜひ聴いて家計を見直すだけでなく、儲けてください。業界の風雲児。彼らのニュービジネスを勉強しましょう。とっても刺激的です。3年前、目から何枚ウロコが落ちたか・・・。

■テーマ:「コロナを逆手に!副業・転業・新事業で濡れ手に粟!世界唯一の生損保ニュービジネスで資産武装しませんか?」
■講師:株式会社WIS本部長・坂本聡さん
■開催日時:2月9日18時-20時(17:30開場)
■参加費:無料!

※今回は特別に原原メンバー以外にも「ZOOM」で配信します。ただし「どん底メルマガ」「経済教室メルマガ」「ワンハンドレッド倶楽部」「通勤快読メルマガ」「原理原則オンラインセミナー」の会員の方のみとさせて頂きます。
※参加ご希望の方は「2/9ZOOM参加希望」と記し、お名前等も合わせて次のメアドにメルヘン(メール返信)よろしくです。
nakajima@keymannet.co.jp
※ZOOM講義は「URL通知」をしなければならんので原原メンバーもメルヘン必須。参加希望者はメルヘンしてね。もち、「生講義」なら原原メンバーである限り全国すべて参加フリーです。



 めちゃ面白い講演ですよ。

 どんなサービスメニューなのか、一部をご紹介しましょう。。。

 いまの時代、隣人とか地域社会とかで、ほんの些細なことでトラブルに見舞われます。そのとき、プロのアドバイザーが相談にのってくれたら安心ですわな。
 「身内に弁護士がいますから」つう人がいますけど、身内だから相談できない案件も少なくありません。私も身内にたくさんいます。顧問契約してる弁護士事務所もあります。原原にもとびっきり優秀な弁護士が何人も参加してます。けど、プライベートのこととなると話は別ですよね。

 税務関係でも同じです。医師もそうです。「金、トラブル、命に関する相談相手を持ちなさい」と言われます。資産家ほどよくわかってます。ホントのインテリジェンス。

 いまや、ごくごく普通の庶民が「プロのアドバイザー」を持つ時代ですし、持たないと大変な時代なんですよ。逆に、訴えられたりしますからね。

 すべて対応します。

 もし事故が起きたらどうします? たいていの損保では「対人」「対物」そして「搭乗者」という3点に対する損害保険でしょ? 1つ忘れられてる対象があるでしょ?
 そう「自分自身」・・・被害者としての対人はわかりますけど、加害者としての自分に対する保険ですよ。えっ? 加害者に保険が必要なの?
 とっても必要です。たとえば、怪我させちゃった。あるいは、命を奪うケースだってあるわけでしょ。このとき、相手に「誠意」を見せなきゃならないけど、その場合、「お金」という部分がとても大きいですよね。

 慰謝料とか見舞金はポケットマネーです。

 死亡事故となったら、相手方は葬式をしなきゃならない、突然の出費ですが、その費用はだれが払うの? 相手方でしょ? しかも即。葬式代って損保会社が出します? いますぐ必要だけど出してくれません。
 いわんや、保険金の支払いなんて事故発生後1年超がざらです。どうします、この間のお金は? たんまり貯金があればいいですけどね。

 この損保は事故が判明(保険会社のほうで確認します。ネットでわかりますからね)した翌営業日に250万円、加害者(=あなた)の個人口座に振り込んでくれます。そして事故調査が終わった段階でさらに250万円を振り込んでくれます。

 これなら「誠意」を見せられますよね。加害者(=あなた)の生活費もあるでしょうしね。計500万円の保険は大きいですよ。掛け金いくら? 月1000円ですよ。

 毎日、車を使って仕事してる人には朗報だと思うな。宅配業とかタクシーとか運送業におつとめならば、事故一発で仕事がなくなりかねない世界ですからね。免停の間は仕事できませんもの。



 医療関係の情報について少しお知らせしておきましょう。これ、私もぜんぜん気づきませんでした。

 病気になって入院することになった場合、たいていの生保はどうなってるかご存じですか? 実名出してもいいんだけどね。
 A社は通算1095日、一入院60日、再入院免責180日。
 B社は通算700日、一入院120日、再入院免責180日。
 通販保険で有名なC社は通算1095日、一入院1095日、再入院免責0日。

 皆さんご存じないのが「免責」という部分です。これ、約款をきちんとチェックする人がいないからスルーされちゃってるんです。で、そのときになって慌てふためくわけ。

 たとえば、ある病気で入院したとしましょう。あっという間に60日くらい過ぎますよ。で、その後は通院に切り替える。その後、再入院することがあります。
 で、免責にぶち当たるわけ。60日、120日を使ったら、再入院するには180日間が過ぎてからでないとできないんです。この間、保険料は取られています。
 早い話が、すぐに再入院しなくちゃならんのに、保険料を払っていても「実費は全額自己負担」しなくちゃならんわけ。
 これのどこが「保険」なのよ。「まさかのとき」になんの役にも立たない保険なんて保険じゃないよね。

 で、ここのサービスはどうなってるか? 通販保険で有名なC社を超えて「通算1100日、一入院1100日、そして再入院免責0日」「転院OK」「一つの疾患について1100日(疾患が変わればもう1100日となります)」としました。しかも掛け金がC社よりはるかに安い。

 信じられない? 保険てのは確率ビジネスですからこんなにサービスしても成立します。大手生損保はどうしてこんなに高いのよ? はいはい、私も毎月かなり払ってますよ。N社とS社とT社にね。

 大手生損保が高いのは理由があります。サービスが優れているから高くなる・・・わけではありません。ひとえに人件費。これが高い。早い話が、内勤のサラリーマンたちが高給だからです。

 いままで何やってたのか、生損保なんてどこも同じ、と考えてた自分がいかにアホだったか反省するコトしきりっす。 

 ほんの一部です。これ、3年前の話ですから。この3年間、商品とサービスをさらにさらにバージョンアップ。だから、私も聴いて勉強したいのです。

 さて、今回の「通勤快読」でご紹介する本は 『国民はこうして騙される Fakeが「FACT」に化けるカラクリ 前編』(高橋洋一著・1,650円・徳間書店) です。とてもいい本です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「ワンハンドレッド倶楽部・オンオフサイトミーティング」は本日開催でーす。
[2021年03月06日]
[価値ある情報]

へろへろのヘトヘト!ようやく見つかった「癒しのフットマッサージ」
[2021年03月05日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

Zoom参加できます!今月の東京原原はゲストによる特別講義です!
[2021年03月04日]
[中島孝志の原理原則研究会]

今日の通勤快読は
いつも鏡を見てる 後編 (矢貫隆)
です。






プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学(早大理工系大学院・東大工学部・九大工学系大学院等)、ビジネススクール(早大中沢塾)講師等ビンボー暇無し。
■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、超大手金融機関等の広報誌から宗教団体機関誌などの連載を30年続ける。
■著訳書は500冊(電子書籍120冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『中島孝志の実戦!社長塾 社長しかできない、だから社長をやる!』

『ウイルス拡散で孤立する中国! 習近平は「平和ボケ日本侵略」を決断する!』

『トランプは「対中軍事戦争」を決断した!』

『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!